高校生 小遣い。 高校生のお小遣い稼ぎまとめ。8割がやってるオススメは?

小中学生・高校生のお小遣いの平均額はいくら?使い道は?

高校生 小遣い

我が家の次男も、この4月から高校に進学しました。 進学するうえで迷ったのが、お小遣いをいくらにするかということです。 夫婦で相談のうえ候補に上がったお小遣いの金額が、• 3千円• 5千円• 7千円• 1万円 の4つでした。 最初に却下となったのは、3千円でした。 1日平均で「100円」というのは、高校生にはちょっと少ないかと。 次に却下となったのは、1万円です。 高校生で月に1万円って、「やっぱり多過ぎるよね」と夫婦で意見が合致。 お金は多ければ多いほど子供は喜ぶでしょうけど、そんな余裕がうちにはありません。 残ったのは「5千円」と「7千円」ですが、最終的に決めた金額は「5千円」でした。 Ads by Google この記事の目次• 高校1年生のお小遣い5千円は多い?少ない? 高校生で5千円は少なくはないと思うのですが、ちょっと多すぎるのかどうかは分かりませんでした。 とりあえずは4月はこれでスタートして、様子をみて変更していくことにしました。 子供にもそのことを伝えて、いざ高校生活のスタートです。 ところが・・・。 4月は入学祝いなどの貯金もあったのでなんとか乗り切ったのですが、5月になって早くも財政危機を迎えたのでした。 5月17日の時点で、「今月残り500円しかない~!」と嘆き始めました。 今年のゴールデンウィークは10連休でした。 GW期間中は毎日部活だったのですが、GW最終日だけお休みでその一日で散財したみたいです。 確かにそのコースで遊んだら、3千円以上は使っちゃいますよね。 普通の高校生の娯楽コースだと思いますけど、お金って本当にあっという間に無くなるから怖いです。 こんな感じで2ヶ月目にして、早くも「お小遣いが少ない」と文句を言い始めました。 でもこんな場当たり的な文句にイチイチ対応してたら、お金がいくらあっても足りません。 と思いつつも、 子供の生活実態とかけ離れていたら、それはそれでかわいそうかと思います。 そもそもお小遣いって生活スタイルによって、必要となる金額が全然違ってきますもんね。 ちなみにうちの子供は、こんな高校生活を送っています。 【日々の生活スタイル】• 通学:電車通学。 学校の最寄り駅は大型ターミナル駅• 学校:平日は毎日部活で終了は19時30分、土曜日は月2回程度は土曜授業&部活、日曜日は部活のみ• 食事:(平日)お昼はお弁当持参、夜は自宅、(土日)部活で昼食が必要な場合はコンビニで購入• アルバイト:学校で禁止なのでしていません 部活関連の出費(試合などの交通費&食費、用具類の購入など)は、全て家計で対応しています。 自分のお小遣いで対応するのは、友人との遊興費や個人の趣味嗜好の支出などです。 子供の具体的なお小遣いの使いみちは、主に下記の2つです。 部活帰りの買い食い(コンビニ・スーパー)• 友人との遊興費 部活が忙しくてあまり遊びにも行けないので、部活帰りの買い食いが出費の大半です。 買い食いだけだと、月に5千円もあれば充分です。 でも、たまに友達と遊びに行くと、5千円では足りなくなってしまうようです。 もう少しお小遣いを増やした方がいいのか、5千円も渡しているんだから充分なのか分からなくなってきました。 と、あれこれ考えているうちに、 「そういえば高校生のお小遣いの平均っていくらなんだろうか?」 と、疑問が芽生え始めました。 ということで、いつものように疑問が出たらスグに調べてみることにしました。 高校生のお小遣いは平均5千円だって! 高校生のお小遣いの平均を調べてみるために、 「高校生 お小遣い 平均」 でググってみました。 そうすると信頼できそうな高校生のお小遣いについてのアンケート結果が、3つ見つかりました。 その3つのアンケート結果では、高校生のお小遣いの平均金額はこのようになっています。 (用語説明) 平均値:すべてのデータを足してデータの数で割ったもの 中央値:データを小さい順に並べたデータのちょうど中央にあるデータのこと 最頻値:一番多く出現している値 お小遣いはいくらもらっても足りないのが子供 アンケート調査結果で微妙に違うんですが、高校1年生だと4千円~5千円の間が多いようですね。 我が家のお小遣いは5千円なので、世間一般並みかちょっと多い感じだということが分かりました。 世間様と同じでいいかどうかは別として、これで子供から 「友達はもっとたくさんもらっている」 とか言われても客観的なデータで論破できます。 お小遣いなんていくらもらっても足りないから、簡単にはお小遣いを増額するつもりはありません。 とりあえずは5千円で当分は続けてみて、今後の様子をみて増やすかどうかを決めたいと思います。 親としては、毎月のお小遣いを節約して貯めたりしつつ、お金の貯め方&遣い方を学んで欲しいと思います。 大人になって思うのは、 【お金は貯めるのも難しいけど、遣うほうがもっと難しい】 ということです。 お金が無くなったらどんな生活をしなければいけないかを経験して、独り立ちしたときの糧になればいいと思っています。 親元にいる間は衣食住がほぼ安泰なんだから、遊興費や趣味でのお金の管理くらいできないと将来不安です。 お金の勉強は学校ではしてくれないので、家庭や日々の生活で学ばせる機会を与えていきたいと思います。

次の

高校生のお小遣いの額は何円が妥当でしょうか?

高校生 小遣い

学年 性別 平均金額(円) 高校1年生 男子 5,525 女子 4,775 高校2年生 男子 8,325 女子 6,525 高校3年生 男子 7,500 女子 8,500 結果的に、 男子のお小遣い平均金額は「7116. 7円」、 女子のお小遣い平均金額は「6,600円」となりました。 この結果を見ていただければ分かる通り、一部例外はありますがお小遣いの金額は基本的に 学年に比例しています。 もしかすると、女子よりも男子の方がお小遣いの平均金額が多いことを意外に思われた方もおられるかもしれません。 そこには、情報社会が進行している現代において、単純な「モノ」の購入よりも、スマートフォンのアプリ課金や各種サービス利用料など、 「コト」への消費が増えている背景も、少なからず関係していることでしょう。 「モノ」への消費よりも「コト」、いわゆる「体験型」の商品が多く売れている現代において、高校生もその例外ではありません。 特に、様々な体験ができる「旅行」に対する若年層の消費は増えています。 昨今の感染症拡大による影響は確かに計り知れないため、これからも旅行への消費が増えるとは言い切れませんが、過去の統計的には体験型のイベントへの高校生の消費が多くなっています。 たとえあまり旅行には行かないという高校生にも例外なく訪れるイベントがありますが、それは「 修学旅行」です。 実際に、高校生の修学旅行にはどれだけのお小遣いが渡されているのでしょうか。 この点に関しては、 学校によって修学旅行のお小遣いにどれだけの制限を設けているか、が大きく関係しています。 学校によっては3万円、5万円という制限を設けているところもあれば、無制限(または制限はあるが強制ではない)というところもあります。 修学旅行のお小遣いに関しては宿泊費など基本的な旅費はあらかじめ徴収されるためお小遣いの金額の中には含まれませんが、1万円以下であれば食費すら賄うことができないかもしれません。 また、 国内と海外、どちらに旅行へ行くのかという違いも、お小遣いの金額には多少なりとも影響するでしょう。 どちらにしても3万円~5万円は持たせてあげると、お土産代も含めて余裕が出る金額、と言えるかもしれません。 順位 用途 比率(%) 1 飲食物 52. 3 2 外食 46. 2 3 漫画・アニメ 24. 6 4 貯金 24. 6 5 文房具・雑貨 23. 1 6 映画 21. 5 7 書籍 19. 2 8 カラオケ 17. 7 9 ゲーム 16. 9 10 ファッション 14. 6 参照:2016年「日本の学校」より 結果を見てみると、一般的に消費額が大きくなりやすい 「飲食物」や「外食代」にはやはりお小遣いの大半が用いられていることが分かります。 また、趣味やイベント等の 「体験型商品」に多くのお小遣いが用いられていることも分かります。 その一方で、「貯蓄」や「文房具」など、非常に 現実的な用途への消費も少なくないことが見て取れます。 これはお小遣いの「使用金額合計」を統計したものではないため、「使いたい」ものだけではなく、飲食代や文房具など「使わざるを得ない」ものも消費の中に多く含まれていることが関係しているでしょう。 順位 用途 比率 1 外食 66. 0 2 飲食物 61. 3 3 プリクラ 50. 4 4 カラオケ 43. 6 5 文房具・雑貨 42. 9 6 ファッション 42. 0 7 メイク・コスメ等 38. 4 8 映画 35. 6 9 音楽・ライブ等 31. 8 10 貯金 31. 3 参照:2016年「日本の学校」より 結果を見てみると、上位にやはり「外食」や「飲食物」への消費が来ているのは男子高校生の場合と同じですが、 ファッションやメイク用品にも多くの消費がなされていることが分かります。 これらに どのくらいのお金が必要か、という点を親が把握することができるなら、毎月のお小遣いを決めるうえで、それが一つの基準になるかもしれません。 また男子に比べて消費用途が比較的に多いため、お小遣いがある程度制限されている高校生が、少なからず「やりくり」していることも想像に難くありません。 子供に渡すお小遣いの中には、自由に使えるお金の中に「必要経費」が含まれていることがほとんどです。 必要経費と一口に言っても色々ありますが、分かりやすい例が「 交通費」です。 地元で比較的距離が近い学校に通うことができた小学校・中学校とは異なり、高校になると市外、または県外にまで遠くの学校に通う高校生もいます。 その場合多くの高校生が、バスや電車などの公共交通機関を使うことになりますから、当然ながらその分の交通費が必要です。 たとえば、 バスの定期券が1ヶ月1万円だとすると、1年間で12万円掛かることになります。 電車通学が必要になるほど自宅から学校への距離が離れるならば、その分だけ交通費がかさむことになります。 通学費が高額になり得る証拠として、平成30年度の文部科学によるを見てみましょう。 調査によると年間の通学費平均は、• 公立高等学校(全日制):79,432円• 私立高等学校(全日制):114,043円 このようになり、特に私立高校の場合は年間で10万円以上かかることも珍しくないことが見て取れます。 高校生のお小遣いを考える際に交通費を含めて考えるなら、今までの金額では足りない(または交通費は必要経費として別に考える必要がある)、と考える方もおられるかもしれません。 現代において欠かせない出費の一つに、スマートフォン本体を含む「 通信費」が含まれます。 現代の日本において携帯電話の所有率は8割を超えており、特に若年層の所有率は高くなっています。 また、によれば高校生の91. 9%がスマートフォンを用いてインターネットを利用しており、非常に高い割合です。 ここで気になるのが高校生がどれだけ通信費にお金を掛けているか、という点ですが、少し前までは高校生等の学生含め、 一人あたり5,000円以上掛かるのが普通でしたが、今は少し事情が異なります。 それは「 MVNO」(格安SIM)の利用者が急激に増えたためであり、たとえ学生であっても大幅に利用料金を減らすことができます。 スマートフォンの利用料金においてその主なウェイトを占めているのが、• 端末代金(割賦契約)• 通信容量.

次の

高校生のお小遣いの相場や使い道別の平均金額はいくら?【管理方法・渡し方など】

高校生 小遣い

中学生のお小遣い平均と使い道 中学生のお小遣いで最も多かった回答は1000円で、平均は2502円です。 1000円から2000円が全体の31%、次に2000円から3000円が21%です。 小学生から中学生になると、お小遣いが一気に倍になります。 お小遣いの使い道 1位 おやつなど飲食物 2位 友達との外食、軽食 3位 友達へのプレゼント 3位は意外ですね。 中学生になると自分のためだけでなく、友達との付き合いでも使うようになります。 男女別に見ると、女子は全体的にノートやえんぴつなど雑貨、親へのプレゼント、アクセサリーや化粧品などに使う割合が高く、中学生・高校生男子はゲームソフトやおもちゃ類が極めて高いです。 高校生のお小遣い平均と使い道 高校生のお小遣いで最も多かった回答は5000円です。 全体を平均すると5305円になります。 5000円~7000円が全体の35%、次に3000円~4000円が17%です。 お小遣いの使い道 1位 おやつなど飲食物 2位 友達との外食や軽食代 3位 休日に遊ぶ交通費 1位、2位は変化なしで、 休日の交通費は行動範囲が広がる様子がうかがえます。 大学生のお小遣い平均と使い道 大学生になると一人暮らしや実家から通学している場合など お小遣い額も千差万別になっていきます。 一人暮らしのお小遣い平均は2万5000円です。 バイトをしていると+2万円になります。 実家暮らしのお小遣い平均は3万4000円です。 バイトをしていると+1万5000円になります。 やはり実家から通学している方が余裕があります。 一人暮らしの場合は仕送りから必要な生活費を差し引いた残りが、お小遣いになっているようです。 海外のお小遣い事情 ・アメリカは日本の10倍 アメリカの子供達は、自分でお小遣い稼ぎをしたお金を親に渡して、毎月受け取っています。 特に10歳ぐらいでも6000円~1万円ほどで日本よりかなり高いお小遣いです。 お金に関する教育が学校教育に組み込まれており、社会的にも子どもが働いてお駄賃をもらうことが浸透しています。 小学生ぐらいからレモネードやクッキーを売ったり、近所の芝刈りや犬の散歩、新聞配達など働いて他人からお金をもらう経験をしています。 自分で稼いだお金で大切に計画して使うことを学んでいます。 ・ヨーロッパのお小遣い ヨーロッパではお小遣いの金額は日本とあまり変わりません。 10歳から14歳ぐらいで1300円前後、15歳以上で2000円代ぐらいです。 国によっては年齢に関係なく1000円以下で少ない場合もあります。 お小遣い制の特徴として、お手伝いをしてお小遣いをもらう制度が一般的です。 日本では社会的に子供が働く環境は整っていませんし、バイト禁止の学校も多いですね。 そこで携帯やパソコンで少しだけお小遣いを稼ぐ方法を紹介しています。 少しずつでも確実に貯まるので試してみてください。 中学生から始めるお小遣い稼ぎ 当サイトはです。 ポイントサイト初心者が安全に利用できるサイトの紹介、増やし方を紹介しています。 サイトによりますが、12歳から16歳ぐらいで誰でも無料で利用できます。 ・ポイントサイトとは? ポイントサイトは、名前の通りポイントを貯めて電子マネーや口座へ換金するサイトのことです。 登録利用は無料です。 100円から500円程度で交換できるから、ネットのお小遣い稼ぎの初歩、節約術として定着していて、学生や主婦、サラリーマンまで幅広い世代に人気があります。 暇な時間で自由に使えるお金を増やせて、少額とはいえ自由に使えるので重宝します。 ・ポイントサイトの危険性は? 当サイトで紹介しているサイトは、50以上のポイントサイト情報、紹介ランキングの結果を集計して再度ランキング化した、本当に使える優良サイトを厳選しています。 知名度、運用歴、換金実績が充分な安全性の高いサイトです。 学生のお小遣い稼ぎはmoppy モッピー が人気 ・スマホで稼ぐなら モッピーはスマホで稼げるポイントサイトとして最も有名です。 2005年にモバイルサイトを開設し、スマホとパソコン合わせてお小遣い稼ぎができます。 運営会社セレスはマザーズ市場より株式上場企業で、信頼できる運営として多くの利用者を集めています。 登録利用は無料で12歳以上なら誰でも参加できて、1ポイント=1円です。 ゲームコンテンツ、案件利用、記事作成のモッピーワークスと簡単作業のタイピング、それに加えて友達紹介が非常に優秀で、多機能です。 ・何ポイントから換金できる? 330ポイントからゆうちょやみずほ、楽天などの銀行口座に。 500ポイントからLINEポイント、Google play、iTunesギフト、Amazonギフト、Tポイント、ウェブマネー、WAONポイント、ドットマネー、楽天Edy、ビットコインなどに交換できます。 モッピーが中高生に人気の理由は? ・12歳から参加できる 多くのサイトは16歳から18歳以上の制限があります。 モッピーは一番低い制限のため、中学生から始められます。 ・携帯で稼げる モッピーは携帯で参加するゲームがとても多く、無料アプリダウンロードなどでもポイントが貯まります。 学生の主力になるモバイルに強いのが魅力で、携帯サイトから始まったモッピーならではです。 ・ゲームポイントが高い 学生はまだ広告サービスを使う機会が少ないので、ゲームポイントが主力です。 報酬設定の高いモッピーは毎日コツコツ参加するだけで換金ポイントぐらいは貯まります。 学生に選ばれる理由の1つです。 ・買い物や会員登録、口コミもポイント対象 大手通販サイトやオークション、コスメ、ファッションなど沢山のオンラインショップの利用でポイントがもらえます。 無料の会員登録や口コミ投稿も人気です。 ・モッピーワークスやタイピング やるほど稼げるのが文章作成や入力作業です。 モッピーを始めごく一部のポイントサイトで用意されています。 ・友達紹介の報酬をもらいやすい モッピーは友達が携帯登録した1週間後、PC会員なら300ポイント獲得した時点で300円の報酬がもらえます。 家族や友達に携帯スマホなら1週間登録しておいてもらうだけなので、ハードルが低いです。 さらに対象広告サービスを利用するたび紹介者に還元があります。 ブログやツイッターでも紹介できます。 *携帯は追跡広告制限をオフにしておきましょう。 スマホはネットの履歴が残る設定にして、追跡広告制限をオフにします。 パソコンでは検索履歴やログイン情報を記憶するCookie(クッキー)機能を有効にしておきましょう。 モッピーは登録や利用は無料で、中高生でも気軽に参加できますね。 jpからメールを受け取れるように設定してから送りましょう。 パソコン会員から本会員への移行も可能です。 退職 サラリーマンのお小遣いの平均 一口に主婦といっても、ライフスタイルは様々ですね。 仕事に専念して 主婦のお小遣い稼ぎはポイントサイトから。 簡単ネット収入と節約 「少しでも家計の足しを作りたい」「自 銀行口座開設は未成年からできる高校生でも銀行口座を開設できる 未成年でも親の許可なく開設できる 主婦の節約術!ポイントサイト使い倒し年間〇万節約&収入化主婦なら誰でも無料で始めることができる 節 全国みんなのお小遣い平均お小遣いの全国平均は3万4590円 お小遣いの全国平均は3万4590円です 定年後の小遣い稼ぎ定年後は以前のように自由に使えるお金は減って、 大きな目的以外の生活費は抑える傾.

次の