うなガッツ。 Theガッツ!

ガッツ

うなガッツ

Theガッツ! とは、のおよびの総称である。 第1作はから、第2作以降は第1作のが中心となって設立されたオーヘヴンから発売されている。 の「Theガッツ! 5」発売以降の発売がかったがに「Theガッツ! -・マタニ! 」がリーツから発売された。 概要 他のとは一線を画する「マッシヴ・」というを自称する。 基本的なとして、軟弱な体をにされたが工事現場でを始めるが、「とがぶつかり合う凄まじい『』の現場だった」というものである。 にはしく、ほとんどの場面で優位な展開となっている。 また、工事現場の作業において連打が必要になっている。 登場人物• 美奈子(さん) このの徴であり、業界の。 で、とってもな。 (お嬢) 財閥ので、所有物は全て品。 なぜか工事現場で作業員をしている。 () 系の作業員。 で、帯の実を持つ。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

一般社団法人 ガッツ倶楽部

うなガッツ

ガッツ guts• 英語でのこと。 「guts」の単数形「」についてはを参照。 の ガツは牛の第一胃袋。 英語の俗語で、やる気のこと。 のこと。 を用いたスポーツの一種。 ガッツ石松が総監督を務める野球チーム、。 コーチのの愛称。 ガッツ石島が代表を務めるプロレス団体、。 のトラック。 「」を参照。 から刊行されていた音楽雑誌『』。 のアルバム『』• の楽曲「」。 の楽曲「」。 、のユニット内ユニットのこと。 メンバーは、、。 テニス漫画『』• 筋肉質な女性キャラクターで有名なアダルトゲームシリーズ。 「」を参照。 特撮テレビ番組「」に登場する架空の宇宙人。 「」を参照。 GUTS(Global Unlimited Task Squad) - 『』に登場する防衛隊。 「」を参照。 漫画『』の主人公。 「」を参照。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

Theガッツ! (ざがっつ)とは【ピクシブ百科事典】

うなガッツ

《7月20日》 とても良い天気の昭島市大神球場。 今日は、今年始めての昭島メイツの練習会(MM会)だ。 長い休みだったが、月曜会もようやく再開となった。 体操、トス打撃の後、試合形式で10球の打撃練習。 昭島メイツのエース小野寺投手が最初に投手、生きた球を投げ込んでくるので、なかなか打てない。 が、メイツ周藤選手は外野越えを何本も打つ好調さだ。 八王子D堀内選手もセンター前にライナーヒット。 この練習会は懸命だ。 久しぶりの打席のW55、最初の5球は振り遅れの詰まり内野ゴロ、だが、課題の右打ちのために少し短めにバットを持つと、残りの5本を全て右にヒット、その内の1本は、油断していたライトW浦野選手の頭上を抜くライナーヒットだった。 練習の成果は出ている。 満足! 守備面では、外野の周藤選手が何回も美技を見せていた。 今年は一段と外野守備が上達している。 これも努力と練習の成果だ。 W55も内野の守備、無事にこなした。 池田選手からいい動きだねと褒められる。 駐車場の廃土を積んだとか、今まで藪に入った打球のHRは、これで無くなるだろう。 よく汗をかいた。 帰宅後に更に3Km歩き、もう一汗。 W55 元気だ。 7月に入り1回も試合できていない。 W55は、8月から練習も試合も出来なくなる。 それでもチームに貢献できることがあるかと、TVの巨人戦でスコアのつけ方の練習を始めた。 スコア、概ねのつけ方は分かっているので、プロ野球プレーのスコアつけは割と簡単だ。 だが、還暦野球プレーのスコアつけは、走者が溜まる、エラーが多い、珍プレーもあり、スコアつけは困難が予想される。 昭島ホエールズでは、試合のスコアはW22牧野選手が主につけている。 W55が練習スコアつけを始めてから、このW22牧野選手のスコアつけが、如何に正確で、綺麗に記入されているかを知った。 W55の練習スコアは、枠からはみ出る文字、書き直しでグチャグチャ、わからんプレーは後で本を見て書くから空白など、人が見たら分からんスコアだ。 スコアつけには、性格がでることがわかった。 それに気が付いて以降、W55は、小さな文字で記入、すぐに書くのではなく、頭の中でしっかりと整理してから記入することにした。 2IFとか6FC、IP、OBとか分かりますか?何ごとも奥は深いのです。 今日は昭島ホエールズの練習日。 13名の選手が昭島市大神球場に集まった。 やはり皆で野球を楽しむ喜びがある。 ただ、芝生上での練習となった。 W24小山選手の指導で体操とストレッチ。 キャッチボールの後に、軽くトス。 終わると残っている1試合の公式戦スタメン選手から打撃練習に取り組んだ。 R2春季大会の最終戦は18日、同じ昭島同士の昭島レインボーとの対戦だ。 直接対決で勝った方が昇格することになる。 だが、近頃では、若返りしているレインボーの方が分がいい。 ホエールズもW19船木投手、W33山邊投手の両エースをたてて、best gameを目指す。 よい試合となるといい。 何時まで続くこの梅雨かな。 W55は、昭島ホエールズの会計担当だ。 その兼ね合いからチームのスポーツ保険も担当している。 野球チーム保険という。 だが、まさか自分がスポーツ保険のお世話になるとは思わなかったが・・・ この保険、自分のチーム選手の試合中のケガ、相手へのケガ、練習中に通行人へのケガ、車への損傷などの補償がある。 自分のケガで通院した場合には、1回通院で1000円、入院は1日2000円の補償となる。 還暦選手の持病が、試合や練習で悪化した場合には補償されない。 保険は定款が抜け目なく凝らされており、損がないようになっている。 W55の場合、右肩腱板断裂で、もう6か月も通院しており、補償契約期間が来週で切れる。 だが、その後の今月7月31日に肩腱板の縫合手術をする予定だ。 保険担当者にその後の補償について談判するつもりだ。 4月に仕事を止めたW55、自由人だ。 今月、腹いせに髪の毛を軽く茶髪に染めた。 だが、結構目立たないようで、チームの誰からも指摘されない。 背の高さと髪の毛は遺伝だから、自分の努力ではどうにもならないが、この年で染めたら嫌味かな。 春以来、3か月振りのユニフォーム、あれだけのトレの甲斐もなく2Kg太って、ズボンがパンパンになっていた。 パンパンは、ズボンじゃなくてお前だろ 昭島市大神球場、7月までに改修が終わり野球が出来るようになった。 内野には黒土から白い砂が入った。 この白砂の大神球場での始めての練習。 ボールが弾まないねと皆で言い合った。 練習中にゴロが飛んで来て、ゴロにバウンドを合わせると、補球時にボールがスイと沈みトンネルする。 特に、打球が弱くなる2〜3バウンド目に沈む、これを捕球する内野手は難しい。 練習は、雨が降り出したので2時間で終了となった。 A面では、昭島メイツと東村山ライパーズが戦っていた。 試合を見ているとやはり内野手がバウンドを合わせられずにトンネルした。 少し見ているだけで3ケもエラーした。 この白砂グランド、内野手には鬼門となるかも。 試合は、2回昭島メイツ松尾選手の3点HRで大きく東村山を突き放つ。 やはり試合はいい。

次の