消防 設備 士 試験 難易 度。 【消防設備士】甲種4類の受験資格・難易度・勉強方法まとめ

消防設備士 甲種4類・乙種4類の難易度

消防 設備 士 試験 難易 度

目次 消防設備士の資格について気になっていたり、情報を集めている真っ最中だという方! 消防設備士の資格は、 幅広い世代から人気があり、転職時にも有効的です。 ですから「仕事に活かせる資格が欲しい…」という人にはオススメ出来ます! そして、いざ資格を取ろうと思ったとき、合格率はどれくらいなのか? どれくらい難しいのか?って気になったりしますよね。 この記事では、 消防設備士の難易度や合格率についてお伝えします。 また、試験を受験するとなった時の勉強時間の目安や、おすすめのテキストもご紹介しますので、是非、資格取得の際に、ここで得た情報を活用して頂ければ嬉しいです! 消防設備士 資格の基本情報 そもそも消防設備士とは… 消防設備士は 様々な建物に設置されている、 消防設備を点検・整備することが仕事です。 必要に応じて工事も行います。 消防設備には、消火器・火災報知器・スプリンクラーなど色々あり、 それらの 点検・整備・工事を行うには、消防設備士の資格が必要です。 消防設備士の資格には、 乙種(おつしゅ)と、 甲種(こうしゅ)の2パターンがあります。 学歴・年齢・性別・職歴などを問わず、どなたでも受験する事が可能です。 受験資格がないので、試験日まで十分に勉強して対策しておけば、 誰にでも合格を狙えるチャンスがありますよ! 乙種の資格の中でも、特にオススメなのが、乙種6類です。 下記のグラフ 過去5年間の受験者数の平均 を見てください。 乙種6類は、乙種資格の中でも 受験者数がダントツ1位で人気な資格です。 乙種6類は消火器を扱える資格に当たります。 消火器は私たちの生活で特に身近な消防設備です。 さまざまな消防設備の中でも圧倒的な設置台数を誇るので、仕事の需要も多いです。 建物がある限り、消火器に関わる仕事が無くなることは早々ないと思うので、 『転職に活かせる資格が欲しい』という方にはオススメ出来ます! や、 についてまとめた記事もございますので、 是非ご覧になってみてください。 転職に有利!『点検・整備・工事』に対応可能な甲種 消防設備士甲種の資格を取るには、受験資格が必要です。 受験資格には、大別して国家資格によるものと、学歴によるものの2種類があります。 受験資格について詳しく知りたいという方は、 でご確認ください。 甲種の資格を持っていると、点検・整備に加えて工事も出来ます。 点検・整備しか出来ない乙種に比べると、甲種の方が需要が多く、転職にも有利になると考えられるでしょう。 甲種の資格の中でオススメなのは、 甲種4類です。 下記のグラフ 過去5年間の受験者数の平均 を見てください。 グラフを見ると、甲種4類の受験者数の割合が一番多いという事が分かります。 甲種4類は火災報知設備を扱える資格です。 消火器と同様に、火災報知設備も設置台数が多いです。 その為、甲種4類の資格をもっている消防設備士は、 火災報知設備を扱う工事会社やメンテナンス会社などからの需要が多いと言えるでしょう。 転職活動の際に持っていると、とても便利な資格ですよ!や、もございますので、 そちらもご覧になってみてください。 消防設備士 資格の難易度・合格率 それでは、消防設備士の難易度について具体的に見ていきましょう。 【資格の順番】から分かる難易度 まずは、消防設備士の資格の順番から、難易度を見ていきましょう。 下記の図をご覧ください。 消防設備士の資格は、対応する設備によって 資格の分類が異なるので、試験内容や難易度も違います。 そこで、消防設備士の資格を、【乙種】【甲種 特類以外 】【甲種特類】の3つに分類したときの、 難易度の違いを考えてみました。 乙種は受験資格が無く、誰でも合格を狙えます。 その観点から難易度は【易】とさせて頂きました。 『難易度』というよりも、『すぐに受験できるか、出来ないか』という判断基準ですね。 それにより、受験資格が必要な甲種は【中間】で、消防設備士の 資格の免状が無いと受験できない甲種特類は【難しい】としました。 乙種資格 1類~7類 ・甲種資格 1類~5類 の中での難易度を知りたい方は、資格の分類表を見て 『 実際の消防設備のイメージが湧くかどうか』で判断していくと良いでしょう。 例えば乙種なら、下記のように判断できると思います。 イメージが湧きやすい資格からチャレンジしていくとなれば、 勉強も取り掛かりやすくなると思いますよ! 【試験の出題範囲】から分かる難易度 次に試験の出題範囲から、難易度を見ていきましょう。 出題範囲は下記よりご確認ください。 実技試験に関しては、乙種は鑑別等のみですが、甲種には製図がプラスされます。 試験の範囲や問題数を見比べてみても、甲種の方が乙種よりも難しそうという事が言えそうですね。 また甲種の試験では実技試験の製図が 特に難しいと言われており、受験者の方を悩ませているようです。 工事士. comでは… ・ ・ ・ 上記のような対策記事も用意しているので、 興味のある方はご覧になってみてください。 【試験の合格率】から分かる難易度 最後に、試験の合格率から難易度を見ていきましょう。 下記のグラフは、消防設備士試験 過去5年間分 の平均合格率をまとめたものです。 合格率には受験者数や受験者層の違いも関係していると考えられるでしょう。 乙種の試験は受験資格が無いことなどから幅広い世代の方が受けています。 例えば、「学校の授業で勉強している学生」や「消防設備に関わる仕事への就職を目指している未経験の方」「資格マニアの方」など、数多くいます。 それに対して甲種は、「消防設備に関わる仕事に就いている人」や「会社の仕事に必要だから資格を取る人」「消防設備の業界でスキルアップを目指している人」など、既に消防設備に関わる仕事の、経験がある方が多いと考えられます。 これらの違いを比較すると、 甲種を受験するには実務経験や専門的な知識が必要なので、 乙種よりも難しいと言えるでしょう。 【乙種資格の合格率の推移】 消防設備士 勉強時間とテキスト 消防設備士の試験、初めて受験するなら「3ヶ月前」から勉強開始! 実際に消防設備士の試験を受けるとなったとき、「いつから勉強を始めたらいいんだろう?」と悩んだりする方も多いのではないでしょうか? この記事を書くにあたって、消防設備士の試験を受けようと思っている人が、どれくらい前から勉強を始めているのかを調査しました。 すると、乙種を受験する人は『約1~2ヶ月前から』、甲種を受験する人は『約3ヶ月前から』始めている人が多いという事が分かりました。 繰り返しになりますが、消防設備士の資格は、対応する設備によって資格の分類が異なるので、試験内容や難易度も違います。 そのため、『どの資格に、どれくらいの勉強量が必要なのか』は一概にいう事は出来ません。 『約1~2ヶ月前から』『約3ヶ月前から』という期間は、あくまで目安の1つとして参考にして頂ければと思います。 仮に、『1ヶ月前』、『2ヶ月前』、『3ヶ月前』から勉強を始めるとすると、時間換算した場合どれくらいになるのか考えてみました。 受験勉強を進めていく上で参考にしてみてください。 5時間 8. 書店などに行ってみると、消防設備士のテキストのコーナーがあると思います。 消防設備士のテキストは種類が豊富で充実している方なので、「どれが良いんだろう~?」と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。 ズバリおすすめだと言えるテキストは、 弘文社が出版している、工藤政孝さんが書いたテキストです! 消防設備士試験の受験者や、消防設備士が働く業界の中では、通称『工藤本』と呼ばれています。 「本試験によく出るシリーズ」や「わかりやすい!シリーズ」など様々出版されており、種類もたくさんあります。 とコメントしています。 今後、試験勉強を始める際に参考にしてみてくださいね! また、工藤本以外のおすすめテキストもピックアップしてまとめてみましたので、 そちらもご覧になってみてください。 今回の記事では、 消防設備士の難易度や合格率、勉強の目安、おすすめテキストなどについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?この記事で読んだ情報が、「消防設備士の試験を受ける方」また、「試験を受けるか迷っている方」のお役に立てる事を祈っています!.

次の

不思議と人気のある消防設備士という資格がある。1類~7類+特類、そして甲種と乙種に分かれている類もある。難易度と取る順序について記載。

消防 設備 士 試験 難易 度

甲種・乙種も、合格率が30%台です。 10人に7人は落ちています。 ですから、なーんも勉強しないで受かる試験ではありません。 勉強内容も多岐かつ詳細にわたるので、勉強しない限りは、受かりません。 何回も受けてたら何とか受かるだろう的な難易度の試験ではないので、本腰を入れてやるように勧めます。 とはいえども、難問や奇問、悪問の類は出題されないので、ちゃんとした勉強さえすれば、合格できる試験です。 間違えることを恐れずに言えば、 危険物取扱者:乙4のボリュームが増えたような試験、と言えるのではないかと思います。 ですから、わたしには、胃が痛くなった試験でした。 乙種4類の難易度詳細 乙種は、テキストと問題集の記載事項をきちんと消化すれば、必ず合格できます。 問題数も少なく、凝った出題もありません。 たとえば、「消防設備士の業務対象」という規定があったとします。 すると、下記のような問題が出る、という寸法です。 出題の大半はこんな感じなので、前述したように、「勉強して憶えたら受かる」のでした。 なお、「実技試験」がありますが、乙種はそれほど危惧する必要はありません。 実技試験は、実質的に筆記試験の延長です。 言うなれば、実技のベースは筆記です。 筆記の勉強をしっかりしておけば、実技もそこそこに点が取れます。 あとは、実技特有の問題や出題傾向に沿って、勉強するだけです。 実技には、「漢字で書かせる」問題があるので、不安のある語句や用語の漢字に気をつけましょう。 漢字は意外に盲点で、アレ?どう書いたっけ?となります。 こんな次第で、テキストや問題集に掲載されている練習問題を2~3回解けば、穏当に合格レベルに到達し、穏当に合格できるでしょう。 勉強時間を確保でき、まじめに、テキストと問題集の内容を消化すれば、ほぼ受かります。 甲種4類の難易度詳細 一口で言うと、甲種4類とは、「製図」だけが極めて難しい試験です。 つまりは、製図以外は大丈夫という次第です。 ただ、乙種と違って、工事に関する出題があるので、その分だけ、ボリュームが増えています。 ま、乙種同様、テキストを読んで問題を2~3回解いて、必要な知識を収めていけば、必ず合格ラインに到達します。 さて、実技試験のうち、設備系統図にてこずるかもしれません。 しかし、「???」なのは最初だけで、慣れたら100%できます。 なんだか凄く難しそうですが、根っこのところは簡単でして、慣れたら拍子抜け、本試験に出たら喝采するくらいの得点源になるでしょう。 製図以外は、それほど危惧するものはないのでした。 しかし、 問題は、実技試験の1科目である「製図」です。 「 甲種4類は、製図!製図!製図!」です。 建築系の学校や学科などで、製図的な作業をした人にとっては、カンタンかもしれません。 しかし、未経験者やド素人にとっては、全くの未知なる作業になるので、非常に骨が折れ、時間がかかるのです。 製図は、学科の勉強とは質的に異なります。 実技試験のほとんどは、筆記試験の延長です。 つまり、筆記の対策をしていれば、実技の大半は対策済みなのです。 しかし、この「製図」だけは、製図的な作業を「ゼロ」からやることになるので、最初は要領がつかめず、かなり、骨が折れます。 実技試験は、1問1問の比重が大きく、難しい問題が1問出るだけで、合格点の60%を確保するのが格段に厳しくなります。 毎回毎回、製図のカンタンな試験に遭遇するとは限りません。 ゆえに、製図がどれほど解けるようになっておいても、損はありません。 もっというと、製図の出来・不出来で、合格が決まるといって過言ではありません。 甲種に落ちる人は、おおむね、製図で大きく失点して、合格点を確保できずに落ちていきます。 甲種の試験勉強は、法令や機能・構造の勉強が順調でも、全く気が抜けません。 甲種は、「製図がやばい」ので、注意してください。 消防設備士のこまごましたもの 消防設備士に関するこまごましたことは、たとえば、「」とかの記事を、ブログにも投稿しています。 興味のある方は、「」をばご参考ください。 試験科目個々の勉強方法は、「」をお読みください。

次の

消防設備士

消防 設備 士 試験 難易 度

消火器の点検・整備ができる乙第6類が人気の国家資格。 難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性 比較的易しい 2か月以上 国家資格 業務独占資格 30%強 有望 消防設備士は学校や公共施設、マンション、会社などの多くの人が集まる施設で消防及び防災設備の工事・点検・整備をするための国家資格です。 消防設備士の資格を取得することで、 劇場やデパートやホテルなどで働くチャンスが広がります。 これがメリットです、これらの建物は用途や規模や収容人員に応じて、屋内消火栓設備とスプリンクラー設備と自動火災報知設備などの、消防用設備が法律により義務づけられています。 その工事や整備等を行うには消防設備士の資格が必要だからです、したがって、この資格を取るとホテルの消防設備を管理するという権限を与えられて、採用される可能性が高くなります。 毎日の消防設備の点検やメンテナンスのために必ず資格保有者を職場において業務にあたらせなくては、ならないので職場のなかでは特別な存在として尊敬されます、お客の生命を守る重要な業務でもあり、仕事に対するモチベーションもアップします。 消防設備士試験の難易度と合格率 消防設備士試験の難易度 消防設備士試験は、国家試験の中でも比較的難易度の低い資格と言われています、なのに合格率を見ると30%代で簡単そうには思えません、筆記試験の内容では電気は中学2年生で習う内容で機械は高校1年生で習う内容です、消防法も高校生でも分かる内容であると言われているのになのに何故合格率が低いのでしょうか? これは少し前に比べると消防設備士試験の為の市販テキストや問題集は増えてきていますが、まだまだ他の国家資格と比べて、試験の種類によっては市販テキストや問題集が限られているため自分にとって使いやすい教材を選択する事が出来ないのが理由の一つかもしれません。 これは、良質なテキストや問題集が少なく、出題されそうもない知識に時間を使ったり、説明が曖昧なために不確実な知識のまま受験してしまう恐れがあります、選択するテキストや問題集で、必要以上に試験の難易度が高く感じられてしまう方もいるようです。 独学で勉強されている方も、自分の計画に問題がないか通信講座の数十ページにわたる無料資料でスケジュール確認、新たな法律への対応など自分の計画を見直す事も出来ます(大手の講座は勧誘の電話も来ることが無いので安心して請求できます)。 消防設備士試験の合格率 消防設備士試験の合格率は、下の表のとおりに甲種では30%前後、乙種では40%前後と毎年大きな変動はありません。 取得資格によって多くの学科免除を受けることができるため、取得は容易と言えるでしょう。 合格基準は、科目ごとに40%以上かつ、全体の60%以上の成績を収め、さらに実技試験で60%以上の成績を収めれば合格となります。 ただし、免除科目が多い場合、総出題数が少なくなり、1問あたりの比重が大きくなってしまうことがあるので、得意な科目はあえて免除しないという選択肢もあるでしょう。 2013年度 2014年度 2015年度 試験の種類 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率 甲種 特類 1,211 382 31. 125 306 27. 156 3,789 34. 工事整備対象設備等とは、消防用設備等、又は特殊消防用設備等のことです。 「他の類の消防設備士」、「電気工事士」、「電気主任技術者」、「技術士」などの資格を持つ場合、又は消防団員として5年以上勤務し消防学校で所定の教育を終了している場合は、試験の一部免除がありますので最寄りの当センター各支部等へお問い合わせください。 一部免除 消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する方は、申請により試験科目の一部が免除になります。 その場合の試験時間は短縮になります。 なお、甲種特類試験には、科目免除はありません。 1 消防設備士 筆記試験のうち、所有する免状の種類及び受験する種類により、次表のように免除になります。 筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、「基礎的知識 」及び「構造・機能及び工事・整備」のそれぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除なります。 更に、実技試験において、甲種第4類・乙種第4類を受験する場合は、鑑別等試験の問1が免除になり、乙種第7類の場合は、全問が免除になります。 3 電気主任技術者 筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、「基礎的知識」及び「構造・機能及び工事・整備」のそれぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除になります。 4 技術士 次表に掲げる技術の部門に応じて、試験の指定区分の類について、筆記試験のうち、「基礎的知識」と「構造・機能及び工事・整備」が免除になります。 5 日本消防検定協会又は指定検定機関の職員で、型式認証の試験の実施業務に2年以上従事した者 筆記試験のうち、「基礎的知識」と「構造・機能及び工事・整備」が免除になります。 6 5年以上消防団員として勤務し、かつ、消防学校の教育訓練のうち専科教育の機関科を修了した方 乙種第5種、乙種第6類を受験する場合には、実技試験のすべてと筆記試験のうち「基礎的知識」が免除になります。 それ以前に実施する試験ではこの免除を受けることはできません。 試験の一部免除の申請 なお、免除を受けるためには次表のとおり、資格を証明する書類が必要です。 該当者 証明書類 上記 1 の資格を有する者 消防設備士免状のコピー 上記 2 の資格を有する者 電気工事士免状のコピー 上記 3 の資格を有する者 電気主任技術者免状のコピー 上記 4 の資格を有する者 技術士第2次試験若しくは本試験の合格証明書又は技術士登録証のコピー 上記 5 の資格を有する者 型式承認試験の実施業務の従事証明書 上記 6 に該当する者 「5年以上消防団員として勤務したことを証明する書類」及び「消防学校の教育訓練のうち専修教育の機関科を修了したことを証明する書類」の両方が必要です。 独学で勉強されている方も、自分の計画に問題がないか通信講座の数十ページにわたる無料資料でスケジュール確認、新たな法律への対応など自分の計画を見直す事も出来ます(大手の講座は勧誘の電話も来ることが無いので安心して請求できます)。 消防設備士試験の勉強法 試験勉強は工夫で短縮! 消防設備士は暗記型の試験なので長期間にわたって勉強すると、どうしても忘れてしまう事が出てきます、だからと言って短帰還では暗記が追い付かない事もあります、そこで概要を事前に把握しておき、本腰を入れるのは試験直前の「2~3か月」で勉強するのが効率的です、ただ個人差がありますので概要把握の時におおよその直前本腰帰還を決めるのが良いでしょう。 受験するのが乙種であれば、一般的には2~3か月あれば十分です。 甲種は受験科目の実技の中に「製図」があるので、製図の勉強に1か月余分に勉強期間を設ける事をお勧めします。 実技以外の勉強は、通勤時間の電車やバスなどの中でも可能ですから、時間を有効に使える習慣が出来てきます、その効果で勉強時間(机上)をさらに短縮することもできてきます。 集中で効率(質)の高い勉強を! 人間は集中できる時間は決まっているようです、いくら机に向かっていても集中せずにダラダラ勉強をしても頭に入らないだけです。 明確な指標を作り、日々の進捗を管理していきましょう、勉強の計画を立てる、これがどの資格でも大切です。 計画を実行するにはモチベーションを上げることが大切です、毎日、自分の勉強の進捗を確認して出来なかった時には原因を見つけて排除する事です、飲み会に参加したのであれば勉強期間の間は飲み会に参加しないなどの決意が必要です。 どの試験も傾向が大切、過去問がポイント! 高校や大学の受験も、資格試験も過去の出題傾向(過去問題)が大事です、資格試験に関わらず試験は暗記が大多数を占め、間違いを促すような回りくどい言い方や、引掛け問題もあります、司法試験や公認会計士試験は重箱の隅をつつく試験ともいわれました。 過去問題を勉強しておくことで、引掛け問題が出るのか出ないのか、その対策にもなるはずです。 ただ過去問題を解くだけではなく、テキストもしっかりと読んでおく必要があります、試験問題が全て過去の問題から出る事は無いからです。 記憶しやすいように常に問題集とセットで間違った問題を再びテキストで読み返す、これは試験の鉄則です。 そうすれば効率よく勉強をすすめていくことができます。 消防設備士(資格)は期待通りの資格か? 資格の種類は「甲」と「乙」 消防設備士の資格には、点検を行うの機器により「甲種」と「乙種」とに分かれています、更に特類、第1類~第6類に細かく分類されていますが、最初は最も簡単で実用的な乙第6類試験を取得されることをお勧めします。 乙第6類は広く使用されている一般的な消火器の点検や整備が行える資格です、その他一つでも多く取得すれば、就職や転職に有利となります。 受験を決める前に、まずは無料の資料請求から 独学で勉強されている方も、自分の計画に問題がないか通信講座の数十ページにわたる無料資料でスケジュール確認、新たな法律への対応など自分の計画を見直す事も出来ます(大手の講座は勧誘の電話も来ることが無いので安心して請求できます)。 ヒューマンアカデミーの消防設備士通信講座とユーキャンの消防設備士通信講座を下記で比較してみました。 ヒューマンアカデミーの消防設備士は22,680円(税込み) ユーキャンの消防設備士通信講座は39,000円~43,000円(税込) 消防設備士の資格試験はテキストがしっかりしていれば、後は通信講座のカリキュラムに従って勉強するだけです。 あなたなら、どちらを選びますか? 関連記事 中央試験センター 消防設備士試験日程 電子申請とは、インターネットから受験申込することをいいます。 書面申請とは、願書により受験申請することをいいます。 ・開場は集合時間の30分前です。 ・合格発表予定は変更になる場合があります。 その場合は試験当日にお知らせします。 お勧め講座紹介 ヒューマンアカデミーの消防設備士講座概要 高い専門知識と技術が求められる消防設備士試験に合格する 消防法では、防火対象物の関係者に対し、消防用設備等の設置、維持の義務づけがなされています。 消防用設備等の工事・点検または整備を行い、消防用設備等の機能維持を確保するためには、消防設備士の役割が不可欠です。 消防設備士の資格を取得するためには、都道府県知事が実施する類、種別の消防設備士国家試験に合格する必要があります。 消防設備士受験講座(第1類)は、消防設備士第1類(屋内消火栓設備等)試験の受験準備講座です。 演習問題(テキスト+レポート)を中心に試験合格の実力を養成していただけるような構成となっています。 国家試験合格を第一の目的とし、第1類(甲種・乙種)の試験に合格するための実力を身につけることができます。 消防設備士受験講座(第4類)は、消防設備士第4類(自動火災報知設備等)試験の受験準備講座です。 演習問題(テキスト+レポート)を中心に試験合格の実力を養成していただけるような構成となっています。 国家試験合格を第一の目的とし、第4類(甲種・乙種)の試験に合格するための実力を身につけることができます。 消防設備士受験講座(第6類)は、消防設備士第6類(消火器)試験の受験準備講座です。 演習問題(テキスト+レポート)を中心に試験合格の実力を養成していただけるような構成となっています。 国家試験合格を第一の目的とし、第6類乙種の試験に合格するための実力を身につけることができます。 講座のポイント• わかりやすいテキストを使って学習する わかりやすくまとめられたテキスト2冊(共通編基礎的知識、専門編第1類もしくは第4類、第6類))を主として学習します。 共通編基礎的知識では、機械に関する基礎的知識、電気に関する基礎的知識、共通法令を学習します。 市販テキストは、技術系資格取得準備書籍では定評があるオーム社刊行のテキストを使います。 提出レポートで、養成された実力を判断する 4回の提出レポート(自動添削2回、講師による添削2回)により、養成された実力を判断します。 講師による添削は丁寧で、一人ひとりに合わせた解説を行います。 何かわからないことなどの質問も親身に返答します。 教材について• 例題や図解が多く、効率よく勉強できる 通編で基礎を学んで専門編で深い知識を身につけていくので、無理なく学習を進めることができます。 例題や図解の説明が豊富なので、効率よく勉強を進めることができます。 法令だけをまとめた別冊のテキストもついています。 受講者目線の理解と暗記がしやすいテキスト 知識ゼロからスタートしても合格できるよう、わかりやすく説明をしていて、理解も暗記もしやすい受講者目線のテキストになっています。 例題・演習・レポートで効率よく「消防設備士」第1、4、6類合格を勝ち取ることができます。 出題頻度の高い問題を重点的に学習 出題頻度の高い問題を重点的に進めるようになっていて、無駄になる部分は一切ありません。 効率よく学習を進めていくことができます。 ・2枚同封しております。 ・郵送のみのお取扱いにて、FAX・電話・E-MAILでの質問にはお答えしておりません。 ・質問券の利用頻度や質問内容によって対応が困難な場合、回答をお断りする場合があります。 教材お届け日については、次のとおりとなっております。 【試験スケジュール】 願書提出:各都道府県により異なる申 請方法は、「書面申請」(願書の提出による申請)と「電子申請」があり、現住所・勤務地にかかわらず希望する都道府県において受験可。 試験実施:各都道府県により異なる こんな方にオススメ• 消防設備士の学習が初めての方• 消防設備士の基礎学習が修了していない方• 消防設備士の資格を取得したい方• 消防設備士の仕事に携わりたい方 学習の進め方• STEP1 受講者証で教材を確認する 教材は、宅配便一括でお送りします。 「受講者証」の<教材一覧>に記されている教材が、記された通りそろっているか、ご確認ください。 STEP2 主テキストを学習する 主テキストを、1か月目学習の範囲から順番に自学自習で学習します。 テキストを使って試験に必要な知識を身につけていきます。 STEP3 レポートに取り組み、提出する1か月目の学習が完了したら、対応するレポート(課題)に取り組み、提出してください。 添削をして、返送します。 合格点(通常)は100点満点中60点です。 添削を見て、自分のできていない所をしっかりと把握すると、今後の課題が見つかります。 STEP4 修了し、国家試験に臨む STEP2・STEP3を4回繰り返し、すべてのレポートで合格点を取ることができたら、修了となります。 修了後は、資格試験のスケジュールにあわせて、問題集等で受験に備えての学習を進めてください。 講師・開発者の声 消防設備士受験講座(第1類) 教材• 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第1類」• 「レポート課題集」 主要教材 内容紹介• 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第1類」 図解や例題の多い理解しやすいテキストになっています。 「レポート課題集」 レポート添削によって丁寧な解説を受けることができます。 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第4類」• 「レポート課題集」 主要教材 内容紹介• 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第4類」 図解や例題の多い理解しやすいテキストになっています。 「レポート課題集」 レポート添削によって丁寧な解説を受けることができます。 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第6類」• 「レポート課題集」 主要教材 内容紹介• 主テキスト:「共通編基礎的知識」、「専門編第6類」 図解や例題の多い理解しやすいテキストになっています。 「レポート課題集」 レポート添削によって丁寧な解説を受けることができます。 甲種第1類は、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備の工事、整備および点検ができます。 甲種第4類は、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備の工事、整備および点検ができます。 受験資格 一定の学歴もしくは一定の実務経験が必要 実務経験:乙種免状所持者で消防設備等の整備について実務経験が2年以上の者 試験日程 各都道府県により異なる 受験料 5, 000円 受験会場 各都道府県により異なる 試験形式• 関係法令 15問• 基礎的知識 10問• 構造・機能・工事・整備 20問 合格ライン 筆記試験において、科目毎に40%以上で全体の出題数の60%以上、かつ、実技試験において60%以上の成績を修めた者を合格とします。 なお、試験の一部免除がある場合は、免除を受けた以外の問題で上記の成績を修めた方を合格とします。 申込み 問合せ先 一般財団法人消防試験研究センター 中央試験センター 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20 Tel. 03-3460-7798 URL 同センター各道府県支部、自治体の消防担当課、消防本部、消防署 消防設備士受験講座(乙種) 資格名 消防設備士(乙種第1類)・(乙種第4類)・(乙種第6類 資格区分 国家資格 消防法【総務省】 資格概要 メリット 傾向 消防用設備等の整備および点検を行います。 乙種第1類は、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備の工事、整備および点検ができます。 乙種第4類は、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備の工事、整備および点検ができます。 乙種第6類は、消火器の整備および点検ができます。 受験資格 制限なし 試験日程 各都道府県により異なる 受験料 3,400円 受験会場 各都道府県により異なる 試験形式• 関係法令 10問• 基礎的知識 5問• 構造・機能・整備 15問 合格ライン 筆記試験において、科目毎に40%以上で全体の出題数の60%以上、かつ、実技試験において60%以上の成績を修めた者を合格とします。 なお、試験の一部免除がある場合は、免除を受けた以外の問題で上記の成績を修めた方を合格とします。 申込み 問合せ先 一般財団法人消防試験研究センター 中央試験センター 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20 Tel. 危険物取扱者試験の2015年の合格率は一番難しい甲種が約32. 64%を占めていて色々な方が受験します、中学生、高校生、中高年者なども受験するため合格率が大きく下がっていますが試験の難易度は他の乙種とそんなに変わりません。 資格試験対策•

次の