松屋 テイクアウト 割引。 松屋、松のやでテイクアウト限定キャンペーン開催 PayPayのと併用も可能

松屋テイクアウト限定キャンペーン PayPayと併用でさらにお得に

松屋 テイクアウト 割引

持ち帰り強化の施策を次々と実行 対象メニューは「プレミアム牛皿」「カレーソース」「カルビ焼肉単品」「キムカル皿」など。 プレミアム牛皿は通常300円(税込、以下同)だが、230円で提供する。 また、カレーソースは270円を200円に値下げする。 政府の外出自粛要請を受けて、弁当需要が高まっていることに対応する施策。 緊急事態宣言の対象となるエリアでは営業時間などを制限しているため、イートインの売り上げ減少を補う狙いもあるとみられる。 松屋はテークアウト限定の施策として、牛めしと生野菜を400円で販売している。 持ち帰りのおかず単品を割引の対象とするのは、大手牛丼チェーンの施策としては珍しい。 ライバルの吉野家では4月1〜22日、テークアウトに限り牛丼と牛皿を15%オフで販売している。 関連記事• 3月はコロナショックが外食チェーンを襲った。 大手外食チェーンのすき家と松屋の速報値が公開された。 どの程度影響を受けたのか。 大手牛丼チェーン3社のうち券売機を導入しているのは松屋だけだ。 生産性向上の切り札である券売機を吉野家とすき家は導入していない。 各社に見解を聞いてみた。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。 標準的な寿司の重さはほぼ一緒。 しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。 「生ビール1杯190円」という看板を見かける。 安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。 どんな狙いがあるのか。

次の

松屋のテイクアウトおかず単品弁当がお得!全サイズ割引&電話予約◎

松屋 テイクアウト 割引

先日、私(あひるねこ)宛てに読者の方から一通のタレコミがあった。 松屋が期間限定で 「おかず単品15~25%オフ」というお得なキャンペーンを実施しているというものだ。 内容は読んで字の如くで、当然私も概要は把握していたのだが……。 重要なのはその先である。 タレコミによると、なんと 我らが『ごろチキ』神も割引対象に含まれているというではないか。 な、何ィィィィイイイ!? うっかり見落としていた。 ごろごろごろごろ、ごろチキも安くなるのか!? こうしちゃいられねぇ……!! 私はマスクだけしっかり装着し、裸足で家を飛び出した。 ・まさかの『ごろチキ』割引 この醜悪極まる世界に松屋が産み落とした一輪の花。 パンドラの箱に最後に残った希望。 たった一つの美しいこと。 それがだ。 言い訳をさせてもらうと、「おかず単品15~25%オフ」にまさか『ごろチキ』神が含まれるとは思いもしなかったのである。 だってあんた、松屋のおかずって聞いて想像するものと言ったら、牛皿とかハンバーグとか生姜焼きでしょうよ。 当然それらの商品はテイクアウト限定で割引になるのだが、松屋の発表をよく読むと、たしかに『ごろチキ』のカレーソース単品(並)も対象のようだ。 ・神なのに 通常は税込470円の『ごろチキ』単品が17%オフで…… なんと税込390円に! やっす!! 我らが無上の神が、400円もしないで買えてしまうとか神々の相場どうなっとんねん。 しかもである。 4月30日までは PayPayで支払うと20%分戻ってくるため、 実質まさかの312円ということになるのだ! もはや神々のバーゲンセール。 天変地異にも等しい価格破壊によって、『ごろチキ』神は最近のジャンプ合併号くらいの値段にまで落ちてしまった。 おお、神よ……。 ・おうちで『ごろチキ』 あとは自宅の冷凍ご飯をチンすれば完成。 我が家のカレー皿に盛られた神の姿もまた乙なものだ。 しかし、味は当然いつもと同じ。 圧倒的ウマさである。 ちょっと高いレトルトカレーを買うくらいなら、『ごろチキ』をテイクアウトした方が絶対に満足度は高いと思うぞ。 他にもライス抜きで、酒のつまみとして 『ごろチキ』るという選択肢もあるだろう。 仮に2個買っても税込780円。 片方は冷凍保存して、『ごろチキ』が終売したとき用に取って置くのもいいかもしれない。 さて、なにやら『ごろチキ』大セールみたいな紹介をしてしまったが、「おかず単品15~25%オフ」キャンペーンは全16品が対象だ。 松屋によると予告なく終了する場合があるとのことなので、忘れずに有効活用すべし! 私は今日も家ごろ……つまり 家『ごろチキ』する予定である。 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

松屋テイクアウト限定キャンペーン PayPayと併用でさらにお得に

松屋 テイクアウト 割引

持ち帰り強化の施策を次々と実行 対象メニューは「プレミアム牛皿」「カレーソース」「カルビ焼肉単品」「キムカル皿」など。 プレミアム牛皿は通常300円(税込、以下同)だが、230円で提供する。 また、カレーソースは270円を200円に値下げする。 政府の外出自粛要請を受けて、弁当需要が高まっていることに対応する施策。 緊急事態宣言の対象となるエリアでは営業時間などを制限しているため、イートインの売り上げ減少を補う狙いもあるとみられる。 松屋はテークアウト限定の施策として、牛めしと生野菜を400円で販売している。 持ち帰りのおかず単品を割引の対象とするのは、大手牛丼チェーンの施策としては珍しい。 ライバルの吉野家では4月1〜22日、テークアウトに限り牛丼と牛皿を15%オフで販売している。 関連記事• 3月はコロナショックが外食チェーンを襲った。 大手外食チェーンのすき家と松屋の速報値が公開された。 どの程度影響を受けたのか。 大手牛丼チェーン3社のうち券売機を導入しているのは松屋だけだ。 生産性向上の切り札である券売機を吉野家とすき家は導入していない。 各社に見解を聞いてみた。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。 標準的な寿司の重さはほぼ一緒。 しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。 「生ビール1杯190円」という看板を見かける。 安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。 どんな狙いがあるのか。

次の