牡蠣 食べ 放題 新宿。 【公式】ガンボ&オイスターバー 新宿ルミネエスト店|新宿のおすすめオイスターバー

【牡蠣食べ放題の宿】全国で牡蠣の食べ放題がある温泉宿

牡蠣 食べ 放題 新宿

3,000円で食べ飲み放題!?満足行くまでカキ料理を召し上がれ/かきっこ商店 たった3,000円(税抜)でカキ料理が食べ放題、お酒も飲み放題とウワサの、カキ好きにとって夢のようなお店があるのは、JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩約1分。 飲み屋街の真ん中に佇む「かきっこ商店」です。 取材日は平日17時の開店前にもかかわらず、すでに何組か店の外で待っている人がいました。 調理場やカウンター、テーブル席のある1階を通り、今回は2階へ。 4人掛けのテーブル席が4つほどあり、そのひとつに着席。 料理は約60種類、飲み物も50種類とラインナップも豊富。 ビールやチューハイをはじめ、日本酒や焼酎まで注文できるので、大人数で色々楽しみたい!なんてときにもうれしいですね。 メニュー表にあるものは、ほぼすべてが食べ放題で注文が可能。 ただし、生ガキだけが3個500円(税抜)と別料金になるのでご注意を。 また食べ放題コース以外にも、一品ずつ通常オーダーとして頼むこともできますよ。 こちらはメニューの一部ですが、「カキと海老のアヒージョ」(通常750円・税抜)など、メニューはかなり多め。 ちなみにカキ以外のメニューもあり・・・ 「出汁巻き」(通常630円・税抜)、「じゃが明太子マヨ」(通常580円・税抜)など、こちらももちろん、食べ放題で注文することができるそうです。 そのほかに日替わりメニューもいくつかありました。 食べ放題コースを注文すると、まずは最初にオススメのカキ料理を4~5品持ってきてくれるとのこと。 料理を待つ間、注文したドリンクでとりあえず乾杯! アルコールを堪能しつつ、待つこと数分。 最初にやってきたのはこちら! 「広島県江田島産 1kg焼きカキ」。 一皿に10~14個のカキが入っていて、通常で頼むと980円(税抜)するメニュー。 最初からこの量のカキがくるのはたまらないですね。 さっそく開けてみると・・・ ぷりぷりのカキがお目見え!旨みが口の中に染みわたります。 このように上に乗せて食べるだけで、味の変化が楽しめます。 トマトチーズだとイタリアン風に、バジルは香ばしく、柚子胡椒ジュレはさっぱりとした味わいでした。 友だちとシェアして、お気に入りのソースを探してみるのもオススメですね。 続いて運ばれてきたのはこちらの2品。 「カキと海老のアヒージョ」(通常750円・税抜)。 バゲットまでついてくるので、腹ペコのときにもうれしいですね。 「カキフライ 自家製タルタルソース」。 こちらは通常ひと粒100円(税抜)のメニュー。 オリーブオイルやタルタルソースで飽きずに食べられるので、食が進みます。 自家製のタルタルソースは本当にカキと相性抜群でした。 そしてお店オススメの最後のメニューとして出てきたのが「カキグラタン」(通常580円・税抜)。 カレーのスパイスがきいていて、はじめて食べる組み合わせでした。 カキが佃煮になったものを見たのは初です! 山椒がきいていて、お酒のお供にぴったり。 エンドレスで食べられそうな美味しさです。 さらにメニューで一番気になっていたこちらが登場! 「カキ重箱」(通常950円・税抜)。 カキを重箱にするなんて、考えた人は本当にカキ好きなんだなと感じる一品。 カキの出汁がきいた美味しいご飯の上に、ノリと、これでもかというくらいのカキが敷きつめられています。 カキはもちろんですが、このご飯がなんとも言えず美味しい・・・むしろこのご飯だけでも提供してほしいくらいです。 ちなみに別料金になりますが、今回は生カキも注文しました。 生カキは3個で500円、1個270円。 産地は日によって異なるようです。 食べ放題メニューもいいですが、生カキもやはり食べたくなりますね。 ちなみにこちらの店、以前は2,400円で食べ放題メニューだけを行っていましたが、お客様のリクエストにより飲み放題をつけて3,000円になったそう。 みなさんにリーズナブルにカキのおいしさを楽しんでほしいという思いから、はじめたとのことです。 ここで2時間終了!まだまだ気になるメニューはたくさんありましたが、お腹いっぱいで大満足です! まとめ 「かきっこ商店」は、焼きカキだけでなく、カキを使ったメニューの豊富さにびっくり! 食べ放題ならばお財布を気にせず友だちを誘えるし、好きなだけ食べられるのがうれしいですね。 過去のお客様の中には、一人でなんと30個以上の焼きカキを食べた人もいたとか!カキ好きにはたまらない聖地だなと感じました。

次の

ガンボ&オイスターバー 新宿ルミネエスト店(新宿/オイスター(オイスターバー))

牡蠣 食べ 放題 新宿

新宿駅は一日の乗降客数が日本一を誇る駅とだけあって、当然数多くの飲食店が存在します。 安さが売りの居酒屋から、カジュアルなレストラン、都会のど真ん中でもゆったりとくつろげるカフェまで、様々なニーズに対応したお店があります。 ランチもディナーもお店選びに困る方も多いのではないのでしょうか。 新宿には牡蠣が食べられるお店も数多く存在します。 こちらのお店は新宿駅中央東口の新宿ルミネエストの8階にあります。 店内はカジュアルな雰囲気となっており、焼き牡蠣をはじめとする牡蠣料理の種類も非常に豊富です。 焼き牡蠣とワインのマリアージュはたまらないので、まだ試したことがない方は是非一度試してみてください。 またこちらのお店では現在10月26日までの期間限定で秋のオーダーテーブルバイキングが開催されています。 こちらのコースは5280円と多少値が張りますが、生牡蠣、焼き牡蠣をはじめ、オイスターカクテル、ポルチーニリゾット、エビのフリット、雲丹のペペロンチーノ等、なんと全25品が食べ放題となっています。 食欲の秋と言いますし、たまには牡蠣料理やイタリアンをがっつり 食べ放題いただいてみるのはいかがでしょう。 2日前までの予約制で、1日15組までなのでお早めに。 OYSTERS, INC. こちらは新宿駅西口から徒歩1分のところにあるオイスターバーで、地中海をイメージしたという店内はウッド調で落ち着いた雰囲気となっています。 女子会やデートに活用したいお店ですね。 生牡蠣は旬な産地の牡蠣を食べ比べすることができます。 産地によって濃厚さやクリーミーさも変わって来るので牡蠣を深く知りたい方は是非食べ比べをしてみることをおすすめします。 また焼き牡蠣はローストオイスターといって10種類以上の味付けが楽しめます。 雲丹とタルタルソース、バターをブレンドした「うにタルタル」と、トマトソースとタバスコのミックスソースにベーコンとトマトを乗っけて焼いたオーストラリア発祥の焼き牡蠣「キルパトリック」は特に絶品です。 他にもカキフライは広島安芸津産の大粒のものを使用していてボリュームも抜群です。 白ワインと一緒にこれらの牡蠣料理をいただきたいですね。 またこちらのお店でも10月31日までの期間限定でフェアをやっていて、食べ放題ではありませんが、生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライのいずれかが2時間半額となるキャンペーンです。 毎週日曜日~木曜日までなので、この機会を逃さずお得においしい牡蠣をいただきましょう。 オイスター&ワイン ペスカデリア 新宿店 こちらもまたお洒落な雰囲気を醸し出すオイスターバーで、新宿駅の西口から徒歩7分の場所にあります。 こちらのお店では日本の真牡蠣だけでなく、アメリカ産やオーストラリア産の真牡蠣も生でいただくことができます。 海外の牡蠣は基本的に日本の牡蠣よりも小ぶりですが、また一味違った独特な味わいが楽しめます。 よりワインとの相性も良いかもしれません。 海外の牡蠣が食べられるお店は珍しいので、牡蠣通の人からも喜ばれるお店であることに間違いはありません。 またコース料理も充実しており、食べ放題のプランはありませんがその分内容が濃いメニューのコースがたくさんあります。 贅沢にいきたいときは6500円の「牡蠣尽くしプラン」がおすすめです。 生牡蠣、焼き牡蠣、フライをはじめ、牡蠣の冷菜3種盛、牡蠣のジェノベーゼ、さらには牛ハラミのステーキまでいただけます。 何かの記念日とかに良いですね。 コスパを重視したいときには2000円の「バリュープラン」が良いでしょう。 こちらのプランには牡蠣料理は含まれませんが、小エビのアヒージョや大山鶏のロースト等、ボリュームのある料理が食べられてお腹的にも十分満足できる内容となっています。 新宿牡蠣入レ時 こちらのお店はレトロな雰囲気の居酒屋で、大衆酒場のような感じです。 新宿駅南口から徒歩2分の場所にあり、座敷の席もあるので大人数の宴会にも利用できます。 全国各地から集められた産地直送の新鮮な生牡蠣をはじめ、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、フライ、牡蠣の土手煮、牡蠣のオイル漬けと豊富な牡蠣料理が揃っています。 名物は「牡蠣のカンカン蒸し」で牡蠣を缶の中に詰め込んで豪快に蒸し焼きにしています。 10個入りで2000円です。 ちなみに1日4食限定となっているのであしからず。 牡蠣料理以外にもアジのナメロウやトロカツ等、海鮮を使った魅力的な料理が数多くあります。 またこちらのお店も食べ放題のプランこそありませんが、カンカン蒸しのコースや明太子鍋のコース等、宴会にもってこいのプランもあるので、大人数で利用する際はこういったコース料理を頼むのも良いでしょう。 まとめ いかがだったでしょうか? 新宿は 焼き牡蠣が食べ放題食べられるようなかき小屋こそありませんが、お洒落なオイスターバーや牡蠣料理屋が数多く存在します。 オイスターバーというと少し敷居が高いように感じるかもしれませんが、そうでもありませんよ。 オイスターバーでも期間限定で牡蠣の食べ放題を行っているお店は多いので、是非チェックしてみてください。

次の

ガンボ&オイスターバー 新宿ルミネエスト店(新宿/オイスター(オイスターバー))

牡蠣 食べ 放題 新宿

3,000円で食べ飲み放題!?満足行くまでカキ料理を召し上がれ/かきっこ商店 たった3,000円(税抜)でカキ料理が食べ放題、お酒も飲み放題とウワサの、カキ好きにとって夢のようなお店があるのは、JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩約1分。 飲み屋街の真ん中に佇む「かきっこ商店」です。 取材日は平日17時の開店前にもかかわらず、すでに何組か店の外で待っている人がいました。 調理場やカウンター、テーブル席のある1階を通り、今回は2階へ。 4人掛けのテーブル席が4つほどあり、そのひとつに着席。 料理は約60種類、飲み物も50種類とラインナップも豊富。 ビールやチューハイをはじめ、日本酒や焼酎まで注文できるので、大人数で色々楽しみたい!なんてときにもうれしいですね。 メニュー表にあるものは、ほぼすべてが食べ放題で注文が可能。 ただし、生ガキだけが3個500円(税抜)と別料金になるのでご注意を。 また食べ放題コース以外にも、一品ずつ通常オーダーとして頼むこともできますよ。 こちらはメニューの一部ですが、「カキと海老のアヒージョ」(通常750円・税抜)など、メニューはかなり多め。 ちなみにカキ以外のメニューもあり・・・ 「出汁巻き」(通常630円・税抜)、「じゃが明太子マヨ」(通常580円・税抜)など、こちらももちろん、食べ放題で注文することができるそうです。 そのほかに日替わりメニューもいくつかありました。 食べ放題コースを注文すると、まずは最初にオススメのカキ料理を4~5品持ってきてくれるとのこと。 料理を待つ間、注文したドリンクでとりあえず乾杯! アルコールを堪能しつつ、待つこと数分。 最初にやってきたのはこちら! 「広島県江田島産 1kg焼きカキ」。 一皿に10~14個のカキが入っていて、通常で頼むと980円(税抜)するメニュー。 最初からこの量のカキがくるのはたまらないですね。 さっそく開けてみると・・・ ぷりぷりのカキがお目見え!旨みが口の中に染みわたります。 このように上に乗せて食べるだけで、味の変化が楽しめます。 トマトチーズだとイタリアン風に、バジルは香ばしく、柚子胡椒ジュレはさっぱりとした味わいでした。 友だちとシェアして、お気に入りのソースを探してみるのもオススメですね。 続いて運ばれてきたのはこちらの2品。 「カキと海老のアヒージョ」(通常750円・税抜)。 バゲットまでついてくるので、腹ペコのときにもうれしいですね。 「カキフライ 自家製タルタルソース」。 こちらは通常ひと粒100円(税抜)のメニュー。 オリーブオイルやタルタルソースで飽きずに食べられるので、食が進みます。 自家製のタルタルソースは本当にカキと相性抜群でした。 そしてお店オススメの最後のメニューとして出てきたのが「カキグラタン」(通常580円・税抜)。 カレーのスパイスがきいていて、はじめて食べる組み合わせでした。 カキが佃煮になったものを見たのは初です! 山椒がきいていて、お酒のお供にぴったり。 エンドレスで食べられそうな美味しさです。 さらにメニューで一番気になっていたこちらが登場! 「カキ重箱」(通常950円・税抜)。 カキを重箱にするなんて、考えた人は本当にカキ好きなんだなと感じる一品。 カキの出汁がきいた美味しいご飯の上に、ノリと、これでもかというくらいのカキが敷きつめられています。 カキはもちろんですが、このご飯がなんとも言えず美味しい・・・むしろこのご飯だけでも提供してほしいくらいです。 ちなみに別料金になりますが、今回は生カキも注文しました。 生カキは3個で500円、1個270円。 産地は日によって異なるようです。 食べ放題メニューもいいですが、生カキもやはり食べたくなりますね。 ちなみにこちらの店、以前は2,400円で食べ放題メニューだけを行っていましたが、お客様のリクエストにより飲み放題をつけて3,000円になったそう。 みなさんにリーズナブルにカキのおいしさを楽しんでほしいという思いから、はじめたとのことです。 ここで2時間終了!まだまだ気になるメニューはたくさんありましたが、お腹いっぱいで大満足です! まとめ 「かきっこ商店」は、焼きカキだけでなく、カキを使ったメニューの豊富さにびっくり! 食べ放題ならばお財布を気にせず友だちを誘えるし、好きなだけ食べられるのがうれしいですね。 過去のお客様の中には、一人でなんと30個以上の焼きカキを食べた人もいたとか!カキ好きにはたまらない聖地だなと感じました。

次の