デレステ カーニバル 編成。 【デレステ】LIVE Carnivalの要点・攻略とか

新フェス限 スキル倍率の話

デレステ カーニバル 編成

明日太めろんです。 前回まで2記事にわたって放置編成の作り方を紹介しました。 今回はこの放置編成を使ってクリアできる楽曲をまとめたいと思います。 スポンサーリンク 使用したユニット 私が普段使用している放置編成は以下の通りです。 例えば、クール曲で放置をする場合はダメガ枠を川島瑞樹に変更するといった具合です。 ポテンシャルの振り方などは前記事を参照ください。 放置編成でクリア可能な楽曲 まとめようと思ったのですが、すでに一覧を作ってくださっている方がいらっしゃったのでこちらにリンクを貼っておきます。 9月に作成された記事のようですが、一覧は定期的に更新されているようです。 ただ、こちらの記事では10秒スキブを使われています。 「明日また会えるよね」は10秒スキブだとラストが耐えられないとのことでしたが、8秒スキブだと耐えられました 参考:スコアランクA、速度1にしないと最初の7秒で落ちます。 このことからも編成次第ではスコアが変わったり、クリアできない場合もあることがわかったので一度リハーサルで放置してみるのをおすすめします。 スポンサーリンク クリアできる楽曲を増やす方法 ポテンシャル解放でライフにポテ振りを行うことで、最初の7秒を耐えられる楽曲を増やすことができます。 これによって「With Love」をはじめとするいくつかの楽曲が放置できることになります。 ライフ極振りの放置編成でクリアできる楽曲は余裕があれば別の機会に検証しようと思います。 編成上の注意点 放置編成では判定強化を秒数かぶりなしで2枚使用しますが、基本的には9秒・12秒の組み合わせをおすすめします。 これは、放置可能な楽曲のまとめ記事が9秒・12秒の判定強化を使用しているというのもありますが、ほかにも理由はあります。 12秒・15秒は最初の発動が遅い・クールタイム 特技無発動時間 の長い区間が出てきたり 最大6秒間 、9秒・15秒だと開始13. 5秒間で落ちる可能性があるためです。 とはいえ持っていない人もいるはずなので、その場合はリハーサルで耐えられるか確認した上で運用してみてください。 まとめ 今回は、放置編成でクリア可能な楽曲と編成の注意点をまとめました。 楽曲一覧を見るとわかったかと思いますが、最初の7秒を耐えられることができたとしてもスコアSに届かないという楽曲が多々あります 特に各タイプ曲。 次回は放置編成でスコアを上げるために必要なことをまとめていきたいと思います。

次の

【デレステ】LIVE Carnivalの要点・攻略とか

デレステ カーニバル 編成

各BOOTHにはBOOTH効果が設けられており、それを効果的に使うのが得策。 Voltage Pointを各Liveで獲得し、Carnival Levelを上げていき、 MAXのSSSになったらそこからはVoltage Pointで競うランキング形式となる。 Cuアイドルのアピール値~~%UP。 ・Co楽曲のみ使用可能。 Coアイドルのアピール値~~%UP。 ・Pa楽曲のみ使用可能。 Paアイドルのアピール値~~%UP。 ・Viアピール値が~~%UP ・Voアピール値が~~%UP ・Daアピール値が~~%UP ・ユニットのライフに応じてアピール値がアップ ・アイドルのポテンシャルに応じてアピール値UP ・GRANDモード(15人編成、全アピール値~~%UP) Cu特化、Co特化、Pa特化が各1ユニット、Vi・Da・Vo特化が1ユニット (できればでいいが)スパクル編成を作っておくと良い。 ただし、ランクが上がってくると、同系統のユニットを2つ以上要求されるため、臨機応変な対応が必要となるだろう。 (追記)ポテンシャルに関しては完全にファン活をどのくらいやっているかが問われる。 誰か1人でもファン1000万人を達成していれば逆にボーナスでもある。 筆者の場合、島村卯月の5人編成で挑み、20000PtをkawaiiのマスターFCで達成した。 プリンセスがいるとステータスが高水準になり、またスキブを絡められるともっと強い。 GRANDに関しては、基本残ったメンバーで編成していくことになる。 他BOOTHの編成と相談しながら、なるだけ強い3ユニットを選抜したいところ。 ただし、対象メンバーのみボーナスなので誰が起用できるかをしっかり確認すること。 各属性の特化ユニットのセンターはプリンセスorブリリアンス(SRも可)を推奨 また、複数枚プリンセスやブリリアンスを所持している場合、同じユニットには出来る限り組まない方がよい。 2.各ステータスUP系統に関しては、トリコロールをセンターに添える いなければ、各属性でVi・Da・Voのどれかを特化させることでも対応可能ではあるものの、 トリコロールセンターよりは劣ってしまう。 また、各ステータスにあったチャームは出来る限り起用していきたいところ。 中にはVoのみ参照などの条件もあるため、ここはゲストもうまく活用したい。 ゲストアイドルの設定はセンターに置かれないことを前提とすべし ルール上ゲストアイドルはセンターに設置できないため、スキブやオバロ、あるいはチャームを置くのが無難と考える。 同僚どうしでゲストを呼ぶ場合はお互いに相談しておくこと。 前半はマスターの24以下でもFC出来ていれば十分突破できるが、A、S、SS、SSSとなってくると、マスプラ含め自分が「どの曲ならば1番得点を稼げるか」を考察しなければならない。 (同じ曲での比較なら当然FCしたほうがいいが、得意曲は十人十色なので一概に言えないのである) 「自分ならばここまでならFC出来る」、あるいはマスプラでも「この曲なら500くらいはいけるなー」、など感覚で構わないのでおおよそハイスコアが取れそうな曲を絞り込むのが大事である。 ライフを優先するあまり回復やダメガを入れすぎると、今度はスコアアップやコンボボーナスがいないため、得点が伸びなくなる。 個人的な見解では、回復1人+オバロ(譜面によってはアクト系)+プリンセス、辺りがいいだろう。 センターは何度か試したが、プリンセスセンターで十分と考えている。 余談にも記載するが、ハイスコアランキングは正直闇なので深追いしすぎず適度にやるのがよいだろう(マスプラやフォルテFCしなければならないとか森久保でなくても無理)。 なので、VP(Voltage Point)をそれなりに稼いだら後は、GRANDを2倍でガン回ししてコインを稼ぐのがいいかと思う。 卯月・未央のSRのみならず、レシピもあるし、ペンダントやティアラなどの育成素材も結構手に入るのでここで稼いでおくのもいいだろう。 センターはSRでも良いので、属性(Cu・Co・Pa)はプリンセスorブリリアント、ステータス(Vi・Vo・Da)特化はトリコロールにすること。 また、SR含め自分がプリンセスorブリリアント、およびトリコロールを何枚所持しているかを把握しておくこと。 SSR所持枚数が多いアイドル(異なるカードのみカウント) 4. %は最低90が欲しいが、筆者は大体100で上げている。 普通にガシャ回すよりも遥かにRやSRの稼ぎはよいので。 FCできずとも、8割がたつながれば十分スコアは望める。 ・きゅん・きゅん・まっくす ・Sweet Witches' Night~6人目はだぁれ~ ・ミラクルテレパシー ・できたてEvo! Revo! Generation! ・Nocturne <レベル27> ・Starry-Go-Round ・華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜 ・LET'S GO HAPPY!! ・EVERMORE <レベル28> (強いて)M SIC MASTER+ ・お願い!シンデレラ ・熱血乙女A ・あいくるしい ・shabon song ・純情Midnight伝説 ・冬空プレシャス 最新号のリンク.

次の

新フェス限 スキル倍率の話

デレステ カーニバル 編成

さて、上記の前編で開催前にやることは理解できたと思うので、今度は開催中にやるべきことを解説していくわけですが、自分視点で解説する都合上SSRアイドル所持枚数や曲の難易度選択が参考にならない場合があるかも知れません。 また、ランクSSSを目指すという目標なので、内容はランクSSとランクSSSに偏っています。 あくまで参考にしてもらって、取り入れられるところを取り入れていってもらえればと思います。 イベントSTART ~カーニバルランクSまで~ イベントが開始されたら、カーニバルランクD3から始まるわけですが、 前回イベントでランクSSSに到達している場合、ランクB1までスキップすることができます。 裏を返せばカーニバルランクB2以下でつまずくレベルだとランクSSSはかなり厳しいという事です。 しかしながらランクB1からといってもランクSSSにとっては通過点です。 ランクSまでは軽く乗りたいところです。 これはどういうことかというと、ランクB1からA1に上がるのに必要なVoltage Pointは45000pt、これに対しブース数は7。 つまり1ブース平均して6428ptを獲得すればランクアップできるわけですが、スコアでいうと約650000ptです。 一方今回のランクSSからSSSに上がるのに必要なVoltage Pointは170000pt、これに対しブース数は10。 …もうわかりましたね。 近い将来平均して1700000ptを稼がないと達成できないところを目指すことになるので、B1~A1でつまずいているとなかなか苦しい思いをしなければなりません。 上記のスコアが出せないと感じたら、 それは実力では賄いきれない事務所の充実度によるところが大きいと思うので、目標を変えて自分が今目指せる限界のランク・Voltage Pointを探っていくことをお勧めします。 今回のイベントではランクA1で必要平均が10000ptを上回る程度だったので、ランクSまでは詰まることなく越えていきたいということです。 ランクS到達以降 ~ユニット編成を考える~ ランクSに到達すると10番目のグランドブースが開設されて、必要ユニット数が一気に3つ増えるので、そろそろ肩慣らし程度の編成では通用しなくなってきます。 そこで、ランクS~SSSの編成で気を付けていることを紹介していきます。 1. ランクが上がったらカーニバルユニットは全て解散させること 必要ユニット数が多い・高難易度に挑戦するという都合上、編成で詰まってしまって途中解散するリスクを避けたいわけです。 例えば、せっかく頑張って高難易度曲をフルコンボしたのに、その編成に他のブースで有用なアイドルを使ってしまっていたら・・・解散するのは勿体ないですね。 2. ランクアップ後はなるべく能力特化型のブースから組み上げる 上記のユニットを全て解散させた後、ブースを組む順番がある程度あります。 その中で最も優先度が高いのが能力特化型ブースです。 わかる通りダンス・ビジュアル・ボーカルに特化したブースですが、 基本的に所属アイドルでアピール値の高い順でアイドル選出をするので、後で変更したいと思うことが少ないです。 それと、これはライブカーニバルあるあるなんですが 「充実してないアピール値に限ってブースが2~3個被る」なんてことは多々あるので、特化型ブースの偏り次第ではいずれかのブースの編成を妥協しなければいけない場合も出てきます。 そればっかりはどうしようもないですが、上記のアイドル選出方法は変わらないので、SRアイドル含めこの選び方で良いでしょう。 次点で、プロデュースpt特化ブースや、スターランク特化ブース、ライフ特化ブースも変更のリスクが少ないと言えます。 そしてこの3つはSSRアイドルだけではカバーしきれない可能性が高いので、SRアイドルも気兼ねなく使えます。 ボーナス%が高いこともあって、編成が整っているとアピール値を稼ぎやすいイメージがあります。 プロデュースpt特化ブースは編成を組む都合上、同じアイドルで編成を組むと属性ボーナスを受けやすい&プロデュースptを上げるのが1人で済むので効率的です。 すごくざっくり言うと、 一番好きなアイドルで組めばそれでOK(なハズ)です。 上記のちゃんみお艦隊はプロデュースptが30pt(フルポイントじゃないです…)あるので、390%アップ?しているハズです。 スターランクpt特化ブースは、前編でも書いた通り同じ属性のアイドルで編成、もしくは3種混合センター効果を持っているアイドルをセンターにして組みましょう。 上記のユニットは全員SRのスターランク15ですが、この場合アピール値は370%アップらしいです。 SSRアイドルでスタラン10~の逸材が居る場合はほぼ同等のアピール値アップを受けられるようなので、選考の余地アリです。 そして、残念なことに上記のユニットはSCOREアップ系の特技が一切入っていなく、最適なユニットではありません(謝罪)。 偉そうなこと言ってられません。 イベント報酬のアイドルが入っていることを見ると急場で作った編成なのはバレバレですが、 実はスタラン編成はイベント中にもアピールアップが見込めます。 それは何かというと、 イベントガシャの景品に「SRスカウトチケット」があるということです。 ランクSSSを目指すうえでイベントガシャはあまり関係ないので話題に挙げなかったのですが、この1点だけは抑えておきたいところです。 通常ガシャ排出のSRアイドルに限りますが、このチケットを使って同じアイドルをスカウトし、スターランクレッスンを行えるということになります。 なのですごく地味なところではありますが、ある程度狙った編成をイベント中に組める可能性があります。 3.できるだけスキルブースト系特技を組み込む 当たり前なんですが、スキルブースト系特技のあるなしだとスコアが全く違ってきます。 なのでSRアイドルでも積極的に選出すべきです。 もしくはゲストアイドル枠を使ってお手伝いしてもらうかになりますが、この次点でトリコロール・シナジーやフォーカス、コーディネイトなどのスコアコンボ混合系の特技も重要なので、所属アイドルと相談しつつユニットを組み上げてください。 イベント出演アイドルでも能力特化型ならそちらのブースに回してあげた方が有効なことが多いので、グランドブースは最後で良いでしょう。 5.理論値とかをそこまで気にしない 「デレステ 編成」のような小学生並の検索をかけると、だいたいは理想編成・理論値追求のデータが上がってくると思います。 もちろんですが、ライブカーニバルで理想の編成ができるのはせいぜい1~2ユニットくらいなので、理想編成の思考に縛られる必要はあまり無いです。 結局はGREATも出さずに安定したフルコンが出せないと理論値なんて考えても仕方ないっていう考えをしてるので、僕はあんまり理論値を気にしないようにしてます。 「秒数ガー」「カバー率ガー」と嘆く暇があったら、自分の腕よりひとつランクの高い難易度の楽曲を回した方がスコアアップの可能性はあるので、 遠くにある最高の結果より今できる最善の結果が出せるようにしていきましょう。 番外編.イベント中にもプロデュースptは積極的に解放させる ライブカーニバルのブースにはとてつもないボーナス%がかかっています。 なので、 アピール値を100上げるだけでもそれが3~5倍の値になって帰ってくるわけです。 なので、プロデュースpt特化ブース以外にいるアイドルの成長も欠かさないようにしましょう。 ランクSSS ~そして高難易度へ~ ここまで編成について考えてきたわけですが、編成をしっかり組んでいても、スコアが低くては意味がありません。 自分の腕の限界を突いていくような難易度選択が必要となるでしょう。 理想は「カンタンで、リズムアイコンが多い」 ちなみになんですが、僕はmaster+31の曲はクリアできません(汗)人間のやるものではありません。 なので、master+30以下のリズムアイコン999以下で勝負することになります。 かと言って、master+30のアイコン999ばっかりを選んだとしてもフルコンできる腕があるわけではなく、少しでも楽してハイスコアを叩きたいわけです。 なので、僕がハイスコアを狙う時によく選んでいる曲をいくつか紹介します。 おすすめ高難易度 ~全属性曲編~ その1 Yes! Party Time!! (master+29・976) Yes! Party Time!! はmaster+29の中では中堅程度の難易度です。 横にずれていくトリルが印象ですが、中盤が易しめなのが救い。 アイコン数は976と同レベル帯では多めなので選出の価値アリ。 その2 無重力シャトル(master+29・981) 曲序盤の掛け声がカワイイ無重力シャトル。 Yes! Party Time!! よりは難易度がやや高い印象。 特にサビ部分にある小さく逆くの字に曲がるスライドの判定が 鬼で、よく抜ける。 その他にもサビ終わりの密集地帯、Cメロの軸押しもあるので個人差が出そう。 その3 Wonder goes on!! (master+29・993) Wonder goes on!! はざっくり言うと総合力譜面です。 全体的にスキの無い譜面になってます。 中でも同時押しが非常に多く、難しさの割にアイコン数が多め。 ゆえにアイコン数は 圧巻の993、これは後述のStarry-Go-Roundと1しか違わないくらいに多いです。 なので全属性の中では真っ先に選ぶべき楽曲の一つです。 その4 Starry-Go-Round(master+30・994) ここからmaster+30の領域へ・・・。 前述の通りWonder goes on!! より1多い994。 この曲の肝は終盤なわけですが、逆に言えば終盤以外の難易度は他のmaster+30よりかなり低いです。 なのでフルコンしなくてもある程度のスコアが狙えます。 その5 Trust me(master+30・998) Starry-Go-Roundよりも難しくて実力が試される譜面。 全体的に密度が高いですが、結構同じ形の繰り返しだったりするので、実力があるとかなり安定する印象がある。 おすすめ高難易度 ~ Cu楽曲編~ その1 HARURUNRUN(master+29・972) 突出して難しい箇所が少なく、同レベル帯では易しめな印象。 ラス殺しだけ気を付けていればどうにかなる、キュート曲の安定択。 その2 クレイジークレイジー(master+29・983) スライドが多いゆえ抜けが怖いので安心して選べる部類の曲ではないのですが、この上が「あんずのうた」なので、しぶしぶ選ぶ曲。 キュート曲は総合力・複合譜面が多い割にアイコン数控えめなのでいつも選曲に難儀します。 おすすめ高難易度 ~Co楽曲編~ その1 華蕾夢ミル狂詩曲 ~魂ノ導~(master+29・950) master譜面からの正当進化譜面。 同レベル帯での立ち位置も似てる気がする。 これもまんべんなく同じ難易度が続くような譜面で、ラストのぶれるトリルだけが難しい。 ラストまでつないでしまえばフルコンしなくてもある程度のスコアが出る。 その2 Gaze and Gaze(master+30・988) 最初のサビだけ、以上。 この曲を妥協すると次点が上記の 「華蕾夢ミル狂詩曲 ~魂ノ導~」なので、サビをごり押しでもいいので突破してスコアアップにつなげたい楽曲。 おそらく次のイベントがあるころにはこれ以上のリズムアイコンになるであろう 「オタク is LOVE!」が参戦するハズなので、お払い箱になってるかもしれない・・・。 この曲を踏み台にして、 「Trust me」等々の上級譜面できるようになりたい。 色々な要素が入っている物量譜面であり良譜面。 よい指の運動になるので、日々の練習にもうってつけだと思います。 その2 Radio Happy(master+29・999) master+29の中でアイコン数が999をかぞえるのはこれ含め2曲!選ばない手が無い。 アルバムCが回ってきたときには欠かさずプレイしておきたい。 番外編 ライブカーニバルは最初から本気を出さない 上記のようにリズムアイコン数950以上を狂ったように回しているわけですが、ことライブカーニバルに限ってはずっと本気でやる必要はありません。 なぜなら、テンションBONUSの恩恵を受けるためにブースを周回する必要があるからです。 なので、最初のうちは気楽に、ちょっと難しい曲を試してみようかなというような感覚で選んでも大丈夫です。 時には沼にハマって全くフルコンボが出ない時もあるので、気分転換タイムだと思っていいです。 16回プレイしてやっと20%のボーナスなので、じっくり育てるようにやりましょう。 まとめ 上記のことに気を配りながらライブカーニバルをプレイして、今回は結果として4609位を獲得できました。 これまでのライブカーニバルでの最高順位を更新できました。 しかしながら虹トロフィーボーダーには倍以上の壁があります。 実力の無さを感じる。 今回の記事ではとりあえず「やるべきこと」としてまとめたので、楽曲の攻略とかは端折ったんですが、これはまたの機会に紹介できればと思います。 長くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。 次の記事で会いましょう。

次の