日本 一 ソフトウェア やばい。 日本のソフトウェアは世界一の品質。IT領域で世界に挑むSHIFTの“Made in Japan”テスト文化

ニコニコ大百科: 「日本一ソフトウェア」について語るスレ 271番目から30個の書き込み

日本 一 ソフトウェア やばい

!注意! 本記事には、日本一ソフトウェア作品のネタバレが含まれています。 日本一ソフトウェアといえば、最凶のやり込み要素で有名な『魔界戦記ディスガイア』シリーズなどが有名ですが、積極的に新規IPの開拓に励んでいることでも知られています。 本作は、人類最後の少女「トリコ」を守るため、プレイヤーは「お世話ロボット」となり、危険なダンジョンへ挑むローグライクRPGです。 『ボイド・テラリウム』で注目したい点は、本作の軸とも言える存在の「トリコ」。 彼女は有毒な菌類に汚染されており、「テラリウム」の中でしか生きられません。 また彼女は、食べ物に蓄積された毒物や環境の変化が原因で、体調を崩すこともしばしばあります。 「トリコ」を襲う症状は、「風邪」「骨折」といった一般的なものから、「にわとり化」「ゾンビか」といった、この世界ならではのものまで様々。 ドロドロに溶けてしまう「液状化」は、ビジュアルも含めてかなりヘビーな状態です。 同社は様々なジャンルを手広く扱っており、『流行り神』シリーズなどのホラー作品もあります。 しかし、一見可愛い見た目ながら、容赦のない描写や衝撃的な展開でユーザーを戦慄させるゲームも少なくありません。 この特集を通じて、「日本一ソフトウェアの怖いゲームは、ホラーだけじゃない!」と力強くお伝えしたい所存です。 この想いが届きますように・・・! なお、各作品の内容について触れるため、一部ネタバレを含みます。 その点について、あらかじめご注意ください。 もちろん家庭用ゲーム機にも数多く登場しており、2010年に発売されたPSPソフト『クリミナルガールズ』も、この組み合わせに当てはまります。 画像は『クリミナルガールズ』のものです ですが、『クリミナルガールズ』はセクシー要素だけに頼っておらず、ターン制のシステムとプレイのテンポ感を両立させたゲームシステムが好評を博し、RPGとしてもしっかり面白い作品に仕上がっています。 そのためプレイ満足度が高く、根強く支持するファンも少なくありません。 シリーズ最新作に当たる『クリミナルガールズX』のが成功した件を見ても、その人気ぶりが窺えます。 そして、『クリミナルガールズ』の人気を支えているのは、セクシー要素とユニークなゲーム性だけではありません。 将来的に罪を犯すであろう「半罪人」と呼ばれる少女たちが、その更生を目的として「ヨミガエリ」と呼ばれるプログラムに挑む物語も、本作が評価されている特徴のひとつです。 画像は『クリミナルガールズ』のものです 未来の犯罪者(少女たち)と、彼女らを導く主人公(教官)の関係性は、状況的に最悪なこともあり、かなり劣悪な状態から始まります。 特に、疑心暗鬼に駆られるギミックがある「氷ノ試練」突破後は、その苦難を乗り越えたためか、主人公と少女たちは「仲間」と呼んでも差し支えのない関係へと成長します。 しかし、そんな一行に立ちはだかった新たな試練「学び舎、16時の記憶。 」で、状況は著しく一変。 画像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです 周囲に置いていかれるのが怖くて、ブランド品を買い集めたキサラギは、そのために援助交際(ご飯やカラオケなど)に手を染めた過去が明らかに。 またユコは、そんなサコを利用し、面倒を全て押しつけて要領よく生きてきたことを暴露されてしまいます。 RPGに波乱や困難はつきものですし、例えば世界の命運を背負わされたり、信頼していた親友に裏切られるといった重みのある展開も少なくありません。 しかし、等身大の少女達が抱えている重みは、プレイヤーの身近にあってもおかしくない話ばかり。 その距離感の近さゆえに、リアルな重みをずっしりと感じさせてくれます。 画像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです 特に衝撃的だったのは、美人で人当たりもいいトモエの罪。 その美貌と印象を武器に、周囲の人間関係に亀裂を入れ、人の心を弄んで楽しむのが彼女の日常でした。 その愉悦は、彼女の従姉妹にもおよび、縁談まで壊れてしまい・・・まさかRPG(しかもセクシー要素ありの!)で、こんな切り口の重さを味わうとは思わず、ノーガード状態からのフルコンボ。 まさに、衝撃的の一言でした。 このほかの少女たちの罪も、なかなかヘビーなものがあるので、気になった方はぜひプレイをどうぞ。 なぜなら、罪が明かされる少女が更に増えるので・・・! このゲームの主人公にだけは、絶対になりたくない・・・ 《臥待 弦》.

次の

日本一ソフトウェアが倒産寸前やばい!?社長や役員の名前や画像は?|2019年で話題の口コミ

日本 一 ソフトウェア やばい

開発は日本一ソフトウェア、運営はフォワードワークス。 期待を寄せられると同時に、運営がアプリ運営において悪評が目立っている会社のため不安もあったが、3月の配信開始直後から緊急メンテナンスに突入、運営ののらりくらりな対応と二転三転する発言、3月中に配信再開といいつつ7月頃まで長期メンテナンスに突入、更に進捗報告が2ヶ月途絶えた後にサーバーやアプリの改修のために11月まで延期する等の大惨事を呈する。 フォワードワークスに対しユーザーが激怒したのは言うまでもなく、2018年時点で日本一側も相当お冠だったらしく、アプリ版『夜廻』の配信をフォワードワークスに委託予定だったが手を切る事態にまで発展した。 みんな面白すぎ! そして、色んな意味で笑えます!! -- 閲覧者 2014-03-01 01:10:33• ゼクスがカードゲームとして成功したのは良かったけど、ブロッコリーと共同だしゲームもアニメもコケちゃったんだよな…安定しない会社だのう -- 名無しさん 2014-03-01 12:13:27• 魔女百とディスガイアが結構売れてまた持ち直したらしい -- 名無しさん 2014-03-01 14:01:08• アルカディアスの戦姫も忘れてもらっちゃ困るぜ 外注だけど -- 名無しさん 2014-08-19 01:12:30• ディスガイアも好きなんだけど、個人的にはシステムをシェイプアップしたファントムシリーズの第三弾が来て欲しい…… -- 名無しさん 2014-08-19 08:32:15• はんもっく大好きでした -- 名無しさん 2014-09-14 04:51:47• ディスガイア5のswitch版が割と当たったと聞いたが真相や如何に -- 名無しさん 2018-04-14 17:11:49• とりあえずルフ魔女、買おう! -- 名無しさん 2018-12-02 00:12:57• 夜廻も良い作品だよね…知れば知るほど憂鬱になるけども! -- 名無しさん 2018-12-02 00:59:04• ホタルノニッキ好き -- 名無しさん 2019-07-29 20:30:48• 嘘つき姫と盲目王子、ボリュームの割に高いという意見多いけど物語は凄く好き。 プレイしてから主題歌を聞くと全く印象変わるし -- 名無しさん 2019-07-30 01:44:07.

次の

超絶悲報!ディスガイアRPGの日本一ソフトウェア、MSワラントで調達したお金を役員報酬の増額に使用!?

日本 一 ソフトウェア やばい

突然ですが、みなさん知っていますか? 国内IT市場は現在14. 8兆円規模で、その内ソフトウェアテストが占めるのは約5兆円。 思ったよりも大きいマーケット……!と思った方も多いのではないでしょうか? 国内外で拡大を続けるIT市場にとって、高品質なソフトウェアを生み出し続けることは重要なテーマ、その品質に、より一層注目が集まると考えられます。 そんな中、ソフトウェアの品質保証分野で、国内トップクラスの実績を誇る。 「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」をコーポレートビジョンに、幅広い分野のお客様に対する品質保証サービスを行っています。 今回は、株式会社SHIFTの丹下社長と、SHIFTグループのベトナム法人であるSHIFT ASIAの折下さんに、SHIFTの世界展開についておうかがいしてきました。 日本発のIT企業が世界でどう戦うのか? いろいろ勉強になりました。 丹下 大:株式会社SHIFT 代表取締役社長 製造業のコンサルタントとして実績を重ね、独立。 日本にソフトウェアの品質保証という事業分野を生み出し、業界を牽引する。 「逆境に立ったときこそむしろ人間力を高めるチャンスだ」が座右の銘。 折下 洋介:SHIFT ASIA Co. , LTD. Director, Corporate Development Division ソフトウェア開発における多くの経験と実績を持つ。 また、北米での駐在経験、ベトナムでの事業立上・運営経験がある。 2016年にSHIFTに入社。 SHIFT ASIAで、組織構築の責任者として活躍する。 ソフトウェア開発はオフショア化が進み、世界分業されていく時代。 :SHIFTのノウハウを踏襲したテストエンジニアに必要な資質を評価するための検定試験。 「テスト業務に必要な能力を備えているか」を厳しい基準で測定する。 なんとその合格率6%。 公認会計士試験と同じぐらい難しいらしい。 :2015年6月にサービス提供を開始したソフトウェアテストの効率的な進捗管理をサポートする業務管理ツール。 ソフトウェアテストの進捗管理や仕様書の作成、他者へのスムーズなデータ共有や、業務管理コストの大幅な削減に有効。 それだけ狭き門をくぐり抜けた人材が品質を担保してくれる・・・・・・というのは非常に安心ですよね。 また、その試験を作れるだけのノウハウがSHIFTに蓄積されているとも言えます。 そういった強みを活かして、年間に回すプロジェクト数はなんと3,000超。 その中で約40万件(!)の不具合が発見されるんだとか。 その不具合もノウハウとして溜まっていけば、さらにいい影響が生まれそう。 ある工程に特化するからこその強みです。 うーん、うまくできています。 ソフトウェアに不具合があると、web画面のデザインが崩れたり、計算が正しく実行できなかったり、入力画面にアルファベットが反映されないとか・・・・・・。 これではユーザーにとって、使いやすく・安心・安全なサービスとはいえません。 一つのバグで、信頼と機会を失うことを考えれば、企業としては相当大きな課題なのではないでしょうか。 (失礼ながら)あまり普段意識することがない、ソフトウェアテストという分野ですが、本当に大事だよな・・・・・・とお話を伺いながら再認識しました。 そのうち、実際にアウトソーシングされているのは年間400億円程度。 ソフトウェアテスト全体の1%ほどです。 つまり、未だほとんどの企業が、自社内のリソースを用いて自らが開発したソフトウェアのテストをやっているということです。 なるほど……。 ソフトウェアテストのアウトソーシングって確かに聞かないですね。 自社内で持っているイメージです。 国内の専業業者が少ない中でも、単にエンジニアを派遣する人貸しのようなかたちをとらず、業務にあたるのはSHIFTだけと言っていい状態なんだそう。 これは国外で見ても同様なんだとか。 だからこそ独自の強みを伸ばすことができれば、世界のマーケットも確実にとりにいけるという判断なんでしょうね。 そうすれば、販売側としてシンガポールやヨーロッパなどいろいろな国に拠点を置き、日本発のITの品質保証ビジネスを海外に広めていくことができると思っています。 ITの分野で日本は海外に比べ、遅れていると言われています。 そんななか、丹下社長の「日本のITが海外へ」という話は聞いている方も非常にテンションがあがりますし、同じ日本人として誇らしく感じました。 いわゆるビジネススクールで学ぶようなやり方をそのまま持ち込むのではなく、現地の文化やスタッフの特性に合わせたチューニングが求められます。 難しいですが、海外で企業経営をすることの醍醐味でもあります。 それと、教育です。 SHIFTの品質へのこだわりを、違った文化の人々に伝えていく手法の確立、それがとても大切です。 世界のソフトウェアを作る技術力は上がってきていますが、その品質はまだまだ高いとは言えない状況です。 品質が一定のレベルに達さないと、サービスをローンチしても個人情報の漏洩など、さまざまな問題が発生してしまいます。 そういった課題感が、世の中に品質を重要視する空気を作り、企業側もここ数年でかなり品質への意識を高めるようになってきたと感じられているそうです。 当たり前に使っているネットショッピングやスマホのアプリも、こうした精度の高いソフトウェアテストを行っているから、便利になって生活が潤っているんだなあと、普段感じない角度で捉えることができました。 丹下社長、折下さん、お忙しいところありがとうございました。

次の