芸能人 薬物疑惑 2020。 薬物で前科!逮捕された芸能人50選【覚せい剤や大麻・2020最新版】

【2020年最新】芸能人で薬物疑惑報道があるのは誰?俳優女優・タレントアイドルを一覧でまとめ

芸能人 薬物疑惑 2020

逮捕間近の芸能人Xの名前は?【2020最新】 2020年1月9日、 東スポが国民的アイドルグループのXが逮捕が間近であることをスクープ。 引用:東スポウェブ このXが誰か?ということが大きな話題になっています。 「Xは一世を風靡した国民的女性アイドルグループの元メンバーで、現在はタレントとして活動している。 ソロとして地道に活動しているかと思われていたが、なんと大麻使用疑惑が浮上している」と薬物事情に詳しい芸能関係者。 Xは現在30代で、過去にはNHKの「紅白歌合戦」に出場したこともある。 引用:東スポWeb 東スポに記事にあがっているXの特徴をまとめると、• 平成を駆け抜けた元人気女性アイドル• ファンからの根強い人気が続く• 2000年代に女性アイドルとして大ヒット曲を連発• 最近もコンサートで当時の楽曲を披露したばかり• 数年前に一般男性と結婚• 旦那側に違法薬物に関わる人物がいる• 夫婦で違法薬物に染まっている可能性あり• 2019年秋に事務所で契約トラブル と、なっています。 「いまだにXには熱烈なファンがいます。 万が一、彼女がクスリで逮捕されたとなれば、沢尻の逮捕以上に衝撃が走ることは間違いないでしょう」(芸能プロ関係者) 引用:東スポWeb 逮捕が間近といわれている芸能人Xには、現在も熱烈なファンがいるといわれています。 芸能人Xには薬物をしていると思われる行動の変化があるようで、その様子が以下の通り。 Xに異変が表れたのは昨年だ。 妙にボーッとしている時があるかと思えば、情緒不安定の時もある。 これは明らかにおかしい。 何かよからぬことをやっているのではないか? 仕事で付き合いのある身近な人物がいろいろと調べたところ、浮上したのが大麻吸引疑惑だった。 引用:東スポWeb ぼーっとしていたり、情緒不安定だったりしているようです。 さらには、 「疑惑を一蹴し、まったく聞く耳を持たなかった。 それ以降も大麻をやめる気配はまったくなく、どんどん人が離れていっている」(芸能事情通) 引用:東スポWeb 周囲の忠告にも全く耳をかさない様子。 これでは、逮捕となってしまう日もかなり近いのではないでしょうか。 ネット上では、情報から考えられる、国民的アイドルグループとして候補にあげられるのが、• AKB48• モーニング娘 ではないかと言われています。 詳しい人物条件から、「 2020年に大ヒット曲を連発した国民的アイドル」と考えると、あくまで予測ですが 「モーニング娘」の線が濃厚なのではないでしょうか。 モーニング娘のメンバーというと、「加護亜依」さんが薬物疑惑を持たれそうなイメージですが・・・ 東スポが報じた薬物で逮捕が予想される元国民的アイドルグループのX、「2018年からおかしかった」って項目のお陰で加護亜依は除外できる — ヒサルキ hisaruki 上記のツイートからにもある通り、加護亜依さんは、2018年以前よりも前から様々なことを言われており、加護亜依さんは除外して考える人も。 「当局はXもパートナーから覚えさせられたのではないかとみて関心を寄せています。 年度が変わる3月末までには逮捕にこぎつけようと、慎重かつ徹底的に内偵を進めています」(前出司法関係者) 引用:東スポWeb 「2020年の3月末までには逮捕にこぎつけようとしている」のだそう。 本当に逮捕されれば、沢尻エリカさん以上の衝撃になるといわれているだけあって、かなりの注目が集まっています。 — 2019年11月月3日午後8時00分PST 元AKB48メンバーの中でも、各週刊誌などで「薬物逮捕が近いのではないか?」との声が一番多いのが前田敦子さん。 すでに結婚もされ、年齢も30代。 逮捕者の条件によく当てはまっています。 東スポの表紙のシルエットにも酷似ということで前田敦子さんの線も濃厚な様子。 「ネットでは、AKB 48を卒業して現在は女優の前田敦子といわれていますが、実際は元モーニング娘。 の元メンバーらしいです。 彼女は昨年所属していた事務所とモメていたこともありましたから。 もしかしたら……」(芸能ライター) 上記のメンバーがネット上での候補としてあがっていますが、真相はどうなのでしょうか。 【2020最新】逮捕間近?芸能人Xの名前特定が完了との情報も! 芸能人Xの名前が特定完了したとの話が 2020年1月12日に芸能系情報サイトに掲載されました。 「逮捕間近、かは怪しいですが、元モーニング娘。 メンバーであるという情報は、確かな筋から入っています。 その元アイドルは芸能界でもかなりの『お騒がせタレント』で知られており、トラブルも多かった人物です。 引用:エンタMEGA さらに、情報筋の記者は以下のように語ったといいます。 元アイドルということで、名前が出てしまった前田敦子さん、小嶋陽菜さんらにとっては大変な迷惑ですね。 ただ、これは東スポ紙の『沢尻エリカを超える衝撃』という枕詞のインパクトのせいでしょうね。 沢尻を超えるとなると、いったいどれほどの人物なのか、となりますし、当然知名度の高い人をチョイスしてしまいます。 ちなみにその元モー娘。 の人物は確かに衝撃ですが、沢尻以上かといえばそうでもありませんね」(記者) 引用:エンタMEGA 逮捕が間近といわれるアイドルグループというのは、 「モーニング娘」の元メンバーである線がかなり高まってきました。

次の

逮捕間近の芸能人Xの名前は?【2020最新】薬物疑惑のアイドルとは?|まるっとログ

芸能人 薬物疑惑 2020

ASKA 生年月日:1958年2月24日 出身:福岡県大野城市 所属:Burnish Stone 活動:ミュージシャン ASKAさんも薬物中毒の可能性が高いです。 ASKAさんは2014年に覚せい剤所持やMDMA所持などで逮捕されています。 この時は衝撃的でしたよね。 2016年には12万字にも及ぶ長文のブログをアップしていますが、この文章は電波を発しているような薬物中毒者特有の幻覚・幻聴があると疑ってしまうような内容でした。 さらに、2016年11月には嫌疑不十分で不起訴になっているものの、また覚せい剤で逮捕されています。 これらのことから、ASKAさんも薬物中毒になっていた可能性が高いです。 その後、2010年には大麻取締法違反の罪で逮捕されているんです。 この2回目の逮捕では懲役8ヶ月の実刑判決を受けていますが、「二度とステージに立つことはない。 犯した罪は取り返しがつかない。 (刑罰は)身をもって受ける覚悟」と話していました。 ただ、出所後すぐの2011年には音楽活動を再開させています。 2回も大麻で逮捕されていることや言動の軽さなどを見ると、薬物中毒になっている可能性は高いですね。 10.岡村靖幸さん 勝新太郎 生年月日:1931年11月29日 出身:東京都江東区 身長:170cm 所属:勝プロダクション 血液型:O型 活動:俳優 俳優の勝新太郎さんと言えば、ハワイの空港でパンツの中にコカインとマリファナを隠していたことで世間を騒がせました。 裁判では薬物を長期使用していたことがわかっていて、しかも薬物の使用感まで述べているんです。 「大麻は自分に合っているようで気分が良くなる。 食欲が出る。 コカインは鼻の周囲がシビれて合わない。 覚醒剤はイライラする。 LSDは1度だけ」 引用: 執行猶予付きの判決となっていますが、薬物中毒の状態だった可能性は高いですね。 薬物中毒の症状 薬物中毒の症状は、薬物によって変わってきます。 薬物中毒になると、その薬物がないといられない状況になります。 出典: 専門的な治療を受けても、脳は薬物を使用した時のことをしっかり覚えています。 専門的な治療でも、脳を薬物を使用する前の状態にリセットすることはできないんです。 ということは、治療を受けて、薬物中毒が治ったように見えても、すぐにまた再燃する可能性が高いということです。 先ほど、薬物中毒で逮捕された芸能人を見ても、すぐにまた薬物に手を出していることがわかりますよね。 そもそも、薬物中毒の症状の中には脳が委縮したり、知能が低下するものもあります。 これについては、治療をしても治るものではありません。 だから、薬物中毒になると、一生後遺症に苦しむことになり、いつまた薬物中毒になるかという恐怖に苛まれながら過ごすことになるんです。 まとめ 薬物中毒で逮捕された芸能人や薬物中毒の症状、顔の特徴、後遺症などをまとめましたが、いかがでしたか? 麻薬や違法薬物は一度手を出してしますと、すぐに薬物中毒になってしまいます。 そして、一生後遺症に苦しむことになるんです。 だから、もし今後、麻薬や違法薬物を勧められても、もしくはあなたが興味を持ったとしても、絶対に手を出してはいけません!.

次の

薬物中毒の芸能人24人!症状や顔の特徴・後遺症も解説【2020最新版】

芸能人 薬物疑惑 2020

が付で「2020麻薬逮捕第1号 国民的元か 沢尻超える衝撃」と報じると、女性も号で「元国民的Aに大麻使用疑惑 捜査当局が行動確認中か」と続いた。 女性はこの芸能人について「Aは現在30代。 10代の頃から国民的のとして活動。 にも出場したことがある」としており、の説明もまったく同じ。 捜査当局の内偵が、相当に絞り込まれているということなのだろうか。 関連記事: 芸能人の薬物疑惑を巡ってはほかにも、様々な名前が取りざたされてきた。 大物俳優に元歌手、そして「清純派」のが性アスリートの名前は昨年摘発された、前出の元国民的Aにも増して衝撃的だ。 ただ、芸能人の薬物使用は噂こそ絶えずとも、なかなか摘発には至らないのは周知のとおりである。 そして今年、捜査機関がすべきはより高まっていると、薬物事件に詳しいャーナリストは指摘する。 「昨年は違反で起訴された沢尻をはじめ、(違反罪で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決)、元の田口淳之介(大麻取締法違反罪で懲役6月、執行猶予2年の有罪判決)と衝撃的な事件が続いた。 さらに、らの『』問題も余波が大きく、芸能人も所属もかつてなく緊張している。 捜査機関がをつかむのも難しくなっているかもしれません」 薬物事件は多くの場合、や、大麻などの「所持」で現行犯逮捕され、尿鑑定などで陽性反応が出れば「使用」で立件される流れを辿る。 しかし、尿中の残存期間はの場合は概ね3~6日、ならば3~4日だ。 毛髪にはいずれも90日ほど残るが、これでは被疑者が正確にいつ使用したかを特定しにくくなる。 参考記事: 「薬物の使用罪で起訴するためには、被疑者が自白しただけではダメで、正確にいつ、どのように使用したかを捜査機関は尿鑑定などの客観的な証拠をもって裏付ける必要がある。 沢尻は過去の薬物使用について自白したようですが、使用について立件が見送られたのは尿鑑定などで客観的証拠を得られなかったからです」(前出のャーナリスト) だからこそ、薬物を「所持」している現場を押さえることが捜査当局にとって「マスト」の条件になるわけだが、「いま、間違いなく持っている」と確信するのはなかなかに難しい。 加えて、「売る側も使う側も、薬物が自分のものではないと否定できる状況を確保して置こうと、いろいろと知恵を絞っているよ」と事情通は明かす。 果たして捜査当局は、こうした様々な「壁」を乗り越え、今年も薬物を乱用する芸能人に迫ることが出来るのだろうか。

次の