海外旅行 可能国。 いつから海外旅行できる?コロナの影響【ANAにも電話で聞いた話】

韓国人が「海外旅行が可能になれば行きたい国ランキング」4位に日本

海外旅行 可能国

各国の入国制限や渡航に関する対応は予告なく変更になる場合があります。 にて最新の情報をご確認ください。 ポルトガル:早くも受け入れ再開 ポルトガルの外務大臣であるアウグスト・サントス・シルヴァは、『オブセバドール』紙とのインタビューで 「ポルトガルは国境を再開した。 観光客を歓迎する」と述べた。 飛行機で到着した旅行者は強制的な隔離もなく入国が可能になったとのこと。 ただし、健康状態の最小限の確認は国の方針に沿って行われる。 国際線旅行者を首都アテネと北部テッサロニキの空港で受け入れる予定。 海外からの観光客受け入れは段階的、中国や韓国などアジア地域が受け入れ対象国に含まれる可能性が高いとのこと。 6月20日までには多数の国を対象にした渡航規制が全面的に解除される見通しとなっている。 実施すれば、14日間の隔離なくグアムへの入国が可能となり、観光再開への第一歩となる。 入国制限緩和の対象となるのは、日本、韓国、台湾のパスポート保持者とのこと。 参考: ハワイ:7月〜観光業再開の可能性 ハワイ州のグリーン副知事は、PCR検査の実施で感染リスクを最小限にすることで、 観光業を7月にも再開できるかもしれないという見解を示しました。 ハワイが最初に受け入れるべきは、日本、ニュージーランド、オーストラリアの旅行者だとも述べています。 参考: スペイン:7月〜外国人観光客受け入れ再開 アランチャ・ゴンザレス・ラヤ外相は以前、具体的な日程は明かさなかったものの、 渡航者の隔離措置は7月に解除されるだろうと述べていた。 また、英格安航空イージージェットは、6月15日から欧州の22の空港からのフライトを再開予定とのこと。 参考: スリランカ:8月〜外国人観光客受け入れ再開 大統領府は5月26日、新型コロナウイルス感染防止タスクフォースからゴダバヤ・ラージャパクサ大統領に対し、 海外からの観光客を受け入れるため8月1日より空港を再開する提案があったと発表した。 海外からの観光客受け入れのためには、国内外の専門家の定める保健衛生ガイドラインに従う必要性を強調したとのこと。 10月のバリ島の平均気温は27度でとても快適に過ごせそうです。 参考: 海外航空券・ホテル予約のおすすめサイト 最安値の海外航空券の検索なら、 スカイスキャナーがおすすめ! スカイスキャナーは、石油サーチャージ料や空港使用料などの付加料金も全て込みの金額で表示されるのでわかりやすいです。 コロナ影響でまだまだ先行きが不安定の中の予約となりますので、 キャンセル規定をよく確認の上、キャンセル可能な航空券を購入すると安心です。 海外ホテル予約なら、 Booing. comがおすすめ! 特に期間限定セールのお得ホテルが多数掲載されているので、まずはBooking. comで検索! ホテル検索サイトの中でも、最安値で予約するなら Agoda(アゴダ)がおすすめ!Booking. comで良さげなホテルが見つかったらAgodaでも検索して比較してみましょう! <まとめ>2020年夏に海外旅行できそうな国や地域 今年の夏に行けそうな国のまとめです。 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 レベル3:渡航は止めてください。 渡航中止勧告 つまり、いくら諸外国が外国人観光客を受け入れ開始したとしても、 日本側が不要不急の渡航は止めるよう呼びかけている以上、実際海外に行くのは難しいかと思います。 また、渡航先から日本に帰国した際も、新型コロナウイルスまん延防止のために下記の措置が行われます。 全員に PCR 検査が実施され、検査結果が出るまで、自宅等、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくことになります。 入国した次の日から起算して 14 日間は、事前に申告いただいたご自 宅又はご自身で確保したホテル等にて待機していただきます。 その際、 自宅・ホテル等の待機場所からの外出や、公共交通機関(不特定多数が 利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用 しないでください。 参考: 外国人観光客として受け入れてもらえる体制が整ったとしても、 日本に帰国した際のことも十分考えておく必要がありますね。 1日も早く、以前のように安心して旅ができる日が訪れますように。

次の

海外旅行・旅にはいつ行けるか?どこの国が早く行ける様になるのか?

海外旅行 可能国

今夏の海外旅行事情 今夏の海外旅行は可能なのか? 気になって検索する人がとても多いようです。 特にこの記事。 今日まで結構なアクセス数を稼いでくれました。 ありがたや。 5月下旬の時点では『ヨーロッパが旅行客の受入を検討開始か』というところまででした。 最新情報 あれからまた随分状況が変わりました。 ということで今回は2020年6月5日現在で出ているニュースをまとめていきます。 しかしそれはというか、CEOの嘆きが飛躍に飛躍を重ねただけだったようです。 後日のCEOは先の報道を否定しています。 と言えば、と言えばですよね。 また、お金を落としてくれる東アジアの国からの観光客に対しては入国制限を緩和すべきだとしています。 コロナに感染していないという医療診断書を所持していること、そして入国時の検査で陰性であれば中国、香港、台湾、韓国、からの客を受け入れるべきだと。 何でも、中国人より 日本人の方がスペインにお金を落としているんですって。 日本人観光客がスペイン経済に与える影響は無視できないようです。 ああ、確かに、去年を訪れたときに同じようなことを感じました。 イギリス、フランス、イタリアでは常に中国人があふれていますが、スペインでは思っていたほどいなかったな、と。 イギリスへそう簡単に行くことができなくなりましたね。 この辺りは観光やビジネス需要が常にあるから入国制限が長引けば長引くほど不便だよね。 オンライン会議だけでは限界があるし。 これはドイツのすばらしい医療体制があってこそです。 こういう柔軟なところが私は好きです。 日本もこれをしてくれたらいいのに。 まあ無理だろうけどさ。 家族や親戚でないと会えない国境って何なんだろう。 結婚していてもしていなくてもパートナーには変わりないのにね。 早く再開して採算取りたいでしょう。 韓国行の航空券を買うなら今だと思います。 スカイスキャナーでは8月の航空券が往復1万円とかですよ。 ただし購入の際はキャンセル規定にしっかり目を通すことが必要です。 購入価格より高いキャンセル料を取られる可能性がありますのでご注意を。 日本入国時に課せられる2週間の隔離措置も現段階では解除されていませんし、安全に旅行できる条件が完璧に揃うまでは安易に旅行を決めない方がよさそうです。 それにより、航空券の返金に大幅な遅れが出ています。 しかしお隣のスペインから人が押し寄せたら第二波、第三波が来そうで怖い。 コロナの封じ込めに成功している台湾が外国人の受入に慎重になるのは分かります。 夏を超えて様子を見てから、というのは正しいと思います。 日本とヨーロッパを繋ぐ航空会社として、中東御三家としても人気の航空会社です。 そんながヨーロッパ線の運航再開を果たしています。 や大韓のマイルも豪快に貯まるし 2万くらい 、ヨーロッパ好きにはもってこいの航空会社です。 カ国民であること、永住権やビザを持つ人でなければ入国が難しいのが現状です。 しかし9月になると入国制限が少しは緩和される可能性があり…うん、あるにはある。 カは第一波が全くもって収束する気配がないですが、もしデルタに乗ることがあれば、3-3の真ん中の席はブロック、2-2でも一部の通路側をブロックするそうです。 おまけ 日本の観光に関するニュースも一応貼っておきます。 旅行会社を通じて旅行しない個人旅行者には無関係の話です。 お疲れ様です。 海外旅行好きにとってうれしいニュースがこれです。 ゼロ! デルタももちろんゼロ。 というように、各航空会社が2020年6月~7月発券分のを徴収していません。 来春や来夏の旅行の予約をするなら今しかない! カやヨーロッパだと往復で2万円くらい変わってきますから。 実際、大韓のマイルで来春のロンドン行の特典航空券を検索したら5月の時点で各種税金込で 4万円台でした。 今月に入って同じ日程で検索すると 2万円台! なんとお得な! 2万円台で日本からロンドンに行けるとは! これはポチるしかないか…?と悩んでいます。 今夏中に来年の航空券を買っておけばかなりお得に旅行できますよ。 まとめ 経済を観光業に頼っている国が早々に開国するのは分かります。 だからと言って安易にしても、日本に帰国後に2週間の隔離措置が継続している可能性が高いです。 ・観光するのは自由ですが、帰国後のこともしっかり考えてからにしてください。 やっぱり今夏は 海外に行くの、やめとこう? 外国人とのアレコレを綴るブログも宜しくお願いします。 今週は『外国人彼氏は某のアナウンサーの真似がお得意?』と『外国人パートナーを求める日本女子が検索するワード』の二本立てです。 eurotravellermay.

次の

アライバルビザって何?空港到着後に取得可能な便利なビザプログラムを解説!!

海外旅行 可能国

福利厚生が充実している公務員ですが、海外旅行に行きやすいのか? 近場の国ならまだしも、滞在日数が長くなりやすい国もあるので、実情が気になりますよね。 実際に行きやすいのか、許可は必要なのか、またどこの国でもOKなのか、お話ししたいと思います。 公務員の休暇は? 公務員は民間企業より、有給休暇を取りやすい面はありますが、海外旅行となると日数を確保する必要があります。 近場の国 韓国や台湾、香港など なら、短い日数で行けますが… アメリカ、ヨーロッパなどの国になると、行くまで時間もかかりますし、滞在日数も長くなりやすいです。 またいろいろな国に行ってみたい、という方は、どんな国でも行けるのか、それには許可が必要なのか、気になりますよね。 ここで公務員の休暇について書きます。 まず年末年始の休暇 12月29日から1月3日 があります。 年末年始は1月3日までの休暇なので、民間企業と比べると、短いと感じる方もいると思います。 4日くらいまで、休みの企業もあるので…。 また意外と知らない方もいるようですが、公務員にはお盆休みがありません。 その代わりに夏季休暇を7月から9月までの間に、連続して3日間取得することができます。 この他、年次有給休暇があります。 公務員の年次休暇は、基本的に1年間に20日間です。 採用の年 4月の場合 は、15日ですが、それ以降は20日になります。 また年次休暇を消化できなかった場合、20日までは次の年に繰り越すことができます。 実際に海外旅行に行ってるの? 公務員の年末年始休暇は6日休みがあるので、この期間に海外旅行へ行くことはできますが、旅行代が高いですし、帰省される方も中にはいます。 でも前述したとおり、夏季休暇は7月から9月まで、連続して3日間休めます。 お盆の時期は旅行代が高くなりますが、その期間を避けて取得することができるわけです。 夏季休暇が3日と聞くと、短いと感じますが、これに年次休暇を取得できるので、連休にすることができます。 さらに土日、祝日を上手く利用して休むこともできます。 近場の国だけでなく、遠くて日数が必要な国でも行くことは可能です。 もともと旅行に興味がない、という方もいるんですけどね。 実際に夏季休暇に年次休暇をプラスして、休んでいる職員も多いです。 旅行が好きな方は、この夏季休暇を使って海外に行っている職員もいます。 先ほど年次休暇は、繰り越しもできるとお話ししましたが、たまってくると最大で40日になります。 たまっている職員もいます。 またプレミアムフライデーの記事でも書きましたが、公務員は民間企業より年次休暇が取りやすいです。 それゆえ、公務員は海外旅行にも行きやすいです。 参考: 年末年始、夏季休暇以外でも行ける? でも海外旅行となると、行く季節も気になりますよね。 民間企業の友人と旅行に行くとなると、日付を合わせなければなりません。 年末年始、夏季休暇以外でも、海外に行きたい、という方もいるのではないでしょうか。 例えば10月中旬など 近場の国であれば、土日祝日の前後に年次休暇を取る方法もあります。 ですが滞在日数が長くなりやすい国はどうなのか? これについては、忙しい時期でなかったり、あまり頻繁でなければ、行くことはできます。 実際に年末年始、夏季休暇以外でも、休暇を取って海外旅行に行く職員もいます。 とはいえ、やはり気を遣う職員もいるので、次の年は夏季休暇を利用するなど、臨機応変に対応しているようです。 年末年始の場合 年末年始の場合、年次休暇消化の関係で、年末に休みを取る職員が多いです。 中にはクリスマス休暇も含めて、休みを取る職員もいます。 年始に休みを取る職員もいますが、仕事始めに役所に誰もいない、というわけにはいかないので、このへんも臨機応変になってきます。 もちろん年末 仕事納め の場合も同様です。 海外に行くなら申請書が必要? また国家公務員が海外旅行に行く場合、基本的に「海外渡航申請書」が必要になります。 海外の場合、どんな近場の国に行く時でも、提出が義務付けられています。 とはいえ、申請書を書くのは、大変ではありません。 これについては、あまり心配することはないです。 ではどこの国でも許可されるのか、次にお話しします。 どの国でも許可される? 結論から申しますと、全ての国に許可が得られるわけではありません。 これは公務員以外でも言えることですが、外務省では海外地域の危険レベルを提供しています。 また国交のない国は、許可を得るのが難しいです。 許可を得られる国は多いですが、やはり危険レベルの高い地域は、許可が出ない可能性もあります。 まとめ 公務員には年末年始、夏季休暇の他に、年次有給休暇を取得することができます。 年次有給休暇は取得しやすいので、海外旅行にも行きやすいです。 公務員にはお盆休みはありませんが、7月~9月の間に、連続して3日夏季休暇を取れるので、旅行代が高い時期を避けて行くことも可能です。 年末年始、夏季休暇以外でも、忙しい時期をはずしたり、頻繁でなければ行っている職員もいます。 また国家公務員の場合、海外旅行に行く際は、海外渡航申請書の提出が必要になります。 許可を得られる国が多いですが、国交のない国や、危険レベルの高い地域は行けない可能性もあります。 〈関連記事〉.

次の