デュエマ ダイナ ボルト。 【デュエマ】《爆龍皇 ダイナボルト》で連続ボンバー大爆発!【はい、ぶっ壊れw】

【第16回】デュエマ 2020年6月発売、最新パック十王篇 第2弾『爆皇×爆誕 ダイナボルト!!!』をチラ見せ!

デュエマ ダイナ ボルト

その中のドラゴンをすべて、タップしてマナゾーンに置き、残りのカードを墓地に置く。 ただし、コスト0以下にならない。 ただし、コストは1以下にならない。 ただし、コストは0以下にならない。 まだあるぞスッゴ能力! なんと《ヴァリヴァリウス》で攻撃し、その攻撃の終わりに《ヴァリヴァリウス》が 生き残っていれば、山札から裏向きでシールド追加だ!(しかもこれ、任意の能力なのが偉い! しかもシールドが追加されるのは防御が上がるだけにとどまらない! これはマジボンバーを使ったことがある人なら誰しも経験しているであろうあの「ハズレボンバー」を撤去してくれる画期的な能力なのだ! 例えばこのクリーチャーで攻撃してマジボンバー。 その時手札0、山札を見ると、 全く出せないハズレカード・・・ しかもこれ、これ以上いくらマジボンバーしてもめくれるのはずっとこれ。 更に言っちゃうと、この手のS・トリガー呪文は手札じゃなくてシールドに埋まっていてほしいもんだよね。 そのシールドを自分の手札に加える。 (その「S・トリガー」を使ってもよい) これ楽しいかも!!?? ネクに入れようと思ったのに・・・ このクリーチャー《ヴァリヴァリウス》。 マジボンバー7でスピードアタッカーなので、出せるクリーチャーの範囲、使いやすさ共に最高クラス。 それにより、チームボンバーデッキのみならず様々なデッキに出張可能!! というわけで早速おじさんのモルネクデッキに入れようと思ったんだよ!! ・・・ところがどっこい問題が。

次の

【デュエマ】《雷龍 ヴァリヴァリウス》でワンショットキルを決めろ!【ドラゴンデッキにも!】

デュエマ ダイナ ボルト

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• 』が6月27日(土)発売予定!! その収録カードの一部を公開! 『月刊コロコロコミック』で紹介しきれなかったカードたちをピックアップして紹介していくぞ!! その中から光のカードと水のカードを1枚ずつ選び、手札に加える。 残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【デュエマ】十王篇第2弾 『爆皇×爆誕 ダイナボルト!!!』全収録カードリスト!!

デュエマ ダイナ ボルト

《「王宮の処罰者」》 ・ギャラクシールド 5(このカードを使うコストの代わりに、[ll05]を支払ってもよい。 そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く) ・自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。 ・Wブレイカー ・このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにカードを1枚、自分のシールドゾーンから墓地に置いてもよい。 ・手札に加える自分の、表向きのシールドカードすべてに「S・トリガー」を与える。 破壊力 B スピード D 射程距離 C 持続力 B 精密機動性 E 成長性 C いくつか効果があるので、一つ一つ検証していきましょう。 まずはギャラクシールド5ですが、決して軽いカードとは言えないですね。 ギャラクシールド自体は《「策略のエメラル」》や《護天! 銀河MAX》などでインチキしやすい能力ではありますので、可能な限り早期着地を狙いたいところ。 というのも、後述の2つの能力が早期着地した場合強いんですよね。 それが除去耐性とトリガー付与ですね。 除去耐性は、自身が場を離れる時に自分のシールドカード1枚を犠牲に場に留まるというもの。 《煌龍 サッヴァーク》みたいな感じですね。 ただしこのカードの場合は自分のシールドに限定しますが、カードが表向きである必要はありません。 つまり基本的には場に留まれるカードなんですよ。 そして一度場に留まれば、以降使うギャラクシールドが表向きでシールドにセットされるため、全てトリガーになります。 光のカードのトリガー付与は結構光文明限定だったりするパターンも大いのですが、これは文明を問いません。 見えているカードをトリガー化するので、《音感の精霊龍 エメラルーダ》などとも遊びやすいとは思います。 つまり一度攻めあぐねてこのカードが場に残ると、以降はほぼほぼ手足出せないような状況になってしまう訳です。 ただし表向きのシールドがないと存在意義は薄いため、高い汎用性を持ったカードではないでしょう。 また早期にシールドを割られると耐性そのものがなくなるので、ただの置物になります。 上記の通りそれほど速度を出して着地出来るカードでもないので、このカードを出すまでの防御手段もデッキには必要になってきます。 ただし序盤の細かな防御札ってコントロール系にはどうしても腐りやすいんですよね。 役割としては、ビートを封殺するカードであり、除去耐性やトリガー爆発の可能性もあることからフィニッシャーとしても一応はカウント出来る1枚でしょうか。 環境を穿つほどの破壊力を持った1枚ではないですが、十王篇のSRとしてはそこそこの水準に達してはいるカードかなとは思います。 《水の魔術師マジックス》 ・バズレンダ [1](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[cc01]を好きな回数支払ってもよい。 ・このクリーチャーの[OL]能力を使った時、それがこのターン中3回目なら、コストの合計が6以下になるよう、呪文を2枚まで自分の手札から選び、コストを支払わずに唱えてもよい。 破壊力 C スピード C 射程距離 A 持続力 D 精密機動性 A 成長性 A このカードの大きな要素はバズレンダ1にあると思います。 5マナで呪文2枚回収って結構スゴイことやっていると思うんですよね。 《真実の名 バウライオン》は8マナですからね。 そして気になる下の効果はかなりハイスペックです。 要するに「6コストで手札または墓地から合計6コスト以下になるように呪文を使える」ってカードな訳です。 《龍装艦 チェンジザ》が5コストであったことを考えると、使い分けが可能だと思います。 いま直ぐどうこうというのは思い付かないのですが、《Wave ウェイブ》系のデッキやなーんかループ系のお供にはなりそうなんですよね。 ループしなくとも《ファイナル・ストップ》や《「本日のラッキーナンバー!」》を打ち直してるだけでまあまあ強そうだしなぁ……。 ちなみに手札から唱えているため、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の効果は乗ります。 総合的に考えたときに、一番今後の可能性を秘めたSRじゃないでしょうか。 《不死の墓守 シヴァンリンネ》 ・Wブレイカー ・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。 ・このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、コスト4以下のクリーチャーをすべて、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。 ・フシギバース [12](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[dd12]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。 ただし、コストは[dd01]より少なくならない) 破壊力 D スピード D 射程距離 C 持続力 C 精密機動性 C 成長性 D シヴァン、リンネにございます……。 名前の由来は、死番+輪廻だと思われます。 直ぐに思い付く限りでも《百発人形マグナム》と《黒神龍ザルバ》(《ラルド・ワースピーダ》)と《凶鬼34号 バッシュ》が出せますので、ループ致します……。 即死ループです。 もっと効率のよいルートも、あるかと思います。 ループのための下準備にどれだけ時間が掛かるか、という話にはなってしまいますが……。 それに破壊しないと起動しないため、もう一手間必要です……。 場に《百発人形マグナム》がいればそれに越したことはないでしょうが……。 一応ジライヤ斎さんや鬼札王国さんで釣れるため、リンネを早出しすることはできます。 墓地は増やしておきたいので、リアニ戦術とも噛み合います。 ヨミジさんは、もういません。 蘇生対象の文明は選ばないので《奇天烈 シャッフ》さんたちも釣ることも可能です。 だからなんだって話にはなりますが……。 他に何かリンネに出来ることはあるでしょうか……。 大味なカード、使いづらいですよね……。 次回予告 というわけで今回は番号若い順から3枚ピックアップしました。 次回も3枚ほど検証していきたいと思います。 それでは、また。

次の