ラブ アクチュアリー。 映画【ラブ・アクチュアリー】あらすじネタバレ感想!評価や込められた意味、ラスト結末を解説

ラブ・アクチュアリー : 作品情報

ラブ アクチュアリー

tabecine ラブ・アクチュアリー 「最近恋してないなぁ」とか、 「アイツとケンカしちゃった」とか、 「仕事で疲れたからほっこりしたい」とか、 「あぁお腹すいた」とか。 映画『ラブ・アクチュアリー』を観るきっかけはなんだっていい。 これは、クリスマスの前のロンドンが舞台だけれど、 観る季節は案外問わないというところが、なんだろう、お得。 お得といえば、そのずらーり揃った俳優陣。 よく見ればだらしない顔のような気もするけれど憎めない 代表、ヒュー・グラント 頭良さそうだけどクラスメイトだったら友だちにならないタイプ 代表 エマ・トンプソン ブリジットジョーンズだって、英国王だって、「自分不器用ですから」 代表 コリン・ファース ラックスもシャネルも、そりゃこのべっぴんさ加減は CMに起用したくなるよね 代表 キーラ・ナイトレイ まだまだ登場するイギリス縁の俳優・女優が それぞれちょっとやきもきさせてくれちゃう9つのストーリー。 テーブルには、野菜や魚肉、カラフルな食材のご用意を。 ゆでたブロッコリー、じゃがいも、にんじん、グリーンアスパラ、 ウインナーやエビ、ホタテにプチ・トマト。 イギリスパンで作ったガーリックトーストと言いたいところだけれど、 面倒だからここはフランスパンでOK。 まぁるいカマンベールチーズの上部をナイフで薄くカットして、 電子レンジかオーブントースターで中身がグツグツとなるまで加熱しよう。 チーズフォンデュをいただきながら、 それぞれのカップルの行く末を茶々を入れながら楽しむのがオススメ。 観終わる頃に、なんとなく心があったかくなるのは、 『ラブ・アクチュアリー』の仕業。 なんとなく顔がほわんとしたら、それはチーズとワインのせいですから。 kuri.

次の

英語で告白!『ラブ・アクチュアリー』マークに学ぶ片想いの伝えかた

ラブ アクチュアリー

ラブ・アクチュアリーのネタバレあらすじ:序幕 ヒースロー空港にはいつも愛が溢れ始めています。 そしてロンドンの街はあと4週間と近付くクリスマス一色に染まり始めていました。 下り坂のベテラン歌手ビリーは、長年の相棒であるマネージャー、ジョーと共にスタジオに篭り、クリスマスソングの録音に勤しんでいました。 芸術家のマークは親友ピーターとジュリエットの結婚式で介添え人を勤め祝福しますが、彼は顔を浮かべていました。 小説家ジェイミーは、その結婚式に出席して帰ってくると、妻が弟と浮気している現場に遭遇しました。 その結婚式でボーイを務めたコリンは女にもてません。 アメリカの女性にならもてると、結婚式の手伝いをしていた親友トニーに愚痴ります。 そのトニーは普段映画の製作スタッフとして働いており、現場ではスタンドインのジョンとジュディがベッドシーンのリハーサルに挑んでいました。 新たに首相に就任したデイヴィットが官邸に入ると、第1秘書が秘書の一人としてナタリーを紹介します。 彼女は言葉遣いが汚いが気立ては良いで女性でした。 ダニエルは亡くなった妻を思い、気を紛らわすために友人のカレンに電話をします。 葬儀を終えた彼には、妻の思い出と義理の息子サムが遺されていました。 カレンの夫ハリーは会社社長です。 社員の一人ミアに軽く相談すると、その会社に勤めるサラ呼び出し、彼女が長年恋焦がれるデザイナーのカールに告白するよう発破をかけました。 ラブ・アクチュアリーのネタバレあらすじ:第1幕 クリスマスまであと3週間、ビリーはラジオ番組に出演、自分の持ち歌を宣伝しますが、その下品な物言いにジョーは眉を潜めていました。 ハリーにけしかけられたサラは、化粧を変える等、少しカールに対して積極的になっていました。 そんな彼女は何故か頻繁に着信する携帯電話に出ていました。 そんな会社ではミアが、周囲に感化されたのか突然ハリーに接近し始めます。 サムとの関係に悩んでいたダニエルは思い切って話し掛けてみました。 すると彼がクラスメイトに恋をしていてそれに悩んでいる事を知ります。 デイヴィットは忙しい公務で日々を送っていました。 気の利くナタリーが気になり、盛んに世間話の相手をして貰うようになります。 ラブ・アクチュアリーのネタバレあらすじ:第2幕 クリスマスまであと2週間、ビリーはテレビ番組に出演、歌のPRをしますが、ライバルの若いバンドのこき下ろし方にジョーは頭を抱えます。 クリスマスパーティーの手配も終わり、ミアはどんどん積極的になって行きます。 それに対して妻のカレンは、お気に入りの歌手の歌を聴きながら、夫に対してプレゼントはいつもと同じで良いと言います。 デイヴィットは、アメリカ大統領の訪問を受けていました。 会議では強い要求をされ、彼は弱ります。 しかし大統領ナがタリーに言い寄っているのを見て、デイヴィットはその後の記者会見において私情で強硬なアメリカの対応をなじります。 世間は気概を示した首相を持ち上げます。 デイヴィットも満更ではありません。 色々と大変だったカレンもこれには喜び、兄である彼に電話を入れて叱咤激励しました。 その頃コリンは突然トニーの部屋を訪ね、先週から計画していたアメリカへに遠征を表明します。 登山用のバックパックはコンドームで一杯。 トニーは当然止めますがコリンは意気揚々と旅だって行きました。 その頃トニーの現場では、どんどん際どくなる演技の中ジョンとジョディの仲が近付いていきます。 さらにクリスマスは近付きます。 妻と別れ、南仏のコテージで執筆活動をしていたジェイミーは、ポルトガル人のオーレリアを雇っていました。 英語もフランス語も解さない彼女とは最初意思の疎通が出来ませんでしたが、次第に疎通が成り立ち、クリスマス休暇に実家に帰る頃には、大分親密になっていました。 別れを惜しんだジェイミーは国に帰ると一念発起、ポルトガル語の勉強を始めます。 マークのスタジオにジュリエットに結婚式のビデオを取りに来ました。 彼女は棚に並べてあったビデオを見つ、その中身を確認するします。 ジュリエットしか撮って居なかった事に気付かれたマークは、自分が彼女に恋をしている事を告げ、後悔と共にその場を後にします。 マークのスタジオを借り、ハリーの会社では少し早いクリスマスパーティーが開かれていました。 ミアは積極的にハリーを誘い、共にダンスを踊りますがそれをカレンに見られます。 サラもカールと共にダンスを踊り、感情を高めます。 パーティーが終わった後、彼女はカールに家に送って貰いいいムードになりますが、またも携帯に着信が来ます。 電話は弟からでした。 精神病院に入院している弟とってサラは残された最後の家族で、彼女が面倒を見ていました。 その後ムードは戻らず、最高の夜は果たされずに終わりました。 ハリーはカレンのプレゼント選びに付き添います。 彼女と別行動をした隙を付いて、ミアへのプレゼントを選び始めます。 しかし、店員が梱包に手間をかけたのでカレンが戻ってきてしまい、その時は未遂に終わりました。 ラブ・アクチュアリーのネタバレあらすじ:第3幕 クリスマスです。 ビリーはクリスマスのヒットチャート1位の座を射止めます。 エルトンのパーティーにも招待されましたが、彼はクリスマスを半生の苦労を共に分ち合ったジョーと過ごす事を選びました。 アメリカに渡ったコリンはうまく女性をひっかけて、計4人の女性と雪の降る土地で熱い夜を過ごしました。 トニーの現場で最早恋人以上の演技をしていたジョンはジョディを酒に誘い、彼女の家の前で普通の格好で普通のキスをしました。 マークは新婚の友人の家を尋ね、ピーターに気付かれるようジュリエットを誘い出し、自分の思いを改めて告白します。 そして、失恋した自分が吹っ切ってみせた事を告げ、家を後にしました。 デイヴィットは、私情で外交をした反省からナタリーを遠ざけます。 しかし彼女を忘れられず、距離を取り戻そうと彼女の住む通りに向かいます。 ナタリーの家を探し当てた時、彼女は甥っ子の学校で開かれるクリスマス会に出席する所でした。 彼はなし崩しにそれに同行し隠れて出席する事になりました。 少し前、カレンはハリーが隠れてネックレスを買っていた事に気付いていました。 しかし、ハリーが寄越したのはお気に入りの歌手のCDでした。 ネックレスはミアに渡ったと悟り、隠れて一人泣きます。 その後カレンは一家と学校のクリスマス会に向かいました。 クリスマス会も演劇の部も終わると、今度はサムがドラマーとして出演する演奏になります。 サムは恋の相手がアメリカに渡ると知り、彼女の気を惹く為にしていた特訓を披露しました。 デイヴィットとナタリーは、隠れている見ている内に感情が高ぶりキスしていましたが、それを皆に見られてしまいました。 それを見てカレンは、ハリーにネックレスの件を知っている事を告げ、夫婦の関係とこれからを改めて話し合おうと告げました。 会社では一人残業するサラをカールが労いますが、前のようなムードはもうありませんでした。 一人泣く彼女は病院に行き、たった一人の家族とクリスマスを過ごすのでした。 演奏を終えたサムは、告白しよう空港にいました。 警備員を出し抜き搭乗ゲートまで追かけて彼は告白します。 答えは頬っぺたへのキスでした。 この日ジェイミーは、家族に恨まれながらもポルトガルに渡り、必死に覚えたポルトガル語で彼女にプロポーズします。 オーレリアもこっそり学んでいた英語で応えてくれました。 ラブ・アクチュアリーの結末:終幕 新年のヒースロー空港、遠征から返ったビリーは、新しい彼女を連れてロンドンに帰ってきました。 それを出迎えるのは勿論ジョーです。 ジェイミーはポルトガルからオーレリアを連れて来て、マーク、ピーター、ジェリエットに紹介します。 ピーターとジュリエットの夫婦仲も順調で、マークとの友情も良好でした。 アメリカから遊びに来た彼女に駆け寄るサム、「キスすればいいのに」と冷やかすダニエルの横には、新たな恋人が居ました。 外遊から戻ったデイヴィットに、ナタリーは力強く抱き付きます。 ハリーが出張から帰ってきました。 カレンは子供達を連れて出迎えます。 今の所夫婦仲はうまく行っているようです。 コリンが帰ってくるので空港に迎えに来たトニーですが、偶然出会ったジョンとジョディが二人お揃いの婚約指輪を見せて挨拶してくれます。 そこにコリンが凱旋します。 彼は見事魅力的な恋人を手に入れ、その妹をトニーに紹介します。 もちろん魅力的な女性です。 ヒースロー空港には今日も愛が溢れているようです。

次の

ラブアクチュアリーの意味や2 (続編/字幕)!あらすじやキャストのご紹介

ラブ アクチュアリー

初トピです。 先日、映画『ラブ・アクチュアリー』を観ました。 とっても楽しくて、ハッピーな映画でした。 ただ、1つだけ疑問が。。。 2年と7ヶ月と3日間、同僚に片思いしていたサラと、そのお相手カール。 この2人ってどうなったんでしょう? 主人公がとにかく多くて、見逃したのかな?? と思って、最初から見直したり、巻き戻しては見て・・・を繰り返したのですが、どうしても見つからない!! 最後のシーン、空港でこの2人以外は話がまとまって総出演するのに・・・ もしや、『サラはカールではなく弟を選ぶ』ってのが結末??でも、それならそれで最後のシーンに出て欲しかった。 『ラブ・アクチュアリー』観た方・知っている方、ぜひ教えてください! ユーザーID: 1638826908 ラブアクチュアリー、とても素敵な映画ですよね。 DVDで何回も観ました。 サラとカールは、あの後どうなったんだろうってとても気になってますが はっきりした結末は分らぬままですね。 あの時、サラは弟の電話を取って、別のシーンでは弟とクリスマスを過ごしたと思われるシーンがあり・・・で、肝心のカールとは??? でも、他のエピソードがハッピーエンドばかりだったので、ひとつくらいは見る側の想像に任せるっていう作り方も悪くないなって思いました。 ああ、何で弟の電話に出てしまったの!!バカバカバカって思いませんでした?あーもったいない!せっかくのチャンスに!!!! でも自分の恋愛よりも家族を選んだのも愛の形のひとつですよね。 あの映画は、身分違いの恋、国籍の違う者同志の恋、長年連れ添った夫婦の愛、不倫、友人の恋人への切ない思い、家族の愛、など、ありとあらゆるパターンの愛が溢れていましたよね。 まさに、愛こそすべて!デスね。 とても心の暖まる映画でした。 カール役のロドリゴ・サントロはチャーリーズエンジェルの2作目で、サーファー役で出演していますよ。 また別の意味でセクシーでした。 ユーザーID: 7022738798• 私も大好きです(在伊) 最近観ていないので記憶があやふやなのですが・・・。 確かサラの部屋で残念な別れ方をした後、オフィスに最後まで残って残業していた彼女に(これもカールの姿を見ていたさにいつも残っていたのだと思うのですが)、一足早く帰宅するカールが、ちょっと気まずそうな残念そうな表情で「さよなら」と言い、サラも目に涙を浮かべかけながら、それでも極上の笑顔で「さよなら」と言うシーンがあったように思います。 これでカールの「君の事は気にかかるけれども、今の君の状況で付き合っていく自信がないんだ。 ごめん」という気持ちと、サラの「いいの、気にしないで」という気持ちの表れなのだと思います。 ということで、彼らは同僚以上の関係にはならずに終わるのですね〜。 ユーザーID: 9219335473• やっぱりそっかぁ・1(トピ主です) みなさんレスどうもありがとうございます。 やっぱりサラは弟を選んだんですねぇ。 ラブストーリーとしては、なんとも残念な結果ですが・・・みなさんの言うように『愛』は恋愛ばかりじゃありませんもんね。 姉弟愛だって立派なストーリーですよね。 ステキな俳優さんが相手役だったばっかりに、恋の成就を期待していた私は、まだまだお子ちゃまです。。。 ユーザーID: 1638826908• やっぱりそっかぁ・2 続きです。 すなっちサンが書いていた『やった!!』のシーン、私も大好きです。 かわいいですよね、サラ。 「ぐわぁ〜」って頭振って。 なんて妄想ばっかの今日この頃です。 シャネルのCMはネットで見ました。 相変わらずステキなお方で。 でもまだ、チャーリーズエンジェル観てないんですよねぇ・・・彼目当てで見てみたいですっ!! そういえば、この映画を一瞬だけ観たと言う友達に、ロドリゴ・サントロを説明するのに『トルシエ監督の通訳だったダバディさんをセクシーマッチョマンにした感じ』と言ったら『弟から電話が来る人の相手役??ちょうどそのシーンだけ観た!』と見事一発で当てられました!!!実際あんまり似てないですが、メガネと黒髪の雰囲気でとっさに・・・2人のファンの方の反感をかったらごめんなさい。。。 こんなに多くのレスを戴けるとは思っていなくて・・・本当にみなさんに感謝です。 ユーザーID: 1638826908•

次の