果実園 地図記号。 栽培おすすめ果樹

果樹園の地図記号とみかん畑のイラスト素材 [8714892]

果実園 地図記号

地図記号・土地利用景〜植生 植生とはその土地土地に主に生えている植物のことです。 この記号により、主に生えている植物がわかるだけでなく、 土地の利用状態や、地形まで間接的に分かります。 つまり、等高線だけでは表せない内容も、この植生記号で表せるということです。 名称 田 記号 色 青 由来 稲を刈り取ったあとの状態。 適用 水稲(すいとう)、蓮、い草、わさび、せりを栽培している 土地に使います。 また、季節によっては畑になるところにも使います。 追記 1、この記号は黒でなく青で描きます。 2、この記号は 「水田」ではありません。 ご注意ください。 名称 畑 記号 色 黒 由来 地面から発芽した葉の形状。 適用 野菜、麦、芝、パイナップル、牧草を栽培している 土地に使います。 追記 芝や牧草は誤って荒地記号を使ってしまいやすいので 注意です。 名称 空き地 記号 色 黒 適用 空き地、庭、宅地(建物の敷地)、公園に使います。 表示は特定地区界や注記などを使って 適宜表示します。 名称 桑畑 記号 色 黒 由来 桑の木の形状。 適用 桑畑に使います。 名称 茶畑 記号 色 黒 由来 茶の実を縦に裂いたときの種子の形状。 適用 茶畑に使います。 名称 果樹園 記号 色 黒 由来 果実の形状。 適用 りんご、梨、桃、栗、ぶどうなどを栽培している土地に 使います。 名称 その他の樹木畑 記号 色 黒 適用 桐、はぜ、こうぞ、庭木を栽培している土地に使います。 また、苗木畑にも使います。 名称 広葉樹林 記号 色 黒 由来 広葉樹の丸い木の形。 適用 高さ2メートル以上の木が 密集している土地に使います。 ただし、植林地は2メートル未満でも使います。 名称 針葉樹林 記号 色 黒 由来 針葉樹の尖った木の形。 適用 広葉樹林と同じです。 名称 竹林 記号 色 黒 由来 竹の葉。 適用 竹が密集しているところに使います。 名称 やし科樹林 記号 色 黒 由来 やしの木の形状。 適用 やし科、へご科、たこのき科などの植物が 密集している所に使います。 名称 はい松地 記号 色 黒 由来 はい松の木の形。 適用 はい松、わい性松の密集しているところに使います。 名称 笹地 記号 色 黒 由来 笹の木の形状。 適用 笹やしのの密集しているところに使います。 名称 荒地 記号 色 黒 由来 雑草の形状。 適用 裸地、雑草地、または、 湿地などで水草が方々で生えているところに使います。 名称 植生界 記号 色 黒 適用 異なった植生の境目に適用します。 ただし、未耕地の植生の境目には原則適用しません。

次の

分類記号一覧 - 農文協図書館

果実園 地図記号

品 目 効能・効果 N チッソ 木の葉の成長に必要な栄養素。 果樹では初期(苗木から収穫可能になるまで)、もっとも必要となる栄養素。 成木(収穫可能な木)に与えすぎる(土中の成分が高すぎる)と実が付かなくなる。 園芸でつる豆を栽培すると、大きく蔓が成長したのち、花が咲かない等の原因は窒素分の多い典型の症状。 P リン酸 花を付けるのに必要な栄養素。 実のなる野菜、果樹、鑑賞用の花に欠かせない栄養素。 K カリウム 植物の根が育つのに必要な栄養素。 その他 ミネラル、カルシウム、マグネシウム 等 鉱物等を原料にした肥料。 含有成分は表示の通りであり、必要な栄養素を確実に供給するのに便利。 また、殆どの化学肥料が即効性。 追肥・元肥・あらゆる場面で有効に作用する。 (有機肥料は、殆どが遅効性です。 ) 成分表示のままで、化学肥料だけでは、ミネラル分等が欠乏する。 へ 品 目 特 徴 牛糞 バランス良く栄養素を含む有機肥料の代表。 園芸コーナーで発酵したものが広く市販もされています。 牛糞自体は、産業廃棄物として処理に困っているので本職レベルの話では、未発酵の物は無料で貰えるような扱い。 管理をせずに発酵させるには、5年程度の期間が必要となります。 未発酵の状態では異臭が酷く植物に害を与え、付近の果樹及び植物は枯れてしまいます。 また、ハウスや果樹棚等の金属パイプ腐食させる。 発酵鶏糞 広く利用されている安価な有機肥料。 成分、弱アルカリ、栄養素も多い。 しかし、甘みが必要な果物に使用すると、甘くならないといわれている。 管理人も本職での果樹栽培では、余っても使用していない。 甘みが必要ない果樹(栗・銀杏・梅等)、苗木で収穫がない時には、木の生長に使用しています。 牛糞同様、処理に困っているので未発酵の物は無料で貰えるような扱いです。 牛ふん同様に管理をせずに発酵させるには、5年程度の期間が必要。 未発酵の状態では植物に害を与え、付近の果樹及び植物は枯れてしまいます。 また、ハウスや果樹棚等の金属パイプ腐食させる。 堆肥(有機肥料)の使用は果樹の栽培方法(梨の育て方)>「」へ 油かす なたね・大豆等の油を絞ったかすや、骨粉等が混ぜられた一般的な有機肥料。 N分が多く、実付が悪くなると言われている一方、果物の甘みをつけると言われている。 市販の有機肥料では割と高価であるが、甘みが必要な果樹には最も重要視されている市販肥料の1つ。 油かすの使用は果樹の栽培方法(梨の育て方)>「」へ ・ お米を収穫した時に出る大量の籾殻。 腐食して肥料として効果が出るまでに10年かかるといわれ、肥料として単純に期待するには長期育成の果樹以外では不向きです。 しかし・・・ 地中に混ぜ込むと水はけが良くなる。 地表に厚く均一に散布しておくと、草が生えにくいなど、利用価値は大きい。 ・ もみ殻や藁、剪定時の枝を燃やした後に残る草木灰(そうもくばい)は、即効性のアルカリ性を持つ土壌改良剤と栄養素のカリウムを含む肥料。 肥料利用の他、防虫・殺菌等にも利用できます。 ・ 剪定作業で多量に発生する枝は、燃やすことでカリウムを含むアルカリ肥料の草木灰。 堆肥化することで窒素・リン酸・カリを含む肥料として活用できます。 そのまま処分する時では、通常可燃ごみとしての廃棄処分することができます。 茸栽培の原木類 椎茸・平茸・ナメコ等の茸栽培に使用した腐敗した原木。 腐葉土としての肥料として期待できる。 しかし、腐敗に時間がかかる他、原木の芯が残るため、破砕処理を行わないと使用しにくい。 平茸栽培に使用した原木の芯まで腐敗し有効利用しやすく、椎茸では、芯が残り利用し難いです。 わら・すすき お米の収穫後のわら。 土手等に生えている雑草のススキを除草したごみ。 もみ殻と同様の効果が期待できる。 地中に混ぜ込むだ時の水はけ効果は、もみ殻より良いらしい。 わらはトラクター・管理機に巻きつくので注意が必要です。 生ごみとぼかしを混ぜることで、微生物の分解作業を促進させて肥料にかえる。 リサイクル(ゴミの減量化)には有効。 当たり前だが、塩分は分解できない。 残飯は、混ぜる時には注意が必要。 悪臭や不快虫の発生など、管理人はおすすめしていない。 卵の殻はそのまま肥料に使える。 貝殻は砕いてから撒いた方が良い。 成木の果樹園に広範囲まくと効果がある。 苗木・園芸では成分が濃すぎるため使用は不向きです。 植物育成阻害物資により、除草効果がある。 発酵させると、植物育成阻害物質も分解され、優れた肥料なる。 コーヒーの肥料の使用については、果樹栽培の肥料>「」へ 品 目 特 徴 消石灰 地面を中和することが主とする土壌改良剤。 即効性の中和効果と殺菌力があり、強い酸性土壌に有効。 消石灰散布後、数日間は植物に害を与えます。 アルカリ分70% 苦土石灰 地面を中和することが主の土壌改良剤料だが、消石灰より中和力は弱い。 しかし、植物に害を与えることが少なく、苦土(マグネシウム)を含み、苦土の欠乏による異常落葉を解消します。 アルカリ分55% ・果樹栽培の肥料 ・肥料は用いる時期については、 ・もみ殻の利用については、 ・灰の利用については、 ・剪定で発生した枝の活用については、 ・有機質堆肥として活用については、 ・コーヒーの出涸らしの利用については、 肥料を使用しての土作りについては、 梨の病気被害と対策>「」にて紹介しています。

次の

果樹園

果実園 地図記号

果樹園の柿の木 果樹園(かじゅえん、Orchard)はの一種。 が栽培されている。 食糧を生産するためにやを植えて、手入れを行い維持する必要がある。 多くの果樹園では商業的栽培のためのや堅果(類)のなるで構成されている。 また、果樹園によっては大規模な美しい庭園の様相をなしているところもある。 多くの地域では木が整然と並べられており、手入れや収穫を楽にするために下草を家畜に食べさせたり、刈り取ったりする。 土が露出していることも多い。 果樹園は水が得やすく、気候が温和なところに発達する。 果樹園では複数の種を混合して栽培することも多い。 例えばヨーロッパでは、はよくとともに植えられる。 果樹園とよく似た食糧生産地として、がある。 の森林農業による栽培で、よりに配慮した栽培ができるようになった。 との栽培がこの方法で行われているところもある。 主な作物 [ ] 熱帯 [ ]• りんご• 亜熱帯 [ ]• (、、、など)• 温帯 [ ]• 世界各地の果樹園 [ ] において最も広い面積で栽培されているのはリンゴとオレンジである。 リンゴの果樹園は東部に、オレンジの果樹園はと南部に最も多い。 ワシントン州の高原ではリンゴの栽培に有利で、品質の良い有機栽培のリンゴが収穫できる。 アメリカ北東部ではの湖岸に多く果樹園がある。 ヨーロッパでは、のが主要な果樹園地帯の一つにあげられ、柑橘類が栽培されている。 、、、などでもリンゴの果樹園が広がっている。 日本における果樹園 [ ] 日本国内においては、サクランボ、カキ、リンゴ、ナシ、モモ、、などが栽培されている。 ここからを収穫し出荷するほか、(観光果樹園)として観光客を受け入れているところもある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - その多くが縄文時代のドングリや栗の果樹園の跡である。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の