晩 御飯 ルーレット。 さっぱりした夕飯のレシピ24選|あっさり系の晩御飯のおかずやメインは?

告白してないのに、振られた気分

晩 御飯 ルーレット

歴史上のルーレット大勝利 カジノギャンブルに限らず、ギャンブルって、得てして 様にできています。 もちろん、勝利することもあります。 だからみんな、プレイするわけですけどね。 けれど、長時間プレイすれば必ず資金が0になる時がきます。 そのようにデザインされていると言ってもいいでしょう。 最初負けていて取り返すこともあります。 ですが、せっかく取り返してもそこからまた長時間プレイすると資金はいつか底をつきます。 要は、やめ時を見極めるのが肝心なんですね。 ワタクシを含め、それはみんなが知っていること。 ですが、楽しさと欲に邪魔され、やめ時を見失ってしまいがち。 ところがこの事実は、裏を返せば、 【たった一度のチャンスで大金を稼げる】 ことができると言うこと。 今日は、一度のチャンスに賭け、 ルーレットで幸運を手にした勇気のある数少ない人たちについてのお話をいくつかご紹介しましょう。 1891年:Charles Wells/チャールズ・ウェルズ いくら勝った?:約200万フラン(現在の約5500万円以上) どうやって?:運 チャールズ・ウェルズは見るからに胡散臭い男で、ギャンブルを楽しむことだけが人生の として知られていました。 しかしこの男、「銀行を破綻させた男」として一躍有名になったのです。 歌にもなったくらいなのです。 1891年のある夜、チャールズ・ウェルズはかの有名なモンテカルロカジノを訪れ、ルーレットをプレイし始めました。 カジノ側は、詐欺師と知られるチャールズ・ウェルズの行動を注意深く見守っていましたが、その夜、胡散臭い彼にも幸運の女神は微笑んでくれたようで、ある記録によると30回スピンしたルーレットのうち、23回予想が的中したそう。 少しのイカサマも見つからず、たまたまの大当たりとしか思えない方法でルーレットテーブルのすべてのチップがチャールズ・ウェルズのものとなり、それ以上プレイすることができなくなったんですって。 結局彼はその夜、一晩で200万フランほど勝利しました。 当時の2百万フランが現在どのくらいの価値になるのかは明確にできませんが、5500万円以上にはなると想定されます。 1891年ですから、その当時の価値としては莫大な額だった事は想像できます。 しかしチャールズ・ウェルズにとっては、200万フランも十分と言える金額ではありませんでした。 彼はモンテカルロカジノにその後も何度か現れ、再び勝利しようと挑戦しました。 が、毎回、幸運の女神は彼に微笑んでくれるわけもなく、結構な金額を失ったそうです。 その後イギリスでチャールズ・ウェルズは詐欺罪で逮捕され、8年間刑務所暮らしをします。 1922年にパリで亡くなった彼ですが、モンテカルロカジノで勝利した大金の行方や使い道を知るものは誰もおらず、ギャンブルで失ったのでは、と言う者がほとんどです。 友人との他愛の無い会話、「全財産を一度のギャンブルに賭けるとしたら」が、どうしても頭から離れず、所有物を全て売り、ラスベガスへ。 家、車、時計、そして服さえも売り、彼は文字通り全財産で一度の大勝負をすることにしたのです。 その噂は広まり、テレビでも「2倍が無か」というタイトルで放送されることに。 そしてついに運命の日、アシュリー・レヴェルは全財産$135,000を、ボールがルーレットホイールでスピンを始めたとき、赤に賭けました。 そしてボールは・・・ 7、へ落ちました。 7の赤に! 1回のスピンで、アシュリー・レヴェルは全財産を2倍にすることに成功! 億万長者が1500万円ベットするのと、1500万円しか持っていない者が全てを賭けるのとでは真剣さが天と地ほど違います。 ワタクシはアシュリー・レヴェルの肝っ玉のデカさとクレイジーさに脱帽しますね。 その後アシュリー・レヴェルは、勝利金を使ってPoker UTDと呼ばれるオンラインポーカーサイトを作りました。 さらには、人々がオンラインカジノで仕事を見つけることができるゲーミング・リクルートメントと呼ばれる別のサイトも作成しました。 どうやらアシュリー・レヴェルは、伝説的な勝利の後も、ギャンブルから利益を得ているようです。 アシュリー・レヴェルのさらに詳しい一発大勝負話は どうぞ。 それはイギリスに住むコンピュータープログラマーのクリス・ボイド。 彼は3年間かけて貯めた22万ドルをルーレットで一発勝負すると決心しました。 クリス・ボイドはラスベガスに飛び、22万ドルという巨大な賭けを受け付けてくれるカジノを探し始めました。 アシュリー・レヴェルの時も同様、 当然のことながら、クリス・ボイドが話を持ちかけたほとんどのカジノは拒否しました。 しかし、ついに彼はホースシュークラブという巨大ベットを引き受けてくれるカジノを見つけたのです。 ホースシュークラブでは、ルーレットのカラーベットには10万ドル(約1100万円)という最高ベット額制限がありましたが、クリス・ボイドの一発勝負を1つの例外とし、彼の運試しを受け入れました。 それだけではなく、ホースシュークラブにはアメリカンルーレット盤しかありませんでしたが、クリス・ボイドがイギリス人で盤に慣れていることから、00にボールが落ちた場合はやり直しすることに同意したのです。 クリス・ボイドは赤へ22万ドル全てを賭け、そして勝利! ボールは7の赤へ落ちたのです。 ここで、ん?と思った方、そう、それから10年経ち、アシュリー・レヴェルが全財産を賭けた大博打をした時も、7の赤にボールは落ちています。 彼のことを知ってる人も多いのでは? マイク・アシュリーはフットボールクラブのニューカッスルユナイテッドのオーナーでもあり、イギリスでチェーン展開する「スポーツ・ダイレクト」というスポーツ用品店など、多くのビジネスベンチャーを所有する起業家です。 なよう。 賭け方も凄いのです。 2008年にマイク・アシュリーはメイフェアのプライベートカジノへ行き、17を含むすべてのインサイドベットと、とにかく17が絡むベットへ合計48万ポンド(約6700万円)をベットをしました。 それはナンバー17のコンプリートベット(あるナンバーに関連する全てのインサイドベット)と、とにかく17に関連する全てのアウトサイトベットにベットしたのです。 結果、超ラッキーなヤローめっw! 17黒にボールは見事落ちたんです! マイク・アシュリーは1, 284,000ポンド(約1億8千万円)のペイアウトを受け取り、804,000ポンド(約1億1300万円)の利益を得ました。 彼にとっては大した額ではないのかもしれませんが、彼の賢いところは、この後、勝利金と共にサラッとカジノを後にしました。 バイアスルーレット盤は、なんらかの原因でルーレット盤が歪んでいたり、ある部分が浮いているルーレット盤のことです。 原因はいろいろありますが、ルーレット盤の裏の接着剤が緩み、ルーレット盤のある部分を浮かせたりするんですね。 こういったルーレット盤は、特定の場所にボールが落ちる確率が多くなります。 さて、ジョセフ・ジャガーは機械分野の仕事をしていて、機械に関して十分な知識を持った紳士でした。 ある日、彼はモンテカルロの 6人のカジノの店員に数週間、すべてのルーレットの結果を書き留めさせました。 結果を調べたジョセフ・ジャガーは、ルーレット盤の1つが特定のナンバーに偏ってボールが落ちていることに気づきました。 9つのナンバーのポケットに、明らかに他のナンバーよりボールが落ちていたのです。 ジョセフ・ジャガーはこの知識を持って、もう一度カジノを訪れました。 それから数日にわたり、彼はバイアスホイール盤のテーブルで375,000ドル(4100万円)以上を獲得したのです。 1873年の4100万円は、現在では1億以上の価値になるのではないでしょうか。 カジノはこのトリックに気付き、欠陥のあるバイアスルーレット盤を取り除きましたが、ジョセフ・ジャガーにとっては既にどうでもいい事でした。 彼はこの勝利金を得て仕事を辞め、事業を始め、二度とカジノに戻ることはなかったのですから。 彼はスコットランド、エジンバラの労働者階級の家庭に生まれました。 家族を支えるために、数多くの肉体労働をしていたと言います。 1963年、初代ジェームス・ボンドとして活躍していたショーン・コネリーは、イタリア、セント・ビンセントにあるカジノを訪れました。 そこでルーレットテーブルへ行き、彼のお気に入りのナンバー、17にマルチベットをしました。 1回目はハズレ。 そして2回目も17にマルチベットし、結果はハズレ。 そして3回目も、性懲りも無く17に再度マルチベット。 しかしこれは当たり! そしてさらに、3回目で得た勝利金を再度17にマルチベットしたのです。 そしてこれまた当たり! さらにさらに、ショーンコネリーはまたまたその勝利金を17にマルチベット! そして・・・ 信じられないことに、またボールは17に落ちたのです! ボールが同じ数字に3回続けて落ちる確率は、50653分の1。 ジェームス・ボンドは映画の中だけではなく、私生活でも強運の持ち主だったようです。 ん? 確かマイク・アシュリーも17で大勝ちしましたよね・・・クリス・ボイドとアシュリー・レヴェルは7。

次の

朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!

晩 御飯 ルーレット

歴史上のルーレット大勝利 カジノギャンブルに限らず、ギャンブルって、得てして 様にできています。 もちろん、勝利することもあります。 だからみんな、プレイするわけですけどね。 けれど、長時間プレイすれば必ず資金が0になる時がきます。 そのようにデザインされていると言ってもいいでしょう。 最初負けていて取り返すこともあります。 ですが、せっかく取り返してもそこからまた長時間プレイすると資金はいつか底をつきます。 要は、やめ時を見極めるのが肝心なんですね。 ワタクシを含め、それはみんなが知っていること。 ですが、楽しさと欲に邪魔され、やめ時を見失ってしまいがち。 ところがこの事実は、裏を返せば、 【たった一度のチャンスで大金を稼げる】 ことができると言うこと。 今日は、一度のチャンスに賭け、 ルーレットで幸運を手にした勇気のある数少ない人たちについてのお話をいくつかご紹介しましょう。 1891年:Charles Wells/チャールズ・ウェルズ いくら勝った?:約200万フラン(現在の約5500万円以上) どうやって?:運 チャールズ・ウェルズは見るからに胡散臭い男で、ギャンブルを楽しむことだけが人生の として知られていました。 しかしこの男、「銀行を破綻させた男」として一躍有名になったのです。 歌にもなったくらいなのです。 1891年のある夜、チャールズ・ウェルズはかの有名なモンテカルロカジノを訪れ、ルーレットをプレイし始めました。 カジノ側は、詐欺師と知られるチャールズ・ウェルズの行動を注意深く見守っていましたが、その夜、胡散臭い彼にも幸運の女神は微笑んでくれたようで、ある記録によると30回スピンしたルーレットのうち、23回予想が的中したそう。 少しのイカサマも見つからず、たまたまの大当たりとしか思えない方法でルーレットテーブルのすべてのチップがチャールズ・ウェルズのものとなり、それ以上プレイすることができなくなったんですって。 結局彼はその夜、一晩で200万フランほど勝利しました。 当時の2百万フランが現在どのくらいの価値になるのかは明確にできませんが、5500万円以上にはなると想定されます。 1891年ですから、その当時の価値としては莫大な額だった事は想像できます。 しかしチャールズ・ウェルズにとっては、200万フランも十分と言える金額ではありませんでした。 彼はモンテカルロカジノにその後も何度か現れ、再び勝利しようと挑戦しました。 が、毎回、幸運の女神は彼に微笑んでくれるわけもなく、結構な金額を失ったそうです。 その後イギリスでチャールズ・ウェルズは詐欺罪で逮捕され、8年間刑務所暮らしをします。 1922年にパリで亡くなった彼ですが、モンテカルロカジノで勝利した大金の行方や使い道を知るものは誰もおらず、ギャンブルで失ったのでは、と言う者がほとんどです。 友人との他愛の無い会話、「全財産を一度のギャンブルに賭けるとしたら」が、どうしても頭から離れず、所有物を全て売り、ラスベガスへ。 家、車、時計、そして服さえも売り、彼は文字通り全財産で一度の大勝負をすることにしたのです。 その噂は広まり、テレビでも「2倍が無か」というタイトルで放送されることに。 そしてついに運命の日、アシュリー・レヴェルは全財産$135,000を、ボールがルーレットホイールでスピンを始めたとき、赤に賭けました。 そしてボールは・・・ 7、へ落ちました。 7の赤に! 1回のスピンで、アシュリー・レヴェルは全財産を2倍にすることに成功! 億万長者が1500万円ベットするのと、1500万円しか持っていない者が全てを賭けるのとでは真剣さが天と地ほど違います。 ワタクシはアシュリー・レヴェルの肝っ玉のデカさとクレイジーさに脱帽しますね。 その後アシュリー・レヴェルは、勝利金を使ってPoker UTDと呼ばれるオンラインポーカーサイトを作りました。 さらには、人々がオンラインカジノで仕事を見つけることができるゲーミング・リクルートメントと呼ばれる別のサイトも作成しました。 どうやらアシュリー・レヴェルは、伝説的な勝利の後も、ギャンブルから利益を得ているようです。 アシュリー・レヴェルのさらに詳しい一発大勝負話は どうぞ。 それはイギリスに住むコンピュータープログラマーのクリス・ボイド。 彼は3年間かけて貯めた22万ドルをルーレットで一発勝負すると決心しました。 クリス・ボイドはラスベガスに飛び、22万ドルという巨大な賭けを受け付けてくれるカジノを探し始めました。 アシュリー・レヴェルの時も同様、 当然のことながら、クリス・ボイドが話を持ちかけたほとんどのカジノは拒否しました。 しかし、ついに彼はホースシュークラブという巨大ベットを引き受けてくれるカジノを見つけたのです。 ホースシュークラブでは、ルーレットのカラーベットには10万ドル(約1100万円)という最高ベット額制限がありましたが、クリス・ボイドの一発勝負を1つの例外とし、彼の運試しを受け入れました。 それだけではなく、ホースシュークラブにはアメリカンルーレット盤しかありませんでしたが、クリス・ボイドがイギリス人で盤に慣れていることから、00にボールが落ちた場合はやり直しすることに同意したのです。 クリス・ボイドは赤へ22万ドル全てを賭け、そして勝利! ボールは7の赤へ落ちたのです。 ここで、ん?と思った方、そう、それから10年経ち、アシュリー・レヴェルが全財産を賭けた大博打をした時も、7の赤にボールは落ちています。 彼のことを知ってる人も多いのでは? マイク・アシュリーはフットボールクラブのニューカッスルユナイテッドのオーナーでもあり、イギリスでチェーン展開する「スポーツ・ダイレクト」というスポーツ用品店など、多くのビジネスベンチャーを所有する起業家です。 なよう。 賭け方も凄いのです。 2008年にマイク・アシュリーはメイフェアのプライベートカジノへ行き、17を含むすべてのインサイドベットと、とにかく17が絡むベットへ合計48万ポンド(約6700万円)をベットをしました。 それはナンバー17のコンプリートベット(あるナンバーに関連する全てのインサイドベット)と、とにかく17に関連する全てのアウトサイトベットにベットしたのです。 結果、超ラッキーなヤローめっw! 17黒にボールは見事落ちたんです! マイク・アシュリーは1, 284,000ポンド(約1億8千万円)のペイアウトを受け取り、804,000ポンド(約1億1300万円)の利益を得ました。 彼にとっては大した額ではないのかもしれませんが、彼の賢いところは、この後、勝利金と共にサラッとカジノを後にしました。 バイアスルーレット盤は、なんらかの原因でルーレット盤が歪んでいたり、ある部分が浮いているルーレット盤のことです。 原因はいろいろありますが、ルーレット盤の裏の接着剤が緩み、ルーレット盤のある部分を浮かせたりするんですね。 こういったルーレット盤は、特定の場所にボールが落ちる確率が多くなります。 さて、ジョセフ・ジャガーは機械分野の仕事をしていて、機械に関して十分な知識を持った紳士でした。 ある日、彼はモンテカルロの 6人のカジノの店員に数週間、すべてのルーレットの結果を書き留めさせました。 結果を調べたジョセフ・ジャガーは、ルーレット盤の1つが特定のナンバーに偏ってボールが落ちていることに気づきました。 9つのナンバーのポケットに、明らかに他のナンバーよりボールが落ちていたのです。 ジョセフ・ジャガーはこの知識を持って、もう一度カジノを訪れました。 それから数日にわたり、彼はバイアスホイール盤のテーブルで375,000ドル(4100万円)以上を獲得したのです。 1873年の4100万円は、現在では1億以上の価値になるのではないでしょうか。 カジノはこのトリックに気付き、欠陥のあるバイアスルーレット盤を取り除きましたが、ジョセフ・ジャガーにとっては既にどうでもいい事でした。 彼はこの勝利金を得て仕事を辞め、事業を始め、二度とカジノに戻ることはなかったのですから。 彼はスコットランド、エジンバラの労働者階級の家庭に生まれました。 家族を支えるために、数多くの肉体労働をしていたと言います。 1963年、初代ジェームス・ボンドとして活躍していたショーン・コネリーは、イタリア、セント・ビンセントにあるカジノを訪れました。 そこでルーレットテーブルへ行き、彼のお気に入りのナンバー、17にマルチベットをしました。 1回目はハズレ。 そして2回目も17にマルチベットし、結果はハズレ。 そして3回目も、性懲りも無く17に再度マルチベット。 しかしこれは当たり! そしてさらに、3回目で得た勝利金を再度17にマルチベットしたのです。 そしてこれまた当たり! さらにさらに、ショーンコネリーはまたまたその勝利金を17にマルチベット! そして・・・ 信じられないことに、またボールは17に落ちたのです! ボールが同じ数字に3回続けて落ちる確率は、50653分の1。 ジェームス・ボンドは映画の中だけではなく、私生活でも強運の持ち主だったようです。 ん? 確かマイク・アシュリーも17で大勝ちしましたよね・・・クリス・ボイドとアシュリー・レヴェルは7。

次の

Amazon「Alexa Skill Blueprints」でアレクサスキルを自作してみた

晩 御飯 ルーレット

歴史上のルーレット大勝利 カジノギャンブルに限らず、ギャンブルって、得てして 様にできています。 もちろん、勝利することもあります。 だからみんな、プレイするわけですけどね。 けれど、長時間プレイすれば必ず資金が0になる時がきます。 そのようにデザインされていると言ってもいいでしょう。 最初負けていて取り返すこともあります。 ですが、せっかく取り返してもそこからまた長時間プレイすると資金はいつか底をつきます。 要は、やめ時を見極めるのが肝心なんですね。 ワタクシを含め、それはみんなが知っていること。 ですが、楽しさと欲に邪魔され、やめ時を見失ってしまいがち。 ところがこの事実は、裏を返せば、 【たった一度のチャンスで大金を稼げる】 ことができると言うこと。 今日は、一度のチャンスに賭け、 ルーレットで幸運を手にした勇気のある数少ない人たちについてのお話をいくつかご紹介しましょう。 1891年:Charles Wells/チャールズ・ウェルズ いくら勝った?:約200万フラン(現在の約5500万円以上) どうやって?:運 チャールズ・ウェルズは見るからに胡散臭い男で、ギャンブルを楽しむことだけが人生の として知られていました。 しかしこの男、「銀行を破綻させた男」として一躍有名になったのです。 歌にもなったくらいなのです。 1891年のある夜、チャールズ・ウェルズはかの有名なモンテカルロカジノを訪れ、ルーレットをプレイし始めました。 カジノ側は、詐欺師と知られるチャールズ・ウェルズの行動を注意深く見守っていましたが、その夜、胡散臭い彼にも幸運の女神は微笑んでくれたようで、ある記録によると30回スピンしたルーレットのうち、23回予想が的中したそう。 少しのイカサマも見つからず、たまたまの大当たりとしか思えない方法でルーレットテーブルのすべてのチップがチャールズ・ウェルズのものとなり、それ以上プレイすることができなくなったんですって。 結局彼はその夜、一晩で200万フランほど勝利しました。 当時の2百万フランが現在どのくらいの価値になるのかは明確にできませんが、5500万円以上にはなると想定されます。 1891年ですから、その当時の価値としては莫大な額だった事は想像できます。 しかしチャールズ・ウェルズにとっては、200万フランも十分と言える金額ではありませんでした。 彼はモンテカルロカジノにその後も何度か現れ、再び勝利しようと挑戦しました。 が、毎回、幸運の女神は彼に微笑んでくれるわけもなく、結構な金額を失ったそうです。 その後イギリスでチャールズ・ウェルズは詐欺罪で逮捕され、8年間刑務所暮らしをします。 1922年にパリで亡くなった彼ですが、モンテカルロカジノで勝利した大金の行方や使い道を知るものは誰もおらず、ギャンブルで失ったのでは、と言う者がほとんどです。 友人との他愛の無い会話、「全財産を一度のギャンブルに賭けるとしたら」が、どうしても頭から離れず、所有物を全て売り、ラスベガスへ。 家、車、時計、そして服さえも売り、彼は文字通り全財産で一度の大勝負をすることにしたのです。 その噂は広まり、テレビでも「2倍が無か」というタイトルで放送されることに。 そしてついに運命の日、アシュリー・レヴェルは全財産$135,000を、ボールがルーレットホイールでスピンを始めたとき、赤に賭けました。 そしてボールは・・・ 7、へ落ちました。 7の赤に! 1回のスピンで、アシュリー・レヴェルは全財産を2倍にすることに成功! 億万長者が1500万円ベットするのと、1500万円しか持っていない者が全てを賭けるのとでは真剣さが天と地ほど違います。 ワタクシはアシュリー・レヴェルの肝っ玉のデカさとクレイジーさに脱帽しますね。 その後アシュリー・レヴェルは、勝利金を使ってPoker UTDと呼ばれるオンラインポーカーサイトを作りました。 さらには、人々がオンラインカジノで仕事を見つけることができるゲーミング・リクルートメントと呼ばれる別のサイトも作成しました。 どうやらアシュリー・レヴェルは、伝説的な勝利の後も、ギャンブルから利益を得ているようです。 アシュリー・レヴェルのさらに詳しい一発大勝負話は どうぞ。 それはイギリスに住むコンピュータープログラマーのクリス・ボイド。 彼は3年間かけて貯めた22万ドルをルーレットで一発勝負すると決心しました。 クリス・ボイドはラスベガスに飛び、22万ドルという巨大な賭けを受け付けてくれるカジノを探し始めました。 アシュリー・レヴェルの時も同様、 当然のことながら、クリス・ボイドが話を持ちかけたほとんどのカジノは拒否しました。 しかし、ついに彼はホースシュークラブという巨大ベットを引き受けてくれるカジノを見つけたのです。 ホースシュークラブでは、ルーレットのカラーベットには10万ドル(約1100万円)という最高ベット額制限がありましたが、クリス・ボイドの一発勝負を1つの例外とし、彼の運試しを受け入れました。 それだけではなく、ホースシュークラブにはアメリカンルーレット盤しかありませんでしたが、クリス・ボイドがイギリス人で盤に慣れていることから、00にボールが落ちた場合はやり直しすることに同意したのです。 クリス・ボイドは赤へ22万ドル全てを賭け、そして勝利! ボールは7の赤へ落ちたのです。 ここで、ん?と思った方、そう、それから10年経ち、アシュリー・レヴェルが全財産を賭けた大博打をした時も、7の赤にボールは落ちています。 彼のことを知ってる人も多いのでは? マイク・アシュリーはフットボールクラブのニューカッスルユナイテッドのオーナーでもあり、イギリスでチェーン展開する「スポーツ・ダイレクト」というスポーツ用品店など、多くのビジネスベンチャーを所有する起業家です。 なよう。 賭け方も凄いのです。 2008年にマイク・アシュリーはメイフェアのプライベートカジノへ行き、17を含むすべてのインサイドベットと、とにかく17が絡むベットへ合計48万ポンド(約6700万円)をベットをしました。 それはナンバー17のコンプリートベット(あるナンバーに関連する全てのインサイドベット)と、とにかく17に関連する全てのアウトサイトベットにベットしたのです。 結果、超ラッキーなヤローめっw! 17黒にボールは見事落ちたんです! マイク・アシュリーは1, 284,000ポンド(約1億8千万円)のペイアウトを受け取り、804,000ポンド(約1億1300万円)の利益を得ました。 彼にとっては大した額ではないのかもしれませんが、彼の賢いところは、この後、勝利金と共にサラッとカジノを後にしました。 バイアスルーレット盤は、なんらかの原因でルーレット盤が歪んでいたり、ある部分が浮いているルーレット盤のことです。 原因はいろいろありますが、ルーレット盤の裏の接着剤が緩み、ルーレット盤のある部分を浮かせたりするんですね。 こういったルーレット盤は、特定の場所にボールが落ちる確率が多くなります。 さて、ジョセフ・ジャガーは機械分野の仕事をしていて、機械に関して十分な知識を持った紳士でした。 ある日、彼はモンテカルロの 6人のカジノの店員に数週間、すべてのルーレットの結果を書き留めさせました。 結果を調べたジョセフ・ジャガーは、ルーレット盤の1つが特定のナンバーに偏ってボールが落ちていることに気づきました。 9つのナンバーのポケットに、明らかに他のナンバーよりボールが落ちていたのです。 ジョセフ・ジャガーはこの知識を持って、もう一度カジノを訪れました。 それから数日にわたり、彼はバイアスホイール盤のテーブルで375,000ドル(4100万円)以上を獲得したのです。 1873年の4100万円は、現在では1億以上の価値になるのではないでしょうか。 カジノはこのトリックに気付き、欠陥のあるバイアスルーレット盤を取り除きましたが、ジョセフ・ジャガーにとっては既にどうでもいい事でした。 彼はこの勝利金を得て仕事を辞め、事業を始め、二度とカジノに戻ることはなかったのですから。 彼はスコットランド、エジンバラの労働者階級の家庭に生まれました。 家族を支えるために、数多くの肉体労働をしていたと言います。 1963年、初代ジェームス・ボンドとして活躍していたショーン・コネリーは、イタリア、セント・ビンセントにあるカジノを訪れました。 そこでルーレットテーブルへ行き、彼のお気に入りのナンバー、17にマルチベットをしました。 1回目はハズレ。 そして2回目も17にマルチベットし、結果はハズレ。 そして3回目も、性懲りも無く17に再度マルチベット。 しかしこれは当たり! そしてさらに、3回目で得た勝利金を再度17にマルチベットしたのです。 そしてこれまた当たり! さらにさらに、ショーンコネリーはまたまたその勝利金を17にマルチベット! そして・・・ 信じられないことに、またボールは17に落ちたのです! ボールが同じ数字に3回続けて落ちる確率は、50653分の1。 ジェームス・ボンドは映画の中だけではなく、私生活でも強運の持ち主だったようです。 ん? 確かマイク・アシュリーも17で大勝ちしましたよね・・・クリス・ボイドとアシュリー・レヴェルは7。

次の