ディズニー バケーション パッケージ オリジナル グッズ。 東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

【検証】バケーションパッケージは本当にお得なのか?

ディズニー バケーション パッケージ オリジナル グッズ

宿泊日:2018年5月23~24日(1泊2日)• ホテル:東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ• プラン名:アトラクションをめいっぱい楽しむ 2DAYS• 人数:大人2名• 朝食or昼食:1回分 本プランでかかった費用は 150,200円 、友達と2人で行ったので1人分 75,100円になります。 \ 日本のドラマがたっぷり見つかる / 映画やドラマ、アニメなど最新作から名作まで、130,000本以上配信中! 3種のオリジナル特典の中身 1種目は今回の目玉になる特典であろう、オリジナルのポップコーンバケットです。 旅行トランクを模したポップコーンバケットはかわいいのひとこと! ところが、残念なのが人数分ではなく、ツアーパッケージ1回につき1個ということ。 家族で申し込んでいれば問題ないけれど、友達同士だとこれは辛い……。 じゃんけんして取り合いに。 2種目。 以前はアルミ製の水筒やレジャーシートがもらえたオリジナルグッズですが、2018年はプラスチック製の水筒とタオル、文房具セットの3種でした。 なんだかグレードダウンしたような気がするのはわたしだけ? トランクと同じデザインの手帳とペン、それをいれるケースです。 3種目、クーポン類が入れられるチケットホルダー。 これもほかのグッズと同じデザインですね。 なかにはマチもついて、ロッカーの鍵やファストパス、小銭なんかも入ります。 2015年のときのものと比べると同じトランクをモチーフにしながら、色やステッカーなど細部で少しずつ変化をもたせているみたい。 ヴェネツィア・サイド スーペリアルームはこんな感じ 宿泊したのはホテルミラコスタのヴェネツィア・サイド スーペリアルーム。 パークの景色がみたくてヴェネツィアサイドにしたのですが、見えた景色はホテルの中庭。 いわゆるハズレ部屋ですね。 食事のチョイスは昼食をホテル食に セットになっている食事は、朝か昼の1回分を指定のレストランかルームサービスで選ぶことができます。 朝は早めにパークに行きたかったので、昼食をチョイス。 ディズニーランドホテル内にあるカンナでランチをいただきました。 赤と黒のビビッドなカラーリングの店内、花の形のランプがなかなかすてき。 ランチメニューはコース仕立てになっていて、結構なボリューム。 ドリンクは別料金です。 美味しいと評判のCANNAですが、全体的にイマイチな味。 味付けというより、素材の組み合わせが突飛すぎて。 \ 日本のドラマがたっぷり見つかる / 映画やドラマ、アニメなど最新作から名作まで、130,000本以上配信中! 検証:アトラクションをめいっぱい楽しめたか 利用したバケーションパッケージは、アトラクションをめいっぱい楽しむことを謳っているプラン。 ファストパスはすべてのアトラクションに適用できるA種が2枚、トイ・ストーリーマニアなど一部の人気アトラクションを除外したD種が4枚の計6枚が一人ずつ用意されます。 このファストパスと、あとは自身でファストパスを取れば1日でほぼすべての乗り物に乗れました。 ちなみに5月は全国各地から、中高生が修学旅行にやってきます。 平日といえど、ディズニーランドではスプラッシュマウンテンが180分、ビッグサンダーマウンテンが90分待ち! うまく組み合わせたことで、スプラッシュマウンテンは4回乗ったりと、満喫したといえる滞在でした。 ファストパスも発行時間に制限があったり、利用時間の縛りがあったりと園内を行ったり来たりせねばならず。 常に使えるファストパスがあらかじめ手元にあると、焦る必要がないのがとてもラクでした。 検証:バケーションパッケージはお得なのか 今回も以下のように試算してみました。 チケットやホテル代は明確に数字が出せるものの、昼食代はプランに組み込まれているため正確な単価ではありません。 フリードリンクも想定の額面にしています。 バケーションパッケージの利用代金が 75,100円なので、上記の試算との差額は 23,990円でした。 数字が出せないバケーションパッケージの恩恵としては、ファストパスがあります。 実際、ファストパスが6枚ついていたおかげでゆったりと園内でお買い物や食事を楽しみつつ、アトラクションを満喫できています。 逆に平日のシーズンオフ期間ならば混雑しないので、ファストパスは自力で取るとして安く抑えてもいいと思います。 差額の2万円をおみやげ代に投下したり、ホテルの部屋をグレードアップさせたい人もいるはず。 なにを優先するのか、一緒に行く人との話し合いで決められるとよさそうです。 この記事がだれかの役にたちますように。

次の

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ2019年度スペシャルプランのご案内|東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム|東京ディズニーリゾート

ディズニー バケーション パッケージ オリジナル グッズ

バケーションパッケージとは バケーションパッケージとは、ディズニーが公式で提供している旅行プランのことです。 季節のイベントや旅の目的、予算に合わせた様々なプランが用意されています。 パッケージに含まれるのは、「チケット」「ホテル」「食事」「ファストパス」など、宿泊でディズニーを楽しむなら絶対に必要なもの。 セット内容は、基本的に次の7つに分けられます。 通常の2デーパスポートとは異なり、「2デーパスポート・スペシャル」では滞在期間中、ディズニーランドとディズニーシー2つのパークをいつでも自由に行き来することができますよ。 ファストパスチケット A A のファストパスチケットはまさに無敵! ディズニーシーの超人気アトラクション「」など、どれでも好きなアトラクションに使うことができます。 それでは、バケパは本当に購入する価値があるものなのかを検証してみたいと思います! バケーションパッケージの値段 バケーションパッケージの値段の相場は、大人1人分でだいたい50,000~80,000円。 プレミアがつくような限定のプランや、日数の多いものだと、簡単に10万円を超えます。 決して手が届きやすいものではないのがディズニーのバケパ。 家族で行くにしても、人数分のバケパを買うとなるとずいぶん大きい出費になります! バケパVS個人手配、安いのはどっち? さて、1人当たりの料金が平均で50,000円~80,000円にもなるとお伝えしたバケーションパッケージ。 本当にお得なんでしょうか? 今回は、実際のパッケージ内容を単品で買ったときとどのくらい料金の差が出るのかを検証したいと思います! 比べてみるのは、バケーションパッケージの中でも最も一般的な「スタンダードプラン2DAYS」。 「ファストパス」「ショー鑑賞券」「その他の特典」は値段がつけられないものなので、審査はここまでとします! 検証結果 【結論】バケーションパッケージにしたからといって、値段が安くなるわけではない!! 「5,610円でガイドブック・写真立て・チケットホルダー・ファストパス・ショー鑑賞券を買っても良いな」と思ったあなたにとって、バケーションパッケージは十分価値のある買い物だといえます! 一方、「少しでも安く旅行したい!」「ご飯は安く済ませてもいい」という方は、個人手配で工夫を凝らしたほうが良いかもしれません。 バケーションパッケージ:買うべき人はこれだ! それでもバケーションパッケージがオススメの理由 値段だけで見たら、思っていたほどお得とは言えない… それでもバケーションパッケージをおすすめできる理由とパターンを4つご紹介します。 これにより、ホテルの空きが多い段階で予約をすることができ、その分お目当てのお部屋に泊まることができる確率も高いです! 「どうしてもこの日に、この部屋を予約したい!」という希望がある方には、バケーションパッケージをおすすめします。 例えば、誕生日や家族旅行、カップルの記念日など、いつもとは違う特別な時間を過ごしたい方にはおすすめ! 素敵なお部屋、お目当てのレストラン、はずせないショーなどをひとつも欠かすことなく実現できちゃいます。 落ち着いて、効率的にパークを楽しめば、疲れや負担も軽減されるはず。 パークをあっちこっちへ歩き回らなくても、待ち時間なしでアトラクションにのることができます! また、フリードリンク券でこまめに休憩をはさんだり、ホテルが近いので帰りの負担もとても軽いと感じます。 キャンセル料金一覧 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって -21日目にあたる日より以前の取消し:無料 -20日目にあたる日以降の取消し:旅行代金の20% -7日目にあたる日以降の取消し:旅行代金の30% -旅行開始日の前日の取消し:旅行代金の40% -旅行開始当日の取消し:旅行代金の50% -旅行開始後、またはご連絡がない不参加:旅行代金の100% Q2:キャンセルした場合、どのように返金されるの? A:クレジットカードで支払った場合はクレジットカードに返金されます。 銀行振込、郵便・コンビニ振込、ネットコンビニ決済で支払った場合は、口座情報を登録し、その銀行口座に返金してもらう形になります。 まとめ.

次の

ディズニーバケーションパッケージ(バケパ)はお得なのか?値段は?予約、キャンセル、特典、グッズも分かりやすく紹介!

ディズニー バケーション パッケージ オリジナル グッズ

引用元: みなさん、こんにちは!ディズニープリンセスが大好きなMelodyです! いきなりですが、みなさんは「バケーションパッケージ」という言葉を聞いたことがありますか? 「バケーションパッケージ」とは、東京ディズニーリゾートの公式宿泊プランのことです ホテルの宿泊とパークチケットに加え、様々な特典がセットになった宿泊旅行パッケージのことを指します。 ディズニーファンの間では、「バケパ」の愛称で親しまれ、大人気の宿泊旅行パッケージです。 絶えず人気の絶えないディズニーホテルを最も早く予約することができたり、両パークを1日で行き来することができる特別なパークチケットがセットになっていたりと、東京ディズニーリゾートを満喫できる特典が満載のパッケージとなっています。 中には、時間指定なしのファストパスがセットになったものなどもあるので、短い期間で東京ディズニーリゾートを隅々まで楽しみたい方にはピッタリの宿泊プランではないでしょうか? そして、そんな「バケーションパッケージ」の全プランにセットとなっている特典の1つに、利用者だけがゲットできるオリジナルグッズがあります。 種類は4種類で、その中からお好きなものを1つセレクトすることができます。 グッズの引換券は、チェックイン日の1週間前頃までに自宅に郵送されるパッケージキット内に入っています。 それではここから、実際にそのオリジナルグッズ3種類を1つ1つご紹介していきます。 パーク内では、屋外でパレードやショーなどを待っている際や、長時間アトラクションの列に並んでいる際などに、冷える身体をぽかぽかと暖めてくれます。 ベビーカーに乗った赤ちゃんにかけておくブランケットとしても、ピッタリなサイズ感なので、赤ちゃんとパークを訪れる方にもおすすめのオリジナルグッズとなっています。 また、普段の生活の中でも、学校や会社、家など、様々な場所で活躍してくれること、間違いなし! 男女問わず使いやすい白を基調としたデザインも、嬉しいポイントです。 サイズ:縦1000mm、横1400mm バケーションパッケージグッズ:フリードリンク券&チケットホルダー 「バケーションパッケージ」のプランの中には、パーク内で販売されているドリンクを滞在中、何度でも楽しむことができるフリードリンク券がセットになったものも用意されています。 気になる対象ドリンクは、カウンターサービス店舗で販売されているカップに入ったソフトドリンクです。 ホット・コールドどちらのソフトドリンクも対象となっており、いつでも好きなドリンクを好きなだけ楽しむことができる、とてもお得なチケットとなっています。 ただし、対象となるドリンクは単品のドリンクメニューのみとなっており、セットメニューに付くドリンクの割引購入、及び以下のドリンクは対象外となっていますので、ご注意ください。 旅行バッグに貼るステッカーのようなデザインとなっていて、旅行気分を盛り上げてくれそうですよね! こちらのチケットホルダーも、先ほどご紹介したオリジナルグッズ同様、「チケットホルダー引換券」が事前に郵送されてきます。 東京ディズニーリゾートに到着したら、その引換券を持って、引き換え対象店舗にてチケットホルダーと交換してもらってください。 バケーションパッケージグッズ:オリジナルグッズ引き換え対象店舗 オリジナルグッズ引き換え対象店舗 オリジナルグッズやチケットホルダーの引き換えを行ってくれる店舗は2020年現在、以下の店舗に限られています。 引き換え時期によっては、対象の店舗が変更となっている場合もあるので、詳しくは、バケーションパッケージガイドブックでご確認ください。 オリジナルグッズ引き換え対象店舗 【東京ディズニーランド】 ・(アドベンチャーランド) ・(ウエスタンランド) ・(ファンタジーランド) ・(トゥモローランド) 【東京ディズニーシー】 ・(メディテレーニアンハーバー) ・スリーピー・ホエール・ショップ(マーメイドラグーン) 【パーク外】 ・ 【ディズニーホテル】 ・フェスティバル・ディズニー(ディズニーアンバサダーホテル) ・(東京ディズニーランドホテル) ・(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ) まとめ.

次の