胡蝶蘭 3本立て 相場。 胡蝶蘭|値段の相場を本数別・シーン別で分かりやすく解説します!

高品質な胡蝶蘭を産地直送で販売【花盛り公式サイト】 / 胡蝶蘭 大輪3本立ち 27輪以上保証(蕾含む) 花色 白・白赤・ピンクから選択【即G12 S15】

胡蝶蘭 3本立て 相場

胡蝶蘭の通販サイトについて 種類が豊富で 胡蝶蘭3本立ても1万2000円から買えるとあって驚きですね。 胡蝶蘭も通販サイトで買えるんだ〜という感動もあり、当日発送もできるのかなどいろいろと調べてみました。 駅チカや駅ナカに500円から買える花屋を展開し、「花を高級品から家庭用に」を目指して取り組んでいる企業さんは店舗数と売り上げを伸ばしていますね。 停滞する花き業界の中でも 胡蝶蘭はじわりじわりと売り上げを伸ばしており、開業祝いなど「胡蝶蘭を送っておけば間違いない」という安心感が広く受け入れられています。 胡蝶蘭だけで年間250億の市場規模を誇っており、さらなる市場拡大のために各社が通販サイトの運営に乗り出しているのです。 店舗と通販でも競合争いが始まっているのですが、簡単に両者を比較してみました。 店舗 通販 新鮮さ 置きっぱなし 産地直送 取り扱い数 店舗内だけ 発送倉庫で大量管理 価格(大輪3本立ち) 3万円前後 1万円代〜 花を見ながら買えるという安心感は店舗に軍配が上がりますが、その他では通販の方がメリットがありますね。 通販サイトのHitoHana(ひとはな)では12時までの注文で当日発送が可能です。 花は生き物ですし、消耗品。 商品としてはとても繊細ですし、今の若者が花を愛でたりするかというとそうではないですよね。 花を生けたりする文化は今ではなくなりつつありますが、少しでも生活に花を彩る時間があればQOLも上がっていくことでしょう。 最近はビジネスでは胡蝶蘭、家庭用では観葉植物といった棲み分けもできており、少しでも多くの人に花の素晴らしさを知ってもらおうといろんな取り組みがなされてます。 その中でも通販サイトはAmazonや楽天といった大手のサイトだけではなく、自社サイトと倉庫をもって花を管理している会社がここ数年増えています。 胡蝶蘭は250億円の規模を誇る市場なので、1割でもシェアを確保できれば、25億円の価値を生み出せます。 通販サイトに関しては産地直送で仲介料がかからないため安く販売ができて、なおかつ新鮮で当日発送もできるためまさにwin-win。 大輪3本立てが12000円は驚きです。 生産農家さんとの契約やロジスティックの構築など、胡蝶蘭が無事に届くには多くの人件費や設備投資にお金がかかっているのでこんなに安くていいの?と感じてしまいます。 仲介業者に支払う仲介料を削減し、産地直送で新鮮な胡蝶蘭を通販サイトは届けてくれるのでとてもお得ですね。 まとめ 胡蝶蘭の通販サイトについてまとめてみました。 いろんな通販サイトで当日発送を行っているので「いますぐ欲しい」という場合にはとても助かります。 以上、「 【胡蝶蘭・通販サイト】群馬や栃木・埼玉への当日発送はできる?」でした。

次の

胡蝶蘭の値段と相場は?|価格別おすすめ胡蝶蘭9選

胡蝶蘭 3本立て 相場

Contents• 胡蝶蘭の値段の違いってなに? 胡蝶蘭の値段の違いには大きく分けて ・輪の大きさ ・本数 ・輪数 ・種類 の4つがポイントとなります。 花の輪のサイズが大きいほど高価になり、小さいほど安価になっていきます。 また本数の多さは 値段に影響しますが、一般的に多く使われているのは3本立ちと5本立ちになります。 オーダーメイドで7本立ち10本立ちなども可能なのでアピールの場面では本数が多いものをおすすめします。 輪数に関しても多ければ多いほど正面から見たときの印象が大きく変わるので、同じ背の高さの胡蝶蘭でも地面に輪が近く垂れ下がっている胡蝶蘭のほうが高価で立派な物となります。 そして胡蝶蘭には変わった品種が多く存在し、もちろん希少な商品には高値がつけられています。 例えば特殊な技術で染色された青い胡蝶蘭などは日本全国でも生産できる農家が一つしかありません。 このような流通数の少ない胡蝶蘭は、同じ本数や輪数でも値段が大きく異なってきます。 値段は高くなってしまいますが相手に与える感動も大きいので特別な日の贈り物には最適です。 シーンに合わせた胡蝶蘭の相場 胡蝶蘭は様々なシーンに選ばれる事の多い縁起のよいお花ですが、大きさや種類が豊富にあるので価格帯もたくさんあります。 予算は人それぞれだと思いますが、だいたいの相場の知識を持っていれば胡蝶蘭を選ぶ際に絞り込むことができるのでぜひ覚えておきましょう! 2-1. 個人のお祝いやプレゼントの相場 個人のお祝いでも色々な用途がありますが、一番多いのは「誕生日」です。 花束やアレンジメントよりもお花の鑑賞期間が長く温度管理をしてあげれば来年もお花が咲くので、最近ではお誕生日に胡蝶蘭を贈る方が増えてきています。 中でも人気なのがミディ胡蝶蘭です。 大輪と比べて色の種類も多く、家に飾りやすいサイズもたくさんあります。 相場も大輪と比べてお買い得なのが魅力ですが、流通の少ない変わった色の品種は少し価格があがります。 それでは誕生日に贈られている胡蝶蘭の相場を確認してみましょう。 誕生日に胡蝶蘭を贈る際は相手との関係性で相場が変わってきます。 両親・祖父母・友人 5千円〜1万円 仕事やお稽古などの特別な付き合いのある相手 1万〜2万円 長寿のお祝い 1万〜3万円 親戚や友人には置き場所を選ばない小さめの胡蝶蘭がおすすめです。 大輪よりミディの方が下がりますので相場は低めになります。 大事な取引先やお稽古などでお世話になっている先生の誕生日の場合、また長寿のお祝いで胡蝶蘭を送る場合などは目上の方に対する尊敬の意味も込めてワンランク上の胡蝶蘭が選ぶ方が多いです。 2-2. 開店祝いや開院、就任祝いなどの相場 開店祝い、開院 1万円〜5万円 就任祝い 1万5千円〜3万円 開店祝いや開院、社長就任などは個人で贈る場合と会社の代表として贈る場合によって価格が変化します。 開店のお祝いの場合、そのお店や会社の建物の規模に合わせて選ばれる方も多く、少し小さめのお店の場合、 あまり大きい胡蝶蘭だどお客様や店の仕事の邪魔になる可能性があるので注意が必要です。 また開院や就任祝いなどでは胡蝶蘭が大量に集まることが多く、相手先にアピールできる貴重なビジネスチャンスでもあるので大きさや胡蝶蘭の種類にこだわる方がとても多いです。 2-3. 御霊前や仏事などの相場 胡蝶蘭は葬儀に参加できない時や仏事の贈り物、お悔やみの様々なシーンに対応できます。 とても大切なシーンなので相手先に失礼のない胡蝶蘭選びが重要となってきます。 枕花 5千円〜1万5千円 ご自宅のご仏前 5千円〜1万円 ご葬儀 1万5千円〜3万円 「枕花」とは納棺まで故人の枕元に飾るお花です。 ご自宅に贈る場合がほとんどなので、動線上の邪魔にならない置きやすいサイズの胡蝶蘭がよく選ばれます。 色も変わった品種のものではなく、 白がほとんどなので 相場は比較的低めになっています。 ご葬儀に贈る場合、籠花やスタンド花の代わりになるので少し大きめの胡蝶蘭を選ばれる方が多いです。 価格別おすすめ胡蝶蘭9選 さて、胡蝶蘭の値段と相場について説明してきましたが実際にどの価格帯の物がどのような商品なのかはいまいちイメージができないという方も多いと思います。 そこで最後にほんの少しですが写真付きでおすすめの胡蝶蘭を紹介します! お店によって価格は様々ですが、ぜひご購入の際の参考にしてみてくださいね。 3-1. 5千円〜1万円 ・ ・ ・ ・ 3-2. 1万円〜2万円 ・ ・ 3-3. 2万円〜3万円 ・ ラッピングを白にすれば仏事用にも。 3-4. 3万円〜 ・ ・ 4. まとめ ・価格の違いは輪の大きさ、数、本数で決まる ・生産量の少ない希少品種も高値の場合が多い ・胡蝶蘭を受け取る相手先との関係性で価格を絞るとよい ・価格だけでなく相手先の配置スペースに配慮した胡蝶蘭選びが大切 胡蝶蘭は様々なギフトシーンに対応した素晴らしいお花です。 胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」。 まさに贈り物にぴったりですね。 「相場と値段」を理解する事によって贈られる側が喜んでくれる心のこもった胡蝶蘭を選ぶ事が出来るはずです。

次の

胡蝶蘭の値段、3本立ての相場はどれくらい?

胡蝶蘭 3本立て 相場

目次 豪華な胡蝶蘭の5本立てでお祝いムードを盛り上げよう 胡蝶蘭といえば華やかで美しく、上品な花姿が魅力です。 お祝いのシーンで胡蝶蘭がたくさん並んでいるととても豪華ですよね。 3本立ての胡蝶蘭が一般的ですが、 5本立ての胡蝶蘭も実は選ばれる機会が多いのです。 5本立ての胡蝶蘭は目立って周りと差がつく! 5本立ての胡蝶蘭は3本立てと比べ、華やかさがアップします。 通常3本立ての胡蝶蘭が贈られることが多いですが、 豪華な5本立てはより存在感がでるので周りに差をつけることができますよ。 とくにビジネスシーンにおいては自社をアピールすることができ、相手に印象づけることができるでしょう。 胡蝶蘭の3本立て・5本立て、株の数は違うの? 贈り物に使われる大輪胡蝶蘭は、一つの株に対して一つの花茎だけに栄養を集中させて育て、いくつかの株を寄せ植えした状態で出荷されます。 大輪3本立ての場合は3株、5本立ての場合は5株が寄せ植えされていることがほとんどです。 大輪よりも小さい品種の中大輪やミディは3本立てでも2株の場合があります。 お花のサイズが小さいので大輪より咲かせやすく、一つの株から2本花茎を伸ばしているものが多いことが理由です。 5本立ては華やかなミックスカラーもオススメ 5本立ての胡蝶蘭と聞くと、立派な大輪の胡蝶蘭をイメージしますよね。 もちろん大輪胡蝶蘭の5本立ては迫力があり、一段と華やかな印象ですが 5本立ての胡蝶蘭はミックスカラーもおすすめです。 さまざまな色の胡蝶蘭を寄せ植えしたミックスカラーと呼ばれているものがあります。 サイズは贈る場所に合わせて選びましょう。 とくにミディ胡蝶蘭5本立てのミックスカラーは、扱いやすいサイズで場所を取らないうえ、色鮮やかで華やかな印象で見る人を惹きつけます。 大輪胡蝶蘭よりもカジュアルな印象になりますよ。 胡蝶蘭の5本立て、相場はどれくらい? 豪華で存在感のある5本立ての胡蝶蘭の相場はどれくらいなのでしょうか。 また、3本立てとの値段の差はどれくらいあるのでしょうか。 同じ5本立ての胡蝶蘭、値段に差があるのはなぜ?値段の決まり方 大輪胡蝶蘭の5本立ての値段といっても、値段はさまざまです。 胡蝶蘭の値段はお花のサイズ、本数、輪数と色や品種によるグレードによって決まります。 サイズは大きいほど、輪数は多いほど、本数=本立ては多いほど、胡蝶蘭の値段は高くなります。 また色や品種は希少性の高いもののほうがより高価になる傾向があります。 胡蝶蘭の5本立ての相場は3万円〜 5本立ての大輪胡蝶蘭は3万円〜購入できます。 お花の輪数は50輪以上が目安です。 輪数が少ないものは2万円代で購入できるものもあり、ミディ胡蝶蘭の5本立ては1万円代から購入できます。 5本立ての胡蝶蘭全体の価格相場は1万円〜6万円程です。 胡蝶蘭の3本立て・5本立ての値段の差はどれくらいある? 胡蝶蘭のお花の輪数は3本立てで約30輪、5本立てで約50輪が標準です。 標準的な大輪胡蝶蘭の値段を比べると、3本立ての相場が16,000円前後に対して、5本立ての相場は30,000円程度です。 胡蝶蘭の5本立てはどんなお祝いシーンに合う? 豪華で目を引く5本立ての胡蝶蘭がふさわしいお祝いシーンをご紹介します。 ビジネスシーンのお祝いはもちろんのこと、プライベートでのお祝いにも5本立ての胡蝶蘭を贈ることができます。 5本立ての胡蝶蘭を贈るオススメのシーンをご紹介します。 見劣りしない5本立てはあらゆるビジネスシーンのお祝いにオススメ 5本立ての胡蝶蘭は 開店祝いや創業祝い、就任祝いなど、さまざまなお祝いのシーンに選ばれています。 とくに重要な取引先のお祝いシーンに5本立ての胡蝶蘭を贈ると、先方にも気持ちが伝わり、喜んでもらえるでしょう。 ビジネスシーンの贈り物はお祝いの気持ちを伝えるだけでなく、 企業同士のアピールの場にもなりえます。 5本立ての胡蝶蘭は周りと差がつき、先方の印象にも残るのではないでしょうか。 また、5本立ての胡蝶蘭はたくさんの胡蝶蘭が並んだときにも見劣りすることなく、その場をさらに華やかな空間にしてくれます。 ただし、5本立ての胡蝶蘭を置くスペースを考慮して贈るようにしてくださいね。 長寿や新築祝いなど、人生の節目にも プライベートなお祝いで5本立ての胡蝶蘭を贈る場合、 長寿祝いや新築祝いなど、人生の節目のお祝いシーンにオススメです。 特別なお祝いのシーンに豪華な5本立ての胡蝶蘭はぴったりです。 ボリュームがあり見栄えも良い5本立ては特別なお祝いにふさわしく、喜んでもらえるでしょう。 ビジネスシーンのお祝いと同様、置くスペースがあるかどうか、事前に確認しておいたほうが良いですね。 胡蝶蘭の5本立てはお悔やみのシーンにも 5本立ての胡蝶蘭はお悔やみのシーンでも選ばれます。 胡蝶蘭の気品ある花姿や、香りや花粉が少ないこと、お手入れが簡単なことなどお悔やみのシーンにも選ばれています。 5本立ての胡蝶蘭で最大限のお悔やみの気持ちを 豪華でありながら上品な花姿の胡蝶蘭は お悔やみのシーンにもふさわしいお花です。 存在感のある5本立ての胡蝶蘭を贈ることで最大限のお悔やみの気持ちを伝えることができるでしょう。 また、お悔やみのシーンに贈る胡蝶蘭は 白を選びましょう。 四十九日が過ぎるまでは白でまとめたお花を贈ることがマナーです。 お悔やみに胡蝶蘭を贈るタイミング お悔やみのお花を贈る場合、 一般的には初七日〜四十九日までがマナーです。 訃報を聞いたらすぐにお花を贈るべきと思うかもしれませんが、お通夜や告別式に間に合うように届けてしまうと、故人の死を待っていたように捉えられてしまう場合があります。 ご遺族も悲しみを感じる暇もないくらい慌ただしくしているときですので、自宅にお悔やみの胡蝶蘭を贈る場合はお通夜や告別式が終わったタイミングで贈ります。 落ち着いた時期に美しい胡蝶蘭が届けばご遺族の心の癒しになるかもしれません。 また、葬儀場に胡蝶蘭を贈る場合は、お花の持ち込みができるかどうか事前に葬儀場に確認しておきましょう。 持ち込みNGの場合や、持ち込み料が発生する場合もあります。 5本立ての胡蝶蘭を贈るときに注意したいこと お祝いのシーンにもお悔やみのシーンにも選ばれる5本立ての胡蝶蘭ですが、贈るときにいくつか注意しなければいけないことがあります。 お祝いやお悔やみの気持ちをしっかり届けるためにも、マナーに気をつけて胡蝶蘭を贈りましょう。 相手が5本立ての胡蝶蘭を置くスペースを考えよう 豪華な5本立ての胡蝶蘭は空間を華やかにしてくれますが、 なんといっても置くスペースが必要です。 お花は綺麗で素晴らしいけれど置くスペースがなかったとなると、先方を困らせてしまうかもしれません。 とくに5本立ての胡蝶蘭を贈る場合は、事前に胡蝶蘭を置くスペースがあるか確認しておきましょう。 5本立ての胡蝶蘭の大きさはどれくらい? 5本立ての胡蝶蘭の大きさは胡蝶蘭のサイズによっても異なります。 大輪胡蝶蘭などは大きい鉢に植えるのでサイズは大きくなります。 それに対してミディ胡蝶蘭は鉢も小さくなるので、同じ5本立てであってもサイズはコンパクトになります。 5本立ての胡蝶蘭の大きさの目安は以下のとおりです。 小さめの5本立ての胡蝶蘭でも40〜50cm四方のスペースが必要です。 ・大輪胡蝶蘭:中大輪胡蝶蘭:高さ約70~80㎝、幅約55~65㎝程度 ・ミディ胡蝶蘭:高さ約60~70㎝、幅約40~50㎝程度 そのほか気をつけたいポイント 置くスペースの配慮以外にも胡蝶蘭を贈る際に気をつけたいポイントがあります。 贈るべきタイミングで贈ること お祝いのシーンでもお悔やみのシーンでも、胡蝶蘭を贈るべきタイミングを外さずに贈るようにしましょう。 立札を立てること 立札は、どんな理由で誰から届いたお花なのか、を明確にするために立てます。 立札に記載する企業名や名前は間違えないようにしましょう。 ビジネスシーンのお祝いでは、たくさんの胡蝶蘭が並んだときに自社企業のアピールにもなります。 お見舞いには胡蝶蘭の鉢植えは贈らないこと 鉢植えは「根付く=寝付く」を連想させるのでお見舞いには贈ってはいけません。 お見舞いのお花に胡蝶蘭を贈る場合は、花束やアレンジメントなど切り花を贈りましょう。 大切なシーンには5本立ての胡蝶蘭を選びましょう 5本立ての胡蝶蘭は豪華で見栄えが良く、特別なお祝いのシーンにぴったりです。 とくにビジネスシーンにおいてはお祝いの気持ちを伝えると同時に、周りと差をつけ自社をアピールすることができますよ。 お祝いのシーンはもちろん、お悔やみのシーンにも5本立ての胡蝶蘭を贈ることができます。 5本立ての胡蝶蘭は華やかでボリュームがある分、置くスペースに配慮して贈るようにしましょう。 気持ちを込めて贈った胡蝶蘭が相手を困らせるようなことがないように気をつけてくださいね。 また、ミディ胡蝶蘭のミックスカラーの胡蝶蘭も華やかですし、色を選ぶ楽しさがありますよ。 大切なシーンに5本立ての胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

次の