胸焼け 直し 方。 胸焼けを解消する食べ物と飲み物!自体験から即効性のある方法もシェアしてみた!

薬の前にガムを噛め!ムカムカ「胸焼け」を改善する10の方法

胸焼け 直し 方

胃食道逆流症で一番多くて特徴的な症状は、 胸焼けです。 他には、胃酸が上がってくる 呑酸も多いです。 胃もたれや吐き気・のどが不快でせきが続くなどを訴える人もいます。 胸焼けは、みぞおちの上が焼けるように痛くなる症状のことを言います。 胃食道逆流症では、軽症でも重症でも、胸焼けの強さは変わらないと言われていて、非常につらい症状が起こるとされています。 実は、胸の辺りに痛みを覚え、「心臓に異常が起こっているかもしれない」と感じて救急要請をする患者さんの中には、心臓の異常が原因ではない 「非心臓性胸痛」が原因だったという人も多くいます。 非心臓性胸痛はさまざまな原因で起こりますが、中でも胃食道逆流症が一番多いとされています。 胃食道逆流症は、 「下部食道括約筋のゆるみ」「胃酸過多」「食道の知覚過敏」のいずれかがあると起こりやすいとされています。 下部食道括約筋は、食道と胃の境目にある筋肉で、その筋肉があるおかげで食べ物や酸が逆流しないようになっています。 つまり、下部食道括約筋がゆるむと逆流しやすくなります。 ゆるむ原因は、食べ過ぎや脂肪のとり過ぎです。 ゲップが出やすくなり、胃酸が上がりやすくなるためです。 それから、 肥満などで腹圧が上がると胃を圧迫するため、下部食道括約筋が押し広げられることで、より逆流しやすくなります。 そして胃酸が増えると、下部食道括約筋がゆるんだときに上がってくる胃酸の量も多くなります。 たんぱく質は胃酸の分泌を刺激するため、肉をよく食べる生活をしていると胃酸の分泌量が増えます。 一方、胃酸が多く上がっていなくても症状を感じてしまう人がいます。 それを「食道の知覚過敏」と言っています。 食道の知覚過敏は ストレスと関係していることが分かっています。 そのため、ストレスが多い人も胃食道逆流症になりやすいと考えられています。

次の

薬の前にガムを噛め!ムカムカ「胸焼け」を改善する10の方法

胸焼け 直し 方

神奈川・戸塚病院 池田俊夫(内科) 胃のあたりがムカムカする胸焼けや、下を向いてしゃがみ込んだ時「うっぷ」と胃液が込み上げてきた経験のある人は多いと思います。 これは胃の中の物が食道に逆流することが原因です。 胃と食道の間には「噴門」があり、普段は「下部食道括約筋」という筋肉によって閉じられています( 図1)。 逆流現象はこの下部食道括約筋の緩みから生じます。 そもそも胃の中の物の逆流は、ちょっとしたことで起こります。 乳児期にはお乳を飲ませた後にゲップをさせますが、これをしないと簡単に嘔吐してしまいます。 乳児は食道の下部や下部食道括約筋が発達していないからです。 食道の下部や下部食道括約筋は成長とともに発達し、逆流しにくくなります。 小児期~30代までは発達し続けていますが、40代以降は下部食道括約筋が弱まり、次第に逆流現象が生じやすくなります。 高齢になるとともに筋力が衰え、乳児期のように逆流現象を起こす人が多くなります。 高齢者の2~3割が発症 誰にでも起こる逆流現象は、まだ病気とは言えません。 しかし、ちょっとしたことで頻繁に逆流現象を起こすようになると、病気の仲間入りです。 この段階を「非びらん性胃食道逆流症」といいます。 この症状が常態化し炎症を起こして、ただれ(びらん)や潰瘍ができるようになると「逆流性食道炎」という病気になります。 逆流性食道炎は最近テレビでも登場しているので、聞いたことがある方も多いでしょう。 逆流性食道炎のように常時逆流現象が生じやすい状態にあると、食道下部を中心に粘膜に炎症が生じます( 図2)。 胃の粘膜には強い酸性の胃酸に対する特別な防御機構がありますが、食道の粘膜にはありません。 そのため胃液にさらされると炎症を起こして、ただれができてしまうのです。 この食道と胃の粘膜の胃酸への強さの差から、胃酸に弱い食道粘膜を胃粘膜に置き換えようとして胃粘膜の上昇が起こります。 すると胃酸も上昇して食道粘膜がさらに弱くなり、一層逆流現象を起こしやすくなります。 こうなると食道炎はどんどん進行し、もう後戻りはできません。 高齢者の2~3割は、逆流性食道炎を発症しています。 非びらん性胃食道逆流症の簡単なセルフチェックシートがあるので、確認してみましょう( 図3)。 症状 非びらん性胃食道逆流症の段階では、胃酸が上がってくる、ゲップがよく出るなどの症状にとどまっています。 しかし、食道にびらんや潰瘍がある逆流性食道炎になると、にわかに症状が増えてきます。 典型的な症状は胸焼け、胃もたれ、飲み込んだものが食道を通過する時の胸のあたりのつかえ感や痛み、刺激物を飲んだ時の痛みです。 これ以外にも、他の病気と紛らわしい症状が出ることもあります。 狭心症のような胸の痛み、慢性的な咳、咽頭部の違和感やつかえ感、喘息のような発作、不眠、簡単に嘔吐するなどが挙げられます( 図4)。 これらの症状が現れた時は注意が必要です。 また、慢性化すると寝ている間でも逆流現象を起こしやすくなってしまうのも、この病気の厄介なところなのです。 危険な合併症 さらに、多くの高齢者は逆流性食道炎になると、誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなります。 誤嚥性肺炎は命にかかわることもある病気で、加齢による嚥下機能(飲み込む力)の低下も加わると発症率は急激に増加し、命の危険と隣り合わせの生活が続くことになりかねません。 また潰瘍やただれがある箇所からの出血で貧血になったり、食欲が低下することもあります。 いずれにしても高齢者にとっては危険な合併症と言えます。 発症しやすい人は? 若い世代で逆流性食道炎を発症する人はほとんどいません。 高齢になるほど発症しやすくなります。 原因は年齢や性別によって異なります。 特徴は次の通りです。 (1)中年以降の男性に多くみられるのは、ストレス、不規則な生活、過度の飲酒による下部食道括約筋の弛緩です。 また、メタボリックシンドロームによって腹圧が高くなると、胃が圧迫されて逆流現象が起きやすくなります。 逆流現象による炎症は、ひどくなると潰瘍になり食道の短縮を起こします。 するとますます逆流を起こしやすくなります。 (2)60歳以上の女性は、椎間板の厚みの減少、骨粗しょう症による脊柱圧迫骨折、円背(背中が丸まっている状態)などによって、次第に脊柱が短くなります。 そうなると食道がたるんで下部食道括約筋の弛緩が生じ、逆流性食道炎を起こしやすくなります。 さらに、食道のたるみが原因で胃の一部が食道下部に飛び出す「食道裂孔ヘルニア」を併発すると、常に胃液や食べたものの刺激が加わり、逆流性食道炎が一層治りにくくなります( 図5)。 (3)80歳以上では、男女ともに? の傾向が強まります。 (4)胃の手術をした人は、常時逆流現象を起こしやすくなりますが、これは強い酸性の胃酸ではなく、アルカリ性である胆汁の逆流と炎症が主体です。 食道粘膜もアルカリ性の胆汁には比較的強いため、胃粘膜の上昇は起こりにくいと思われます。 診断 逆流性食道炎の診断は、胃レントゲン検査と胃カメラ検査を行います。 胃レントゲン検査はバリウムを飲んで行います。 この検査では食道と胃の位置関係や下部食道括約筋の締り具合、食道裂孔ヘルニアの有無、逆流の度合いなどが分かります。 胃カメラ検査では、ただれや潰瘍の有無はもちろん、胃と食道の粘膜の境界の位置、食道裂孔ヘルニアの有無などを詳しく調べます。 そのため、どちらか一方の検査のみを行うときは胃カメラが有効です。 CTやMRIは、特殊な場合を除きあまり有効な検査とは言えません。 治療 手術などの治療は効果がないので、治療の基本は薬物治療です。 制酸剤(胃酸の分泌を抑える内服薬)であるプロトンポンプ阻害薬や、H2ブロッカーを使用します。 どちらも内服薬と注射があり、患者さんの状況によって使い分けます。 これ以外に、他の制酸剤や粘膜保護剤も使うことがあります。 しかし、高齢になると薬による完全なコントロールは難しくなります。 ポッコリお腹をなくそう 逆流現象は誰にでも起こりうるので、完全に予防することは困難です。 そして緩んでしまった下部食道括約筋は、再び鍛えることができません。 肥満気味の人は体重を減らすことが予防に効果的です。 特にポッコリお腹をなくすことで、腹圧を下げて胃への圧力を減らすことができます。 また、骨を強くすることで、食道のたるみにつながる圧迫骨折などによる脊柱の短縮を防ぐことができます。 食生活にも注意が必要です。 粘膜の刺激になるにんにくや唐辛子などの食べ物やアルコールは控えましょう。 食後すぐに横にならないことも大切です。 臥位(寝た体勢)の時には、上半身を少し上げるようにしましょう。 これは、逆流性食道炎だけでなく誤嚥性肺炎の予防にも効果的です。 以上のことに気をつけて、逆流性食道炎の予防に努めましょう。 いつでも元気 2017. 1 No. 303.

次の

胃酸過多による胸焼けの治し方

胸焼け 直し 方

簡単な胸やけの治し方 まず胸やけの原因は食べすぎや、アルコールの取りすぎにより胃酸が食道に逆流してしまう事で起こります。 ですので逆流した胃酸を流すことで症状がやわらぎます。 その方法としては ・唾液を出して飲み込み胃液を洗い流す この方法が一番手間もかからず簡単にできる治し方ですが、「唾液なんてそんなに出ない」と思われるでしょう。 大丈夫です。 唾液を出す方法もあります。 まずは昔からよく聞かれる「梅干しを食べるイメージを思い浮かべる」ことです。 パブロフの犬ではありませんが私たちは美味しいものや梅やレモンなど酸っぱい食べ物を思い浮かべると以前食べた時の記憶から条件反射で唾液が出てきます。 次に舌の体操をすることです。 舌を出したり・引っ込めたりを繰り返したり舌を出して唇の周りをなめるようにしたりすることで唾液腺が刺激されて唾液が出やすくなります。 歯と歯茎の間をなめるのも有効な方法です。 ・飲み物で洗い流す 唾液がどうしても出にくい時は飲み物で流しますがどんなものでも良いわけではありません。 炭酸は胃が膨れてしまいますし、糖分の多いジュースは胃酸が出やすく胃酸過多になってしまいます。 ですので「水」もしくは「牛乳」を飲むのが良いでしょう。 胸やけの予防法は? 普段から胸焼けしにくい体づくりをすることが大切です。 一番かかわってくるのは食生活です。 唐揚げや脂っこい物、糖分が多いケーキやお菓子、酸味が多い果物などを少し控えめにすることで胃への負担を軽減させます。 スポンサーリンク その他お酒・コーヒー・香辛料などの刺激が強い食べ物、ビールやコーラなど炭酸ガスで胃が膨らんでしまう物の取りすぎにも注意しましょう。 食事の仕方にも配慮が必要です。 急いで早食いせず少しずつよく噛んで食べ暴飲暴食にならないようにします。 また食べた後にすぐに横になると、胃酸の逆流が起きることがあるので気をつけましょう。 寝る前の食事や間食は胃の活動が低下する時間帯なので極力避けてください。 正しい姿勢を取り、規則正しい生活をする 猫背になったり悪い姿勢が続くと胃を圧迫して内容物や胃酸が逆流しやすくなります。 また太りすぎも腹圧(胃を圧迫)が上がる原因となるため肥満体質にならないように日頃から生活習慣にも注意しましょう。 胸やけに効果的な食べ物は? 胸焼けになってしまった時、食欲はあまりなく食べたくもないと思いますが胃酸過多が原因で起きている場合は空っぽの胃を胃酸で傷つけてしまうことになりかねません。 少しでも食べた方が良いですがどうせなら胸やけ解消に効果のあるものを食べたいですよね。 ・大根・・・大根おろしに醤油 大根汁 ・カブ・・・ぬか漬け ・山芋・・・短冊に切って醤油 納豆と一緒に などは消化酵素が豊富なため胸焼けに効果があります。 ・ヨーグルト 胃酸の分泌をおさえてくれます。 ・牛乳 胃の粘膜を保護して胃酸を中和します。 料理法は他にもたくさんあると思いますのでご自分好みの食べ方でスッキリ胸焼けを治しましょう。 まとめ 今回は胸焼けについてでした。 私自身も胸焼けに悩まされることが多くご紹介した内容を実践し症状を和らげるようにしています。 まずは生活習慣を見直し規則正しい生活を身に付け、なりにくい体を作るのが一番ですが、もしも長引く場合は他の疾患も考えられますので専門医を受診することも考えましょう。

次の