マスク 寄付 したい。 アベノマスク使わないなら寄付しよう!正しい送り方&寄付先まとめ|ドラママ

【アベノマスクの寄付先一覧】寄付するマスクを送る際の注意点も紹介!|mom clip

マスク 寄付 したい

「まさかの結果に残念な気持ち」 芸能人のマネジメントや通信販売を手がける「夢グループ」(東京都文京区)は2020年6月12日、ツイッターで「私どもが寄付したマスク125,000枚が、一ヶ月経った今も一枚も配られずに今日まで保管され、全部捨てられてしまうかもしれないそうです」と石田重廣社長名義で投稿した。 以降のツイートによれば、事情はこうだ。 同社は5月12日、埼玉県にマスク12万5000枚を寄付したものの、6月11日に県から「配るための人員や費用が足りない」ため、すべてのマスクを返却したいと申し出があった。 石田氏は申し出を断ったといい、「もっと早く『とてもじゃないが配ることが出来ない』と教えていただければ、即刻引き上げてマスクが無くてお困りの他の県に125,000枚のマスクをお渡ししていました」「まさかの結果に残念な気持ちでいっぱいです」と県の対応を非難する。 その上で、「マスク全部が捨てられるかもしれないそうです」「まだ処分されていなければ埼玉県庁にあると思いますので、お問い合わせされてみては」と呼びかけた。 石田氏は17日、J-CASTニュースの取材に、6月11日に県からいきなり呼び出され、寄付したマスクが活用されていないと知らされたという。 埼玉県以外の自治体にもマスクを寄付していたが、このような対応は初めてだと明かす。 その場で県の担当者に「今になって戻すと言われても戻す必要はありません。 それをたらい回しに他のところに寄付するのも失礼だし、好きにしてください」との旨を伝えると、担当者からは「それでは捨てるということですか」と返事があり、石田氏が「(そちらで)決めていいですよ」と言って話は立ち消えになったという。 県は夢グループに措置命令 県の新型コロナウイルス対策本部物資部は17日の取材に「事実とは異なる部分があります」と困惑気味に話す。 担当者によれば、夢グループからは4月中に電話で申し出があり、5月に一般用マスク12万5000枚を受け取った。 しかし、現在までに配布できなかった理由は「人員や費用が足りない」ためではなかった。 この説明は、マスク配布に遅滞が生じる場合の一般論として伝えたという。 真の理由は「県民から(同社のマスクについて)多数の苦情を受けているというのが寄付を受けた後に判明し、消費生活課が調査をしていたので、受け入れ先の伺いなど内部の事務処理をいったん停止し、状況を注視していた」ためだという。 県消費生活課は6月11日、夢グループが販売するマスク「やわらか立体マスク30枚セット」「立体マスク30枚セット」の広告で、価格や販売期間を誤認させる表示をしていたとして、景品表示法違反(有利誤認)で措置命令を出している。 発表によれば、販売価格が3600円のように表示していたものの、実際は手数料300円と送料500円を上乗せして支払わなければならなかった。 また、販売期間を限定していないにもかかわらず「本日の広告でお一人様3セットまで」「本日の広告の有効期限5日間」とうたっていた。 同課の担当者によれば、3~6月に県の消費生活センターや情報提供窓口に、「送料や手数料の字が小さくて高齢者が騙されてしまうのではないか」などと40件の相談があったという。 なお、石田氏は措置命令に納得できず、不服申し立てをするとしている。 12万超のマスクの"行方"はどうなるのか。 物資部の担当者は、返却を申し出たのは事実としつつ、石田氏から「引き取らないので処分してほしい」と言われ、「マスク自体の価値は行政処分によって変わるわけではないので、しかるべき時に使わせていただこうと検討しています」と話した。

次の

アベノマスクを寄付したい!不要な政府マスクの寄付先と送り方紹介!

マスク 寄付 したい

開封後の受取拒否はできないよで注意が必要です。 それにしても、せっかく配達したマスクを受取拒否で持ち帰る配達員の方達が不憫でなりません・・ アベノマスク返品はできる? 既に届いた方の情報を見ると、差出人は 厚生労働省医政局経済科(マスク等物資対策班)となっています。 届いたアベノマスクに添付されていた文書です。 洗ったら縮みますと書かれています😡。 — 園部 恭子 ksxc40 返品するならこちらの差出人だと思いますが・・どうやら下記の投稿を見ると、 「返品、交換は一切受け付けていない」ようです。 いわき市にもアベノマスクが。 スーパーで聞こえた話し。 老後施設かな? 「政府からマスク届いたんたけどまとめて入っててわざと数分からなくしてあるみたい。 そして、どう見ても【子供サイズ】だったから折り返ししたら返品交換は一切受け付けないって言われた!」 現場からは以上です。 スポンサーリンク 【アベノマスク】寄付したい!方法紹介 政府から配られる布マスク2枚は、住所不定の路上生活者やネットカフェで生活する方には届きません。 使わない方は「寄付しよう!」という呼びかけも広まっています。 アベノマスクを寄付する先は?どうやって寄付すれば良い? 寄付する団体をいくつかまとめました。 基本的には元払いで、届いたマスクをビニールを開封せずに発送先へ送付 する方法です。 それぞれの寄付の方法などをご紹介していきます。 介護施設などへの寄付 特設サイトで寄付者と配布を希望する施設の双方を募集しています。 マスク寄付者は寄付するマスクの枚数を特設サイトで入力後、プラスロボに送付しよう。 寄付マスクの受け取りを希望する介護施設は、登録フォームに受け取りたい希望の枚数や送付先などを入力すれば、先着順で郵送されるようです。 不要になった食料品や日用品、衣料などを集め配布しているNPO法人「もったいないジャパン」では、マスクをはじめとしたメディカル全般の寄付も募集しています。 マスクについては個人支援をしているNPO団体や福祉施設などへ、そして最終的に希望する個人に寄贈される予定だという。 マスクは新品未開封品のみを希望しており「手作りマスク」は受け付けていないので注意が必要です。 スポンサーリンク 【アベノマスク】フリマに出品したい!メルカリ・オークションに出品しても良い? フリマアプリのメルカリ・ヤフーオークションなどは、ほかのマスクと同じく出品禁止物にあたります。 転売はできないので、注意してください。 アベノマスクに対する世間の反応 実際届いたアベノマスクに対する世間の反応をまとめました。 やはり「小さい」「洗ったらほつれた」など話題となっています。 アベノマスクって呼ばれてるの届いた。 小さいって噂だけど、届いたの見たら普通にごく一般的な布マスクのサイズだったわ。 アゴいっぱいまで隠れないのは布マスクは当たり前だし、鼻も口も塞がるね。 「これがアベノマスクだ」という大見出しとともに、介護施設に届いた布製マスクと使い捨てマスクを比較した写真を掲載している。 職員はこう語っている。 「小さくて鼻が出てしまう。 今使っているマスクがなくなったら自分で作ります」。 経費は466億円。 もったいない。 — 新聞うずみ火 shinbunuzumibi 福祉施設優先分の布製アベノマスク10枚、ウチの保育園に届いた。 やはり首相官邸を遥拝すべきであろうか。 — 士別市議会議員 国忠たかし takunitada まとめ 今回の記事では、 アベノマスクの「受取り拒否」「寄付したい人」へのやり方、「フリマ」へ出品はできるのか?を紹介していきました。 アベノマスクが不要な方は、よく考えてから受け取り拒否、寄付など行うようにしましょう。

次の

マスクの寄付について

マスク 寄付 したい

京都市に届けられた「アベノマスク」。 生徒児童用に確保するという(京都市内) 「アベノマスク」を寄付したい-。 京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に、こんな声が複数寄せられた。 医療物資の寄付を募っている自治体や医療団体に聞くと、京都市と京都府は受け付け、学校や福祉施設向けに活用していく、という。 ただ日本赤十字社府支部は「遠慮」する姿勢で、布マスクは医療現場で使えないことも背景にある。 府内では5月13日から届き始めたが、一時のマスク不足は改善され、安倍首相と同じようなマスクを付ける人の姿は、ほとんど見掛けない。 多くが自宅に眠っているとみられ、読者から「寄付先を教えて」(中京区の55歳女性)との声が本紙に寄せられた。 京都市は、これまで医療用マスクなど計約72万枚の寄贈を受け、医療機関などに提供してきた。 自宅に届いた布マスクについても5月末までに約10件の相談があり、計4枚が届けられた。 主な使い道は、1日から再開した学校現場。 マスクを忘れたりした児童生徒などに手渡す。 市教委は「学校用に不織布マスク31万枚を確保したが、『第2波』で再び入手困難になる恐れがある。 多すぎて困ることはない」と感謝する。 府にはまだ問い合わせはないが、希望があれば受け付ける方針。 福祉施設への提供を検討し、「施設の入所者や職員用を想定している」という。 ただ、府、市とも寄付の主目的である医療現場への提供は「難しい」と口をそろえる。 布マスクの能力では、医師や看護師が使えないためだ。 日本赤十字社府支部は「寄付に対応する予定はない」、京都市も「布マスクを積極的に募集しているわけではない」という。 全国では、自治体が投票箱を置いて寄贈を呼び掛けたり、徳島市の企業は布マスクの無料藍染め体験会を始めたりするなど、積極的に活用策を探る動きもある。 われわれの税金約260億円を投じた布マスク。 「小さい」「暑い」といった不評の声も上がるが、捨てられてしまえば完全に無駄となる。 京都でも「もったいない」の精神で、活用の輪を広げてほしい。 ホームページに記載されている同班のメールアドレスか、ファクス075(212)6790で連絡する。 業務に支障が出るため「電話は避けてほしい」(同班)という。 【京都府】医療資材コントロールセンターに電話075(414)5908し、府庁や振興局などに郵送、持参する。 府市とも未開封のマスクに限る。

次の