次亜鉛酸水 加湿器。 水道水だけで次亜塩素酸水が作れる生成器「ナジュプラス」予約開始!

次亜塩素酸水 加湿器にも良し!うがいにも使えるウィルス予防の強い味方

次亜鉛酸水 加湿器

スポンサーリンク 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? 加湿器の除菌剤として販売されている商品は、『次亜塩素酸水』。 ハイターなどの塩素系漂白剤の主成分は『次亜塩素酸ナトリウム』。 どちらも『次亜塩素酸』という文字が含まれているので、 混同しやすいようですね。 でもこの二つの何が違うのか? 『次亜塩素酸ナトリウム』と『弱酸性次亜塩素酸水』の違いはpHです。 たったそれだけ?と思うかもしれませんが、この違いが使用時の 安全性の違いなのです。 次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。 一般的な塩素系漂白剤 ハイターなど には 『まぜるな危険』という表記がありますよね。 何が危険かというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、 有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。 これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。 また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。 塩素系漂白剤が手に着くとぬるぬるしますよね。 肌表面を溶かしてしまっているからです。 結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。 直に触るだけで危険なものを加湿器に入れて噴霧すればどうなるか? いくら希釈してあるとはいえ、噴霧したものを直接吸い込めば、喉や鼻の粘膜、呼吸器にその成分が付着してしまうということですよね。 害がないはずがありません。 せき込んだり、 呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると 失明のおそれもあります! 水道水の塩素濃度だったら害はありませんが、その代わり空間除菌の効果もありません。 対して『次亜塩素酸水』は、電気分解することでpHを調整しています。 主に微酸性~弱酸性のものが『次亜塩素酸水』の商品として販売されています。 肌と同じ弱酸性なので、肌に直接ついてもハイターのようにぬるぬるすることもなく、安全です。 まぜるな危険の表記もありません。 漂白作用もなく、口に入っても安全なので、取り扱いがとても楽です。 それなのに殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウムの80倍と言われています。 加湿器に入れていいのは、この『次亜塩素酸水』です。 決して漂白剤を入れないでください!! 加湿器で使える次亜塩素酸水をいくつかあげておきますね。 色々なメーカーから出ていますが、わが家で実際使用しているものと使用したことがある製品のみあげておきます。 現在コロナ対策で品薄状態ですが、タイミングが良ければ予約購入できるようです。 濃度50ppmが目安です より除菌したいから・・・と濃い濃度で使用してしまうと、人体に影響が出たり加湿器の故障の原因になったりする場合があります。 次亜塩素酸水はわずかながらもパッキンや金属部分を劣化させる作用があります。 次亜塩素酸水対応の噴霧器は、それらに対応しています。 わが家では噴霧器として販売されているものと同型の加湿器を使用しています。 スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、対応の超音波加湿器または専用の噴霧器を使用しましょう。 次亜塩素酸水対応の噴霧器も品薄のようです。 購入可能なものを探してみたので貼っておきますね。 加湿器病のこと。 近年『加湿器病』という言葉をよく聞くようになりました。 主に、 超音波加湿器のお手入れを怠ったために加湿器内に『レジオネラ菌』が繁殖し、それを空気中に噴霧することで感染する病気のことを指すようです。 これは『毎日のお手入れ』で防ぐことができますし、次亜塩素酸水は『レジオネラ菌』への殺菌も有効ですので、加湿器の水に次亜塩素酸水を使用していれば、加湿器病の心配はないと思われます。 しかし、ここで注意しなければいけないことが。 加湿器に次亜塩素酸水を入れているからといって、 お手入れ不要なわけではありません! 次亜塩素酸水の殺菌効力は長くは持続しません。 次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。 希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。 「中身が次亜塩素酸水だから」と何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖する可能性があります。 できれば毎日、最低でも2,3日に一回は必ずお手入れするようにしてください。 ・加湿器のお手入れを怠らない。 ・除菌能力を過信せず、手洗いや咳エチケットを徹底する。 一日も早く穏やかな日々がもどりますように。。。

次の

次亜塩素酸水を加湿器で使用する際の注意点

次亜鉛酸水 加湿器

空間除菌(東京・千代田)が、2020年3月中旬に予約販売を開始した除菌装置「Devirus AC(デヴィルス エーシー)」。 亜塩素酸水を空間に噴霧して、空気中に浮遊する細菌の除菌やウイルスの不活性化をうたう。 主に商業施設や食品工場など業務用途としての利用を想定して開発した。 最大1. 「決して新型コロナウイルスを狙ったものではなく、2年前から開発してきた」(同社代表取締役の森久康彦氏)が、新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化するさなかでの発売となり、多数の引き合いがきているという。 森久氏が製品の詳細や構造、開発の経緯を明らかにした。 [画像のクリックで拡大表示] 大粒ミストの排除は偶然のたまもの Devirus ACは、亜塩素酸水を粒径0. 別売の亜塩素酸水(8000ppm)を40倍に希釈(200ppm)した上で内部のタンクに入れて使う。 加湿器などに使われているものと同様のネブライザー(噴霧器)を使ってミストを生成。 詳細は後述するが、粒径の大きなミストを除外した上でブロアーで機外に送出している。 運用の際は、室内の湿度が上がりすぎないように、1時間のうち10分だけ運転するといった間欠運転を推奨している。 粒径0. Devirus AC1台で、高さ2. 5~3m程度で広さ100m 2ほどの空間をカバーできるとしている。 高さがせいぜい3m程度なのは、ブラウン運動ではそれ以上の高さに拡散しないからという。 内部の構造は比較的シンプルだ。 縦長の本体の上部にPET(ポリ・エチレン・テレフタレート)樹脂製のタンクが配してあり、その下にネブライザーを内蔵したミスト生成モジュールがある。 上部のタンクから細いチューブを通って同モジュールに亜塩素酸水を送り込み、ネブライザーでミストを生成。 ブロワーでモジュール内に送風すると、生成された亜塩素酸水のミストがじゃばら状のダクトを通って本体上部の送出口から機外に放出される仕組みとなっている。 [画像のクリックで拡大表示] タンクからミスト生成モジュールに送り込む亜塩素酸水の量は、同モジュール内の水位が一定になるように電磁弁で制御している。 水位を一定に保持するのは、水位によってミストの粒径分布が変化するためだ。 ネブライザーは、市販の加湿器などに使われているものに比べて大きく、1時間当たり4Lのミスト生成能力がある特注品という。 ミスト生成モジュールのポイントは、上部に設けた「ヘ」の字形をした「セパレーター」にある。 これが粒径の大きなミストをふるい落とす役目を果たす。 底部のネブライザーによって生成されたミストのうち、粒径の大きなものはブロワーで送り込まれた風に乗ってセパレーターにぶつかり、液滴となって流れ落ちる。 一方、ブラウン運動に適した粒径0. 実は、当初からブラウン運動を意識していたわけではなく、ミスト粒径の選別は「偶然のたまもの」(森久氏)。 ミストの拡散量と拡散時間、および拡散したミストの残留量の経時変化を調べるために試作品の段階で静岡大学情報学部の峰野研究室に調査を依頼。 すると、予想以上に迅速かつ広く拡散していると分かった。 さらに調べたところ、粒径0. どうやら試作品に設けていた板状の部材が、ミストの粒径選別に一役買っているらしいと分かってきた *1。 そこで、その後1年ほどをかけて、セパレーターの位置、ブロアー、ネブライザーの位置や条件の組み合わせなどを試行錯誤し、現状の形になったという。

次の

ZiACO(ジアコ) 次亜塩素酸(HClO)ミストで加湿・除菌・消臭

次亜鉛酸水 加湿器

緊急事態宣言が解除され「新しい生活様式」に基づいた感染対策が奨励されています。 新型コロナウイルス感染症は新しい感染症であり、これまでの感染対策の常識が通用しない(発症前から感染性がある、など)部分があるため、みんなが模索しながら感染対策を進めているところです。 しかし、そんな弱みにつけ込んでか、本当に善意でやっているのか分かりませんが、消毒薬を噴霧する機器を飲食店や学校・美容院に置くようにすすめる訪問販売・通信販売があるようで、医療機関にも営業に来ているようです。 居酒屋チェーン店でも、入店前に次亜塩素酸水を浴びる謎の装置をくぐることを求められるお店もあるようです。 kichiri. pdfより これは居酒屋チェーン店が悪いわけではなく、根拠なく謎の装置で除菌できると喧伝して商売をしている業者が悪いと言わざるを得ません。 さらには!筆者の友人のご家族が美容院で買わされたという次亜塩素酸水スプレーには、このようなチラシが付属していたそうです。 次亜塩素酸水スプレーに付属していたチラシ(筆者の友人提供) ちょっと見にくいかもしれませんが「次亜塩素酸水の使い方」として様々な間違った使い方が紹介されています。 ニキビやアトピーにって・・・かゆみ止めってことなんでしょうか。 それよりも空間除菌に飽き足らず、口の除菌・・・しまいには目の除菌まで! 危険ですので絶対にやめてください! そもそも消毒薬を空気中に噴霧して使うことはありません。 使用目的は「物の表面」の消毒です。 空気中に噴霧すると人が吸い込む可能性があり危険です。 業者は「次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムと違って安全です!食品にも使えるくらいですから!」というセールスをしているようですが、。 口に入れることを前提に使われるものではありません。 ということで、ついに経済産業省が「『次亜塩素酸水』の空間噴霧について(ファクトシート)」を発表しました! ぜひ内容をご一読いただければと思いますが、清々しいほどにぶった切ってくれています。 大事な部分を引用します。 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート) ・現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない ・消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない(WHO) ・消毒剤噴霧は、空気や表面の除染のためには不十分な方法であり、一般衛生管理には推奨されない(CDC) ・人がいる状態で空間・空気に対して消毒を行うべきではない(中国国家衛生健康委員会) ・消毒液噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していない 「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート) ・液体の販売にあたって、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されていないものが多い。 ・液体の販売にあたって、製造日及び使用可能期間、使用可能期間中における次亜塩素酸濃度の低減について明記していないものが多い ・食品添加物であることを根拠として、人体への安全性を謳っているものがある。 ・有人空間での「次亜塩素酸」等の噴霧によるウイルス対策が、公式に認められていると誤認させるような表示を行う例がある というわけで、次亜塩素酸水を噴霧するのは効果も不明ですし有害な可能性があり、現時点では推奨されません。 ましてや口や目の消毒には使わないようにしましょう。 このファクトシートにも健康被害と思われる報告について記載があります。 行政指導の対象となった事例の概要表示の例 ・身につけるだけで、空間のウイルスを除去 ・身につけるだけで1m2の空間除菌 ・携帯することで、オフィスや会議室などで除菌・消臭できます ・通勤時の予防として、除菌・消臭いたします ・電車やバスの中、各種施設の中などで、空間に浮遊するウイルス・菌・臭いを除去します 身につける系の空間除菌だけでなく、置いておく系の空間除菌グッズも除菌効果は証明されていません。 ましてや新型コロナウイルスに対する有効性は完全に不明です。 もし本当に効果があるのであれば、病院をはじめ全国どこにでもこれらの空間除菌グッズが即座に配備され、日本国内から新型コロナが排除されているはずですが、そうなっていないということはそういうことです。 世の中、そんなに都合のいい感染対策はなく、手洗いや咳エチケット、3密を避けるといった基本的な感染対策を行うしかありません。 悪徳業者や過大広告に騙されることなく「新しい生活様式」における適切な感染対策を行っていきましょう。

次の