池田泉州銀行カードローン 返済。 3種ある池田泉州銀行のカードローンを返済方式で選ぶ時の注意

池田泉州銀行カードローンを増額する3つのリスクと緊急時の対処法

池田泉州銀行カードローン 返済

2019年12月11日 あなたは池田泉州銀行という地方銀行をご存知ですか?池田泉州銀行は大阪府大阪市に本店を置く地方銀行でして、そんな池田泉州銀行では、【キャッシュ一体型カードローン】という名称のカードローンを提供しています。 「池田泉州銀行のカードローンの特徴は?」• 「他社のカードローンと比べてどうなの?」• 「利用するメリットはあるの?」• 「審査の条件を知りたい」 この記事ではこのような疑問を持っているあなたに、池田泉州銀行が提供する【キャッシュ一体型カードローン】の特徴や他社との違い、審査の条件などを紹介したいと思います。 ちなみに池田泉州銀行では【キャッシュ一体型カードローン】の他に、池田泉州銀行との取引期間が2年以上ある方のみが利用できる【MaxV】というカードローンも提供しています。 この【MaxV】に関しては、ページ下部にて紹介しておりますので、 「池田泉州銀行を2年以上利用している」という方は、是非ご覧ください。 地元の池田泉州銀行だから、で選んでいませんか? あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは? 地元の池田泉州銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません! 即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。 キャッシュカード一体型のカードローン• パート・アルバイト、年金受給者も申し込み可能• 金利は一律年14. 限度額は300万円まで 池田泉州銀行が提供するキャッシュ一体型カードローンは、その名の通りキャッシュカード一体型のカードローンとなっており、専用のローンカードなどは特に発行されません。 また、 パート・アルバイト、年金受給者の方も申し込み可能となっており、申し込みへのハードルは比較的低いカードローンです。 池田泉州銀行カードローンと他社カードローンの違いを比較 それでは、他社が提供するカードローンとの違いを具体的に見ていきましょう。 以下が池田泉州銀行カードローンと他社のカードローンの特徴を比較した結果です。 池田泉州銀行カードローンと他社カードローン比較一覧 カードローン 金利 契約限度額 来店不要 即日借入れ 池田泉州銀行カードローン 年14. 0%~14. 0~14. 8%~14. 0%~18. 5%~17. 5%と他社に比べると割高であることが分かります。 少額の借り入れであれば、あまり気にならない金利かもしれませんが、大口での借り入れを予定しているのであれば、みずほ銀行などの金利が安いカードローンを利用することをオススメします。 申し込みから契約までWEB完結可能• 新たに専用のローンカードを管理する手間がない• パートアルバイト、年金受給者も申し込み可能 以下で詳しく紹介していきます。 申し込みから契約までWEB完結可能 今となっては、来店不要で契約できるカードローンはたくさんありますが、池田泉州銀行カードローンも来店不要で契約可能なカードローンの1つです。 新たに専用のローンカードを管理する手間がない 池田泉州銀行カードローンはキャッシュカード一体型なので、新たに専用のローンカードを管理する必要がありません。 特に、「周りの人にカードローンの利用を知られたくない」という方は、専用のローンカードを所持することで「カードを見られてバレないかな?」という不安が付き纏います。 ですが、キャッシュカード一体型だと「カードを見られて周りの人にバレる」という心配もいりませんので、そのような方にとっては、とても大きなメリットになります。 パート・アルバイト、年金受給者も申し込み可能 池田泉州銀行カードローンは、パート・アルバイト、年金受給者も申し込み可能と、 申し込みへのハードルがとても低いカードローンです。 他社の銀行カードローンでは「パート・アルバイト、年金受給者は申し込み不可」のような条件を提示していることも多いので、こちらもメリットの1つだと言えます。 池田泉州銀行カードローンのデメリット 続いて池田泉州銀行カードローンを利用するデメリットも見ていきましょう。 金利が高い 池田泉州銀行カードローンの金利は一律年14. 5%と、銀行カードローンの中では割高になっています。 少額しか借り入れする予定がない人は問題ありませんが、大口での借り入れをする場合は金利の負担がとても多くなってしまいます。 毎月の最低返済額が高い 池田泉州銀行カードローンの最低返済金額は1万円からと、高めな返済金額が設定されています。 他社の銀行カードローンでは、最低返済金額は2,000円から利用可能なカードローンも多く、こちらは大きなデメリットと言えます。 申し込める地域が限られる 利用条件の1つに 「2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)にお住まいの方」という項目があり、こちらの地域に住んでいない方は申し込むことができません。 即日融資は不可能 池田泉州銀行カードローンに限らず、2018年から規制により全国の銀行カードローンの即日融資が不可能になりました。 「どうしても即日融資が必要」などの事情がある場合は、銀行ではなく消費者金融のカードローンを利用しましょう。 池田泉州銀行カードローンに向いている人と向いてない人 ここまでで池田泉州銀行カードローンを利用するメリット、デメリットを紹介しましたが、これらを踏まえた上で、池田泉州銀行カードローンの利用に向いている人、向いていない人の特徴を見ていきましょう。 向いている人 まずは池田泉州銀行カードローンの利用に向いている人の特徴から紹介します。 池田泉州銀行カードローンの必要書類 それでは池田泉州銀行カードローンに申し込む際に必要になる書類を確認しましょう。 本人確認書類 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証 収入を証明する書類 (借入れ限度額が50万円を超える場合) 源泉徴収票または住民税決定通知書 ちなみに本人確認書類として健康保険証を用意する場合は、健康保険証の他に、住民票(発行後3ヵ月以内のもの)または住民基本台帳カードが合わせて必要になります。 池田泉州銀行カードローンの審査条件 カードローンに申し込む際に一番気になるのが審査の流れや条件ですよね。 「審査の条件は?」• 「審査にはどれぐらい日数がかかるの?」• 「審査に通った人たちの口コミも知りたい」• 「在籍確認はあるの?」 ここでは、池田泉州銀行カードローンの審査基準から審査にかかる日数、実際に利用している人の口コミや、在籍確認の方法を紹介したいと思います。 審査条件 それでは審査の条件から見ていきましょう。 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方• 本人または配偶者に安定した収入のある方• 2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)にお住まいの方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方 ちなみに、東京支店、インターネット支店ではカードローンの取扱いをしていないので、注意しましょう。 審査にかかる日数 池田泉州銀行カードローンに申し込んでから2〜3営業日以内には審査の回答を得ることができます。 一般的な地方銀行では審査だけで1週間ほどかかることもあるので、比較的早く審査結果を知ることができます。 審査に関する口コミ それでは、審査を通過して実際に利用している方達の口コミを見てみましょう。 職業:パートアルバイト 年収:200万円未満 【審査スピード】 ネット申し込み後に3日後にメールがきました 【借入金利】 金利は比較的低く、納得できる範囲内 【サービスの質】 サービスは丁寧でしたが、少し連絡が遅かったのが残念かな 【借入のしやすさ】 地元では、借りやすくて結構有名ですよ 【返済のしやすさ】 毎月10日の自動引き落としですが、駅のATM(PatSat)も使えます 【満足度】 地元では、それなりに有名だけに時間はかかりましたが借りられました。 私は満足しています。 もしかしら混んでて遅れたのかもしれませんが これらの口コミを見る限り、キャッシュカード一体型という特徴に対して、とても評判がいいようです。 また、パート・アルバイトの方でも問題なく利用できていることから、審査の難易度としてもそこまで高くないことが予想できます。 在籍確認の方法 池田泉州銀行カードローンに申し込むと、審査の際に保証会社から勤務先に電話連絡する形で、在籍確認が行われます。 ただ、名乗りに関しては個人名で電話をかけてくれるので、変に勤務先に怪しまれるということはありません。 池田泉州銀行カードローンの借り入れ、返済方法 それでは、池田泉州銀行カードローンの借り入れ方法、返済方法について見ていきましょう。 借り入れ方法 池田泉州銀行カードローンでの借り入れは、以下のATMを利用して借り入れを行うことになります。 池田泉州銀行ATM• セブン銀行ATM• ローソンATM• イーネットATM• 駅のATM「Patsat」 基本的なコンビニに設置してあるATMで利用できるのはもちろん、関西方面の駅に主に設置されている「Patsat」でも利用することが可能です。 返済方法 続いて返済方法を紹介します。 池田泉州銀行カードローンでは、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に口座から引き落とされる形で返済が行われます。 また、余裕がある時は毎月の引き落としに加えて、ATMや池田泉州銀行の窓口から随時返済も可能です。 ちなみに返済金額は、返済日前日の借り入れ残高によって以下のように変動します。 借り入れ残高 返済額 1万円以上50万円以下 1万円 50万円超100万円以下 2万円 100万円超200万円以下 3万円 200万円超300万円以下 4万円 カードローンMaxVの特徴 ここまで【キャッシュ一体型カードローン】を紹介してきましたが、池田泉州銀行ではもう1つ【MaxV】というカードローンも提供しており、以下のような特徴があります。 池田泉州銀行と2年以上取引している方のみ利用可能• キャッシュカード一体型のカードローン• 金利は一律5. 95%• 限度額は500万円 MaxVは池田泉州銀行と2年以上取引している方のみが利用可能など、申し込みへのハードルがかなり高いですが、その分5. 95%という格安な金利で利用することができるカードローンです。 また、MaxVもキャッシュカード一体型のカードローンになっており、専用のローンカードなどは発行されません。 カードローンMaxVのメリット、デメリット それではMaxVを利用するメリット、デメリットを見ていきましょう。 メリット MaxVを利用する最大のメリットは、その格安な金利です。 一律5. 95%という金利は他の銀行カードローンでも中々ない金利なので、 利用する価値は大いにあるカードローンだと言えます。 デメリット 一方、MaxVを利用するデメリットとして、申し込みへのハードルの高さが挙げられます。 MaxVの申し込みの条件はとても厳しく、以下の条件をクリアしている必要があります。 契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満の方• 税込年収が400万円以上の方• 現在のお勤め先に2年以上勤務されている方• 池田泉州銀行の営業エリア内にお住まいの方 ご覧の通り、 申し込める方はかなり限られてしまいますが、その分、圧倒的に安い金利で利用することが可能です。 まとめ 今回は池田泉州銀行のカードローン、【キャッシュ一体型カードローン】、【MaxV】の2つのカードローンについて紹介しました。 特にMaxVは申し込みの条件さえクリアできれば、一律5. 95%という低金利で利用することができるので、条件に該当する方はぜひ利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

次の

池田泉州銀行カードローンの返済方法と遅延しないための注意点|返済できなそうなときの対応

池田泉州銀行カードローン 返済

記事の目次• 0%の固定金利を採用 池田泉州銀行が提供している「パッとサッと」というのは、カードローンの一種となっていて、利用限度額の範囲内なら何度でも借り入れをすることが出来ます。 池田泉州銀行の「パッとサッと」の特徴としては、利用限度額が低くなっているということが挙げられます。 10万円と30万円の2パターンのみとなっていますので、初めから使いすぎないように設定されていることが特徴的です。 貸付金利に関しても年14. 0%となっていて、こちらは一般的な銀行系カードローンと同じくらいの貸付金利となっていますので、 消費者金融系のカードローンを利用するということを考えるのなら「パッとサッと」のほうが毎月の利息が少なくなるということになります。 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資というサービスが提供されていて、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としなどで口座が残高不足になってしまった場合でも利用限度額の枠内で自動的に融資をしてくれるために万が一の場合にも安心することが出来ます。 ただし、利用限度額の上限に達している場合には利用することが出来ませんので注意して下さい。 0%(実質年率) 返済方式 借入残高スライドリボルビング方式 返済方法 口座振替返済、またはATM返済 申し込み資格• 申し込み時の年齢が満20歳~満65歳未満の方• 安定して継続した収入がある方• 株式会社池田泉州JCBの保証を受けることが出来る方• 当行の営業区域内に居所がある方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方 担保・保証人 原則として不要 遅延利率 19. 9%(実質年率) 入会金・年会費 なし 必要書類• 本人確認資料(以下の(1)~(3)のいずれか1点) (1)運転免許証のコピー (2)健康保険証のコピー (3)パスポートのコピー• 利用限度額の希望額が30万円の場合は、所得証明書類(以下の(1)~(2)のいずれか1点) (1)源泉徴収票 (2)住民税決定通知書• 返済用預金口座の届出印 池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際の流れについて こちらでは、池田泉州銀行が提供している「パッとサッと」を利用する際に発生する手続きの流れについて詳しく紹介していきます。 池田泉州銀行の「パッとサッと」というのは、冒頭でも紹介したように利用限度額が低いために使い勝手が悪いように見えてしまうかもしれませんが、貸付金利については通常の銀行系カードローンのように低くなっていますので、万が一に備えて財布の中に忍ばせておくには最適のカードローンとなっています。 そんな池田泉州銀行の「パッとサッと」を 利用する際の手続きについては、下記のように5つのステップによって構成されていることが特徴的です。 店頭窓口で申し込みの手続きをする• 審査が開始されて、結果が通知される• 店頭窓口で契約締結の手続きをする• ローンカードが発行されて、自宅に郵送される• ローンカードを受け取り次第、利用を開始する これらの手続きをすることによって、「パッとサッと」を利用することが出来るようになります。 手続きの流れだけを見ていると、一般的に提供されている銀行系カードローンの手続きと変わらないということが挙げられますが、消費者金融系のカードローンを利用する際の手続きと比較すると、時間が掛かってしまいます。 利用限度額が低く、貸付金利については他の銀行が提供しているカードローンと大きく変わらないということになりますので、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際のメリットが分からないという人も多いと思われますが、 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資サービスを利用することが出来ます。 自動融資サービスというのは、公共料金や家賃、クレジットカードの引き落としなどで口座の残高が不足している状態だと、返済を遅滞しているという状況になってしまいますが、 「パッとサッと」の利用限度額の上限に達していない場合は、「パッとサッと」から自動的に融資が実行されるというサービスになっています。 引き落としが遅れるということが続いてしまうと信用情報機関に記録が残されてしまうということになりますので、そうすると新規にローンを契約したり、携帯電話の契約をしたりする際に、不利になってしまう可能性があります。 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資サービスを利用することが出来ますので、 万が一の場合にも安心することが出来ますので、自動融資サービスが付与されているカードローンだということが「パッとサッと」のメリットとなっています。 注意点としては、「パッとサッと」の利用限度額が上限に達していると自動融資サービスを利用することが出来ませんので、その点に関しては注意しなければいけません。 池田泉州銀行の「パッとサッと」の借り入れ方法や返済方法について こちらでは、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。 まずは 借り入れ方法から紹介していきますが、池田泉州銀行の「パッとサッと」は通常のカードローンと同じように利用することが出来るローン商品となっています。 そのため、借り入れ方法についても一般的なカードローンと同じように、池田泉州銀行が提携している金融機関のATMからローンカードを使って借り入れをすることが出来ます。 実際の借り入れ方法についてはキャッシュカードを使って現金を引き出す場合と同じ操作となっているために問題ないと思われますが、 提携ATMにローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をするだけで借り入れの手続きを完了することが出来ます。 注意点としては、利用するATMによって利用可能時間や利用の際に発生する手数料が異なりますので、その点に関しては注意するようにして下さい。 次に 返済方法について紹介していきますが、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際に用意されている返済方法は、 指定の預金口座から利用限度額に応じた金額が自動引き落としされるという返済方法になっています。 池田泉州銀行の「パッとサッと」は、利用限度額が10万円のタイプと30万円のタイプの2つが用意されていますが、 10万円の場合は月々5千円となり、30万円の場合は月々1万円の自動引き落としによって返済をするということです。 利用残高が定められた返済額に満たない場合は、利用残高の全額を引き落とすことによって完済という扱いになります。 返済日は毎月の10日となっていて、10日が池田泉州銀行の休業日の場合は翌営業日に引き落とされることになり、返済を遅滞すると遅延損害金が発生することになりますので注意して下さい。 自動引き落としによる返済方法の他には、 提携ATMや店頭窓口から任意で返済をすることも可能になっています。 こちらは基本的に元金のみの返済という扱いになってしまいますが任意返済を利用することによって、早期に完済することが出来るようになりますので、結果的に支払う利息の総額を減らすことが出来るようになります。 そのため、返済資金に余裕がある場合は積極的に任意返済を利用するようにして下さい。

次の

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンとMaxⅤのスペックと審査基準とは

池田泉州銀行カードローン 返済

記事の目次• 0%の固定金利を採用 池田泉州銀行が提供している「パッとサッと」というのは、カードローンの一種となっていて、利用限度額の範囲内なら何度でも借り入れをすることが出来ます。 池田泉州銀行の「パッとサッと」の特徴としては、利用限度額が低くなっているということが挙げられます。 10万円と30万円の2パターンのみとなっていますので、初めから使いすぎないように設定されていることが特徴的です。 貸付金利に関しても年14. 0%となっていて、こちらは一般的な銀行系カードローンと同じくらいの貸付金利となっていますので、 消費者金融系のカードローンを利用するということを考えるのなら「パッとサッと」のほうが毎月の利息が少なくなるということになります。 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資というサービスが提供されていて、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としなどで口座が残高不足になってしまった場合でも利用限度額の枠内で自動的に融資をしてくれるために万が一の場合にも安心することが出来ます。 ただし、利用限度額の上限に達している場合には利用することが出来ませんので注意して下さい。 0%(実質年率) 返済方式 借入残高スライドリボルビング方式 返済方法 口座振替返済、またはATM返済 申し込み資格• 申し込み時の年齢が満20歳~満65歳未満の方• 安定して継続した収入がある方• 株式会社池田泉州JCBの保証を受けることが出来る方• 当行の営業区域内に居所がある方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方 担保・保証人 原則として不要 遅延利率 19. 9%(実質年率) 入会金・年会費 なし 必要書類• 本人確認資料(以下の(1)~(3)のいずれか1点) (1)運転免許証のコピー (2)健康保険証のコピー (3)パスポートのコピー• 利用限度額の希望額が30万円の場合は、所得証明書類(以下の(1)~(2)のいずれか1点) (1)源泉徴収票 (2)住民税決定通知書• 返済用預金口座の届出印 池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際の流れについて こちらでは、池田泉州銀行が提供している「パッとサッと」を利用する際に発生する手続きの流れについて詳しく紹介していきます。 池田泉州銀行の「パッとサッと」というのは、冒頭でも紹介したように利用限度額が低いために使い勝手が悪いように見えてしまうかもしれませんが、貸付金利については通常の銀行系カードローンのように低くなっていますので、万が一に備えて財布の中に忍ばせておくには最適のカードローンとなっています。 そんな池田泉州銀行の「パッとサッと」を 利用する際の手続きについては、下記のように5つのステップによって構成されていることが特徴的です。 店頭窓口で申し込みの手続きをする• 審査が開始されて、結果が通知される• 店頭窓口で契約締結の手続きをする• ローンカードが発行されて、自宅に郵送される• ローンカードを受け取り次第、利用を開始する これらの手続きをすることによって、「パッとサッと」を利用することが出来るようになります。 手続きの流れだけを見ていると、一般的に提供されている銀行系カードローンの手続きと変わらないということが挙げられますが、消費者金融系のカードローンを利用する際の手続きと比較すると、時間が掛かってしまいます。 利用限度額が低く、貸付金利については他の銀行が提供しているカードローンと大きく変わらないということになりますので、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際のメリットが分からないという人も多いと思われますが、 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資サービスを利用することが出来ます。 自動融資サービスというのは、公共料金や家賃、クレジットカードの引き落としなどで口座の残高が不足している状態だと、返済を遅滞しているという状況になってしまいますが、 「パッとサッと」の利用限度額の上限に達していない場合は、「パッとサッと」から自動的に融資が実行されるというサービスになっています。 引き落としが遅れるということが続いてしまうと信用情報機関に記録が残されてしまうということになりますので、そうすると新規にローンを契約したり、携帯電話の契約をしたりする際に、不利になってしまう可能性があります。 池田泉州銀行の「パッとサッと」では、自動融資サービスを利用することが出来ますので、 万が一の場合にも安心することが出来ますので、自動融資サービスが付与されているカードローンだということが「パッとサッと」のメリットとなっています。 注意点としては、「パッとサッと」の利用限度額が上限に達していると自動融資サービスを利用することが出来ませんので、その点に関しては注意しなければいけません。 池田泉州銀行の「パッとサッと」の借り入れ方法や返済方法について こちらでは、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。 まずは 借り入れ方法から紹介していきますが、池田泉州銀行の「パッとサッと」は通常のカードローンと同じように利用することが出来るローン商品となっています。 そのため、借り入れ方法についても一般的なカードローンと同じように、池田泉州銀行が提携している金融機関のATMからローンカードを使って借り入れをすることが出来ます。 実際の借り入れ方法についてはキャッシュカードを使って現金を引き出す場合と同じ操作となっているために問題ないと思われますが、 提携ATMにローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をするだけで借り入れの手続きを完了することが出来ます。 注意点としては、利用するATMによって利用可能時間や利用の際に発生する手数料が異なりますので、その点に関しては注意するようにして下さい。 次に 返済方法について紹介していきますが、池田泉州銀行の「パッとサッと」を利用する際に用意されている返済方法は、 指定の預金口座から利用限度額に応じた金額が自動引き落としされるという返済方法になっています。 池田泉州銀行の「パッとサッと」は、利用限度額が10万円のタイプと30万円のタイプの2つが用意されていますが、 10万円の場合は月々5千円となり、30万円の場合は月々1万円の自動引き落としによって返済をするということです。 利用残高が定められた返済額に満たない場合は、利用残高の全額を引き落とすことによって完済という扱いになります。 返済日は毎月の10日となっていて、10日が池田泉州銀行の休業日の場合は翌営業日に引き落とされることになり、返済を遅滞すると遅延損害金が発生することになりますので注意して下さい。 自動引き落としによる返済方法の他には、 提携ATMや店頭窓口から任意で返済をすることも可能になっています。 こちらは基本的に元金のみの返済という扱いになってしまいますが任意返済を利用することによって、早期に完済することが出来るようになりますので、結果的に支払う利息の総額を減らすことが出来るようになります。 そのため、返済資金に余裕がある場合は積極的に任意返済を利用するようにして下さい。

次の