お風呂 臭い。 排水溝が臭い!ニオイの原因と正しい掃除法や対策総まとめ

排水溝が臭い!ニオイの原因と正しい掃除法や対策総まとめ

お風呂 臭い

お風呂の排水溝が臭う原因は ほとんどの ニオイの原因は髪の毛やゴミが詰まっていてヘドロ化していること。 お風呂は特に髪の毛が抜けて、それが排水溝に詰まりがちです。 ネットで詰まり予防をしても 網目をすり抜けた皮脂や石鹸カスが詰まってしまうのです。 それらが排水溝に詰まることでニオイが発生します。 髪の毛などのゴミが詰まっていることがニオイの原因です。 (大半は) なぜ排水溝は臭くなるの? お風呂の排水溝の構造はこうなっております。 まずは、 臭気を止める水の部分にゴミなどが溜まってニオイを発します。 汚れがヒドくなって排水パイプの部分までゴミがたまると、髪の毛などを伝って 「臭気を止める水」が無くなってしまい悪臭がのぼってくるようになります。 臭気を止めるための水が詰まった髪の毛を伝って下に流れていくんですね。 排水溝のトラップを洗う まずは「臭気を止めるフタ」を取りましょう! 部品の名前でいうと 「排水トラップ」と言います。 用意するものは、• 手袋もしくはビニール袋• 洗面器一杯の水• 勇気と覚悟 汚いものを見る勇気と覚悟を持って作業に取り掛かりましょう。 しばらく掃除してない、開けて見たことすらない、という方は ドロドロになってるかもしれません汗 排水溝の髪の毛を駆逐せよ!! 心臓を捧げるくらいの覚悟を持てたなら、作業に取り掛かりましょう。 まずは、 網状のフタを取ります。 次に、 臭気を止めるフタを取ります。 この時、 回して取るタイプとそのまま持ち上げて取れるタイプがあります。 すると、キッタナイ水が溜まっているのが見えるはずです。 輪っかのように開いた溝のところを綺麗にするのが目的です。 そこに、 洗面器いっぱいの水を 流し込んで汚れを流しましょう!! 髪の毛を、汚れを、日頃のストレスを全て流してやるのです!! ついでにフタに付いたヘドロ汚れも取っちゃいましょう。 綺麗にしているはずでもドロドロの汚れがついているはずです。 パイプユニッシュなどで排水溝の汚れを溶かした後で、水を流すとより一層の効果が見込めます。 臭気をとるフタは開けたまま放置しないようにしてください。 そのまま放置すると下水のニオイが逆流してきてクサいです。 掃除したら速やかに元に戻しましょう。 洗った後は排水トラップを元に戻します 溜まっている水も排水トラップも綺麗に洗えたら、元の通りに戻しましょう。 この時に部品がキチンとはまっていないとニオイが上ってくる原因にもなります。 しっかりと元通りに設置していきましょう。 掃除したのに水の流れが悪い時は これまでの方法でしっかりと綺麗にしたのにお風呂の湯を流す際に、 排水のスピードが遅かったり、 ボコッボコッと音を立てながら流れていく場合には 排水管が詰まってきている可能性があります。 水が流れているのであれば、今すぐに処置しなくても良いです。 でも、 「詰まり予備軍」であることは間違いありません。 個人で簡単にできる掃除方法は先ほどまでのトラップを外して洗う方法です。 トラップを洗ったのに水が流れにくいということは、 その奥の排水管のどこかで石鹸カスや髪の毛が流れずに溜まっている可能性があります。 市販の排水溝クリーナーで洗う それでも自分でなんとか掃除したい!という場合にはホームセンターなどで市販されている 排水溝を洗浄するための道具を使いましょう。 先端にブラシが付いた長〜いワイヤーを排水溝に入れて、人間の手では届かない部位を洗うことができます。 一つ持っておけば、 お風呂だけでなく洗面所やキッチンも掃除することができますよ! 慣れないと洗ってる時に汚い水がハネるのでご注意くださいね汗 それでも心配なら業者に頼もう• 排水溝の奥まで自分で掃除できるか不安。 わざわざ買ってきて掃除するのは面倒。 汚い思いはしたくない。 という方は、掃除業者にお願いしましょう。 お住いの近くで「水のトラブル」を修理してくれる業者やお店があればそちらに依頼して解決してもらうのが一番です。 もしかすると、ただの詰まりではなく素人では気付かない隠れたトラブルが発生して知るかもしれないですからね。 プロに見てもらうのが最も安心です。 まとめ 毎日のように使うお風呂にはいつの間にか汚れが溜まってしまいます。 排水溝は下水のニオイや虫から守ってくれる大事な役割を持ちます。 ちょっとだけ 勇気と覚悟はいりますが 毎日のお風呂を素敵に過ごすためには変えられませんね! また、日頃から髪の毛が流れていかないようにネットを張って予防するのも大事です! これで解決しない場合には、 排水溝の部品自体や排水パイプに問題があるのかもしれないので、一度ハウスメーカーやマンション業者などに相談してみてはいかがでしょうか。 プロの掃除業者さんに依頼をして排水溝を清掃してもらい、徹底的に汚れを落とすのもオススメします。 今の家に引っ越してきて 何年間も排水溝の掃除なんかしてない、という方はプロに任せてもいいかもしれないですね。 日頃の疲れを洗い流すためにも快適なお風呂を実現しましょう! ついでに他のお部屋のニオイ対策もしてはいかがでしょうか!?•

次の

お風呂が臭い!原因の排除方法から注意点まで

お風呂 臭い

目次 []• お風呂が臭う原因 カビ臭かったり、下水のような臭いがしたりと、臭いの種類は様々です。 これは臭いを発生させている場所が違うからです。 臭いが発生しやすい場所について紹介します。 排水トラップ 排水トラップとは、下水の臭いや害虫が配管をつたって住居内部に上がってこないように設置された器具や構造のことを指します。 引用元: 排水トラップにゴミが詰まったり、破損していると排水管から下水の臭いが発生してしまいます。 排水口 髪の毛やゴミが排水管内にたまらないように、排水口には網上の部品が取り付けられています。 髪の毛や石鹸カスなどのゴミを放置すると、臭いの原因であるヌルヌルとした汚れに変化するのです。 最近では、排水口を隠すカバーがつけられているお風呂も多く、普段は目に触れないため、知らず知らずのうちに汚れがたまってしまう部分です。 カバーを開けてみると触るのをためらうほど汚れていることがあります。 浴槽 定期的に浴槽を掃除しているはずなのに、触ってみるとザラザラしていることもあります。 このザラザラとした汚れは、一般的に水垢と呼ばれ、水道水に含まれる炭酸カルシウムが結晶化してできた汚れです。 水垢自体が臭いの原因になることは少ないですが、このザラザラした部分に皮脂汚れが付着することで臭いが発生します。 気がついたら早めに取り除いたほうがよいでしょう。 また、浴槽には前面に「エプロン」と呼ばれるカバーがついているタイプのものがあります。 引用元: 壁や床と一体になっている浴槽では心配ありませんが、カバーが取り外せるタイプの浴槽ではエプロンの内側に溜まった汚れが臭いの原因になります。 床・壁 体を洗ったり洗髪するときに、体の汚れを含んだしぶきが床や壁などいたるところにとび散っています。 見た目にはあまり汚れていないように見えるので、普段の掃除では見逃してしまうかもしれません。 石けんカスはカビのエサになるので、放置しておくと臭いの原因となるカビが発生します。 換気扇 電気代節約のために、お風呂の換気扇をこまめに止めていませんか?一日中回している家庭もありますが、換気扇を回していないと浴室に湿気がこもり、カビが発生しやすくなるのです。 また、換気扇は排気に含まれるホコリで汚れていきます。 ホコリがたまると換気機能は低下して湿気がうまく逃げないため、換気扇を常に回していてもカビは発生しやすく臭いの原因となります。 換気扇は浴室の中でも掃除の頻度が少ない場所なので、見落としやすいポイントです。 お風呂の臭い対策は「完璧な掃除」 臭いの原因となりやすい場所の掃除は完璧でしょうか。 お風呂のさまざまな汚れは、不快な臭いの原因になっていることは明らかです。 臭いを解消するためには、臭いの元である汚れを洗浄することが最大の解決策です。 しかし、普段なかなか掃除しない場所もあるので、掃除の仕方がわからないことも多いでしょう。 各場所の効果的な掃除方法を紹介します。 排水トラップの洗浄方法 排水トラップを洗浄する際は、次のような方法で行ってください。 用意するもの• 歯ブラシ• 割り箸やヘアピンなど、細長いもの• 市販のパイプ洗浄用洗剤• ゴミ袋 掃除方法 引用元:• 排水口のトラップカバー、髪の毛をキャッチするネット、排水筒を外す ユニットバスの場合は、各メーカーの取扱説明書に従って部品を取り外してください。• 排水トラップの水が溜まっている場所が見えたら、割りばしなどで髪の毛などが見えるゴミを取り除く 排水トラップは水が溜まった状態で掃除を行うようにしましょう。• 歯ブラシでヌメリをこすり落とす• 市販のパイプ洗浄剤の説明書に記載されている量を流し入れて、規定の時間待機• 水できれいに洗い流して終了 市販のパイプ洗浄剤には、液体タイプ、ジェルタイプ、粉末タイプなどがあります。 汚れ具合や掃除の頻度に合わせて使い分けると良いです。 塩素系の洗浄剤は、お湯で洗い流すと有毒な成分が発生することがあるので、注意が必要です。 浄化槽を使用していて、パイプクリーナーが使用できない場合は、重曹とクエン酸で代用することができます。 重曹とクエン酸で浄化槽を洗浄する方法• 排水口に重層の粉100gをふりかけ、1で作ったクエン酸液を流し入れる• 泡が出てくるのを確認し、30分ほど放置• 水でよく洗い流す 排水口の掃除方法 排水口を洗浄する際は、次のような方法で行ってください。 用意するもの• ゴム手袋• 歯ブラシ• スポンジ• 綿棒、つまようじなど• キッチンペーパー• ゴミ袋 掃除方法 定期的に掃除をしないと、気がつかないうちにヌルヌルした汚れが溜まってしまうのが排水口です。 排水口の掃除の際には安全のためゴム手袋の使用をおすすめします。 トラップカバーがついている場合、トラップカバーを外し、カバーの側面や裏側を掃除する• トラップのネットを外し、ネットに絡みついている髪の毛やゴミをきれいに取り除く• お風呂用の中性洗剤で髪の毛トラップネットと排水筒などの部品を洗う ヌルつきや赤カビがひどい場合は、掃除前にキッチンペーパーで大まかな汚れを拭き取っておくと、掃除がしやすくなります。• 落ちにくい汚れの塊や細かい溝の汚れには、歯ブラシや綿棒、つまようじで掃除する• 排水口に重曹1カップとお湯を流し入れる 排水口の臭い予防には重曹が効果的です。 週に1回程度行うだけで排水口からの臭いは劇的に改善されます。 それでも排水口から臭いがある時は? 徹底的に排水溝まわりを掃除してもにおいがとれないことがあります。 それは排水口にたまった汚れが原因となっている可能性があります。 残念ながら通常の掃除方法では排水口の奥にたまった汚れを取り除くことは非常に難しいため、専門の業者に依頼したほうが安全かつ成功の確率も上がります。 成功の確率、と言ったのは、必ずにおいが取れる、というものではありません。 プロに頼めばほとんどの場合において解決できますが、経年劣化による排水管の劣化などによって洗浄業者だけの力ではどうにもならないことがあります。 とはいえ、排水管の状況を確認するためには、まず業者による洗浄を行うことが臭いを除去する第一歩になるでしょう。 浴槽の掃除方法 浴槽を掃除する際は、次の方法で行ってください。 浴槽本体の洗浄に用意するもの• クエン酸粉末 またはお酢• キッチンペーパー• 歯ブラシ、スポンジ 浴槽本体の掃除方法 水垢はアルカリ性の汚れなので、洗浄には酸性の液体が効果的です。 水100ccに対してクエン酸顆粒小さじ1杯程度 濃度4~5% のクエン酸液を作る 100円ショップなどで販売されているスプレーボトルにクエン酸液を入れて使用すると、水垢掃除をするときにとても役立ちます。• クエン酸液を浴槽全体に塗布し、15分ほど放置する• スポンジや歯ブラシでやさしくに水垢をこする 塗布したクエン酸液が流れてしまったり、水垢が落ちにくい場合はキッチンペーパーで汚れを覆い、その上からクエン酸液をかけてしばらく放置してみましょう。 クエン酸粉末が購入できない場合には、代わりにお酢を使うこともできます。 クエン酸やお酢には、防カビ防臭効果もあるので、水垢落としと臭い対策が同時にできて便利です。 浴槽カバー エプロン の洗浄に用意するもの• 浴槽用洗剤• 市販のカビ取り洗剤• ゴム手袋• メガネ• マスク• スポンジ• 歯ブラシ• キッチンペーパー• ゴミ袋 エプロンの掃除方法 普段の掃除ではエプロンを外して掃除する人は少なく、大掃除のときに外してみたらカビだらけだったことが多い場所です。 お風呂の見た目が清潔なのにカビ臭い場合は、エプロン内のカビ汚れが原因であることがあります。 カビ汚れは臭いの原因になるだけでなく、胞子を吸い込むと健康を害することもあるので、早めの対処が必要です。 エプロンを取り外す 取り外し方、取り付け方は浴槽によって違うので、各メーカーの説明書に従って行ってください。• エプロンの裏側を見て、ぬめり汚れがひどい場合は、キッチンペーパーで拭き取る• 浴槽用の洗剤でスポンジや歯ブラシで掃除する カビ汚れがひどい場合には、市販のカビ取り洗剤を使用しましょう。 カビ取り洗剤を使う時は、他の洗剤と混ぜないように取り扱いに注意してください。 また、安全のために使用方法の注意に従って換気を行うことと、マスクやメガネを着用することを忘れないようにしましょう。 カビ取り洗剤には泡タイプ、液体タイプ、ジェルタイプなどがあります。 塗布したい部分に一定時間洗剤をとどまらせると、落ちにくかった頑固なカビ汚れも落としやすくなります。 よって泡タイプかジェルタイプがおすすめです。 それでも汚れが落ちなければ、洗剤を塗布した後にキッチンペーパーでカビ汚れを覆うことで洗剤が流れ落ちるのを防ぐことができます。 カビ汚れが取り除けたら、洗剤をしっかり水で洗い流して、エプロンの掃除は終了です。 カビを予防することも大切です。 こまめに掃除をするのが理想ですが、忙しくて頻繁に掃除することが出来ない時もありますよね。 張り付けるタイプのカビ発生防止剤を使用すれば、カビの発生を抑制することができ、掃除の頻度が減っても安心です。 床の掃除方法 床を洗浄する際は、次のような方法で行ってください。 床の掃除に用意するもの• スポンジ• ブラシまたは歯ブラシ• 浴槽用洗剤• 研磨剤入り洗剤 歯磨き粉でも代用できます。 クエン酸• キッチンペーパーまたはラップ• ゴミ袋 掃除方法 ドラッグストアなどで販売されている浴槽用洗剤で掃除しましょう。 床全体に浴槽用洗剤を塗布し、15~30分ほど放置する• スポンジやブラシでこする 軽い汚れであれば、この方法で汚れを除去できます。 上記の方法で落ちなかったときは 床材が傷つかない素材であれば、研磨剤入りの洗剤や歯磨き粉を使用してメラミンスポンジで強めにこすると効果的です。 この方法で掃除した場合は、念入りに洗い流すようにしましょう。 傷がついてしまう素材の場合は、細かい傷がついて、雑菌が繁殖する恐れがあるので控えましょう。 水垢や石鹸カスの掃除方法• 重曹の粉を床全体にまく• 泡が出てきたらキッチンペーパーかラップで覆い、30分ほど放置する• 覆いをはがしてスポンジやブラシでこする 黒ずみや白く固まっている汚れが多い場合は、重曹を使った掃除方法が効果的です。 壁の掃除方法 壁の掃除に用意するもの• お風呂用洗剤• 油汚れ用洗剤• スポンジ• キッチンペーパーまたはラップ• カビがひどいときはカビ取り用洗剤 壁の掃除方法 お風呂の壁は、体を洗ったときに皮脂汚れを含んだ石けんが飛沫となって付着したり、換気扇や窓から舞い込むホコリにさらされています。 それらが溜まると臭いや壁の変色の原因になるので、定期的に掃除することが大切です。 お風呂用洗剤で掃除する• 臭いが消えない場合は、キッチンで使用する油汚れ用の洗剤を使用する 見た目には汚れていないように見えても、油汚れ用洗剤を塗布したときに洗剤の泡が茶色くなれば、壁に油汚れが付着している証拠です。• 汚れを浮かせた後、スポンジでこすって掃除する 汚れがひどい場合は、他の場所と同じようにキッチンペーパーやラップで覆うと効果的です。 また、水で洗剤を洗い流した後、水滴を拭き取っておくとカビの予防になります。 換気扇の掃除方法 換気扇を洗浄する際は、次のような方法で行ってください。 大きめのバケツ• マスク• ゴム手袋• 水気をふき取る雑巾やタオル• 新聞紙• ゴミ袋 換気扇はカビやホコリで汚れています。 湿度の高い場所なので、放っておくと湿気を含んだ汚れが、どんどん落としにくくなってしまいます。 お風呂をきれいに掃除しても臭いが取れない場合、換気扇が臭いの原因の可能性が高いです。 お風呂の換気扇の掃除をしていなければ、汚れ具合を確認してみましょう。 換気扇は主に「化粧パネル」「カバー」「シロッコファン」と呼ばれる部品で構成されており、構造は比較的シンプルです。 引用元:• 換気扇の説明書に従って、部品を取り外す 怪我防止のために、ブレーカーを落としてから作業を行ってください。 また、部品を外す際は、ホコリやカビを吸い込まないよう、マスクを着用することをおすすめします。• 重曹を溶かした液体の入った大きめのバケツまたは浴槽に外した換気扇の部品を浸けて一晩放置する 重曹液は、水1リットルに対して大さじ4杯 大さじ1杯で約8~9g 程度が適量です。 一般的な家庭用の浴槽に半分まで水を張ると100L程度なので、浴槽を使用する場合は0. 3~0. 4kgほどの重曹が必要です。• 重曹で浮きあがった汚れをこすり洗いし、水でしっかりすすぐ 重曹は毒ではありませんが、手荒れが気になる方はゴム手袋を着用すると良いでしょう。• 洗った部品の水気を取り、完全に乾かしてから設置する• 設置が終わった後、ブレーカーを上げて正常に動作するかを確認する お風呂の臭い取りお役立ちグッズ お風呂掃除により効果的なお役立ちグッズを紹介します。 使い捨てニトリル手袋• 使い捨てマスク• お風呂用中性洗剤• パイプ洗浄洗剤• カビ取り用洗剤• 油汚れ用洗剤• スプレーボトル• クエン酸粉末• キッチンペーパー• ラップ• スポンジ• 歯ブラシ• カビ発生防止剤• 歯磨き粉 歯磨き粉には研磨剤成分が含まれているため、頑固な汚れに効果的です。 ただし、粒入りタイプの歯磨き粉は壁や床を傷つける可能性があるため避けましょう。 研磨剤成分が入った掃除用洗剤も効果的です。 まとめ 面倒で先延ばしにしてしまったエプロンなどの場所も、具体的な掃除方法がわかれば取り掛かりやすくなります。 しかし、お風呂は毎日使う場所なので、いざ掃除しようと思っても掃除のタイミングが合わなかったり時間がなかったりする場合もあります。 特に、エプロンや換気扇などは掃除をするのに億劫な場所で、つい先延ばしにしてしまって汚れが溜まっていきます。 いざ掃除をしても思ったようにきれいにならないこともあるでしょう。 自分で掃除するのが時間的にも作業面でも困難な際は、洗浄のプロに依頼するのも一つの方法です。 イエコマのバスルーム洗浄は、プロの施工者が専用の高圧洗浄機を使用して洗浄します。 エプロン内部や換気扇などの手間のかかる場所や、通常の掃除では落とせない頑固な汚れを隅々まできれいにしてくれます。 また、初回限定価格で7500円(税別)と安心できる価格です。 なかなか解消されなかった嫌な臭いも一掃できます。 お見積もりや相談は無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。

次の

必見! 浴室の嫌な臭いをとるコツは!

お風呂 臭い

お風呂の「排水トラップ」とは、下水から上がってくる臭いや虫の侵入を防ぐための排水口の中にある構造のことです。 排水トラップがしっかり機能していれば水が溜まっています。 排水トラップに異常があると水が溜まらずに悪臭が上がってきてしまうので、お風呂場が臭くなってしまいます。 排水トラップを確認する 排水口内の排水トラップは簡単に分解することができます。 フタを空けると中に太い筒のような部品があります。 この太い筒のような部品が「排水筒」という部品で、水を溜めるための役割をしています。 この封水筒が正しくしっかり 固定されているか、壊れてしまっていないか確認してください。 封水筒が正しく設置されていない場合、排水口内に水が無くなってしまい、悪臭を防ぐことができなくなってしまいます。 最近ではプラスチック製の排水トラップが多いのですが、古いタイプでは金属製の排水トラップもあります。 金属製の場合には老朽化によって金属が腐食し、水が溜まらず悪臭と止める機能が無くなってしまっている場合もあります。 排水トラップに問題がある時の対処法 排水口内の排水トラップを分解して、排水トラップの部品に破損などの問題があり、しっかり固定できなかったり、水を溜めることができない場合は同じメーカーの 新しい部品に交換しましょう。 自分で取り外しが難しい場合や、腐敗がひどい場合はプロの業者に修理を依頼して排水トラップを直しましょう。 排水口内にはお風呂に入ることで石鹸やシャンプー、皮脂汚れや抜けた毛などが流れ込んでいきます。 その汚れが雑菌のエサになってしまい、排水口にこびりつくヌメリになってお風呂に臭いが発生してしまいます。 分解可能な排水口でしたら掃除も簡単なので、定期的に掃除をして汚れが溜まってしまわないようにしましょう。 排水口の掃除方法 【必要な道具】• ゴム手袋• たわし• クエン酸 排水口を掃除する手順は下記の通りです。 ゴム手袋を装着する ヌメリなどが付いた排水口を素手で触るのは抵抗ある方が多いと思います。 また肌が弱い方は手荒れの原因になるのでゴム手袋を装着しましょう。 分解と掃除 排水口のパーツを全て外し分解して、抜けた毛などのゴミを取り除きます。 重曹を振りかけ掃除をする 分解してゴミを取り除いたパーツに重曹を振りかけタワシで擦って掃除します。 重曹には皮脂汚れやヌメリを分解してくれる効果があります。 重曹にクエン酸水を注ぐ 排水口に1カップの重曹を振りかけ、1カップの水に小さじ1のクエン酸を混ぜてクエン酸水を作って注ぐと炭酸ガスが発生ししゅわしゅわ発泡して排水口内の汚れを落としてくれます。 発生した炭酸ガスは無害なので吸い込んでしまっても健康に害はありません。 クエン酸には殺菌・消臭の効果があります。 水で流せば完了 排水口の周りもたわしで擦ってから水で流せば掃除は完了です。 《 ポイント 》• 排水溝は定期的に掃除する• 何だか生臭いと感じたり、空気がこもって汗臭い感じがすると思ったり、カビ臭いと感じた場合は排水口周り以外の汚れを疑いましょう。 お風呂の風呂釜が臭い お湯を溜めているときに何だか生臭いと感じた場合は 風呂釜が汚れていると考えましょう。 風呂釜は浴槽内の水を吸い込んで風呂釜の装置の中で温めたお湯を出す装置で、浴槽内の汚れや雑菌が配管の中に流れ込んでいくので掃除をせずに放置してしまうと汚れが溜まってしまい、臭いを発生させる原因になってしまいます。 ただし、1つ穴か2つ穴の風呂釜のタイプによって掃除の方法が異なります。 市販の洗剤も1つ穴用と2つ穴用があるので、ご自宅の浴槽を確認して穴がいくつか確認して購入し掃除をしましょう。 臭い以外にも湯垢や黒い汚れ、お湯が濁るなどの症状がある場合、風呂釜はかなり汚れてしまっている証拠になります。 ここまで汚れてしまうと専用洗剤だけで汚れを落とすことはできません。 お風呂の換気扇が臭い お風呂場に入ったときに何だかカビ臭いと感じた場合は、換気扇の中に カビが発生していると考えましょう。 お風呂場の換気扇は湿気を含んだほこりが溜まりやすく、温度もカビの繁殖に適した環境になってしまうので、黒カビが発生してしまいます。 換気扇内にカビが発生してしまうと換気扇を動かす度にカビ菌を撒き散らしてしまうことになり、お風呂場にカビが発生してしまいます。 掃除をしないでそのままにしておくと、換気扇を動かしても正常に換気ができない状況になってカビの発生しやすい環境になってしまうだけではなく、故障の原因にもなってしまうので定期的に換気扇を掃除しましょう。 カビが生えてしまったパッキンや目地の掃除には塩素系漂白剤が有効です。 使い方は、カビが生えてしまった部分の水分を取り除き、塩素系漂白剤をかけてティッシュペーパーでパックしてます。 30分ほど放置してから洗い流すとキレイにカビを落とすことができます。 塩素系漂白剤は他の洗剤と混ざってしまうと有毒ガスを発生させてしまうことがあります。 換気など十分に注意してから掃除をしましょう。 お風呂の壁・床・天井が臭い お風呂場に入ったときに何だか汗臭いと感じた場合は、 壁・床・天井などが汚れていると考えましょう。 身体から出た垢や皮脂が髪や体を洗っているときに飛んで壁などに付着したまま時間が経過してしまうと酸化して汗臭いにおいの発生源となってしまいます。 お風呂場の床は乾燥するまでに時間が掛かってしまうので、雑菌が繁殖しやすい環境となるので定期的に掃除が必要になります。 このヌメリはお湯を流すだけでも落とせますがすぐ発生してしまい、放置してしまうと黒カビの原因になってしまいます。 壁・床・天井の掃除の方法は、重曹とクエン酸を併用して行ないます。 壁や床や天井の汚れは身体から出る皮脂や垢などの酸性の汚れと水を使うことで出る水垢などのアルカリ性の汚れが混ざってしまっています。 「重曹」と「クエン酸」を使ったお風呂の掃除方法 【用意するもの】• クエン酸• スプレーボトル 掃除の手順• 300ml~400mlのぬるま湯をスプレーボトルに入れます。 スプレーボトルの中に、重曹とクエン酸を2:1の割合でいれます。 重曹とクエン酸をよく混ぜ合わせます。 壁や床や天井にスプレーして吹きつけ、1、2時間放置しましょう。 最後にお湯で流せば完了です。 お風呂の臭い対策や掃除で注意すること 排水トラップにスポンジなどを落とさないようにする 排水トラップ内にスポンジやごみなどが残ってしまうと、詰まってしまい排水ができなくなります。 汚れた水が残るため臭いの原因になってしまいます。 排水トラップ内は水だけが溜まっている状態にしましょう。 塩素系洗剤を使う時は換気をする 黒カビの対策などで塩素系の洗剤を使用した場合は、使用後は 水でしっかりと流すことを忘れずに実施してください。 塩素系洗剤が残ったまま放置してしまうとその部分が変色してしまう可能性があります。 一部だけ色が違うということが起こらないようにしっかり水で流しましょう。 酸性の洗剤と塩素系の洗剤は混ぜてはダメ 酸性の洗剤と塩素系の洗剤を同時に使用しては絶対にいけません。 有毒ガスが発生してしまい、最悪の場合 死に至るケースもあります。 クエン酸も酸性になるので、塩素系洗剤にかけてはいけません。 塩素系洗剤を使用する場合は十分換気をしながら掃除をしましょう。 最後に 今回はお風呂が臭くなってしまう原因とその対処の方法について紹介しました。 お風呂はリラックスして気分良く、ゆっくり入りたいものです。 嫌な臭いがするとその気分も台無しになってしまいます。 定期的に掃除をしてきれいに清潔に保ちましょう。 掃除をしても臭いが消えない場合は、プロの業者に依頼してみましょう。 その際は何社かに見積もりをしてもらい納得のできる業者を選んでください。

次の