マナブ バンコク 評判。 初心者がマナブログのマネしたらアフィリエイトで稼げるようにはなれないと断言出来る理由

アフィリエイトで5年間の安定収入なんて不可能【月10万の中級者向け】

マナブ バンコク 評判

アフィリエイト業界で最もSEO関係の実績を公開しているマナブさん。 この記事をご覧の方はおそらくマナブさんの事をご存知かと思いますが、マナブさんの事を今知った方でも読み進めて頂いて大丈夫です。 マナブさんのブログには900記事以上の記事が入っています。 マナブさんはYouTubeもやってるし、情報が色んなところに散りばめれているし、1つの記事から内部リンクも多いしで、 正直ドコを読めばSEO関連の情報を探れるのか分かりません。 マナブさんの発信している情報がごちゃごちゃしすぎてて分かりにくい SEOについて何をしたら良いのか分からない こんな思いを抱いている人のために、僕が代わりにマナブさんが発信している情報を全てまとめました。 この記事を読んで、その通りに実践していただければSEOに関してはもう考える必要がないくらいのレベルに押しあがります。 マナブさんが提唱している「記事を書く前に失敗しているパターン」というのがあります。 記事を書く前に失敗しているパターン 〇読者ニーズが分かっていない 〇検索キーワードが分かっていない SEOが分からないってことはこの失敗パターンに陥っている可能性があります。 SNSでバズる記事とは性質が違うSEO記事。 その全てがこの記事で丸っと分かりますので、是非読み進めてください。 マナブ(坂内学)さんのSEOライティングを全てまとめてみた マナブさんが活発に動いているメディアはTwitterとYouTubeとブログ。 そこからすべての情報を漁りました。 で、SEOに強い マナブさんのメディアを全部見てまとめた結果、SEOを強くするための項目は6項目だけを意識すればいいということが分かりました。 SEOを強くするための6項目• サイト設計• キーワード• 記事の書き方• タイトル• リライト• その他(外部。 内部リンクなど) 「その他」には外部リンクや内部リンクを入れていますが、正直優先順位としては低いですし、重要性がかなり下がっているので「その他」でまとめました。 意識しなくてもいい情報なんですが、優先順位が低いという情報でも知っておいて損はありません。 「後回しにすればいい」と分かるだけでだいぶ気持ちが変わってきますからね。 ただ、 上記6項目以外でも1個だけ重要な要素があります。 それが 「読者目線」。 以下、マナブさんのブログ引用。 写真のとおり。 執筆前の自問自答です。 自分語りはNG。 徹底的に読者目線が大切。 書きたいことを書くと、1,000文字で行き詰まります。 読者が知りたいことを書くと、3,000文字が余裕。 今日も「読者の為になる文章」を積み上げです😌 — マナブ バンコク manabubannai こればっかりはテクニックで補える面もありますが、最終的には読者に寄り添えるかどうか・・・という想いの面が影響します。 この記事の発端も僕自身が「マナブさんのSEO関連の情報が1か所にまとまってたらなあ・・・」というところから始まっています。 マナブさんと言えばSEO関連の個人実績でいえば業界随一。 それは怪しいので、僕はすべて公開しております。 今月のブログ収益は、たぶん200万ちょいです。 ノウハウは無料で公開しています — マナブ バンコク manabubannai この人の発信している情報さえ網羅できれば怖いものはありませんよね。 では上記6項目に関して1個1個掘り下げていきましょう。 マナブさん流SEOライティングのテクニック マナブさんのSEOを実践する前に前提条件があります。 前提条件 ・独自ドメインを利用 ・Wordpressのテーマなら問題ない ・重すぎる(6秒以上)なら改善 この条件を満たさないとSEOを強化させるためには不十分。 無料ブログで運営している場合はマンションの一室を借り受けているような状態です。 なので、例えばマンションの一室で殺人事件があった場合は周囲の人から「あのマンションは怖い」みたいな感じで、一室で起きた事件がマンション全体の評判へ広がります。 SEOも同じ。 無料ブログの中で質の低い発信をしている人がいたら全体の箱に影響を与えます。 なので、 SEOを考えた時に独自ドメインを取得してWordpressでブログを運営するというのは前提条件だと思ってください。 利用するWordpressのテーマは賢威がおすすめ。 内部構造がシンプルでGoogleに好まれやすいからです。 Wordpressのテーマ「賢威」に関してはコチラの記事をご覧ください。 原因としては掲載している画像が多すぎる、導入しているプラグインが多すぎる、などが考えられます。 なので、表示速度が遅い場合はそれを改善することが優先。 細かいSEO対策をするよりもユーザーファーストになるので効果が見込めます。 以上を踏まえたうえでSEOの細かいお話に入っていきます。 SEOを単体の記事で何とかしようとしている人が多いんですけど、需要が高いキーワードほど1つの記事だけで勝負をしかけても勝てる見込みはありません。 なので、 基本的には「点」で勝負をするのではなくて「面」で勝負をするという考え方が重要。 具体的には以下のような感じで整理をします。 キーワード整理なう。 キーワードプランナーで対象キーワードを抽出して、それをマインドマップで整理します。 整理が完了したらライティングするだけの簡単なお仕事です。 — マナブ バンコク manabubannai これ、何をしているのかさっぱり分からないって人も多いかと思いますが、具体的に手順を踏んで説明します。 実際にやってみるキーワードは「アフィリエイト 商材」、これを1階層目とします。 利用数サイトは2つ• マナブさんはGoogleキーワードツールを利用して解説してるんですが、ちょっと仕様が変わったので上記の「」を利用することをお薦めします。 で、まずは「」で「アフィリエイト 商材」「商材 アフィリエイト」で検索をかけます。 すると月間検索ボリュームとキーワード候補が出ます。 ここで出てくるキーワード候補を2階層目とします。 で、これをGoogleのスプレッドシートにまとめていきます。 そして、それぞれのキーワード候補に関してさらに「」で検索をかけていきます。 3階層目は出てきませんでした。 全てをまとめたのが以下の画像。 検索ボリュームが多いものに関しては3階層目が出てきます。 3階層目が出た場合はマナブさんの調査結果みたいに以下のようにまとめて下さい。 これがサイトの設計図になります。 あとはそれぞれのキーワードに関して記事を書いて内部リンクで繋げてあげます。 イメージとしては以下の画像を見て下さい。 1つ1つの記事で勝負をするのではなく、面で勝負をするというのがお分かりいただけたかなと思います。 これを理解しないとSEOで他のサイトと勝負をすることは不可能だと思ってください。 この項目に関して多くの人が抱く疑問があるのでご紹介します。 すると、Googleアルゴリズム的に、どちらかの記事順位が上がりづらくなるので、結果としてPVアップに繋がりづらいって訳です。 ブロガーも辛いですね。 もうすでに「キーワード」に関してはちょっと触れていますが、「キーワード」についてまず理解しておくべきことは、そのキーワードで検索をする人がどんな情報を欲しているのかを想定します。 想定読者:複数のアフィリエイト商材を比較して、自分にあった商品を探したい。 記事内容:複数のアフィリエイト商材が簡単に比較できる情報を掲載する。 で、実際にどんな情報に需要があるのかを知るためには、実際にそのキーワードで検索をかけると分かりやすいです。 実際に検索をしてみた結果・・・• 商材選びをするASPはどれが良いのか• アフィリエイトの種類、ジャンルの種類• 失敗しない優良商材、100万稼げる優良商材• ランキング、選び方 という需要があることが分かりました。 この1つ1つのサイトをチェックして、読者がどんな情報を欲しているのかをリサーチすることが大切です。 あくまでも読者の需要をつかむための1つの要素が「キーワード」。 そこから発信すべき情報を構想していきます。 で、「キーワード」に関して意識していただきたい点が3つあります。 キーワードプランナーと実際の訪問者数を比較 キーワード 平均順位 月間検索ボリューム 実際の訪問者数 web制作 独学 1~2位 50 2,235名 デジタルノマド 1~2位 110 162名 このように、具体的なキーワードに関しては検索ボリュームとほぼ一致しますが、抽象的なキーワードの場合は他にも検索できる場合が多く、検索エンジンからの流入は想定できません。 なので、どんなに少ない月間検索ボリュームであっても無視が出来ないし、取り組むべき価値があるということですね。 例えば「アフィリエイト 商材比較」という記事を書いたとします。 そこにはたくさんの商品を並べることになりますが、1つ1つの商品に関してのレビュー記事が必要となりますよね・・・って言うか、1つ1つの商品があった方が成約が高まることが予想できるじゃないですか。 なので、仮面ブロガーズレビュー記事とか、アンリミテッドアフィリエイトレビュー記事とか、そういう記事が派生的に誕生します。 これも1つ1つしらみつぶしにやっていく・・・これがSEO。 果てしき道ですね。 ロングテールキーワードとは・・・ 検索する量は多くはありませんが、一定数のユーザーがずーっと検索をするようなキーワード。 「ダイエット 方法 食事」「ダイエット 方法 男」「ダイエット 方法 運動」みたいに検索する人が限られますが、検索意図が明確なキーワードを指します。 集客をすると検索量が多いキーワードを確保しないといけないと思いがちですが、成約だけを考えたらロングテールでも十分に戦えます。 重要なのは検索意図が明確であること。 商品名なんかもねらい目のキーワードですね。 Amazonは根こそぎ商品名で検索上位を獲得して成約しまくっています。 ここが一番知りたい人が多いかもしれませんね。 「記事」はブログ内でも多数の割合を占めるので重要な要素となります。 そのため、記事の書き方となると重要なのは言うまでもありませんね。 マナブさんが提唱している最善の記事の書き方は「記事設計」と「肉付け」のセクションに分かれます。 自分が検索する側の場合だとそう思いますよね。 だらだら~っと長い文章があった先にようやく答えがあったら最悪読み進めるの辞める人が多いと思います。 例えば婚活したくて街コンに行ったとして、「この人だ!」って思う人が見つかって、連絡先を交換して、何度もデートした結果、相手に彼女がいて遊びで街コンに来ていたってなったらイラっと来ませんか? 最後の最後にようやく答えがある記事ってそんな感じなんですよ。 だからこそ、マナブさんの記事の書き方は「問題提起」「結果の明示」が先に来ます。 で、それが読者が欲している情報であり、読者ファーストの情報提供はGoogleが求めている情報発信の形なので、結果的にSEOに効果が高い記事の書き方になります。 今回、僕が書いている記事を例にして解説すると・・・こんな感じ。 この4項目が埋まればあとは肉付けをしていきます。 肉付けをするには、まず目次(見出し)を設計します。 見出しは記事の中で「通過点」に当たるので、通過点のポイントを明確にしておけば全体の設計がしっかりします。 家を建てる時もしっかりした太い柱だけではなく、いくつか構造上で軸となる脇の柱を設置しますよね。 見出しを入れるのは、その柱を設置していくようなイメージ。 全体がより強固になり、どんな家が出来るのかがより明確になります。 読者が欲している情報から考えた目次(見出し)の例 1:ブログのアクセスアップをするには裏ワザはありません 2:ブログのアクセスアップをしたいなら100記事書いて下さい 3:記事数だけを追ってたら失敗する【キーワードを意識する】 4:ブログのアクセスアップに役立つツールやサイト あくまでも例ですがこんな感じで目次(見出し)が設計できます。 キーワードはしっかい入れ込むことを意識します。 見出しに関してはもう1つポイントがあって、最初の見出しにはタイトルをそのまま入れるか、キーワードの部分だけでもそのまま活用します。 マナブさんのブログから例を出すと・・・ タイトル:SEOでキーワード数をゴリゴリ追加したら順位上昇した話【実例公開】 1つ目の見出し:SEOのキーワード数を増やして順位が上がった話 みたいな感じ。 2:ブログのアクセスアップをしたいなら100記事書いて下さい 主張:有無を言わさずとりあえず100記事かく 理由:ブログの土台が出来るから 具体例:100記事書けば経験になるし、ぽつぽつと成果につながり始める 1つの記事について大きな1本の軸がありながら、1つ1つの見出しに関して肉付けを行っていくだけで読者が欲している記事が出来上がるという寸法。 つまりSEOに強い記事が出来るということですね。 32文字以内• キーワードを入れる という2点だけ。 Googleはタイトルを最も重要視します。 タイトルに掲載されているキーワードと、そのキーワードに関して記事の内容がしっかりとした答えになっているかどうかが上位に入れるかどうかの境目。 なので、 タイトルにはキーワードを絶対に入れて下さい。 あとは人間がクリックしやすいタイトルの付け方があります。 しかし、人間の心理は結局王道に弱いですからね。 参考にしてみてください。 分かりやすいタイトルはSEOにも効果が高いという説もありますが、マナブさんの見解でそれを見たことがないので、あくまでもクリックされやすいタイトルを目指すという意味でチャレンジをして下さい。 そのため、リライトという作業はより読者が求めている情報発信とすり合わせる作業と言えます。 なので、情報発信をする人間にとってリライトが出来ないと永遠に初心者のままだとマナブさんは言っています。 実際にリライトする手順は3ステップ。 ステップ1:目標設定• ステップ2:到達度チェック• ステップ3:効果改善 要は目的をもって記事を制作し、それが目標を達成しているかを把握し、目標を達成できていないのであればどこが足りないのかを仮説検証するってこと。 記事を書いたら書きっぱなしという人がすごく多いんですが、それだと遊んだら遊びっぱなしの子供と同じですからね。 記事を書いた後にそれを追いかけることが出来ないのであれば、子供を叱ることなんて出来ないですよ。 ここまで解説した内容を実践していただければ問題はありません。 「キーワード」の設定、読者の悩みを想定して記事を書いていきます。 その際、しっかりとマネタイズ(読者の行動設計)も行い、明確な記事の出口を設けるようにしてください。 そうしないとウロウロした目的のない記事になりますからね。 当然読者がどんな情報を求めているいるのかありきで仮説を立て、改善していきます。 狙ったキーワードで50位圏外:記事設計、タイトルの見直し• 狙ったキーワードで20位~30位:10位以内を目指してリライトする マナブさんの記事タイトルの変更例は以下。 リライトの際に重きをおく点は以下の5点です。 この項目を指標とし、仮説を立てて検証をしていきます。 SEOコンサルとして活動をしているマナブさんが言うには、リライトが出来ればSEOコンサルとして活動することが可能になります。 アフィリエイト界隈だけが以上にSEOに関して障壁が高いですが、他の業界ではSEOに対してまだまだレベルが低い状態なので、リライトを仮説検証できればコンサルが出来るそうです。 以上がリライトの手順。 メタディスクリプション メタディスクリプションはGoogleにページの概要を説明するための部分。 今ではもうSEOに対してほぼ効果がないといわれていますが、マナブさんは一応解説してくれています。 メタディスクリプションでは「問いかけ、記事内容、アクションを促す」という文章を150文字以内で記載します。 例えばこの記事では 問いかけ:マナブさんが発信している情報を全部見るの大変ですよね。 記事内容:僕があなたの代わりにマナブさんのSEO情報を全てまとまめました。 アクションを促す:この記事だけを読めばマナブさんが公開しているSEO情報が全部分かりますので、是非お読みください! こんな感じ。 外部リンク 外部リンクは別のサイトやブログにあなたのリンクが貼られ、紹介されること。 被リンクを獲得されやすいポイントは・・・• 体験要素• また戻って来てもらいやすい外部リンクを貼る(実例など) 外部リンクは本数を絞った方が良いと言われていますが、別に何本掲載してもいいそうです。 しかし、他のサイトに飛ばしてしまうと戻って来てもらえない可能性があるので、飛ばす先、本数は吟味した方が良いです。 内部リンク 内部リンクに関しても本数を制限した方が良いとか言われていますが、• 読者が知りたいときに内部リンクを添える• 本数は関係ない• 順位を上げたい記事を貼らなくてもいい とマナブさんは言っています。 以上、長くなりましたがマナブさんが提供しているSEO情報でした。 マナブ(坂内学)さんのSEOライティングを全てまとめてみた結果・・・ 今回、マナブさんが発信している情報をまとめた結果、SEOに関しては「中途半端なことはしない」と言えるかと思います。 例えば、「英語 参考書」というキーワードに対して、「おすすめの英語の参考書10選」という記事を書く人って多いですよね。 しかし、これでは読者のニーズの一部しか満たしていません。 〇初心者や受験英語、ネイティブ英語を学びたい人がいるけど、どんな人にとってのおすすめなの? 〇10選が最適なの? 〇それぞれの参考書のレビューはあるの?比較情報はあるの? などなど、このタイトルだけでもツッコめる要素はたくさんあります。 読者のニーズを満たす・・・。 それは果てしない道なんですが、必ず最適化させることは出来ます。 それがSEO・・・検索エンジン最適化の技術です。 初めまして、清水大輝です。 「コンサル」と「コーチング」要素を組み込んだ No. 1情報発信プランナー。 このブログであなたにお伝えしたいことは2つ。 1つ目は手動でやりまくってたどり着く「本当の自動化」の話。 今の時代は「方法」とか「情報」とか「商品」はどんどん低価格になっています。 今まで通りのシステムだけを構築すれば稼げる時代は終わりました。 その時代に何が必要なのか。 今までの教材が解説していたアフィリエイトの常識をぶっ壊して解説しています。 2つ目は挫折をせずに取り組み続けられる「本質的な状態の整え方」の話。 アドラー心理学に則り、「自己受容」という「あなたの存在そのものを受け入れること」から状態を整えていきます。 キーワードは「あなた」。 「あなた」が自分を受け入れ、「あなた」の情報を発信する。 それを整えていくのが僕の仕事です。

次の

マナブログのマナブさんの評判!バンコクで会って気づいたこと | ノマドの樹|ライフワークを主軸に発信するブログ

マナブ バンコク 評判

どうも、光成です。 ブログを使ったネットビジネスをこれから始めようと思ったり、 SEOを学ぼうと思ったら坂内学さんのマナブログを参考にすることもあると思います。 僕も初心者の頃にSEOに挑戦しましたが、 何をやっても上位表示されなくて、 「くそ!俺は一生SEOで上位表示されない運命なのか!?」 と、思って絶望し、毎日寝る前にはSEOのことしか考えられないという夜が続いておりましたが、 マナブログで学んだ結果、上位表示されるようにもなりました。 (元々はSEOの知識皆無ですがコンサルと合わせて上位表示されるようになりました。 笑) このように、一位をいくつか量産出来ました。 そして、このSEOの知識を発信することで、 沢山感想もいただけました。 ブログで収益化を考えてる人は 絶対よんでおくといいと思います! これだけの記事をありがとうございます! — ブルスカ Bluesky4681 光成さんの「SEO集客マスター講座」読みました。 SEOって昔は、「メタタグにキーワードを並べまくる」なんてバカな記事を見たことありますが、今はそんな方法だめです。 光成さんの記事は、本当に読者の立場に立った正攻法となっています。 ぜひ、ご一読ください。 なので、こういう結果を見ると、 「これはマナブログのやり方を取り入れて、学さんみたいになるしかないじゃん!セカンド学を目指すぞ!」 と、頑張ろうと思っている人もいると思います。 ただ、もしあなたがマナブログのSEOアフィリエイトの方法論を学び、 これからブログを使ったネットビジネスを行おうとしているのであれば、 僕は 一旦考え直したほうがいいと思っています。 というのも、 マナブログの方法論では結果が出るまでに 物凄く時間が掛かるし、心が折れて辞めてしまう人が多いからです。 実際結果が出てる人って1人もいないと思います。 なので、今日は初心者がマナブログのSEOアフィリエイトでは 稼げるようになれないと断言できる理由を話そうと思います。 そもそもマナブログの運営者の坂内学とは誰? そもそもマナブログって何?マナブって誰?という人もいると思うので説明すると、 マナブさんは元々SEOアフィリエイトを中心とした手法で成功した方です。 実際に、SEOでは数々のキーワードで1位を量産していると本人が言っていて、 SEOで上位表示出来ずにヒーヒー言っていた僕からしたら「凄すぎ…」の一言です。 SEO報告:1位を量産しました😌 ブログを700日ほど毎日更新したら、月間170万PVになり、月間収益は「500万円くらい」になりました。 世の中には「稼いでいるか怪しい人」が多いので、僕はすべて公開しています。 ノウハウは無料公開しています — マナブ バンコク manabubannai 個人ブログで170万PVって鬼ですよね。 笑 ただ、SEOアフィリエイトの実力は本物で、 僕自身、マナブさんのSEO講義の動画を参考にしました。 そして、ブログ歴は5年、月収は2000万以上稼いでいて、 凄腕アフィリエイターと言っても良いような人です。 おはようバンコク🌞 サクッと収益報告すると、利益ベースで「23,441,582円」くらいでした。 わりと好調でした。 年商3億は見えました。 ただ、最近は「売上を全体公開しても、意味ないかな…」と思いつつあるので、ちょっと方針を考え中。 とはいえ、やることは毎日同じで、コツコツ積み上げです — マナブ バンコク manabubannai SEOアフィリエイトで、 しかも、個人ブログでここまで稼ぐのは本当に凄いと思います。 さらに、Twitterなどのフォロワーも多く、 この記事を書いている時には 「25万人」ほどもフォロワーがいます。 他にもYouTubeでも発信していて、 現在は「38万人」のチャンネル登録者がいますね。 YouTubeは広告を回している時もあり、 広告で沢山チャンネル登録を増やしていましたね。 他にも、マックブックの配布などもしています。 笑 YouTube企画として行っていたみたいなので、 YouTubeを伸ばす一貫だと思います。 ちょっと相談なのですが、YouTube収益還元として、Macbookを20台ほど配布予定です。 ただ、どういった条件で配布がいいですかね。 ちょっとしたYouTube企画にしたいので、アイデアあれば募集です。 なさそうであれば、ゆるっと適当に配ってみます😌 — マナブ バンコク manabubannai こんな感じで、SEOアフィリエイトを中心に活動して、 Twitter、YouTubeなども伸ばしてきた方です。 ちなみに、僕はマナブさんのフォロワーが5000人くらいの時にフォローしましたが、 めちゃくちゃ伸びるのが早かったです。 他にも、 「今日の積み上げ」「鬼作業」などの明言?を残しています笑 おはようバンコク🌞 ちょい寝坊。 仕事していきます。 ・YouTube台本を生産 ・デザインをすこし勉強 ・本をすこし執筆する こんな感じです。 YouTubeのサムネを作りつつ思ったのですが、すこしデザイン勉強するのもありかなと思いました。 コツコツ継続も大切ですが、一定期間だけ「圧倒的な鬼作業」をすると、高速で突き抜けたりします。 いったん突き抜けると、それは飛行機の離陸なので、離陸しちゃうと、浮遊するのが楽になる😌 — マナブ バンコク manabubannai 詳しくはマナブさんのプロフィールを読んでもらったらわかりやすいと思うので、 こちらから読んでみて下さい。 マナブさんのTwitterは マナブログのプロフィールは 後、1日のルーティーンというものもありました。 マナブログのアフィリエイト手法の特徴 マナブさんやマナブログの事を知って貰った所で、 どんなアフィリエイト手法で稼いでるのかを解説していきますね。 マナブログでのアフィリエイトの手法の特徴は、• ブログの毎日更新• Googleアドセンスで広告収益• SEO、プログラミング、アフィリエイトの記事を中心に発信• 哲学やライフスタイルを発信• YouTubeの広告収入• プログラミング教材の販売 などになりますね。 プログラミングの教材に関しては独自の教材でありますが、 基本的には毎日更新を前提に、SEOやプログラミング、アフィリエイト記事で収益化していますね。 他にもアドセンスなども貼っているので、 アドセンスからの広告収入や、YouTubeも積極的に発信しているので、 YouTubeからの収入もあるはずです。 つまり、 基本的に圧倒的な作業量の情報発信をして、 とにかく人を集めて広告収益で稼ぐという方法ですね。 マナブログでは、このトラフィックビジネスで勝負していますが、 ぶっちゃけて言うと、僕が1ミリもおすすめできない手法でもあります。 僕がパソコンすら持っていない頃に初めてアフィリエイトに出会い、 「これなら自分でも出来るかも知れない!」 と、思えたのは、マナブログのように圧倒的な作業量を誇った上で稼ぐのではなく、 「少ないアクセスで少ない労力でも少ない人数に高単価の商品を販売すれば飯を食うのは余裕」 という発信者に出会い、 思わず衝撃を受けたからです。 それから僕も沢山勉強したのですが、 実際ビジネスは沢山の人に商品を売るより、 少ない人数でもいいから高単価の商品を販売するほうがうまくいきます。 1000人に10円の商品を売って1万円を稼ぐよりも、 100人のうちの1人に1万円の商品を販売して1万円を稼ぐほうが、 遥かに簡単だと思いませんか? これを聞いて僕は、「それなら出来るな」と思えたのです。 なので、僕はトラフィックビジネスではなくて、 リストビジネスに舵を切りました。 マナブログのアフィリエイトについての評判は? マナブログのアフィリエイトの手法であれば、 かなりの作業量と膨大な時間が必要になるのですが、 実際評判はどうなのか?ってところも気になると思います。 なので、探してみましたが、 実際にマナブログのやり方を参考にして稼げている人がいるのか? というと、 1人も見つかりませんでした。 (知らないだけだったらすみません) 300記事書いて全く稼げてなくて、心が折れてる人はいましたけどね。 多分マナブログのやり方で稼げている人は1人もいません。 それほど再現性が低すぎるやり方だと思っています。 しかし、マナブログのアフィリエイト手法で稼げている人はいないですが、 マナブログで語られているSEOアフィリエイトのノウハウなどは、 僕も参考にしたくらいなので本物です。 なので、マナブログの評判自体はとてもいいですよ。 初投稿です! 本日約1時間をかけてマナブさんのブログの始め方のYouTubeを見てWordPressのインストールまでやってみました😄 マナブログ ブログ 素人 — 初心者 ブログやってみるぞー gOxsf6Tgwq8qWAL 僕はマナブログを鬼マネしました。 徹底的に真似に真似てきました。 するとブログに対する甘い考えもなくなり、しっかりとリサーチをして下書きをして、WordPressにアップする正しい流れを習得できました。 大半の人は真似が甘すぎだと思う。 ただ、稼げるようにはなれない、 というか膨大な時間と作業量が必要なので完全に無理ゲーです。 笑 その理由をこれから話しますね。 初心者がマナブログのマネしたらアフィリエイトで稼げるようにはなれないと断言できる理由 僕が初めてマナブログを見つけたときは、 「この人SEOマジで凄いな〜」 と、参考にしましたが、 ビジネスモデルや稼ぎ方については 「1ミリも参考にならないな〜」 と、思い、絶対稼げないと確信しました。 で、ここから実際に 「なぜマナブログのマネしたらアフィリエイトで稼げないのか?」という所を話していきます。 マナブログのマネしても初心者はアフィリエイトで稼ぐ事ができないと断言出来るので、 僕は絶対におすすめしない手法でもあります。 なぜかと言うと、• 毎日更新(1000記事)は初心者には出来ない• 単価が安いアフィリエイトやアドセンスは稼げない• 記事量産が間違っている• ライフスタイル・哲学は見られない• SEOアフィリエイトはオワコン• マーケティングの手法が良くない• モチベーションが保てない という理由ですね。 あれだけ鬼のように作業して継続したマナブさん自体は凄いですが、 初心者がマナブログをマネしたら詰みます。 誰でも出来ることではないからです。 というわけで、1つずつ解説していきますね。 毎日更新(1000記事)は初心者には出来ない マナブログを運営しているマナブさんはブログを1000記事ほど連続で更新しているみたいです。 よし、ブログ執筆完了。 約3,500文字を生産しました😌 現在の記事数は「1,180本」となり、合計文字数は「400万文字」を超えたかなという感じ。 文庫本に換算すると「30冊」くらいのボリュームですかね。 今月も収益8桁は達成できそうなので、文庫本を出版するよりも、ブログの方が儲かる — マナブ バンコク manabubannai 凄いですよね。 1000記事更新したら余裕で稼げるようになれそうですが、 正直1000記事は僕には無理ゲーです。 笑 で、 ここがポイントなわけです。 この1000記事をちゃんと出来る人なんて殆どいないんですよ。 つまり、約3年の間は毎日更新をし続けなければいけないのです。 それが例え 「稼げて無くても」です。 初心者からブログアフィリエイトを始めて「1000記事書け」と言われて、 「よし!頑張ります!」 と、言える人はそういないと思いますし、 言える人は相当なMだと思います。 笑 それくらいハードルが高いですし、 1000記事書ける人はいません。 まず、初心者で1000記事を毎日更新出来ないのが マナブログをマネしたら稼げない理由ですね。 今から1000記事書いても追いつくことは出来ないですし、 時間の無駄なんで他の手法をちゃんと学んだ方がいいです。 ってか、初心者じゃなくても出来ないですよ。 笑 単価が安いアフィリエイトやアドセンスは稼げない ビジネスをする上で利益率が高いビジネスをするのは基本中の基本なのですが、 マナブログではSEOでのアフィリエイトやアドセンスでの収益化を勧めています。 しかし、アドセンスやアフィリエイトだと薄利多売で儲からないのです。 アドセンスであれば、1クリック1円〜30円ですし、 アフィリエイトでも数千円にしかならないでしょう。 (案件にもよりますが) しかも、SEOで上位表示させて初めて勝てる手法なので、 上位表示できなければいつまでも稼ぐことは出来ないです。 基本的に単価が安い商品を販売してもビジネスは稼げるようになれないので、 マナブログで言われてるようなアドセンスやアフィリエイトの薄利多売だと稼ぎにくいですね。 僕自身、ブログを始めた頃に少しだけアドセンスを貼っていた時期がありますが、 報酬を引き出す事のできる8000円までに到達するのに、 ブログを始めた 2017年の1月から2019年の8月まで掛かっています。 (これは途中からアドセンスを外し残しの数字もあるのですが、かなり時間が掛かっています。 ) …いやいや、どれだけ時間が掛かるんだよっていう。 笑 当時は、少しずつ100円とかずつで収益が発生したりしていたので、 「よっしゃ!これぞ現代の不動産!」 とか思っていましたが、 普通に考えてめちゃくちゃ効率悪いですし、 勉強していない人が取り組むのがアドセンスだと言ってしまってもいいくらいです。 仮にアクセスが多かったとしても、 これだけ単価が安くて時間の掛かるアドセンスはやってられないですね。 記事量産が間違っている ブロガーはすぐに「とりあえず100記事書く事が大事」と言うのですが、 「とりあえずってなんだよ!」といつも思っています。 笑 僕も昔は100記事書けばアクセスが集まると思っていたこともありましたし、 稼げると思って毎日のように更新していました。 しかし、その結果…全く稼げなかったです。 笑 100記事書いても、どれだけ記事を量産しても、 稼げない人はいつまでも稼げません。 なぜなら、 記事量産するのが稼げる方法ではなく、 客に価値を与えることで稼げるからです。 だから、そもそも記事を量産するのではなく、 価値を適切に読者に届けるのは?って所を考えるべきなのです。 記事は量産しなくても、 ちゃんとマーケティングを考えて コンテンツを作れば稼げるようになります。 1000記事なんてマジでいらないです。 笑 逆に、そこまでよく続けられたなと思います。 そういう意味でマナブログは本当に凄い。 笑 僕も昔はとりあえず100記事と思っていた頃があるので、 その頃の失敗談はこちらで見てもらえればと思います。 ライフスタイル・哲学は見られない マナブログではライフスタイルについての発信もよくされていますし、 Twitterでも良くマナブさんが発信しているのですが、 正直、これはマナブさんだから通用しているわけです。 マナブさんのように、アフィリエイトやプログラミングで マネタイズする方法が確立されている上で ライフスタイルを話しているから参考になるわけで、 その辺の得体の知れないやつがいきなりライフスタイルを語り出しても誰も見ません。 笑 「いや、お前誰やねん」 で、終わり。 笑 それに収益化に繋がりにくい記事を量産することになるので、 ライフスタイルや哲学を発信しても意味がないんですよね。 「劣化版マナブログ」が大量に量産されるだけです。 笑 ライフスタイルや哲学は、マネタイズの導線が出来てる状態で ブランディングの為にするから意味があることですよ。 SEOアフィリエイトはオワコン マナブログではSEOアフィリエイトを中心にマネタイズしているのですが、 そもそもSEOアフィリエイトはオワコンです。 なぜなら、• 上位表示されなければ稼げない• ライバル(企業)が多い• 信頼構築が難しい この3つの理由があるからです。 そもそもビジネスモデル的に難しいやり方なのが、 マナブログのアフィリエイト手法であり、 それが「SEOアフィリエイト」なわけです。 それを初心者が1から始めるとなると、 本当に長い時間と労力を掛けなければいけなくなり、 誰でも挫折することは間違いないです。 SEOアフィリエイトでこれから稼ごうと思っているなら辞めたほうがいいです。 詳しくはこちらで解説しているので読んでみて下さい。 マーケティングの手法がよくない マーケティングには色々な手法があるのですが、 マナブログで行われているのはSEOを使ったマーケティングが主流です。 要は、売りたい商品のキーワードで上位表示させて、 人を集めて商品を売るという方法です。 しかし、この方法では正直商品を売るのは難しいですし、 売上を最大化するのもかなり難しいです。 だから、初心者には難しいのです。 なので、アクセスではなくて、連絡先を教えてもらって、 信頼関係を構築して商品を販売するのがビジネスでは基本です。 僕自身、お客さんの連絡先を教えてもらってビジネスする 「リストビジネス」を学んだことによって、 少ないアクセスでも稼げるようになりました。 僕にビジネスを始めるキッカケをくれた人が、 「とりあえずメルマガは始めておいたほうがいいよ」 と、アドバイスをくれたので、とりあえずやるかという気持ちでメルマガを始めたのですが、 開始3ヶ月後には月収1万円が生まれたのです。 これにはさすがの僕も歓喜して、 渋谷のど真ん中で「よっしゃー」と叫びました。 笑 しかし、マナブログではアクセスが大量にあるのに、 連絡先(リスト)を全く取っていないです。 正直、めちゃくちゃ効率が悪くて、 やっていることは穴の空いたバケツに水を頑張っていれてるようなものです。 つまり、本来出る売上を逃してしまっているというわけですよ。 もし、リストをマナブログで取り出したら相当売上が跳ねるはずです。 マーケティングの手法を間違えるだけでビジネスは大変になります。 そして、マナブログではマーケティングの手法が良くないので、 1000記事更新という結果にもなったわけです。 マネ出来ることではありませんよね? だから、マナブログのおすすめしてるマーケティングの手法では稼げないわけですね。 こちらの記事ではリストマーケティングについて解説してるので読んでみて下さい。 この方法マスターすると楽です、まじで。 笑 モチベーションが保てない マナブログの手法で初心者が稼げないのは1番はこれが理由です。 「1000記事3年間毎日更新」 これ・・・出来ますか?笑 しかも無報酬の期間も長いです。 正直、モチベーションが保てないじゃないですか? だから、多くの人が辞めてしまうのですよ。 実際、「マナブログが参考になった」という人は沢山いますが、 「マナブログのおかげで稼げるようになった」という人は見たことがないです。 つまり、1000記事書く前に挫折してるわけですね。 でも、普通だと思います。 僕でも1000記事なんて絶対にやりたくないですし、 完全に無理ですから。 なので、ちゃんと正しい方法を学ぶのが重要だと思いますよ。 マナブログのアフィリエイト手法では稼げないから別の手法を学ぶべき ここまでマナブログのやり方では稼げないという話をしてきましたが、 実際にマナブログのやり方で稼げている人は皆無だと思います。 僕自身、既に3年くらいネットビジネスで飯を食べていますが、 もし、マナブログのやり方を実践していたら、 いつまでも脱サラすら出来ないだろうなーと思います。 ビジネスを始めた時に、正しい方法を教えてもらえて本当に良かったと思います。 要は、読者の方に連絡先を教えてもらい、 仲良くなり信頼関係を構築し、 商品を販売していくのです。 このやり方なら月間1〜3万PVで月収100万を余裕で稼げますね。 図で表すとこんなイメージ。 これをDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と言われています。 このやり方が一番最強なのですが、 この方法を最初に知れたおかげで、 会社帰りに報酬が1万円発生していました。 あの喜びは忘れないですね。 笑 詳しくは、僕の体験談込みで話していますので、 こちらを読んでみて下さい。 それと、100PVだけでは商品を売るのは難しいですが、 100PVの中から100人の連絡先を集めたら、 その中の1人には商品が売れると思いませんか? 1人くらいなら数万の商品でも購入してくれそうじゃないですか? (実際してくれます) このマーケティングの手法を行うのが良いですし、 僕は実際に この手法で月収100万以上稼げていますし、 月間4000PVで12000円の報酬を発生させたりもしています。 マナブログほどのPVは僕にはないですが、 少ないアクセスでも大金を稼げるようになっています。 これは高単価の商品を少ない人数に買ってもらっているのです。 だから、これだけ稼ぐ事もできているというわけですね。 詳しくは、僕のメルマガでウェブセミナーを配っているので、 そちらを見てもらえればと思います。 無料です。 最後に 今日は初心者がマナブログをマネしたらアフィリエイトでは絶対に稼げない理由を話しました。 毎日更新(1000記事)は初心者には出来ない• 単価が安いアフィリエイトやアドセンスは稼げない• 記事量産が間違っている• ライフスタイル・哲学は見られない• SEOアフィリエイトはオワコン• マーケティングの手法が良くない• モチベーションが保てない という理由で稼げないと断言出来ます。 なので、別の方法を学んだ方がいいですし、 そもそも少ないアクセスでも稼ぐことの出来るマーケティングを覚えるべきですよ。 LINEに登録してもらうことで、 無料でセミナーを配っていますので、 そちらで少ないアクセスでも稼ぐマーケティングを学んで貰えればと思います。

次の

伊藤洋介さんの評判は?プラスバンク(PlusBank)は詐欺なの?リスクのある副業

マナブ バンコク 評判

目次 note(ノート)の基本情報 note(ノート)は、デジタルコンテンツ配信プラットフォームである「cakes(ケイクス)」で有名なピースオブケイクが2014年4月にスタートさせたWebサービスです。 各ジャンルのクリエイターが、文章やイラスト、音楽作品や映像作品を発表・販売することができるサービスであり、ファンとの交流も行えるという画期的なサービスになります。 利用者は年々増加しています。 クリエイターが制作した作品は、「テキスト」、「イメージ」、「サウンド」、「ムービー」の4種類の「ノート」という形式で公開・販売をすることが可能です。 販売の際にはそれぞれの作品を100円から1万円の範囲でクリエイターが価格を自由に決めることができます。 有料メルマガの配信などは料金が掛かりますが、作品の発表やファンとのクリエイターのコミュニケーションはブログやSNSと同様に無料で利用することが可能です。 noteは、ブロガー界隈ではよく知られていて、自分が培ったノウハウを文章にすることで、驚異的な利益率の商品を売ることができるので、noteを販売して稼ごうとしている人が増えています。 わたしの周りでもnoteを執筆している人が増えており、副業時代に稼ぎたい人が利用しています。 有名なブロガーやインフルエンサーは、自身のノウハウや売上を有料で販売していることが多いですが、集客力がない人は販売してもほとんど売れないので、その点は覚悟する必要があります。 note自体に対する悪い意見は特にありませんでしたが、販売されている商品の中身が確認できないのがデメリットとして指摘されることが見受けれられました。 今まで文章を書いたことがない、もしくは何かのジャンルでの深いノウハウを持っていない方が、いきなりnoteを書いても売るのは難しいです。 まずはブログやアフィリエイトを始めてみることをオススメします。 note書くメリット ・自分の考えの整理と棚卸しになる ・読み手がわかりやすいように添削の繰り返しで文章力と要約力がつく ・ネタをメモする癖がつく ・本を読む癖がつく どんなことでもいいから自分の好きな事や自信がある事をnoteに起こすのってすごい可能性を感じてワクワクする — けい note公開中 Su44687991 「どのメディアで書くべきか」と聞かれたらnote を進めるようになった。 理由はたくさんあるけれど 1. コンテンツの販売機能 3. 書き心地がよい 「いい紙だといい企画がでる」ようにWEBでも確実にあります。 無料noteだと多いときは500人くらいフォロワーが増えるんですが、有料だと全く増えません。 購入者を見ると見覚えのある名前が多いので、やはり一見さんではなく「信頼」がベースにある人が読者になるのかなと。 — えとみほ etomiho 私、ありがたいことに有料noteでめちゃくちゃご利益をいただいているのですが… 「有料noteの儲け方」を書いても、それって書く側が儲かるだけなので…公式で入門記事がある方が良い! あと、フォロワーが少ない段階で有料noteやってもデメリットだらけだと思うので、あんまりお勧めできません…。 — 塩谷 舞(milieu編集長) ciotan 最近はNoteが勝手に売れていくのですが、たぶんSEO流入から売れてるのかなと思う。 一時期にキーワード狙いで記事を書いて、そこからNote販売にリンク貼っていたのですが、効果が出てきた気がする。 Noteだと、世界に1つだけの商品を作れるので、差別化もできていい感じだと思う。 ベテラン編集者が立ち上げた信頼度の高いプラットフォーム• 新しい時代のクリエイター活動が可能に• SNS感覚で簡単に利用が可能• 例えば小説家や漫画家を目指したい場合には、作品を制作してそれを出版社に持ち込み評価をしてもらうという過程が必要でした。 この場合、担当者が「売れる」と思えなかったり、見る目がなければ作品は世の中の目に留まる機会を失ってしまっていたわけです。 note(ノート)の場合、作品を有料にして販売することもできますが、無料公開することも可能になっています。 このため一度ユーザーに無料公開している作品を閲覧してもらい、気に入ってもらえれば、その後の作品が購入につながってクリエイターとしての評価が上がるようになっているのです。 ミュージシャンでも映画監督やカメラマン、イラストレーターや漫画家といった方でも従来までの路線では、良くも悪くも「人脈」がないと優れた作品でも世の中に出ることがありませんでした。 これを根本から覆し、優れたクリエイターは無名でも作品を世の中の人に知ってもらえるプラットフォームとして重宝されているのです。 SNS感覚で簡単に利用が可能 一般人でもSNSを使い、自分の日常生活をオープンにできる時代になりました。 note(ノート)はSNSやブログのように気軽に利用することができます。 作品発表だけではなく、日常の活動を報告したり、トークノートを使えばファンとの交流も可能になっています。 気軽に使えるにも関わらず、自信作完成のあかつきには作品を有料で販売することができるビジネスの場としても利用可能。 つまり全てのクリエイター活動をnote(ノート)内だけでワンストップで行える基本的な活動の場として利用することができるのです。 素人でも儲かる仕組みができている クリエイターとしては優秀だけれど、商売人としては才能がないという方はゴマンといますね。 note(ノート)は商売下手な業界のノウハウを知らない方でも儲かる仕組みができているという特徴を持っているのです。 利用は基本的には無料ですが、有料コンテンツを販売することもでき、100円から1万円という価格帯であれば自由にクリエイターが設定できます。 もしも購入してもらった場合、売上金から決済手数料を引いた額の10パーセントをプラットフォームを利用した手数料として納めればOKです。 課金のメールマガジンの配信の場合には、同様に差額の20パーセントを発行料として納めます。 クレジット、キャリア決済の両方が利用でき、クレジット決済では5パーセント。 キャリア決済なら15パーセントの手数料が売上から引かれる仕組みです。 どの作品を無料公開するのか。 また有料にした場合でも価格設定はいくらにするのかには考慮が必要です。 しかし煩わしい販売ルートの確保や作品発表の場所探し。 宣伝活動などの必要がなくなり、金銭の授受に関しても全てnote(ノート)に任せることができますから便利ですね。 自分の作品の価値が分かる• いろんな人に見てもらえるし、見ることができる• 会社員になって諦めかけた夢を再び追いかけることができるのもnote(ノート)のメリット。 自分が作った作品を自分で価値をつけるのは難しいことですね。 有料販売ができることで、作品の評価を多くの人に決めてもらうことができるのは大きなメリットとは言えないでしょうか。 いろんな人に見てもらえるし、見ることができる note(ノート)はクリエイターはもちろん、世の中に出ていない新たな才能を見出したいという方達が多く登録しています。 たくさんの人に自分の作品をアピールできることはもちろん、逆に同じジャンルで活躍しているクリエイターがどのような作品を公開しているのをチェックすることもご自身にとってのメリットになりますよね。 質の高い作品から日記のような身内に向けたクローズドなものまで多くの作品が販売されています。 クリエイターにとっては、ありがたい公開・販売の場でも情報商材まがいのやり方で作品を販売しているクリエイターもいるのです。 結果として自分は質が高く、クリーンな有料コンテンツを販売していても一緒に悪い評価を受けるリスクもあるという点はデメリットになります。 note(ノート)は、マイナーなクリエイターの作品公開や販売の場として、非常に価値の高いプラットフォームと言えます。 クリエイターにとってはメリットは多くても、買い手にとって本当に優れたサービスなのかという議論もあり、劣悪なクリエイターと一緒くたにされてしまうデメリットもあります。 メリット・デメリットはありますが、素人クリエイターにとっては、メジャーシーンへと駆け上るツールとして利用出来る可能性があるサービスですので、ぜひともチャレンジしてみましょう。

次の