絶対負けるオセロ。 オセロで、負ける方法。ネットでオセロをやってるんですが、ほ...

オセロの間違った知識を捨てよう。特に序盤から沢山取ると勝てない?

絶対負けるオセロ

これがきっかけで第3次AIブームが始まったと言われています。 そんなAIですが、囲碁界だけではなく「オセロ界」にもとんでもないモノが登場しました。 でも今回のAIは、人間は間違いなく超えているんですが、盤面上に自分の石をほとんど残さないで必ず負けることができる「オセロAI」なんです。 その名も「最弱オセロ」!! 開発したのは株式会社AVILENの創業者で技術責任者・吉田拓真さん。 彼は東京大学を卒業後大学院時代にAVILENを立ち上げ、AIを用いた図面読み取り・異常検知・Webアプリなど数々の開発プロジェクトを手掛けてきた方。 オセロで勝つにはもちろん論理能力が必要ですが、わざと負けようとしても相手の出方次第ではどんどん自分の石を増やしてしまって、その結果勝ってしまうということもあるのがオセロの面白いところなんです。 吉田さんはこの「最弱オセロ」を公開した際に「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートしたところ4000件以上のリツイートがあって一気に広まったそうです。 実際私もやってみましたが、見事に勝ってしまいました。 現在「最弱オセロ」は、約1800勝をあげる傍ら、約50万回負けているので、最弱オセロが勝つ確率は0.4%。 つまりあなたが負ける確率はたった0.4%! ほぼ勝ってしまうのはまちがいありません。 でも実は違うんです。 AI(人工知能; Artificial Intelligence)という言葉は、1956年に人工知能について情報交換をしようと開催された「ダートマス会議」の際、ジョン・マッカーシー(John McCarthy)氏(アメリカの計算機科学者)が会議の提案書で使ったのが最初と言われています。 この同時期に電子計算機(コンピュータ)が登場したことで、人間を超えるような人工知能が誕生すると期待され、次々と新しいアルゴリズムが考案されました。 これが第1次AIブーム(1950年〜60年ころ)となります。 しかしながらこの第一次ブームも、考え出されたさまざまなアルゴリズムを実行しようにもコンピュータの性能が追いつかず、いつしかブームは去っていきます。 続いて第二次AIブームが訪れたのは1980年ころ。 家庭にコンピュータが普及し始めたころで、このころは専門家の知識をコンピュータに教え込む「エキスパートシステム」という手法が取り入れられ、さまざまな問題について統計分析や確率的なアルゴリズムで予測ができるようになっていきます。 しかしながら膨大な知識データを覚えさせるには、このときもまだコンピュータの性能が追いついていなかったため、自然消滅していきます。 そして第三次AIブームはついにコンピュータが考えられるアルゴリズムをこなせるレベルに達した2000年代から徐々に始まります。 コンピュータの性能向上に加えインターネットの普及やクラウドコンピューティングでの解析・分析が容易になり、そこにカナダのトロント大学のジェフリー・ヒントンやヨシュア・ベンジオらが「ディープラーニング(深層学習)」という手法で劇的な予測率のアップを実現させます。 これが火付け役となって全世界に「ディープラーニング」の手法が広がります。 「アルファ碁」が名人棋士を負かしたことや、宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が亡くなるわずか1年前に「AIは人類を滅亡に導くかもしれない」と警鐘を鳴らしたこともブームのおおきなきっかけですが、もっと大きいのがこの「ディープラーニング」という手法によって、これまでの再帰分析や確率的予測などとは全く次元の違う予測方法を編み出したことなんです。 ではなぜこれまでの大量データを学習して予測を立てることと「アルファ碁」やこの「最弱オセロ」が違うのでしょうか。 それは、コンピュータの中に相手役を置きその架空の相手と何回も戦うことから始まります。 相手の手などはここから学習していきます。 これらの経験データをディープラーニングすることで、何らかの勝ち手を予測するのです(実際のゲームデータの解析を併用することもあります)。 なので厳密に言えば、なぜこの手法で勝ち手が予測できるのか「理論的」に解読できているわけではないんです。 あくまで経験則として、この手法で予測を立てると9割以上の確率で勝てることがわかっているだけなのです。 どうにも不思議な現在の第3次AIブームですが、ブームは終わる気配がないどころか、世の中のあらゆるものがAIで代替えされようとしています。 でも使うのは人間。 だからおもしろAIは欠かせない。 次は最弱囲碁もお願いします! (出典)•

次の

最弱オセロとは:絶対に負けられない戦いが、そこにはある

絶対負けるオセロ

現在のコンピュータ開発は、オセロ対戦プログラムについてはどこまで進んでいるので しょうか? コンピュータのオセロってどれくらい強いんでしょうか? 今後の開発具合によっては「オセロで絶対に負けないコンピュータ」は現れると 思いますか? 「オセロで必ず負けない方法」というのは, あくまで「技術的」には可能です. ただし, 非現実的な時間とメモリを要求しますが. なお, いろいろなゲームに対するプログラムの強さですが, およそ次のようになっていると思います 全て「最強のプログラム」を比較しています : ・オセロ: 最強の人間であっても歯がたたない ・チェス: 最強の人間ならいい勝負 ・将棋: 最強の人間は苦労するだろうけど有利 ・囲碁: 最強の人間なら余裕で勝てる まず, オセロやチェスに関していうと, 「エンドゲーム 終盤 ではコンピュータは無敵」と言っていいです. オセロでは石を置く場所が少なくなるため, またチェスでは動かせる駒が少なくなるため, どちらも可能な着手の数が少なくなります. そのため十分に読むことができるようになり, コンピュータが理論上間違えないこととあわせて 「無敵」という状況になります. 今だと, オセロのコンピュータプログラムは「40手目 つまり残りが 20マス以下 では読み切れる」くらいになっていると思います. 従って人間が勝つためにはそこまでに「余裕で勝っている」くらいまで局面をリードしないと, 「絶対に間違えないコンピュータ」に追い詰められることになります. 5目分のハンディがある わけですが, これがないと「黒番が負けることはありえない」ルールになっています. つまり, コミがない場合には白番 後手 の必勝法は存在しないことが一瞬で証明できます. Q 1000本のワインがあって、1つは毒入りです。 1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。 今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。 これには最低何人のドレイを要するか? 以下がこれに対する僕の回答です。 結論から言うと1000人必要です。 まず0時から検査を開始します。 24時までに終わらせなければなりません。 まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。 死ぬのは10~20時ですね 二本目を検査するためには 10時より後に飲まなければなりません 理由はAに書きます しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。 ゆえに10時より後には飲めません。 A、もし10時以内に飲んだ場合 死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。 一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時 二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。 つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。 ゆえに1人1本しか検査できません。 従って1000本には1000人必要です。 こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです… 先生にだされた問題だとか。 どうして10本になるのでしょうか? 困ってます。 1000本のワインがあって、1つは毒入りです。 1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。 今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。 これには最低何人のドレイを要するか? 以下がこれに対する僕の回答です。 結論から言うと1000人必要です。 まず0時から検査を開始します。 24時までに終わらせなければなりません。 まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。 死ぬのは10~20時ですね 二本目を検査するためには 10時より後に飲まなければ... Q 今オセロゲームをCで作っているのですが、AIを作るところで行き詰ってしまいました。 vector. html です。 このサイトの for 最初の子節点の手; 未評価の子節点がある; 次の子節点に移る という部分を見る限り先に子節点がいくつあるのか調べておく必要があると思うのですが、 調べる上で次の子節点を調べるときにその前に調べた子節点以外から探す方法が よくわからないのですが、どのような実装を行えばいいでしょうか。 おおまかな説明、流れをご教授お願いします。 A ベストアンサー オセロは8x8のマス目を使うので当然、有限ですね。 将棋はルール上、千日手があるので、局面をnとすると、最大で4n-1までの有限ゲームですね。 今のところ、すべての計算が完了していて証明されたのは「チェッカー」ですかね。 オセロ(リバーシ)はかなり計算が進んでいて、6x6のマス目の状態であれば計算は完了しているようです。 >コンピューターはもっとも自分が勝つ確率が高い手を選びながら進めるんだと思いますが、とある一手を指されたら絶対に勝てないパターンでもあるのですか? 今のところ必勝パターンは確認をされていないと思います。 昔のスーパーファミコン時代の将棋ソフトは確実に勝てる必勝パターンはありましたが。 (コンピュータソフト側は常に同じ手しか指さないため可能な裏技もあります) ネット検索するとこういう書籍があるらしい。 coronasha. wikipedia. 将棋はルール上、千日手があるので、局面をnとすると、最大で4n-1までの有限ゲームですね。 今のところ、すべての計算が完了していて証明されたのは「チェッカー」ですかね。 オセロ(リバーシ)はかなり計算が進んでいて、6x6のマス目の状態であれば計算は完了しているようです。 >コンピューターはもっとも自分が勝つ確率が高い手を選びながら進めるんだと思いますが、とある一手を指されたら絶対に勝てないパターンでもあるのです... A ベストアンサー 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じです。 今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、 活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。 そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで 会社、事業の存続と借金の減免が行われます。 当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、 従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など を求めてきます。 もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、 いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて しまうので、それらには自ずと限度はあります。 民事再生の成功の可否は、事業の健全性 合法で世情にあっていてきっちり儲けられること と 経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに かかってきます。 事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、 従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。 簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じ... Q 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。 国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円 国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円 この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。 住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上 必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか? 私は年収200~230万位で 年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形 住民税は毎月払うのでしょうか? 毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで 年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど 自由になるお金減りすぎますよね。 あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・ 年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか? 月の収入で見ると 月給 180,000円 年金 -15,000円くらい 健康保険-16,000円くらい 所得税 -7000円くらい 住民税 -???円(仮に10,000円として)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 醜い数値が出ました。 ひとり暮らしをしたら 知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。 食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円 この時点ですでに9万円です。 残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・ 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払... A ベストアンサー 年収210万円とした場合の住民税 住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。 なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。 なお、所得税は7000円も引かれません。 4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。 年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

次の

オセロを上達させる秘密技!これからは絶対に負けない!

絶対負けるオセロ

どうも、こんにちは。 さて、今回はオセロで勝つ為の簡単なコツをご紹介したいと思います。 オセロって面白いですよね~。 シンプルなルールですし、誰もが遊んだ事があると思います。 そんなオセロで勝つ為には、簡単なコツがあるんです! オセロで勝ちたい人は是非最後までご覧下さいね! スポンサーリンク オセロにはコツがある! オセロって意外と奥が深いゲームなんです。 将棋や囲碁と同じように、非常に頭を使うゲーム。 シンプルながら頭脳を試されるんです。 そんなオセロで勝つ為にはあるコツが存在します。 オセロは将棋や囲碁と違って少し単純ですからね。 あるコツを守るだけで、友達や家族同士なら簡単に勝つ事ができます。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さい! スポンサーリンク オセロに勝つ為の簡単なコツ コツその1・置いたらダメな場所を覚える コツその1は 「置いたらダメな場所を覚える」です。 まず最初に覚えておいて欲しいコツはコレ! オセロはいかに四隅を取るかが大事! 四隅は絶対にひっくり返す事ができないので、四隅を抑える事が勝ちに繋がるのです。 逆に言えば、四隅を取られてしまうと負ける確率がグッと上がります。 なので、四隅を取られないように、置いたらダメな場所を覚えておきましょう。 置いたらダメな場所は画像の場所です。 終盤は仕方がありませんが、序盤や中盤では置かないようにして下さいね! コツその2・序盤は石を取り過ぎない コツその2は 「序盤は石を取り過ぎない」です。 ハッキリ言って、このコツを覚えておくだけで全然違います。 大概の人はこのコツを知りませんからね。 オセロは終盤になるとひっくり返る石の数が自ずと多くなります。 なので、序盤や中盤で石を取り過ぎてはいけないんです。 序盤や中盤で石を取り過ぎてしまうと、終盤でひっくり返される確率が跳ね上がります。 また、アナタの石の数が少ないと相手は置く場所を制限されますが、アナタが石を置く場所は多くある状況になります。 なので、相手の石を置く場所を操作する事すら可能。 序盤や中盤はいかに石を取らないかが大事なんです。 できるだけ取る石の数を少なくしましょう。 ただ、全て取られると負けになりますからね。 負けにならないギリギリのラインを攻めて、できるだけ石を取らないのがベストですよ! コツその3・中割り コツその3は 「中割り」です。 コツその1とコツその2は基本中の基本。 ですが、多くの人は知りません。 なので、初心者相手であればコツその1とコツその2を知っておくだけで、かなり勝率が上がります。 しかし、まだ確実に勝てる訳ではありません。 より勝ちを確かなものにする為には、この 「中割り」が重要なんです。 中割りとは何か? 説明していきましょう。 序盤や中盤で自分を有利にするには、自分が石を置ける場所を多くして、相手が石を置ける場所を減らすのが大事なんです。 そして、この状況を作る為には自分の石を相手の石に囲ませる局面を作れば良い訳ですね。 その局面を作るのが中割りです。 よく分からない方は、コチラのサイトを見てみて下さい。 中割りについて詳しく解説しています。 イメージとしては、ドリルで穴を空けていくような感じです。 そのイメージで、相手の石に自分の石を囲ませましょう。 上手く分からない方は下の動画を見てみて下さい。 分かりやすく説明してくれています。 中割りができるようになれば、アナタが石を置ける場所が増え、相手が石を置ける場所が減ります。 なので、序盤から中盤にかけて圧倒的有利に局面を進める事ができるのです。 これを知っていれば、初心者から中級者には負け知らずになれるでしょう。 是非覚えておいて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がオセロで勝つ為のコツになります。 これらのコツを覚えておくだけで簡単に勝てるようになりますよ。 まずは置いたらダメな場所を覚えておいて下さい。 これを知らないと負ける確率が跳ね上がります。 次に序盤から中盤は石を取りすぎないようにしましょう。 これを意識するだけで初心者には負け知らずになりますよ。 最後に中割りをすれば、もうアナタは敵なしな存在になるでしょう。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さいね! スポンサーリンク コチラの記事もオススメ!.

次の