峰 理子。 峰理子とは (ミネリコとは) [単語記事]

暁 〜小説投稿サイト〜: 願いを叶える者(旧リリカルなのは 願いを叶えし者): 峰 理子と言う女

峰 理子

どちらもカードを引く能力を持っているので、次のターンに登場させるキャラカードや、セットカードを手札に加えやすくなります。 また、パートナーの能力で複数枚のセットカードをセットすることができるので、 《乱入者》や 《カウント》が手札にある場合は、パートナーにセットしましょう。 《乱入者》をパートナーにセットすると、アタックキャラやガードキャラに選ばれた場合に、相手のキャラの攻撃力を減少させることができるので、バトルで自分のキャラが裏向きになりにくくなり、受けるダメージも減らすことができます。 《理子の元戦姉妹「島 麒麟」》は自分のパートナーにセットされているセットカードの枚数以下の攻撃力のキャラを相手はガードキャラに選べなくさせる能力や、パートナーとこのキャラに『貫通』を与える能力を持っています。 パートナーの能力と組み合わせて相手のフレンドをガードできない状態にしつつ、『貫通』によるダメージを与えていきましょう。 《女の子らしい女の子》や 《危険な愛「夾竹桃」》は相手のキャラの攻撃力を減少させる効果を持っています。 パートナーの能力や 《乱入者》の能力と組み合わせて、相手のパートナーや攻撃力が高めのキャラの攻撃力を減少させてガードできない状態にすれば、相手に大ダメージを与えることができます。 さらに、 《空虚な人形劇》を使用して相手が攻撃力を上昇できないようにすれば勝利は目前です。 ,ltd. All rights reserved. ,ltd. All rights reserved. ,ltd. All rights reserved. ,ltd. All rights reserved. Inc. ,ltd. All rights reserved. ,ltd. All rights reserved. ,LTD. Inc. ,Ltd. All Rights Reserved. All rights reserved. all rights reserved. , Ltd. All rights reserved. all rights reserved. , All Rights Reserved. Inc.

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 願いを叶える者(旧リリカルなのは 願いを叶えし者): 峰 理子と言う女

峰 理子

峰理子(みね りこ)とは、 の登場人物である。 版のは。 概要 武偵2年科(ケスタ)に所属。 本名は理子・峰・リュ4世 (峰・理子・リュパン4世) であり、の大・リュの末裔にあたる。 収集が並外れてうまく、武偵はA。 ジと同じ2年A組に所属している。 ので、と同じく小柄でだが胸は大きい。 だらけにしたを着こなし、持ち前のなと可らしい容姿からの者となっている。 には、よくちょっかいを出しては発されている(ジく「科の女」)。 ・・・というのは表の顔であり(普段はを演じているだけ)、実際の性格はかなり的。 裏理子(ジ命名)になると言葉遣いが急に荒くなる。 またド(H)の存在をしており、でジをヒスらせようと誘惑してくることも。 とある事情から「イ・ウー」の一員となっており、それがきっかけでやジ達と対立する事になる。 は非常に高く、とヒスったジを同時に相手して互以上に渡り合う(武偵高のでヒスったジと対戦した時には手を抜いていたため、あっさり敗れている)。 を自在に操るを使って、と同じ「双」を装う。 があり、定の(自分と同じようなを着たが出てくる)を好む。 しかし見たがぐらいなため、を売ってもらえなかったことも。 は嫌いらしい。 () 実は、理子は幼少期にで過酷な監禁生活を送らされていたという経緯がある。 幼少期に両親を亡くしてからドに拾われたが、リュの直系でありながら曾祖の資質を全く受け継いでいなかったことから、 5世(隔世遺伝の子)を生むための具として監禁されて育てられた。 そのため「(リュ) 4世」と言われることをしく嫌っている(の(2や3等)も「」だとして嫌っている)。 体が小さいのも幼少期にロクな物を食べさせてもらえなかったからで、布しか身にうものがなかったことからに対する執着心も強い。 によると、曾祖の資質を全く受け継がなかった理子は、自分をな存在へと変えようとする思いが強く、「イ・ウー」の中でも随一の努だったという(もそんなに一置いていた)。 高いも自身の血の滲むような努で会得したもの。 関連動画 関連静画.

次の

緋弾のアリア

峰 理子

峰理子(みね りこ)とは、 の登場人物である。 版のは。 概要 武偵2年科(ケスタ)に所属。 本名は理子・峰・リュ4世 (峰・理子・リュパン4世) であり、の大・リュの末裔にあたる。 収集が並外れてうまく、武偵はA。 ジと同じ2年A組に所属している。 ので、と同じく小柄でだが胸は大きい。 だらけにしたを着こなし、持ち前のなと可らしい容姿からの者となっている。 には、よくちょっかいを出しては発されている(ジく「科の女」)。 ・・・というのは表の顔であり(普段はを演じているだけ)、実際の性格はかなり的。 裏理子(ジ命名)になると言葉遣いが急に荒くなる。 またド(H)の存在をしており、でジをヒスらせようと誘惑してくることも。 とある事情から「イ・ウー」の一員となっており、それがきっかけでやジ達と対立する事になる。 は非常に高く、とヒスったジを同時に相手して互以上に渡り合う(武偵高のでヒスったジと対戦した時には手を抜いていたため、あっさり敗れている)。 を自在に操るを使って、と同じ「双」を装う。 があり、定の(自分と同じようなを着たが出てくる)を好む。 しかし見たがぐらいなため、を売ってもらえなかったことも。 は嫌いらしい。 () 実は、理子は幼少期にで過酷な監禁生活を送らされていたという経緯がある。 幼少期に両親を亡くしてからドに拾われたが、リュの直系でありながら曾祖の資質を全く受け継いでいなかったことから、 5世(隔世遺伝の子)を生むための具として監禁されて育てられた。 そのため「(リュ) 4世」と言われることをしく嫌っている(の(2や3等)も「」だとして嫌っている)。 体が小さいのも幼少期にロクな物を食べさせてもらえなかったからで、布しか身にうものがなかったことからに対する執着心も強い。 によると、曾祖の資質を全く受け継がなかった理子は、自分をな存在へと変えようとする思いが強く、「イ・ウー」の中でも随一の努だったという(もそんなに一置いていた)。 高いも自身の血の滲むような努で会得したもの。 関連動画 関連静画.

次の