トトロ 画像。 となり の トトロ イラスト

トトロの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

トトロ 画像

本作の主人公は、草壁家の姉妹であるサツキとメイ。 母親の入院中、父親のタツオとともに農村へと引っ越してきた2人は、隣家に住むおばあちゃんやその孫息子であるカンタなどと親しくなっていきます。 そして、緑溢れるその村で過ごす中で、トトロやネコバス、まっくろくろすけといった不思議な生き物とも出会っていくことになるのです。 『となりのトトロ』名言&名シーン第17位 サツキが朝ごはんとお弁当をつくるシーン この間から配信でメイが「はげてる!」か「もげてる!」かなんかのシーンでずっと悩んでおったのだが、今ようやく見なおして 「焦げてる!」でした。 サツキが慣れた手つきで野菜をざくっざくっと切り、簡単な中身であっても家族全員分のお弁当までつくれてしまうのはさすがの一言! スタジオジブリの映画に登場する料理は、思わずよだれが垂れそうになってしまうくらい美味しそうに描かれていることで有名ですが、サツキの料理風景やご飯を食べるシーンも「美味しそう・・・」の一言でした・・・! 『となりのトトロ』名言&名シーン第16位 「気をつけ! メイがお世話になりました。 これからもよろしくお願いいたします。 うちまで競争!」(タツオ) トトロが住んでいる巨大なクスノキ。 根元には水天宮の祠があり、木の周りにもしめ縄が張られていることから、この木自体がご神木、今で言うならパワースポット的な力を持つ木なのかもしれません。 おばあちゃんはサツキを元気付けようとしますが、母親の体調不良を聞かされて心が不安でいっぱいになっていたサツキは「このまま母親は帰ってこないまま亡くなってしまうのかもしれない」と考えて、泣き出してしまいます。 いつもしっかりしすぎるほどにしっかりしていた「お姉ちゃん」のサツキが、脆さを見せた印象的なシーンでした。 『となりのトトロ』名言&名シーン第12位 「メイがとったトウモコロシ、お母さんにあげるの」(メイ) ばあちゃんの畑のものを食べれば元気になる、と言われたメイは、おかあさんにトウモロコシを食べてもらえば絶対におかあさんは元気に家に帰ってくる、と信じています。 トウモロコシはメイにとって寂しさを解消してくれる魔法なのです。 荷入れや掃除を進めていたその家に、カンタが母親から渡してくるようにと言われたおはぎを持ってやってきます。 カンタが「ん!」と差し出したそれを、サツキが受け取ると、カンタはちょっと離れて上記の台詞をサツキに向かって叫びます。 すぐにおばあちゃんの「カンタァ!」という怒鳴り声が響いてカンタは去っていきましたが、カンタのこれが一番印象に残っている方も多いかもしれませんね。 『となりのトトロ』名言&名シーン第10位 「まっくろくろすけ出ておいで! 出ないと目玉をほじくるぞ!」(サツキとメイ) まっくろくろすけ出ておいで~。 メイのこの必死な声がなんとなく記憶に残っているという方も、きっと多いはず。 その後にタツオがメイと目線を合わせて「お父さんもサツキも、メイが嘘つきだなんて思っていないよ」と言うところまで含めて、魅力的なシーンでした! 『となりのトトロ』名言&名シーン第7位 サツキとメイがトトロと一緒にバスを待つシーン 2歳の娘と『となりのトトロ』を観ていたら、バス停でさつきが貸した傘を持ったままトトロがネコバスで走り去るのを見た娘が「おとうさんの傘ぁ!!」って大泣きしたのでテレビ消しました。 傘にポツポツと落ちる雨の音が気に入ったトトロは上機嫌。 サツキにお礼に木の実をササの葉で包んだものを手渡して、ネコバスへと乗り込んでいきます。 ある夜、トトロたちが庭の木の実をまいたあたりを歩き回っているのを見つけたサツキとメイは、トトロたちの元へと駆け寄ります。 そして、トトロたちが不思議な力で次々と木の実から芽を出させていき、サツキとメイもそれに合わせて芽を出させていきます。 やがてその芽が1つにまとまっていき、あっという間に巨木へと育っていくのが大変魅力的なシーンでした! 『となりのトトロ』名言&名シーン第5位 「メイ! 私たち風になってる!」(サツキ) サツキ「メイ、私たち、風になってる!」 メイ「うん」 金曜ロードSHOW!|夏はジブリ! ~第2弾『となりのトトロ』~放送中! — スタンリー@金曜ロードSHOW! 翌朝、目がさめたときにサツキとメイは自宅の布団の中にいました。 庭の方に出てみると、トトロたちとともに育てた巨木は消えていましたが、木の実からたくさんの小さな芽が出ていました。 サツキとメイは上記の台詞を言いながら、トトロたちと昨晩やった動きをして歩き回ります。

次の

トトロがますます好きになるイラスト集12枚

トトロ 画像

大分県の山あいの小さな集落に「ととろ」というバス停があるのをご存知ですか? まるで森の中から本当にトトロや猫バスが出てきそうなくらいのんびりとした風景の中にあったこのバス停に、ある日突然アニメのキャラクターのパネルが置かれたことから、「となりのトトロ」ゆかりの地として一躍人気スポットとなったこの「ととろ」のバス停。 今回はその「ととろ」のバス停について紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:風祭 哲哉 「ととろ」のバス停は大分県南部の佐伯市宇目町というところにあります。 「ととろ(轟)」は実際に存在する地名で、かつてここを通っていた大分バスのバス停だったのですが、2013年の春、ここを走る路線が廃止されてしまったことにより、しばらくバス停の跡だけが保存されていました。 その後、住民の手作りだった木造の待合室の老築化もあり、2015年2月に旧バス停から80メートルほど離れた現在の場所に移設、修復され、今は佐伯市のコニュニティバスの待合室として利用されています。 また、大分バスの厚意によりもちろん「ととろ」のバス停標識も昔のまま残されています。 大分バスの路線廃止により、現在ここを通る公共交通機関は、地域のコミュニティバスのみとなっています。 域外からアプローチするには、JR豊肥本線の三重町駅から日豊本線の重岡駅行きの路線バスが1日5往復あり(土日は減便)、比較的近くを通りますが、それでも最寄りの小野市バス停で下車してから片道1時間ほど歩かなければなりません。 車であれば大分市内から約60キロの距離となります。 「トトロのバス停」が知られたきっかけ 写真:風祭 哲哉 日本中のどこにでもありそうな静かな里山のバス停だった「ととろ」。 1988年に人気アニメ映画「となりのトトロ」が公開されたあともしばらくは大きな注目を浴びることもなかったのですが、1997年に登場キャラクターの看板がこのバス停に設置されているのが見つかり、誰が置いたのか分からないまま、その後、まるでプロが描いたかのように完成度の高い作品が次々と置かれるようになりました。 こうした情報がネットや口コミで広がり、またバス停の周囲もアニメの一シーンをほうふつさせるようなロケーションでもあったことから、一躍人気観光スポットとなったのです。 写真は新しく移設されたあとの「ととろ」バス停ですが、移設以前のバス停は、森をバックに流れる小川の上に直接丸太を組んでその上に設置されていたので、よりトトロの世界観に近かったのではないかと思います。 写真:風祭 哲哉 「ととろ」のバス停から上流に少し歩くと、「トトロの森」と名付けられた小公園が整備されています。 小さな小川を渡ると、そこにはかつてバス停に置かれていた猫バスの大きなパネルが設置されています。 猫バスは、顔を出して記念撮影できるように、ちゃんと窓がくり抜かれています。 また、その近くの小川のほとりには、木の枝でできた柵の上にトトロの人形が数多く並べられたスペースもあります。 このトトロ人形には、お腹の白い部分に願い事やメッセージなどが書かれていて、さながら神社の絵馬のトトロ版という感じです。 それぞれのトトロも手作りらしく、1つ1つ表情が違っています。 付近にはそのほか、トトロやメイなどのパネルなどがあります。 トトロのバス停も含め、これらはすべて「どこかにいる誰か」や地元の方の善意が集まって成り立っています。 注目のスポットとなったばかりに、バス停の作品が持ち去られたり、落書きされたりといった被害も出ましたが、そのたびに地元の方が直したり、また「どこかにいる誰か」による新しい作品が出現したりしているようです。 写真:風祭 哲哉 佐伯市宇目町のととろ地区は、これぞ日本の里山、といった感じの静かで美しい場所です。 バス停のすぐ裏の集落に、雰囲気のいい小さなレストランが1軒だけありますが、そのほかは民家が数軒と狭い畑、森と川があるだけ。 トトロのバス停とトトロの森を見終わってしまうと、それ以外の観光地的な見どころは特に何もありません。 ちなみに、ここから車で10分ほどの場所にある「道の駅宇目」に行けば、トトロに関連するお土産が売っています。 また「道の駅宇目」の脇には、地元の民謡『宇目の唄げんか』にちなんで命名された「唄げんか大橋」という変わった名前の大きな橋があり、付近のちょっとした観光スポットになっています。

次の

となり の トトロ イラスト

トトロ 画像

本作の主人公は、草壁家の姉妹であるサツキとメイ。 母親の入院中、父親のタツオとともに農村へと引っ越してきた2人は、隣家に住むおばあちゃんやその孫息子であるカンタなどと親しくなっていきます。 そして、緑溢れるその村で過ごす中で、トトロやネコバス、まっくろくろすけといった不思議な生き物とも出会っていくことになるのです。 『となりのトトロ』名言&名シーン第17位 サツキが朝ごはんとお弁当をつくるシーン この間から配信でメイが「はげてる!」か「もげてる!」かなんかのシーンでずっと悩んでおったのだが、今ようやく見なおして 「焦げてる!」でした。 サツキが慣れた手つきで野菜をざくっざくっと切り、簡単な中身であっても家族全員分のお弁当までつくれてしまうのはさすがの一言! スタジオジブリの映画に登場する料理は、思わずよだれが垂れそうになってしまうくらい美味しそうに描かれていることで有名ですが、サツキの料理風景やご飯を食べるシーンも「美味しそう・・・」の一言でした・・・! 『となりのトトロ』名言&名シーン第16位 「気をつけ! メイがお世話になりました。 これからもよろしくお願いいたします。 うちまで競争!」(タツオ) トトロが住んでいる巨大なクスノキ。 根元には水天宮の祠があり、木の周りにもしめ縄が張られていることから、この木自体がご神木、今で言うならパワースポット的な力を持つ木なのかもしれません。 おばあちゃんはサツキを元気付けようとしますが、母親の体調不良を聞かされて心が不安でいっぱいになっていたサツキは「このまま母親は帰ってこないまま亡くなってしまうのかもしれない」と考えて、泣き出してしまいます。 いつもしっかりしすぎるほどにしっかりしていた「お姉ちゃん」のサツキが、脆さを見せた印象的なシーンでした。 『となりのトトロ』名言&名シーン第12位 「メイがとったトウモコロシ、お母さんにあげるの」(メイ) ばあちゃんの畑のものを食べれば元気になる、と言われたメイは、おかあさんにトウモロコシを食べてもらえば絶対におかあさんは元気に家に帰ってくる、と信じています。 トウモロコシはメイにとって寂しさを解消してくれる魔法なのです。 荷入れや掃除を進めていたその家に、カンタが母親から渡してくるようにと言われたおはぎを持ってやってきます。 カンタが「ん!」と差し出したそれを、サツキが受け取ると、カンタはちょっと離れて上記の台詞をサツキに向かって叫びます。 すぐにおばあちゃんの「カンタァ!」という怒鳴り声が響いてカンタは去っていきましたが、カンタのこれが一番印象に残っている方も多いかもしれませんね。 『となりのトトロ』名言&名シーン第10位 「まっくろくろすけ出ておいで! 出ないと目玉をほじくるぞ!」(サツキとメイ) まっくろくろすけ出ておいで~。 メイのこの必死な声がなんとなく記憶に残っているという方も、きっと多いはず。 その後にタツオがメイと目線を合わせて「お父さんもサツキも、メイが嘘つきだなんて思っていないよ」と言うところまで含めて、魅力的なシーンでした! 『となりのトトロ』名言&名シーン第7位 サツキとメイがトトロと一緒にバスを待つシーン 2歳の娘と『となりのトトロ』を観ていたら、バス停でさつきが貸した傘を持ったままトトロがネコバスで走り去るのを見た娘が「おとうさんの傘ぁ!!」って大泣きしたのでテレビ消しました。 傘にポツポツと落ちる雨の音が気に入ったトトロは上機嫌。 サツキにお礼に木の実をササの葉で包んだものを手渡して、ネコバスへと乗り込んでいきます。 ある夜、トトロたちが庭の木の実をまいたあたりを歩き回っているのを見つけたサツキとメイは、トトロたちの元へと駆け寄ります。 そして、トトロたちが不思議な力で次々と木の実から芽を出させていき、サツキとメイもそれに合わせて芽を出させていきます。 やがてその芽が1つにまとまっていき、あっという間に巨木へと育っていくのが大変魅力的なシーンでした! 『となりのトトロ』名言&名シーン第5位 「メイ! 私たち風になってる!」(サツキ) サツキ「メイ、私たち、風になってる!」 メイ「うん」 金曜ロードSHOW!|夏はジブリ! ~第2弾『となりのトトロ』~放送中! — スタンリー@金曜ロードSHOW! 翌朝、目がさめたときにサツキとメイは自宅の布団の中にいました。 庭の方に出てみると、トトロたちとともに育てた巨木は消えていましたが、木の実からたくさんの小さな芽が出ていました。 サツキとメイは上記の台詞を言いながら、トトロたちと昨晩やった動きをして歩き回ります。

次の