たび レジ アプリ。 POSレジ5社の比較

「たびレジ」って何?絶対登録しないとダメなの?メリットは?登録方法を詳しく解説します!

たび レジ アプリ

近年、導入のしやすさと費用の面から注目されているのが、スマートフォンやタブレット端末をレジとして使うモバイルPOSレジです。 しかし、モバイルPOSレジ用のアプリは多くがiPadやiPhoneなどiOS向けであるため、アプリをインストールしようとしたら手持ちの端末に対応していなかった、という経験をした事業主も少なくないかもしれません。 今回は、POSレジとは何か、モバイルPOSレジのメリット、Android端末で使えるおすすめのPOSレジアプリ三つを紹介します。 POSレジとは POSとはPoint Of Salesの略で、日本語では「販売時点情報管理」を意味します。 商品が売れた時点で商品名や価格、売れた数などの情報を自動で収集し、管理するシステムです。 POSシステムを搭載したレジはPOSレジと呼ばれます。 一日の総売上高、顧客の性別や年代、来店人数、客単価などの情報をPOSレジを通して集めることで、より詳細な販売データを作成できるようになり、適正な在庫管理やきめ細かい売れ行き分析が可能になります。 あらかじめ商品の金額などを登録しておけば、入力ミスや注文ミスといったヒューマンエラーを防ぐこともできます。 多機能で便利な反面、専用端末やサーバー、通信回線などが必要になるため導入には数十万円かかることがあります。 加えて、月額使用料が必要な場合もあります。 モバイルPOSレジのメリット モバイルPOSは、従来の専用のPOSレジと違って以下のようなメリットがあります。 コストが抑えられる 普段使っているスマートフォンやタブレット端末を使うので、新たにハードウェアを購入する必要がなく初期費用が抑えられます。 導入が簡単 専用のアプリをダウンロードするだけで、手持ちのモバイル端末がPOSレジとして使えるようになります。 持ち運べる スマートフォンやタブレット端末を使うので、手軽に持ち運べて、お客様のテーブルで注文をとったり決済したりすることができ、屋外でのイベントやキッチンカーなどでの利用にもぴったりです。 また、商品情報や売上データなどはクラウド上に保存されるため、いつでもどこでもデータの確認が可能です。 場所を取らない スマートフォンやタブレット端末をレジとして使うため、レジを置くスペースがない小さな店舗でも導入できます。 また、店内の内装や雰囲気を壊すことなくレジを導入できるのも大きなメリットです。 操作が簡単 普段から使い慣れているスマートフォンやタブレット端末で会計を行なうため、レジ操作に慣れていない従業員でも比較的短期間で操作を覚えることができます。 Android対応POSレジアプリ3選 Android端末で使えるPOSレジアプリの中で、簡単に導入でき、ランニングコストを抑えられるおすすめの三つを紹介します。 1, クレジットカード決済サービスを提供しているSquareの無料POSレジアプリです。 AndroidとiOSの両方に対応しています。 業種:小売店、飲食店、ヘアサロン、宿泊施設など業種を問わずおすすめ 初期費用・月額利用料:無料 有料オプション:スタッフPlus(1店舗あたり月額3,000円) 何がいつどれくらい売れているのかが、いつでもどこからでもリアルタイムで確認できます。 また、飲食店向けの、ヘアサロンや宿泊施設には嬉しい機能、お客様に請求書をメールで送信できるなど、さまざまな便利な機能が無料で使えます。 専用のIC カードリーダーと組み合わせれば、クレジットカードでの決済も受けつけられます。 費用がかかるのは、クレジットカード決済が発生した際の決済手数料のみです。 Squareは「キャッシュレス・消費者還元事業」にキャッシュレス加盟店支援事業者(B型決済事業者)として登録しています。 詳しくは、をご確認ください。 2, 株式会社ビジコムが提供する、Androidのみに対応している無料のPOSレジアプリです。 業種:小売店、小規模チェーン店におすすめ 初期費用:無料 月額利用料:1,900円〜3,800円(税別) 有料オプション:クラウド本部管理システムTenpoViser(月額5,000円、税別)、ポイント共有オプション(1店舗につき1,000円〜2,000円、税別)、在庫リアル共有オプション(1店舗につき1,000円、税別) 売上管理・分析、商品や顧客管理機能は無料で利用できます。 在庫管理や小売店に便利なポイント管理機能も使えるPadpos Lightプランは1店舗につき月額1,900円(税別)、1店舗で5台まで接続可能なPadposプランは月額3,800円(税別)です。 各端末または各店舗の在庫や顧客情報などをクラウド上でリアルタイムに集計し管理するTenpoViser、ポイント情報や在庫情報のリアルタイム共有には有料のオプションへの加入が必要です。 3, Loyverseはヨーロッパで開発されたスモールビジネス向けのPOSシステムです。 無料のアプリLoyverse POSはAndroidとiOSの両方に対応しています。 業種:小売店やカフェにおすすめ 初期費用・月額利用料:無料 有料オプション:従業員管理(従業員1名あたり月額500円)、高度な在庫管理(1店舗につき4,000円、税別)、各種訪問サービスは20,000円から 在庫確認や売上分析ができるアプリLoyvere Dashboard、オーダーエントリーシステムLoyverse KDSなども無料で使えます。 有料のオプションサービスとして従業員管理や高度な在庫管理、アプリと機器のセットアップや従業員を対象にした操作方法についてのトレーニングといった訪問サービスも用意されています。 有料サービスを申し込むと24時間のチャットサービスが優先的に利用でき、14日間の無料トライアル期間では全機能を試すことができます。 業種や場所を選ばず、簡単に使えるモバイルPOSレジ。 この機会にぜひ導入を検討してみてください。 関連記事 ・ ・ 執筆は2019年5月7日時点の情報を参照しています。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by,.

次の

Androidで使えるPOSレジアプリ、おすすめ3選

たび レジ アプリ

突然ですが、皆さんは「たびレジ」って聞いたことがありますか? 近年できたばかりの新しいサービスで、まだまだ普及していないのでまだまだ知らない方も多いですが実はコレ、パスポート、ビザに次いで海外旅行の準備に欠かせないものなのです! 2014年7月から開始した外務省によるサービスで、登録するだけでなんと渡航先現地の治安情報、安全情報が最速で手に入るスグレモノ! これまで現地の治安情報は、外務省の「海外安全ホームページ」で確認する必要がありましたが、たびレジに登録しておけばいちいち該当地区を探して自分で調べなくても、メールで情報が届くので便利です。 しかも登録は簡単にでき、もちろん無料! そんな便利なサービス、使わない手はありません! この記事の目次• 「たびレジ」って何?どんなサービス? 海外旅行の強い味方、「たびレジ」! 普段あまり聞き慣れない言葉ですが、今からちょうど3年前に外務省が始めた新しいサービスなのです。 3ヶ月以内の短期間の海外旅行者や出張者に対し、在外公館から現地の最新の安全情報や災害情報など、「いざというとき」のために必要な最新情報を受けられるサービスです。 これまでも現地の安全情報は、外務省からも「」で確認することができましたが、度重なるテロ対策として、外務省が3年前に始めました。 海外旅行安全ホームページがいちいち自分からアクセスしないと見られないのに対し、たびレジは事前に登録しておくだけで、現地の最新安全情報が自動的に受けられてくるので便利です! たびレジに登録する6つのメリット! このように、もはやパスポート、ビザ、航空券、宿泊先の確保に次いで海外旅行の準備に欠かせないと言っても過言ではない「たびレジ」登録ですが、ほかにもメリットいっぱい! 最新の現地安全情報が手に入る! 渡航前に前もって登録しておけば、行き先の国の最新治安情報が日本語でいち早くゲットできます。 例えば、治安が悪い地域やスリが多発している区画、反政府デモなどが発生した場合にも情報が届きます。 また、現地で起こっている犯罪やスリの手口に関する情報も入手できるので、防犯対策には欠かせない強い味方です! 地震やテロなど緊急時の情報も入手できる! 地震などの自然災害やテロなどの緊急事態のときも、メールアドレスを登録しておけばそこに在外公館から連絡が届き、「外出禁止令」などが発令されたこともわかるので、安心です。 緊急事態発生時には、自分だけでなく家族や友達にも緊急連絡が届く! 本登録をする際に登録できる電話番号が自分のものだけでなく、家族や友達など複数登録できるので、自然災害やテロなど「万が一の事態」が起こった場合にはそれらの連絡先に緊急連絡が届きます。 これで日本で待つ家族や友達に旅行中の自分の状況を伝えることができます。 万が一の事態に日本大使館や総領事館など、在外公館に連絡できる! 旅先の日本大使館や総領事館など、在外公館の連絡先もわかるので、何かあったらそこに連絡することもできるので心強いです。 日本にいながらにして世界中の最新情報をゲット! 今すぐ海外旅行に行く予定がなくても、あらかじめ行きたい国の情報を登録しておけば、現地の最新安全情報を入手することができます。 その場合はあらかじめ「簡易登録」しておき、実際に旅行することになったら「本登録」しておきましょう。 どこに行くか迷った場合、旅行先候補選びに役立つ! このように旅行に行かなくても気になる国や場所の最新治安情報を入手できるので、どこに行こうか迷ったときに旅行先候補を絞るのに役に立ちます。 いくら行きたい国があっても、現地の治安情報が入手できなければ心配ですが、あらかじめ最新情報がわかれば対策もできるので安心です。 たびレジの登録方法!今すぐ海外旅行の予定がなくても簡易登録できて便利! 1.「本登録」か「簡易登録」か? まず、に行って左上の「たびレジに登録する」という青いバナーをクリックします。 すると、「たびレジ本登録」と「たびレジ簡易登録」の2種類表示されます。 すぐに旅行する場合で、行きたい国も旅行日程も明確にわかっていれば、そのまま本登録に進みます。 今すぐ渡航予定がなくても、「簡易登録」に登録すれば気になる国や行きたい国の最新情報をゲットできるようになります。 2.「本登録」の場合 最初にメールアドレスを登録します。 次に旅行期間や渡航先、宿泊先などの旅行日程に関する情報を登録し、次に旅行者の名前やパスポート番号など旅行者に関する情報を入力します。 確認して問題がなければ登録して完了です! 3.「簡易登録」の場合 「本登録」と同じく、まずメールアドレスを登録します。 後は、配信期限と最新情報が欲しい国・地域を選んで登録するだけ! 地域はアジア・大洋州・北米・ヨーロッパ・中南米・アフリカ・中東からそれぞれ国を選びます。 アプリ登録でさらに便利でお手軽に! さらに「たびレジ」のアプリも登場しました! からiPhone用とAndroid用のアプリをダウンロードできます。 スマートフォンのGPS機能を利用し、現在地や周辺国・地域の最新安全情報を表示することができる便利なサービス。 「MY旅行情報」から任意の国や地域を選択しておくことで、その国や地域で最新安全情報が発生した場合にプッシュ通知で受信できたり、各国の緊急連絡先の確認もできるようになります。 たびレジを登録・使用するときの注意点 このように登録も簡単で便利なツールですが、対応しているブラウザーや登録するメールアドレスによってはスムーズに情報を受信できない場合もあるので、注意が必要です! 登録前にいまいちど確認することをおススメします。 ブラウザーが対応しているかどうか確認! 対応していないブラウザーやスマートフォンの機種からは登録できないので要注意です! なお、対応しているブラウザーとスマートフォン環境は以下の通りですので、登録前に確認しておきましょう。 Windows 7, 8. 1,10• Internet Explorer Ver. 11, Edge Windows10の場合• FireFox• Google Chrome Mac• Safari6以上 スマートフォン対応環境• Android 4. iOS 7. お使いのスマホや携帯でドメイン指定受信設定や迷惑メール設定をしている方は、以下のドメインからのメール受信ができるよう設定してください。 mofa. emb-japan. jp メールアドレスによっては、問い合わせメールを送れない場合も! 同じく、問い合わせメールを送信できない場合にもメールサービスプロバイダの設定が原因と考えられるので、上記同様の確認が必要です。 他にも、以下2パターンのメールアドレスは「たびレジ」からのメールは受信できますが、お問い合わせメールの送信はできませんので登録の際はご注意ください。 マークの前にピリオド(. 現地の最新安全情報をゲットできるだけでなく、緊急時に連絡が来たり、日本にいる家族や友達にも状況を知らせてくれたり、現地の在外公館の緊急連絡先も確認できるなど、メリットもいっぱい! 登録は「本登録」と「簡易登録」の二種類あり、すぐに海外旅行する予定がなくてもあらかじめ行きたい国や地域を登録しておくと日本にいても現地の最新安全情報を受け取れるので、旅行先を決めるときにも便利です。 登録方法は至って簡単で、最近ではアプリも出てますます便利になった「たびレジ」ですが、ブラウザ環境によっては登録できなかったり、メール設定によってはせっかくの情報も受け取れなくなってしまいます。 登録する前にいまいちど自分のブラウザ環境やメール設定が対応しているかどうか確認しましょう! \ SNSでシェアしよう! / 女性の海外旅行ひとり旅をサポートする情報サイト Tielabo(ティエラボ)の 注目記事を受け取ろう•

次の

POSレジアプリとは メリット・デメリットや 会計ソフトとの連携について解説

たび レジ アプリ

「たびレジ」とは? 「たびレジ」は、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などを無料で受け取ることができるサービスです。 メールの宛先として、ご自身のメールアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。 引用: 「たびレジ」は、2014年7月からスタートした外務省のサービスです。 このサービスは、 滞在期間3ヶ月未満の短期旅行者や滞在者が対象です。 現地滞在期間3ヶ月以上の場合は、在留届を提出する義務がありますが、それ未満の短期旅行者は届け出の義務がありません。 在留届を出していれば、その国の日本大使館に名簿登録され、緊急時にすぐサポートを受けることができます。 ですが、在留届を出していない短期旅行者は、緊急時のサポートを受けるのがとても難しいのが実情。 その問題を解消すべくできたサービスが、この「たびレジ」です。 こちらは、登録の義務はありませんが、登録しておくと、在留届を出しているのと同じように緊急時にサポートを受けやすくなります。 私も年に数回海外に行くのですが、出かける前には必ず「たびレジ」に登録しています。 先日、大阪で開催された「ツーリズムEXPO」で、外務省の広報担当者にお話をお伺いしたのですが・・ だいぶ浸透してきたとはいえ、海外旅行者の登録率はまだ1割くらいとのこと。 「 安全のためにもぜひ登録して欲しい」とのことでした。 滞在先の日本大使館の連絡先や、場所などはネットで調べるとすぐに分かるのですが、 現地のリアルな安全情報は私たち旅行者にとって、ものすごく助けになります。 こちらが実際に、「たびレジ」に登録して届いた、【安全対策】メッセージです。 こちらは、在ミュンヘン日本総領事館のメールマガジンです。 ドイツの「クリスマスマーケット来場時の安全対策」として、必要な心構えや実際的な対策方法などをシェアしてくれています。 季節ごとに注意すべき治安ポイントも変わるので、このような情報はすごく役立ちます。 災害や、テロ、事件などが起きた際に、すぐにメッセージで緊急情報が送られてきます。 こちらは、ネパールに滞在中、ポカラで爆発事件が起きたときに届いたメッセージです。 ニュースに取り上げられるよりも早く、メッセージで事件について知ることができるので、危険地域に近づかないなどの命を守る対策を講じやすくなります。 そんな時、「たびレジ」に登録しておくと、現地の大使館から 安否確認や避難情報などの連絡をいち早く受けることができます。 現地大使館が、私たち旅行者がどの都市、どのエリア、どのホテルに滞在しているか把握していると、緊急時の対応がスムーズになります。 以上の3つのメリットは、全て私たちの 「命」に直結する大切なポイントです。 海外渡航の前に、必ず「たびレジ」に登録しておきましょう! 「たびレジ」の登録方法 登録は、スマートホン、タブレット、PCから行えます。 今回は、スマホからの登録方法をスクリーンショットを使ってご紹介。 海外からでも登録できますので、すでに海外に渡航してしまった方もぜひ登録してみてください。 まずは、「」へアクセス。 まず、個人情報の扱いに同意します。 赤枠の【同意する(登録画面に進む)】をタップ。 赤枠空欄に、メールアドレスを入力します。 【メールアドレスを登録】をタップ。 すると、登録したメールアドレスに、登録用URLが届きます。 赤枠のURLをタップします。 パスワードを決めます。 (半角英字と数字を組み合わせ8〜30文字以内で設定します) 忘れないように保存しておきましょう。 パスワードを決めたら【旅行予定入力へ】をタップします。 【人気国・地域】から選ぶか、一覧になければ、【エリア】から国を選択できます。 国を選択後、【都市】と【滞在期間】をそれぞれ入力します。 複数国、または国内でも複数の都市を旅行する場合は、【旅行日程を追加】をタップし、同じ手順で入力します。 入力が終わると、【次へ(旅行者情報の登録)】をタップします。 【氏名】 パスポートのローマ字表記通りに氏名を入力します。 【生年月日】 生年月日を西暦で入力します。 【携帯電話番号登録】 未選択というところをタップすると、国を選ぶことができます。 日本の電話番号を登録する場合は、【日本】を選択。 緊急時にSMS(ショートメール)で情報を受信したい場合はチェック。 携帯電話番号がない場合は下部の【携行しない】にチェック。 【メールアドレス】 先ほど登録したメールアドレスが表示されています。 もし別のメールに緊急情報を受信したい場合は、ページ下の【追加メールアドレス】という項目で入力します。 【有効期限の延長】 通常、旅行後30日間たったら、「たびレジ」に登録した個人データは消えます。 頻繁に海外に行く人や、1年以内に次の海外旅行が決まっている場合は【旅行者情報を、1年間有効にします】にチェックしておくと便利です。 【ツアー会社利用】 ツアー会社を通しての旅行であれば【利用する】を選択し、【会社名】を入力します。 個人旅行の場合は、【利用しない】のまま、次へ進みましょう。 家族や友達とグループで行く場合は、【同行者にもメールを届けたい場合にはこちらに追加】をタップし、同行者情報を入力します。 入力が全て完了したら、赤枠【入力した内容を確認】をタップします。 間違いがなければ、赤枠【入力した内容で登録】をタップします。 以上で「たびレジ」の登録は完了です。

次の