福田麻貴 兄。 3時のヒロイン福田麻貴はブラコン!兄(賢吾)は毒舌で性格がヤバい!顔もソックリw【有吉ゼミ】

福田麻貴(3時のヒロイン)の兄が衝撃的!お風呂に一緒に入り借金も肩代わり?

福田麻貴 兄

Contents• 3時のヒロイン福田麻貴の兄・賢吾さんについて 福田麻貴さんのお兄さんの名前は、 福田賢吾(けんご)さんです。 年齢は、 33歳(2020年3月現在)。 福田さんより2歳年上ということになります。 ちなみに、福田さんの兄弟はお兄さんのみ。 父・母・兄の4人家族。 実家は 大阪市西成区で、お母さんと祖父・祖母がそれぞれ別の 雀荘を経営していました。 兄・福田賢吾さんは結婚して子供が3人いる! 賢吾さんは結婚しており、 長女・長男・次女の3人の子供がいます。 *twitter 写真をもとに考えると、おそらく子供達は13〜7歳くらいではなかろうかと思います。 ということは、 賢吾さんが結婚したのは比較的早い20歳前半だと考えられます。 若いお父さんなんですね。 兄・福田賢吾さんの職業は中古車販売の自営業 賢吾さんは、 「ハッピーフィールド」という 中古車のお店を営んでいます。 麻貴さんによると、子供の頃から車が大好きだったんだそう。 好きなことを仕事にして成功しているなんて、素晴らしいですね。 私の兄には冷たい血が流れている。 引用:福田麻貴note ただ、これは実家の愛犬「こまち」が亡くなった時のエピソードでのこと。 「こまちの葬式に来れるの?」という質問に対して、 「わからん!犬焼くだけやろ!」と返してきたのだそう。 麻貴さんはこの時のことを 「酷いとおもろいで、ひどおもろい」と振り返りつつ、 「優しいところもある」とフォローしています。 大人になってからも一緒にお風呂に入った• 2年連続で2人きりで沖縄旅行に行った• 沖縄旅行ではダブルベッドで一緒に寝た 出典:Youtube こちらの入浴中の映像も、麻貴さんが撮影しているようです。 大人になってからお風呂に入ってこられたら、それがたとえ兄弟でもちょっと嫌な気がしますが…全く気にしてなさそうな表情です(笑) 恋人レベルの仲の良さだということが分かりますね! 大人になっても二人きりで旅行に行く 福田麻貴さんは、兄・賢吾さんと2015年&2016年に 2人で沖縄旅行へ行っています。 もしかしたら、お仕事の関係もあるのかもしれませんね。 また、沖縄以外にも様々な場所にしょっちゅう2人で出かけているようです。 くんっ!!」ていうダサいやつ。 — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 兄にドライブ連れてきてもらってます! 後ろから大仏 — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 麻貴さんが、突然賢吾さんに旅行に誘われることもあるようです。 漁港で海鮮丼食べて、兄の仕事に着いてきました。 終わって、車を失ったので知らない土地から知らない土地までバスを乗り継ぎまーす! えっ自撮りで自分のタイミングで撮ってんのに目つむってまうことあるんや…。 — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 一緒にご飯を食べたり、バスに乗ったりと、まるでちょっとした旅行ですね(笑) 麻貴さんの家に兄・賢吾さんが泊まる 兄・賢吾さんは、麻貴さんの家に泊まることもしょっちゅうあるようです。 兄の仕事のお客さんの20歳の男の子も泊まりにきてるけどいける?初対面やけど! 私はいいけどその子だいぶソワソワしてる!兄とも今日初めて会ったらしいけど… — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 少しお兄さんと会えないだけで「兄ロス」になるなんて、普段よっぽどずっと一緒にいるのでしょうね! まとめ 3時のヒロイン福田麻貴さんは、兄・賢吾さんと非常に仲良し。 間違いなくブラコンだということが分かりました。 逆に、兄・賢吾さんがシスコンだということでもありますよね(笑) 実は兄がすごくシスコンだということを人づてに聞いた。 ありがとー!! — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 兄が龍なら私は拳。 兄がマリオなら私はルイージ。 兄がグレーのゲームボーイなら私はスケルトンのゲームボーイ。 兄が制服両さんなら私は迷彩両さん。 兄が白いたまごっちなら私は時計柄たまごっち。 兄がヒトカゲなら私はフシギダネ。 兄が金なら私は銀。 — 3時のヒロイン 福田麻貴 fukudamaki 大人になっても信頼しあって、仲良し兄弟の2人。

次の

福田賢吾(3時のヒロイン福田麻貴の兄)の自動車会社はどこ?妹と2人で沖縄旅行も?

福田麻貴 兄

女芸人No. 思い出の品を大処分!! 新恋人探しも! ちなみに道頓堀での雀荘は ・雀パパ ・フリー麻雀 すずめ(雀)道頓堀 ・麻雀頓堀 があり、これらのお店が実家が経営しているところかもしれません。 実家が雀荘だなんて、それだけで何か面白さを感じさせますね。 スポンサーリンク 3時のヒロイン福田の母親が明るい! 本当に何回も言うけど えりかが今色んな活動できてるのも つぼみ大革命が毎日楽しいのも まきさんがいるからなんです?? ライブに来たら分かります、 まきさんの天才さは??? いつも限界超えてつぼみ大革命の ために必死でライブを 作ってくださってます? — 恵梨華 つぼみ大革命 XxbonchaaanxX 福田麻貴さんの母親は智美さんといいます。 福田麻貴さんと母親の智美さんはとても仲良し。 1月20日に放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」に、福田麻貴さんの実家にカメラが入りました。 母親はかなり明るい人ですね。 母親いわく、家族で頑張り屋は福田麻貴さんしかいないとか。 祖母と兄も出演していましたが、みんな和気あいあいで幸せそうです。 3時のヒロインの福田さん大変そうやなー — shim shim11388740 父親はくも膜下出血でお亡くなりになったそうです。 福田麻貴さんが芸人になることを、家族のみんなが反対するなかで、父親だけはNSCの学費を援助して応援してくれました。 そんな父親のためにも、福田麻貴さんはネタづくりなど頑張っているのですね。 お兄さんの名前は賢吾さん。 大阪を拠点に、全国で自動車販売の社長をされてます。 賢吾さんが言うには、福田麻貴さんは 「多分、僕のことが好き」 だとか 笑。 実際兄の賢吾さんが、小学生の頃に空手を習っていたら、福田麻貴さんも一緒にいたいと空手を習い。 中学生のときには、兄の賢吾さんと制服を交換して着用し合うなどベタベタです。 お兄ちゃんになりたい」 とコメントしていました。 母親の智美さんも、兄妹一緒のお風呂に 「普通かなぁ」 とこれまた気さく過ぎる一言を投げかけてました。 家族仲が良いのは素晴らしいことですが、余りにもフレンドリーな福田麻貴さん一家ですね。

次の

3時のヒロイン福田麻貴の家族は?祖母は性悪で兄の妹好きが半端ない!|UNIFY

福田麻貴 兄

前回、とても賛否の分かれる文章を書いてしまったので、今回は、否しか生まれない文章を書こうと思う。 芸人にはいろんなエピソードがあると思うが私は家族に関するエピソードを結構多く持っている。 だが、私の家族に関するエピソードは、大半が、おもしろいよりも先に「マジか」が来てしまうものや倫理観を問われるもので、なかなか披露できないしウケる自信がない。 私はおもしろいと思うのだけれども。 そういったものはこういう自由な場で消化していこうと思う。 正直ここにすら書けないものもいっぱいあるのだが、今日はなかでもライトなものを記しておこうと思う。 私の兄には冷たい血が流れている。 3年前、実家で飼っていた愛犬「こまち」が死んだ。 老衰だった。 こまちが危ない、という話を聞いて私は大阪の実家に帰り、しばらく滞在してこまちの看病をした。 私は弱っていくこまちと過ごしながらいろいろなことを思い出した。 中1のとき、いとこの家にたくさん生まれたマルチーズの子犬を、私がおじとおばに騙されて一匹持ち帰ってきたこと。 自転車のカゴに入れて大事に連れて帰って、父と母に見せたら「飼っていいなんか言ってない!騙された!」と笑っていたこと。 それまで犬を飼うことに頑なに反対していた母も、笑いながら「エサとトイレ買わなあかんなぁ」と受け入れて、すぐに家族でコーナンに、小屋やエサ、シートを買い行ったこと。 その車の中で兄が「こまち」と名付けたこと。 母は結局こまちを溺愛し、兄は高校に入って友達から「こまち」というあだ名で呼ばれ親しまれていたこと。 そんなことを思い出しながら、痩せ細ってしまったこまちを見て私は毎日泣いていた。 毎日自転車で病院に連れていき、前カゴの中でおとなしく座っているのを見て、初めて連れて帰ってきた日のことを思い出していた。 ついでに、昔、母の自転車の前カゴからはしゃいで飛び降りようとして、首輪とハンドルにつなげていた散歩ヒモがびよ~んと伸びてバンジージャンプみたいになっていたことも思い出していた。 そしてついにお別れのときがきた。 ある夕方、こまちは魂を吐き出すような呼吸をしたあと、ソファーで永遠の眠りについた。 段ボールで簡易的な棺桶を作ってやり、汚れていた毛を綺麗にカットして、目を瞑らせた。 急いで家に帰ってきた母も号泣していた。 ペットの葬儀屋さんに電話をして、お葬式をしてもらうことにした。 その日は母の友人や兄の友人が次々と、こまちの顔を見に来て泣いてくれた。 そして夜、兄も家に来て、夕食を食べた。 「いただきまーす」と箸を取る兄に母が「あんたこまちの顔見たったん?」と言うと、 「まだ。 あとで見る」と面倒そうに言う。 宿題か。 それから兄はいつも通り、雑談をし始めた。 こまちとは一切関係のない話を3テーマくらい終えても一向にこまちの顔を見に行く様子はない。 母が「あんた明日こまちの葬式いけんの?」と聞くと兄は「わからん。 仕事あるから」と言うだけだ。 ここで、優しい心を持った人は、きっとこの兄は、自分で名付けた愛犬の死と向き合いたくないんだろうなと受け取るかもしれない。 でもそんな優しい方も、世の中にはこういう人間がいるということを学んで今後の人生に生かしてほしい。 そのために私は、兄が放った一言を記そうと思う。 食事の終盤、依然としてこまちに関係のない話を続ける兄に対して母がもう一度聞く。 「ほんであんた明日どうすんの?こまちの葬式いけんの?」 ここで兄は、本当に、「もうあんたいい加減部屋片づけなさい」と言われたときの返しみたいなトーンでこう言った。 「わからんって言うてるやん!!犬焼くだけやろ!」 ええ。 「 犬 焼 く だ け や ろ 」 ええ…。 犬焼く?だけ? 私と母は、なんか、笑ってしまった。 ええ!とか、うせやん?とか、言いながら何度もかみ砕いた。 「犬」「焼く」「だけ」すべての文節が、なんかもう、おもろい。 ごめん。 ひどおもろい。 酷いとおもろいで、ひどおもろい。 凡人の口から容易に出る言葉ではない。 せめて、犬、と呼ばず、自分で名付けた名前くらいは呼んでやってほしかった。 私の人生で聞いた中でも上位に入るパワーワードだった。 これが兄の冷たさを語る上でもっともわかりやすいエピソードである。 もう遅いかも知れないけど、優しいところもある。 もっとポップなエピソードもある。 もう遅いかも知れないけど。 一応、仲の良い兄妹で有名だったのでそのあたりの話もいつか書いて挽回したいと思う。 大人になって一緒にお風呂に入ったこともあるし、2年連続で2人で沖縄旅行に行ったしその際ダブルベッドだったし、友達からも、お兄ちゃん大好きやなぁと言われる。 ただ、とても冷たい人だ。 あと、これ私のお兄ちゃんです史上最も予想外の容姿だとも言われている。

次の