膝の黒ずみ 皮膚科。 膝の黒ずみは皮膚科で治療? ケアは市販クリームでも出来る?

黒ずみ

膝の黒ずみ 皮膚科

この色素が、ひざの表面に沈着することで 黒ずみの原因となってしまうんです…。 また皮膚が固くなってしまい、ひざ周りの角質層も厚くなるため、 黒ずみがなかなか治らないという状態になってしまうんですね。 膝(ひざ)をつく癖が無い人の場合は、洋服やストッキングなどの摩擦によって、 日常的にひざに刺激や負担がかかり 「黒ずみが発生している」ことも考えられます。 毎日仕事でストッキングを履いていたり、パンツを履くという人も多いと思いますが、 ひざに圧力がかかっている時の原因と同様に、日々の積み重ねによって、 摩擦による刺激でメラノサイトが活発に働くようになり、 メラニン色素が多く形成されるようになります…! 補足で少し伝えると 「日頃頑張ってケアしてるんだけどなぁ…」という人は、 膝(ひざ)の保湿ケアだけで終わっていませんでしょうか? 私もケアを始めた当初は、ニベアクリームを毎日一所懸命に塗っていましたが、 一向に効果なし・・・。 「こんなに頑張ってケアしてるのに、なんで!?」と思って調べたところ、 黒ずみを改善させるには黒ずみ専用のクリームで 「美白ケア」をする必要があることを知りました。 美白ケアについては後ほど詳しく説明しますが、 あなたも 私のように遠回りして失敗しないように気をつけてくださいね…! というわけで、以上の3つが 主な黒ずみの原因となります。 美容皮膚科は、シミやしわなど、肌トラブルを中心に解決してくれる病院です。 美容皮膚科では、黒ずみ対策として、飲み薬や塗り薬だけでなく、 ケミカルピーリングやレーザー治療など、黒ずみに即効性がある治療を行うことができます。 塗り薬や内服薬であれば、1回の処方で約30日分処方してもらい、 大体1,600~4,000円程度の受診料が掛かります。 一方、ケミカルピーリングは1回6,500円、レーザー治療は15,000~30,000円と 高額な費用が掛かってしまいます…。 黒ずみの程度によって、 治療内容は変わってくるので、 美容皮膚科を受診し、医師に適切な判断をしてもらうことで、黒ずみの悩みをしっかりと解決することができますよ。 ただここで注意点ですが、 硬化した肌にいくら保湿をしても意味はありません。 まず黒ずみを少しでも改善するために、 日々の保湿ケアで、あらかじめひざを柔らかくしておくことが大事です。 肌をピーリングなどで柔らかくすることによって、 皮膚に水分が入りやすい状態を作ることができます。 日常の生活の中で、摩擦や圧力が加わる行為が無いか、毎日しっかりと確認しましょう。 運動やヨガ、ストレッチの関係で、 どうしてもひざに圧力をかけなければならない場合は、 ひざに負担を与えないよう、タオルを敷くなどして、少しでも圧力を逃がすよう心がけてください。 ただし摩擦は、洋服を着なければならないため、ある程度は避けることができません。 そのため、まずクリームを塗る前に、 スクラブなどで角質のケアを入念に行っておきましょう。 でも、黒ずみを解消したい一心で、何度もスクラブを行うのは 逆効果なので注意してくださいね。 週に1~2回しっかりとスクラブでまず 角質ケアを行いながら、 その次に保湿をたっぷりと行い、最後に 黒ずみ専用のクリームで美白ケアをおこないましょう! もし今、黒ずみケアクリーム選びで悩んでいるなら、 この「」という 黒ずみケア専用クリームがイチオシですよ。 黒ずみケアを行うことができる「」は、 乾燥や摩擦による刺激など、黒ずみの対策をしっかりと行うことができるよう、 配合成分にこだわって作られています。

次の

黒ずみ・ザラザラ(角質)|美容皮膚科 青山外苑前クリニック|東京港区 青山一丁目駅

膝の黒ずみ 皮膚科

この記事の目次• 気がつけば黒ずみに 膝という場所は関節があるので、動かすことも多く「黒ずみ」とまでいかないまでも黒っぽく見える部位です。 でも注意しなくてはいけないのが、まっすぐに伸ばしていても黒っぽく見えるときです。 皮膚は刺激を受けることでメラニン色素を生成し、それが年月を掛けて積み重なることで色素が沈着して黒ずみとなっていきます。 膝は身体の部位で皮脂腺が少なく、皮脂も汗も少ない部分といえます。 皮膚が比較的薄い膝は掃除のときなどに床についたり、ジーンズやパンツを穿いたときなど皮膚に擦れたりすることで大きな刺激を受けてしまいます。 メラニン色素は弱い皮膚を守るために身体が作り出した防御作用で、黒ずみはその副産物といえます。 潤いも少ない部分であるため、ジーンズなど固い繊維を身に付けてさらに脚を組んだりすると負担はもっと大きくなります。 古い角質も関係しています 膝の黒ずみの原因となるのは、古い角質も関係しています。 お風呂に入った時、この古い角質を取り除こうとして軽石やナイロンの手ぬぐいを使って仕舞うと、それも刺激になるので良くありません。 膝の黒ずみを隠そうとして、女性のなかにはファンデーションを塗る方もいます。 ですがファンデーションで隠すのは一時的な対処方法ですし、ファンデーションが落としきれずに汚れとなってしまうので止めるべきでしょう。 膝の黒ずみを予防するためには、日頃から小さな努力を積み重ねていくことが大切です。 正しい対処方法としては、 メラニン色素を沈着させないように皮膚に刺激をなるべく与えないようにします。 ジーンズやストッキングもきついサイズは穿かないようにすることや、蒸れたりしたときはお風呂に入って皮膚を清潔に保つことが重要です。 黒ずみの治療方法 膝の黒ずみを治療するならば、皮膚科へ行くことも良いでしょう。 皮膚科には一般皮膚科と美容皮膚科があり、注意すべきなのが一般皮膚科では膝の黒ずみに対応していない場合もあることです。 一般皮膚科へ行くときには、まず問い合わせをすることが必要です。 皮膚科での治療ではハイドロキノンとトレチノインというクリームによる治療が行われます。 ハイドロキノンでの治療は3ヶ月から1年を目安とします。 ハイドロキノンはメラニン色素を還元する美白効果があり、皮膚科では使用濃度が最大4%から5%の薬が処方されます。 ただし、この薬は使うのを止めると元に戻る性質(可逆性)があるので、医師の指示に従って使用しましょう。 トレチノインはやはり3ヶ月から1年の治療期間を必要とします。 皮膚の新陳代謝を促す効果があり、古い角質を強制的に取り除き新しい細胞を作る効果をもっています。 治療費がネックに 皮膚科で膝の治療を行うとき、美容皮膚科であれば美白クリーム以外の選択肢も用意されています。 メラニン色素の沈着ではレーザートーニングやイオン導入などの専門的な治療方法があります。 黒ずみの原因が毛穴であるときには、ケミカルピーリングや埋没した毛を取り除くレーザー脱毛も受けることができます。 ただし、 美容皮膚科では健康保険は適用されませんので、費用が高くなる事は承知しておかなくてはなりません。 治療は2週間から3週間に1度行い、それぞれ症状にもよりますが1回では完了することは無理なので数回通院する必要があります。 また、皮膚科で治療するほかに、食生活にも注意することが重要です。 食事でメラニン色素の生成を抑制するビタミンCや、新陳代謝を促し活発にしてくれるビタミンEを摂り入れてください。 これらを同時にすることで、通院回数を減らせるかもしれません。 まずはクリームを使ってみよう 季節によって膝が見えて仕舞う服装になるので、早く黒ずみを無くしたいと考えてしまいます。 でも、皮膚科での治療には思わぬ治療費用を用意しておく必要があります。 ですので、まずは美白クリームを使った治療を行ってみてはいかがでしょうか。 20代や30代の女性ならば新陳代謝も早いので、美白クリームの効果も1週間から2週間ほどで実感できることもあります。 市販の美白クリームを選ぶ場合は、医薬部外品であることや保湿成分であるヒアルロン酸を含むこと、それに無添加であることです。 ヒアルロン酸を含む美白クリームであれば潤いを保つことが出来、メラニン色素の生成を抑えることができます。 無添加にこだわる理由は、皮膚の刺激となるものや石油系界面活性剤が含まれているとかえって黒ずみを助長してしまう原因になるためです。 日頃から努力 気がついたら、膝が黒くなっていたなんて悲鳴を上げたくなる瞬間でしょう。 これは誰のせいでもありません。 膝の黒ずみは、自分の習慣から出来た結果なのです。 でも気付いたのですから、治すことも始められます。 膝を床についたりきついパンツは今日からやめて、膝を思いやる日々に切り換えるべきです。 美白クリームを使いながら優しくマッサージすることや身体のためになる食事を摂ることも忘れないで下さい。 黒ずみケア用美白クリーム 金額・効果の面から、総合的におすすめの美白クリームをまとめました。 「医薬部外品」として、効果が国に認められています。 保湿と美白のために、1日2回気になる箇所に塗りましょう。 1%と圧倒的な支持率な高さが特徴です。

次の

ひじ・ひざの黒ずみには!

膝の黒ずみ 皮膚科

膝の黒ずみは皮膚科でいい? 膝の黒ずみ、毎日の生活習慣で徐々に黒ずんでいっているんだろうけど、普段、あまり意識していないだけあって、スカートをはいた時に、ギョッとする事...ありますよね(汗) 膝の黒ずみの原因は、主に 乾燥 や 紫外線 、摩擦 、普段の生活の中で床に膝をよく付く人も膝が黒ずみやすいです。 皮膚の黒ずみなので、皮膚専門の皮膚科へ行くといいですが、美容整形 や 美容クリニック などで受診するのも、見た目の美しさにこだわるという部分ではおすすめですね。 膝の黒ずみは治療できる? 膝の黒ずみの治療は、やっぱりレーザー治療!? というイメージなのですが、皮膚科での治療は一般的には、美白効果の高い ハイドロキノン や、 トレチノイン と呼ばれる、肌のターンオーバーを促す成分の入った塗り薬を処方される事が多いです。 もちろん、皮膚科に行ったからと言って、すぐに膝の黒ずみがキレイに治るという訳ではなく、何度も通院する必要が出てきますし、手早く黒ずみを消すなら、美容整形でのレーザー治療がいいですが、レーザーによる治療はリスクも高く、またウン万円という高額な料金がかかってくる事もネックになってきます。 スポンサーリンク 黒ずみケアは市販クリームでも出来る? 膝の黒ずみ...私自身、独身の頃は保育士で乳幼児を担当していた事があり、床で膝を付いたり、ハイハイする小さい子供と一緒に膝に付けたまま移動したりする事が多く、気付いた時には私だけでなく、他の保育士の先生も膝小僧は黒く、皮膚も硬くなっていました。 いわゆる保育士さんあるあるかも(汗) まだ20代で若かった事もあり、スカートをはく機会も多く、保育士仲間でもこの膝の黒ずみ問題はよく話題になってましたね。 その当時は、ひざの黒ずみケア用のクリームとか売っていなかったので、入浴時にスクラブで硬くなった皮膚を擦ったり、顔用の美白クリームなどを塗るなどしていましたが、間違ったセルフケアをしてしまうと、余計に黒ずみが悪化してしまう事も...実際、私自身がそうでした。 最近は、膝の黒ずみケアに特化したクリームも売っています。 忙しい中で皮膚科に何度も通う事や、美容整形で高額な料金を払う事を思うと、自宅でセルフケアするのも1つの方法かと思います。 せっかく黒ずみケアをしていても、そういった習慣を見直さなければ、なかなか改善されません。 出来るだけ膝を付いたままにしないように、摩擦 や 乾燥 などの対策もしながらケアしていくといいですよ。

次の