ママチャリ タイヤ サイズ。 【ママチャリの車輪を交換】前輪・後輪ホイールのラク~な付け方と外し方!/おすすめスタイル提案

ママチャリのタイヤ交換方法!自分でやるのに必要な工具とその値段は?

ママチャリ タイヤ サイズ

タイヤの太さや表記の方法 ママチャリとスポーツバイクのタイヤの違いについて疑問を持ったことのある方もいるのではないでしょうか。 ママチャリのタイヤは一般的にも使われることが多く、タイヤは見慣れているかと思います。 しかし、スポーツバイクのタイヤと見比べると、太さが異なり、ママチャリのタイヤよりも細いものや太いものがあります。 そのため、見ただけでもサイズの違いが分かることでしょう。 今回は、この自転車のタイヤの太さについてご紹介していきます。 まずは、スポーツバイクについてです。 この[700]とは、タイヤの外径の大きさを表しており、[28C]は、タイヤの太さのことを表しているのです。 700のタイヤは、ママチャリやシティサイクルなどので言うところの「インチ」です。 同じ大きさは、28インチとなります。 28Cの表記は、先程もお伝えした通り、タイヤの太さです。 数値で表すと「28mm」のタイヤ幅ということになります。 このことから25Cであれば「25mm」となるのです。 ママチャリとクロスバイクのタイヤの太さの違い 一般的な自転車の代表と言えば、ママチャリです。 自転車に乗ったことのある方なら、一度は乗った経験をお持ちなのではないでしょうか。 また、最近ではスポーツバイクも流行ってきています。 その中でも、クロスバイクは比較的お買い求めやすいです。 そのため、乗っている方も多いのです。 しかし、このクロスバイクとママチャリの性能はそこまであるのでしょうか。 そのような疑問を解決すべく、ご説明していきます。 まず、最初の違いとして挙げられるのは、タイヤの太さです。 こちらは先程でもお話しましたが、ママチャリよりもクロスバイクの方がタイヤが細いのです。 タイヤのサイズに関しては、ママチャリとクロスバイクともに同じ大きさのものがあります。 しかし、このタイヤの太さは、ママチャリは一般的に決まっており、クロスバイクに関しては基本的には細いですが、ものよっては太いタイヤもあり、タイヤの太さに種類があるのです。 タイヤの太さが細いと、走行性が高くなります。 そのことから、ママチャリよりも快適に走行できるということです。 また、タイヤの太さだけではなく、空気圧も違います。 クロスバイクは、ママチャリの約3倍もの圧力を与えられます。 空気圧が高いとタイヤも固くなるので、抵抗が少なく走ることができるのです。 他にもクロスバイクには、快適に走行できるフレーム形状になっていたり、ギアを装備している、など快適な走行ができる工夫がされているのです。 このような違いから、ママチャリよりもクロスバイクの方が快適に走行することが可能なのです。 タイヤの太さによる影響 ママチャリとクロスバイクでは、性能が違うためクロスバイクの方が快適に走行できることがわかっていただけたかと思います。 ここでは、もう少し詳しくタイヤの太さの違いによる影響をご説明していきましょう。 それでは、タイヤが太いときはどのようなメリットがあるのでしょうか。 タイヤが太いと主に乗り心地が良くなることが挙げられます。 その理由は、路面が荒れていてボコボコしていてもその衝撃を和らげてくれるからです。 また、空気圧を低くすることでも、路面に面している面積が広がるため衝撃が柔らかくすることもできます。 それでは、タイヤの太さが細いとどのようなメリットがあるのでしょうか。 まずは、転がりの抵抗が少なくなることでしょう。 その理由は、路面に面している面積が少ないからです。 そのため、タイヤが良く回ってくることがメリットと言えるでしょう。 また、抵抗が少ないということは、ペダリングも楽になるということです。 スピードを出すことを考えるのであれば、細いタイヤと言えるでしょう。 違いは、太いと乗り心地が良くなり、細いと走行性が良くなります。 しかし、街乗りのことを考えたらどちらのタイヤであってもすごい差があるわけでもないでしょう。 その理由は、街中は人で混み合っています。 このことから、すごい速さで走行できるわけでもなく、道も舗装されている場所がほとんどだからです。 ただし、ものによっては、タイヤが細いとパンクがしやすいこともあります。 そのため、街中で使用するのであれば、すごく細いタイヤにはしない方が無難と言えるでしょう。 しかし、好みもありますので、ご自分の気に入ったタイヤを選ぶことが自転車を楽しむことに繋がることでしょう。 ママチャリとクロスバイクの違いはタイヤ以外にも ここまでは、タイヤの太さの違いについて主に書いてきました。 しかし、ママチャリとクロスバイクには他にも違いが沢山あります。 その違いについてご紹介していきましょう。 ママチャリは、頑丈に作られているため、重量が重いのです。 このことからママチャリと比較するとクロスバイクの方が軽いと言えるのです。 それでは、この軽さが何に影響するのでしょうか。 それは、「疲れ」です。 加速感が違うため、信号で止まってスタートするときに無駄な力が入らず、加速しやすくなります。 また、物理的に持ち上げても軽いです。 実際には持ち上げる機会は少ないと思いますが、段差のときにハンドルも持ち上げることをしても違いがあります。 また、上り坂での違いもあり、軽い方が軽く走行することができます。 ママチャリにも装備されているものもありますが、ギア数がクロスバイクと比べると少ないです。 それでは、ギアが多いと速くなるのかというと実はそうとも言えません。 しかし、ペダルを軽くしたり、逆に重くしてタイヤに力を伝えやすくすることが可能になります。 このことから、速度に合わせてギアを替えることができますし、走りだしや上りが楽になるのです。 このような違いがママチャリとクロスバイクにはあるのです。 ママチャリの方が優れている点もある ここまでは、ママチャリよりもクロスバイクの方が優れているというお話ばかりでした。 しかし、決してママチャリが悪い乗り物というわけではありません。 ママチャリにママチャリの良いところがあるのです。 それでは、ママチャリのメリットについてご紹介します。 例えば、カゴです。 買い物をした時には、手に袋をぶら下げて走行することはできません。 そこでカゴがあると荷物を乗せて、しっかりハンドリングをすることができます。 また、カゴだけではなく、荷台も付いています。 袋ではなく、箱ものを購入した時や大きなものを運ぶ時にこの荷台に載せて紐で縛れば持ち運ぶことが可能です。 スポーツバイクもカゴや、荷台を取りつけることは可能ですが、基本的には別売りとなってます。 この装備が初期装備というのは、コスパが良いと言えるでしょう。 また、初期装備では必需品の「ライト」「鍵」「スタンド」なども装備されています。 このことから、購入後に別で揃えなければいけないというものがほとんどないところが、メリットと言えるでしょう。 自転車に乗っているときに支えている部位は、「腕」「お尻」「足裏」になります。 このことから、ママチャリは腕や足裏への負担が少ないと言えます。 逆にお尻への負担が大きいように感じますが、そこはサドルの作りがしっかり乗っていられるように作られています。 このようにママチャリにもメリットがあるのです。 買い替える以外にもできる工夫 いかがでしたか? ママチャリに比べてクロスバイクには優れた点が多々あるのは事実です。 しかし、その分メンテナンスが必要だったり、車体や追加部品購入が必須だったりと大変なこともあります。 現在ママチャリに乗っていて、もっと快適に自転車に乗りたいと思うのであれば、使っていないカゴや荷台を外して軽くするなど、買い替える前に一度工夫してみてはいかがでしょうか。

次の

ママチャリ(シティサイクル)のタイヤの選び方、一例|カゴチャリが好き!

ママチャリ タイヤ サイズ

【ポイント1】「3つの表示方法」と「2つの規格」を覚えよう 2つの規格 一般に普及している自転車のタイヤは、ビード部の形状の違いによって• イギリス・フランスのWO(Wired On)• アメリカのHE(Hocked Edge) の2つの規格に分類されます。 この2つの規格は、リムのはめ合わせ方が異なるため、互換性は全くありません。 表記方法は2規格合わせて3つあり、• インチ分数表示• フランスミリメートル表示• インチ小数点表示 に分かれます。 この3つの表記方法を覚えることが、自転車のタイヤサイズを正しく理解する第1歩になります。 WO規格の表記の見方 WO規格には2つの表記があります。 フランスミリメートル表示はレースから生まれた表記で、650Bのようにタイヤ外径のみを表示することもあります。 6」のように表示されます。 タイヤ幅の表示に小数点表示があるのはHEだけですから、規格を間違えないようによく覚えておきましょう。 【ポイント2】ETRTO表示でタイヤサイズの互換性を確認する タイヤサイズ表示の隣には、ハイフンで区切られた数字がついています。 これは、規格ごとに表記が異なるタイヤとリムとの適合性を、分かりやすい統一基準で示した「ETRTO」というタイヤサイズ表示です。 ハイフンで区切られた数値は、タイヤ幅とビード径をあらわします。 上記でご紹介した3種の表示方法とは違い、外径ではなく、ビード径となっています。 外径値だと、タイヤとリムのはめ合わせ具合やタイヤの太さなどに誤差が生じる可能性がありますが、ビード径は正確な数値であるため、タイヤサイズの互換性の確認に便利です。 この利便性から、競技用自転車を除く一般流通の自転車には、WO・HE表示に加えてETRTO が併記されるようになりました。 買いかえや付けかえなどでタイヤの互換性を知りたいときには、ETRTO表示は強い味方となります。 【ポイント3】自転車別タイヤサイズ表示とタイヤの選び方 WO・HEの2つの規格には、それぞれ主要なカテゴリーがあり、自転車の種類で分類できます。 大人用ママチャリ インチ分数表示のイギリスWO規格が使われているカテゴリーは、大人用ママチャリです。 普及率が高く、車種も多いママチャリは、基本的にWO規格の26インチと27インチのタイヤサイズを選ぶと良いでしょう。 ただし、中には前輪と後輪のサイズが異なるモデルや、特殊なタイヤを必要とするものもあります。 身近な自転車ですが、個人で判断が難しい場合は販売店などに相談しましょう。 ロードバイク・クロスバイク ミリメートル表示のフランスWO規格が使われているのは、ロードバイクやクロスバイクになります。 25C対応となっています。 幅の広いタイヤサイズを選ぶときは、フレームと車輪の隙間の確認することがポイントです。 女性用の小型フレームの主流は700Cですが、最近では650C仕様のものも見られます。 ETRTOのビード径をよく見て、適正のあるタイヤサイズを選びましょう。 クロスバイクは、WO・HEの規格が混在しており、不適合のミスが最も起こりやすいカテゴリーです。 選ぶ際は必ずETRTOを基準にして確認し、ミスを防ぐようにしてください。 マウンテンバイク・子供用自転車 また、HE規格はマウンテンバイクや子供用自転車などに主に採用されており、タイヤが太いことが特徴です。 マウンテンバイクの主流はHE規格ですが、最近ではWO規格が参入したことで商品開発が加速し、これまでにないサイズが出たり、サイズ変更が行われたりしています。 大きな変化が起きているカテゴリーと言えるでしょう。 注意点は、HE規格だけの表記であったタイヤ幅の小数点表記が、WO規格でも一部採用されている点です。 表示だけでは適応性の判断が難しいため、タイヤサイズの確認はETRTOのビード径でしっかりと行うことが大切です。 これらの分類を越えた自転車も現れてはいるものの、各規格を代表するカテゴリーが存在しています。 タイヤサイズ表記を見るだけで、どんな自転車に適したタイヤなのか、大まかな見当をつけることができます。 おわりに 自転車の歴史の中で生まれてきた規格やタイヤサイズ表示は、規格や表記の混在による分かりにくさの一方で、タイヤの変化を伝える記録でもあります。 規格による表示の見方のポイントを踏まえた上で、必ずETRTOも確認し、自分のモデルにぴったりのタイヤを手に入れましょう。 関連記事: ・ ・•

次の

ママチャリ(シティサイクル)のタイヤの選び方、一例|カゴチャリが好き!

ママチャリ タイヤ サイズ

自転車のタイヤインチサイズ一覧 自転車の中でもママチャリはインチサイズで適正身長が決まります。 以下の一覧は適正身長とタイヤインチサイズの一覧表になります。 なお、以下の点には注意しましょう。 クロスバイクやロードバイクはタイヤインチサイズよりもフレームサイズで適正身長がきまる• チャイルドシート付自転車で20インチや折りたたみ自転車で16インチなどがあるが大人用の適正身長になっている。 そのため、通販で購入するときに最も正しい適正身長は各商品ページに掲載されている適正身長です。 情報が不足しているサイトでは適正身長が掲載されていないことがあります。 その時に役に立てばと思います。 また、適正進捗が極端に広いママチャリがたまにみかけます。 売り上げを伸したいがために適正身長範囲を広げて掲載している可能性があります。 適正身長が明記されていないのは情報不足なだけだと思いますが、明確な理由がなく、極端に適正身長が広い自転車は一考してから購入するようにしましょう。 自転車のインチサイズを選ぶにあたるよくある質問 自転車を選ぶにあたりインチサイズのおおよその目安は上記の一覧表を確認すればわかると思います。 以下では、インチサイズを選ぶにあたりよくある質問をまとめています。 チャイルドシート付自転車や折りたたみ自転車で16インチや20インチがあるが問題ないか? 大人用自転車であれば全く問題がありません。 自転車の適正身長はインチサイズのほかにもフレームサイズやサドルの高さ、ハンドルの高さなどでも決まってきます。 例えば、よく見かけるのはチャイルドシート付電動自転車でタイヤインチサイズが20インチ程度の車種です。 この電動自転車はフレームが長くほかのママチャリのようなフレームサイズになっています。 タイヤインチサイズを小さくすることで自転車の安定性が増します。 チャイルドシート付電動自転車のようにお子さんを乗せ、スピードよりも安定性を求めている自転車についてはタイヤインチサイズを小さくしているのです。 そのため、スピードは出しにくいものの安全に運転ができるので女性などは20インチのチャイルドシート付電動自転車はおすすめです。 詳しくは「」に記載があるのでそちらを確認してみてください。 また、折りたたみ自転車やミニベロなどの自転車で16インチや20インチなどの小さなインチサイズの自転車もあります こちらも通販の場合、商品ページに掲載されている適正身長が目安になると思います。 小さいタイヤサイズでも大人が乗れる適正身長の理由としては、ハンドルやサドルの高さが高くできるため、大人がペダルをこいでも自然にこげるためです。 目安としては特に「サドル高」と呼ばれるサドルの高さが重要です。 このサドル高の最大値があまり高くないにも関わらず、適正身長が180cmまである場合、一考したほうがよいと思います。 や のような価格が高い折りたたみ自転車であれば問題ないと思いますが、楽天市場などで購入できる1万円台車種でサドル高と適正身長が一致しない場合、一致しない理由を探しましょう。 見つからない場合は考えたほうがよいかもしれません。 24インチの大人用自転車でも大丈夫? 通販で販売されている自転車で24インチのママチャリが販売されています。 大手自転車メーカーが製造しているような車種であれば安心できますが、ノンブランドのママチャリでネット通販中心で販売されている24インチママチャリには注意しましょう。 特に格安で販売されている24インチのママチャリの場合要注意です。 具体的には購入後思ったよりも小さかったという話があります。 24インチのママチャリの適正身長は一般的には、120cm〜155cm程度です。 この中央値だと137. 5cmになります。 上記しているようなサドル高やハンドル高さが極端に高くなるようであれば問題ありませんが、そうでなければ一般的なママチャリの場合、再度記載しますが120cm〜155cm程度で中央値は137. 5cmです。 24インチというサイズ感はジュニアの子供用自転車も多数発売されているサイズ感です。 安いからというだけで24インチのママチャリに飛びつかず適正身長を確認してから購入するようにしてください。 しかし、24インチの自転車でも背の低い女性や力のないシニアの方であればちょうどよく乗れると思いますので、このような方は検討してみてもよいと思います。 24インチの大人用自転車については「 」に詳しい情報を掲載しているので読んでみてください。 26インチと27インチどちらの自転車を選べばいい? ママチャリで多いのですが、26インチと27インチの自転車どちらを選べばよいのかという問題もあると思います。 一般的な適正身長としては26インチであれば140cm以上、27インチであれば150cm以上です。 私は身長180cm程度ありますが、ママチャリは26インチに乗っています。 しかしながら小さいと感じることはなく問題なく乗れています。 そのため、ママチャリに関しては26インチのママチャリでも180cm程度まであれば特に問題なく乗ることができると思います。 感覚では185cm程度でも26インチのママチャリに乗ることができるでしょう。 それ以上の身長の方であれば27インチをおすすめします。 また、スピードを重視したい方であれば27インチ、スピードよりも安定性をとりたいのであれば26インチをおすすめします。 26インチの自転車と27インチの自転車については「 」と「」に詳しい情報を掲載しているのでそちらを読んでみてください。 子供用自転車のインチサイズは何インチを選べばいい? 子供用自転車のインチサイズは年齢によってさまざまです。 中学生以降であれば26インチ以上でも問題ないと思いますが、小学生の場合、身長と適正なインチサイズの自転車を選ぶのは大切です。 具体的には以下の表を参考にしていただくと購入時の適正な子供用自転車を見つけることができると思います。 インチ 身長 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 14インチ 91cm~108cm 16インチ 98cm~119cm 〇 18インチ 103cm~125cm 〇 〇 20インチ 111cm~135cm 〇 〇 〇 〇 22インチ 116cm~146cm 〇 〇 〇 〇 〇 〇 24インチ 122cm~154cm 〇 〇 〇 〇 〇 26インチ 140cm~ 〇 〇 27インチ 150cm~ 700c 150cm~ 例えば子供用自転車で18インチの場合、5歳、6歳、7歳くらいで身長100cm~125cm程度のお子さんの場合18インチの自転車が最適です。 お子さんによって身長は異なってくるので年齢は参考程度にしお子さんの身長から適正なインチサイズの子供用自転車を選ぶようにしましょう。 また、小学校に入る前であればあれ補助輪付き自転車やストライダーのようなキックバイクを購入されると思います。 成長に伴う子供用自転車の買い替えのタイミングの例については「 」や「 」などを参照していただくとイメージがわくと思います。 タイヤインチサイズ以外で自転車の適正身長は何できまる? タイヤインチサイズ以外でも自転車の適正身長を決める要素があります。 具体的には以下などです。 フレームサイズ• サドル高やハンドル高 フレームサイズに関しては、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車やチャイルドシート付自転車などが対象になると思います。 また、サドル高やハンドル高については折りたたみ自転車やミニベロなどが参考にすべき数値だと思います。 ママチャリに関してはほとんどフレームの流さやサドル高、ハンドル高は同じのためインチサイズで適正身長が語られることが多いです。 ママチャリ以外の自転車を購入するときにはインチサイズ以外の要素も考慮して購入を検討しましょう。 自転車のタイヤインチサイズと適正身長は?ママチャリを選ぶ時の基準のまとめ 自転車を購入するときに特にママチャリはタイヤインチサイズが重要です。 タイヤインチサイズに応じて適正身長が決まってきます。 適正身長は「自転車のタイヤインチサイズ一覧」の表を参考にしてみてください。 自転車を購入するときに気を付けるポイント、よくある質問としては、 ・チャイルドシート付自転車や折りたたみ自転車で16インチや20インチがあるが問題ないか?• 24インチの大人用自転車でも大丈夫?• 26インチと27インチどちらの自転車を選べばいい?• 子供用自転車のインチサイズは何インチを選べばいい?• タイヤインチサイズ以外で適正身長は何できまる? などがありますが、それぞれ回答しているのでこの記事を読んでいただき適正なインチサイズの自転車を購入していただければと思います!.

次の