南山 webクラス。 産近甲龍で城蹊明学武・南山・西南学院クラスの大学

南山大学 情報センター PORTA

南山 webクラス

成城や成蹊・明学・武蔵・南山・西南学院はいずれも、良家の子息が通う大学だと思います。 エスカレーター式であり、ガツガツしていなくて、ゆったり大学生活を送ることのできる歴史のある大学です。 閑静な住宅街にあり、たまに遊びに行っていましたが、どれもいい雰囲気の大学だと思いました。 産近甲龍の中では、甲南だけがこの部類に入ると思います。 近大は日大の近畿校ですし、龍谷は仏教系であり、京産は戦後にできた大学です。 甲南大は、コネで一部の人間が超有名企業に入ります。 一般学生がそれを見て、甲南からでも行けると判断してしまうことがありますが、実際には一般人は受かりませんし、面接にもたどりつけないでしょう。 だれもが知っている有名企業の社長の子息がたくさんいます。 彼らがこの大学の主人公なのです。 これらの成城や成蹊・明学・武蔵・南山・西南学院、甲南は、大学の近くの閑静な住宅街に住んでいて、ゆったりしている学生が通うべきであり、偏差値がなんぼとか議論しても意味がありません。 なぜなら、ほとんどの学生はエスカレーター式に大学に行き、面接のみで一流企業に行きます。 ですから、偏差値の概念が通用しません。 親から得た身分やお金や容姿で勝負しますから、一般ピープルは高い授業料のみ取られ、肩身の狭い思いをします。 とは言っても、落ち着いていて良い大学であります。 就職とか意識せず、のびのびしたいのであれば、非常に良い大学です。 大学の近くにはオシャレなカフェがあり、落ち着いた友人ができるでしょう。 しかし、厳しい世の中を生きていくためには、一般ピープル大学で、ガツガツサークルや勉強に全神経を集中するほうがいいです。 A ベストアンサー 元塾講師で、企業の採用のお手伝いの経験があるものです。 その両方の経験をもとに書きます。 また私自身は関東の人間なので、関西事情にはそこまで詳しくないのでご了承ください。 関関同立と産近甲龍なら今の就職難の時代では就活の時に違いが出てきますか? …ズバリ出ます。 また出方も以下の2通りになります。 ひとつは企業に大量の応募がった場合、学歴が低い人を一律で落とす場合があります。 ただ、「みん就」などでその事実はばれるので、一応下位大学生にも面接をしてごまかす場合があります。 ただ、上位大学は志望学生100人で採用20人、中堅は志望学生1000人で採用3人などに設定しており、これでは「学歴差別」と思うかもしれませんが、企業としては「優秀かどうかの尺度として使っているにすぎない」となり、企業も効率的に採用活動をする必要性から導入しています。 また、単に大学名で採用を決めるのは下位大学にいる優秀な学生を取りこぼす可能性もあります。 間違って下位大学に進学した学生を取るために、「第一選抜は筆記」にしている大企業は多いです(他の理由もありますが)。 筆記試験ではその時点での優秀さで決まると思われるかもしれませんが、ほとんどは「大学受験勉強時にいかに勉強したか」が出ます。 SPIなどの筆記試験対策の参考書を見ると、受験勉強と似ていることに気づきます。 大学受験の時に一生懸命勉強した人は通過でき、そうでない人は通過できないようになっています。 そうすれば間違って下位大学に行った人も救済できるということです。 ちなみに、大学生になってあの勉強をするのは馬鹿らしく感じるようでひっくり返ること(下位大学の学生の成績が急上昇すること)はほぼありません。 こうしたことから、大学受験の時に難関校に合格する能力は就職の成否に直結します。 ちなみに、大学受験の時にちゃんと勉強していればメガバンクだろうが、総合商社だろうが筆記は通過しますよ(というより通過しました)。 元塾講師で、企業の採用のお手伝いの経験があるものです。 その両方の経験をもとに書きます。 また私自身は関東の人間なので、関西事情にはそこまで詳しくないのでご了承ください。 関関同立と産近甲龍なら今の就職難の時代では就活の時に違いが出てきますか? …ズバリ出ます。 また出方も以下の2通りになります。 ひとつは企業に大量の応募がった場合、学歴が低い人を一律で落とす場合があります。 ただ、「みん就」などでその事実はばれるので、一応下位大学生にも面接をしてごまかす場合があります。 また多く...

次の

産近甲龍で城蹊明学武・南山・西南学院クラスの大学

南山 webクラス

成城や成蹊・明学・武蔵・南山・西南学院はいずれも、良家の子息が通う大学だと思います。 エスカレーター式であり、ガツガツしていなくて、ゆったり大学生活を送ることのできる歴史のある大学です。 閑静な住宅街にあり、たまに遊びに行っていましたが、どれもいい雰囲気の大学だと思いました。 産近甲龍の中では、甲南だけがこの部類に入ると思います。 近大は日大の近畿校ですし、龍谷は仏教系であり、京産は戦後にできた大学です。 甲南大は、コネで一部の人間が超有名企業に入ります。 一般学生がそれを見て、甲南からでも行けると判断してしまうことがありますが、実際には一般人は受かりませんし、面接にもたどりつけないでしょう。 だれもが知っている有名企業の社長の子息がたくさんいます。 彼らがこの大学の主人公なのです。 これらの成城や成蹊・明学・武蔵・南山・西南学院、甲南は、大学の近くの閑静な住宅街に住んでいて、ゆったりしている学生が通うべきであり、偏差値がなんぼとか議論しても意味がありません。 なぜなら、ほとんどの学生はエスカレーター式に大学に行き、面接のみで一流企業に行きます。 ですから、偏差値の概念が通用しません。 親から得た身分やお金や容姿で勝負しますから、一般ピープルは高い授業料のみ取られ、肩身の狭い思いをします。 とは言っても、落ち着いていて良い大学であります。 就職とか意識せず、のびのびしたいのであれば、非常に良い大学です。 大学の近くにはオシャレなカフェがあり、落ち着いた友人ができるでしょう。 しかし、厳しい世の中を生きていくためには、一般ピープル大学で、ガツガツサークルや勉強に全神経を集中するほうがいいです。 A ベストアンサー 元塾講師で、企業の採用のお手伝いの経験があるものです。 その両方の経験をもとに書きます。 また私自身は関東の人間なので、関西事情にはそこまで詳しくないのでご了承ください。 関関同立と産近甲龍なら今の就職難の時代では就活の時に違いが出てきますか? …ズバリ出ます。 また出方も以下の2通りになります。 ひとつは企業に大量の応募がった場合、学歴が低い人を一律で落とす場合があります。 ただ、「みん就」などでその事実はばれるので、一応下位大学生にも面接をしてごまかす場合があります。 ただ、上位大学は志望学生100人で採用20人、中堅は志望学生1000人で採用3人などに設定しており、これでは「学歴差別」と思うかもしれませんが、企業としては「優秀かどうかの尺度として使っているにすぎない」となり、企業も効率的に採用活動をする必要性から導入しています。 また、単に大学名で採用を決めるのは下位大学にいる優秀な学生を取りこぼす可能性もあります。 間違って下位大学に進学した学生を取るために、「第一選抜は筆記」にしている大企業は多いです(他の理由もありますが)。 筆記試験ではその時点での優秀さで決まると思われるかもしれませんが、ほとんどは「大学受験勉強時にいかに勉強したか」が出ます。 SPIなどの筆記試験対策の参考書を見ると、受験勉強と似ていることに気づきます。 大学受験の時に一生懸命勉強した人は通過でき、そうでない人は通過できないようになっています。 そうすれば間違って下位大学に行った人も救済できるということです。 ちなみに、大学生になってあの勉強をするのは馬鹿らしく感じるようでひっくり返ること(下位大学の学生の成績が急上昇すること)はほぼありません。 こうしたことから、大学受験の時に難関校に合格する能力は就職の成否に直結します。 ちなみに、大学受験の時にちゃんと勉強していればメガバンクだろうが、総合商社だろうが筆記は通過しますよ(というより通過しました)。 元塾講師で、企業の採用のお手伝いの経験があるものです。 その両方の経験をもとに書きます。 また私自身は関東の人間なので、関西事情にはそこまで詳しくないのでご了承ください。 関関同立と産近甲龍なら今の就職難の時代では就活の時に違いが出てきますか? …ズバリ出ます。 また出方も以下の2通りになります。 ひとつは企業に大量の応募がった場合、学歴が低い人を一律で落とす場合があります。 ただ、「みん就」などでその事実はばれるので、一応下位大学生にも面接をしてごまかす場合があります。 また多く...

次の

南山大学 情報センター PORTA

南山 webクラス

2020. 15 本校でも6月1日(月)から学校が再開され、先週までは(~6月12日[金])各学年とも2グループに分かれての隔日登校でしたが、今週からは登校時刻を通常に戻し、かつ全児童での一斉登校を開始いたしました。 子どもたちにとって、分散登校(隔日での登校)と大きく異なるのは、何といっても、クラスの仲間そろっての学校生活が始まった、という点でしょう。 マスク着用、手洗いと手指消毒、三密を避けての新・学校生活のスタートとなり、子どもたちの眼にもふだんとはちがった様子に映っていることでしょう。 それでも、新しいクラスをどのようなクラスにしていきたいのかをみんなで考えたり、学校生活での係や当番について話し合ったりする様子がみられ、子どもたちの「意気込み」を感じています。 一緒に、お互いを大切にできる、あたたかな南山小学校をつくりあげていきたいです。 臨時休校中の4月10日(金)から始まった「ラウデス(朝のお祈り)」のライブ配信も、先週の金曜日で最終回となりました(本日より、本来の姿である、全児童当番制・放送によるラウデスが始まっています)。 オンラインでの毎日のお祈りの後は、先生方から工夫を凝らした応援メッセージを発信していただいたり、私も「なぞなぞ」を出して「じゃんけん」をして、「じゃあね、今日も一日リズムよく過ごしましょう... 」、というかたちで進めておりました。 そうこうしているうちに、私が持っているなぞなぞの本(『なぞなぞだいすき超スペシャル』ポプラ社)のネタが尽きてしまい、「みなさんからのなぞなぞを募集します」と呼びかけたところ、子どもたちがなぞなぞを書いてたくさん送ってくれました。 お手紙や「じゃんけん(の手)」などのイラストも送ってくれました。 なぞなぞは毎朝1つずつ出題していましたので、送ってもらったもの全部を紹介しきれませんでした。 というわけで、これから、少しずつ、(これまでのなぞなぞも含めて)残りのなぞなぞをこちらのページでご披露していこうと思っておりますが、みなさま、それでよろしいでしょうか。 (それでよいでしょう、の声あり) ありがとうございます。 では、そのようにさせていただきます。 (一人芝居) 子どもたちのなぞなぞは、かなり手ごわいです。 次回をお楽しみに。

次の