エクセル タブ ショートカット。 【Excel】シート名のタブが消えたとき、再表示するには

Excel 2010 Excel 2010ショートカットキー一覧

エクセル タブ ショートカット

Excelではブックをファイルとして保存し管理しますが、1つのブックの中には複数のワークシートを含めることができます。 ここではブックの中にワークシートを追加したり任意のワークシートの前に挿入したりする色々な方法について解説します。 Excel2016では新しいブックを作成すると自動的にワークシートが1つ作成されます 新規ブック作成時のワークシートの数の変更方法は別のページで解説します。 現在作成されているワークシートの数を確認するにはブックの下部を見て下さい。 ブックに含まれるシートの数だけタブが表示されています タブが表示されているところはシート見出しバーと呼びます。 現在は「Sheet1」と表示されたタブが1つだけなので作成されているワークシートは1つだけです。 ちなみにこの「Sheet1」というのがワークシートの名前で名前が表示されている部分が見出しになります。 ブックにワークシートを追加するには、画面下部に表示されているシート見出しバーにある「+」をクリックして下さい。 ワークシートが追加されました。 シート見出しバーを見て頂くと元々あった「Sheet1」に加えて「Sheet2」が追加されていることが確認できます。 ワークシートが追加される位置は選択されていたワークシートのすぐ後ろになります。 ではもう一度「+」をクリックしてみて下さい。 ワークシート「Sheet3」が追加されました。 このように同じ手順を繰り返すことでブックにワークシートを追加していくことができます。 「ホーム」タブからワークシートを挿入することもできます。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックにワークシートが挿入されました。 「+」をクリックしてワークシートを追加した場合と異なり、今回はワークシートの挿入なので、選択されていたワークシートの前に新しいワークシートが挿入されます。 よって位置としては「Sheet3」の前に「Sheet4」が新しく追加されています。 ワークシートの挿入はショートカットを使って行うこともできます。 頻繁にワークシートを挿入される作業を行う場合は覚えておくと便利です。 ワークシートの挿入を行うショートカートは[Alt]+[Shift]+[F1]、または[Shift]+[F11]です。 どちらでも同じようにワークシートが挿入せれます。 ・[Alt]+[Shift]+[F1] ・[Shift]+[F11] 実際に試してみます。 次のようにワークシートが並んでいて「Sheet3」が選択されている時に[Alt]+[Shift]+[F1]をクリックします。 「Sheet3」の前に「Sheet5」が挿入されました。 また現在「Sheet5」が選択されていますが、今度は[Shift]+[F11]をクリックしてみると「Sheet5」の前に「Sheet6」が挿入されました。 このようにショートカットを使用してもワークシートを挿入することができます。 シート見出しバーに表示されている見出しを右クリックすることでもワークシートを挿入することができます。 例として「Sheet6」の見出し上で右クリックして下さい。 表示されたメニューの中から「挿入」メニューをクリックして下さい。 何を挿入するのかを選択するウィンドウが表示されます。 今回は「ワークシート」を選択し「OK」をクリックして下さい。 「Sheet6」の前に「Sheet7」が挿入されました。 複数のワークシートを同時に挿入することができます。 挿入したい数のワークシートを選択して下さい。 ワークシートを同時に選択する方法は「」を参照して下さい。 今回は2つのワークシートを選択しました。 なおワークシートそのものがコピーされるわけではないのでどのワークシートを選択されても同じです。 いくつのワークシートを同時に選択しているかだけが重要です。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックに2つのワークシートが挿入されました。 たくさんのワークシートを挿入されたい場合などに利用されてみて下さい。

次の

【Excel】シート名のタブが消えたとき、再表示するには

エクセル タブ ショートカット

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 左下に表示されているはずのシートのタブ(Sheet1など)が何もない。 再表示するなら、次の手順で行います。 「ファイル」タブをクリック• 左下にある「オプション」をクリック• 「Excelのオプション」が表示される• 左側の「詳細設定」を選択• 「シート見出しを表示する」の項目にチェックを入れて「OK」ボタンを押下• シートのタブが表示された! あるはずのモノがないと、ビックリしてしまいますよね。 画像も使って解説したので、手順通りにやっていけば表示されるようになります。 一部の非表示にしたシートを再表示する方法も、あわせて紹介しています。 目次(リンク)• 消えたシートのタブ(シート見出し)を再表示するには シートのタブが1つも表示されていないとき、次の手順で再表示します。 やり方は、オプションから設定を変更します。 「Excelのオプション」から設定する Excelのオプション画面を開く方法は2通りです。 1つ目は、「ファイル」タブをクリックします。 左下の「オプション」をクリックすると開きます。 もう1つの方法は、「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」の、「その他のコマンド」からです。 「Excelのオプション」画面が開きました。 詳細設定をクリックします。 詳細設定内の真ん中よりやや下あたりに、 「シート見出しを表示する」の項目があります。 チェックが入っていない設定のため、シートのタブが表示されていません。 表示するには、チェックを入れて「OK」ボタンを押すだけです。 シートのタブが表示されました。 非表示にしたシートを再表示するには 全部ではなくて、一部のシートが表示されていないときには、シートの再表示を行います。 シートのタブを右クリックし、「再表示」をクリックします。 エクセルのバージョンによっては、右クリックしても「再表示」の選択肢がありません。 再表示するシートの選択肢が表示されました。 もしも非表示にされているシートが無ければ、再表示するシートの選択肢が表示されないか、「シートの再表示」が非活性で押せなくなっています。 再表示するには、対象のシートを選択して「OK」ボタンを押下です。 消えていたシートが表示されました。

次の

Excelショートカットキー53選【仕事が早い人は使っている】

エクセル タブ ショートカット

エクセルの操作で知っておくと便利なショートカットのうち「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」をご紹介します。 WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。 あらかじめご了承ください。 シートの移動 ブック(シートを1つにまとめたファイル)内で、今作業しているシートから別のシートに移動するときに使う操作です。 Windowsの場合• 前のシートに移動:〔Ctrl〕キーを押しながら〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• Windowsの場合• 現在のシートと前のシートを選択:〔Shift〕キーを押しながら〔Ctrl〕キーと〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• 新しいワークシートを追加:〔Shift〕キーを押しながら〔F11〕キーを押す これはWindowsもMacも共通の操作です。 ショートカットを上手に使いこなそう! よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。 ぜひ今日から活用してみてください。 Officeを使うなら月額払いのOffice 365がオススメ Office 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。 今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。 また、サポート終了の心配もありません。 BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。 利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

次の