小いんしん 左右非対称。 小陰唇肥大・・で悩んでます

小陰唇肥大・・で悩んでます

小いんしん 左右非対称

女性性器は外から見える外性器と見ることができない内性器とに分類されます。 外性器は小児期、性成熟期、老年期といった生涯の各時期により変化します。 恥丘は恥骨の前方(腹部側)にあり、思春期以降に脂肪組織が厚くなり、皮膚の表面に陰毛が生じます。 大陰唇は、腟のまわりを取り巻く左右対称の厚い皮膚のひだであり、男性の陰嚢(いんのう)に相当するものです。 左右のひだは腟の上下(前後)で接し、おのおの前陰唇交連(ぜんいんしんこうれん)、後陰唇交連(ごいんしんこうれん)といいます。 大陰唇の表皮は厚く、色素が豊富であり、さらに皮脂腺や汗腺も多数みられます。 小陰唇は左右の大陰唇の内側にあり、大陰唇より薄く花弁様の構造をしています。 この部分の皮膚はなめらかで色素沈着がありますが、陰毛はありません。 小陰唇の内側は粘膜に移行します。 左右の小陰唇に囲まれた舟型のくぼみを腟前庭といい、その中心は腟口です。 左右の小陰唇が前方で融合する部分に陰核があり、これは男性の陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)に相当するものです。 神経や血管が豊富であり、性的刺激により拡張します。 陰核の下方で腟口の上方には尿道が開口しています。 尿道口の左右には、スキーン腺(尿道傍管)が存在しています。 左右の腟前庭下側方にバルトリン腺が開口し、これは別名・大前庭腺ともいい、性的興奮時に粘液を分泌し腟をなめらかにする機能があります。 バルトリン腺はしばしば感染を起こし、中にうみがたまり、表面よりかたまりとして触れるようになり、痛みを伴います。 これはバルトリン腺炎といい、切開し排膿(はいのう)することが必要となります。 腟口の一部またはかなりの部分をおおう膜状の構造を処女膜といい、その中央には腟が開口し、月経血はそこより流出します。 お産を経験すると大部分は脱落し、処女膜痕(こん)としてわずかの部分が残ります。 処女膜が完全に閉鎖していると、月経血が排出できず、初経に一致して下腹部に強い痛みを訴えます。 後陰唇交連と肛門(こうもん)との間を会陰といい、この部分の皮膚は薄く陰毛を欠きます。 分娩(ぶんべん)時、会陰はいちじるしく伸ばされ、しばしば裂けることがあり(会陰裂傷)、修復が困難な裂傷の発生を予防するため、そこにあらかじめ切開を入れることがあります(会陰切開)。 腟は、外陰と子宮との間にある長さ7~8cmの管状の構造物で、その壁(腟壁)は腟粘膜でおおわれており、そのさらに外方は筋層からなっています。 腟の前方には、膀胱(ぼうこう)や尿道があります。 また、後方には直腸と肛門があります。 卵巣がはたらいている女性は、腟内は乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)で占められており、そのため腟内は酸性に保たれ、病原菌が繁殖できないようになっています。 腟は上方で子宮につながっており、腟の奥に一部飛び出している子宮の最下端の部分を子宮腟部といいます。 その中心には小さい穴が開口しており、これを外子宮口といいます。 月経血は、ここから腟に流れていきます。 子宮は、前後に扁平(へんぺい)な西洋梨の形をした空洞な器官であり、子宮体部と子宮頸(けい)部からなり、その内腔(ないくう)をそれぞれ子宮内腔、子宮頸管(けいかん)といい、両者の境目は内子宮口と呼びます。 それらの内側の壁は、それぞれ子宮内膜、頸管内膜からなります。 それらの外方には、平滑(へいかつ)筋という厚い筋組織(子宮筋層)があります。 なお、子宮内膜は、子宮内腔と子宮頸管の形態上の境目を越えて子宮頸管内に入り込んでいます。 子宮内腔と子宮頸管の形態上の境目を解剖学的内子宮口(かいぼうがくてきないしきゅうこう)と呼び、子宮内膜と頸管内膜の境目を組織学的内子宮口(そしきがくてきないしきゅうこう)と呼びます。 この2つの内子宮口の間の子宮頸部は子宮峡部と呼ばれ、妊娠時には開大して子宮体部の一部になり、子宮下節と名前が変わります。 通常の帝王切開では子宮下節を横切開します。 妊娠が成立すると、受精卵は子宮内膜に付着、侵入し(着床)、子宮体部で発育します。 子宮体部の最外層は、子宮漿膜(しきゅうしょうまく:子宮外膜)という薄い膜に包まれています。 子宮体部の先端の部分は、子宮底(てい)といいます。 なお、子宮頸部の下方は前述の子宮腟部に相当します。 成人女性では、子宮の長さは7~8cmでありニワトリの卵程度の大きさですが、妊娠すると、上腹部に達するような大きさになり、かたちは卵円形になります。 子宮体部上端の左右は、卵管につながっています。 卵巣より排出された卵は卵管に吸い込まれ、そこで精子と合体(受精)し、受精卵は卵管内を通り子宮内腔へ移送されます。 卵管の長さは7~12cmで、その内側の壁は卵管内膜といい、線毛を有する細胞や分泌液を出す細胞が豊富にあり、受精卵が運ばれるのを助けています。 卵管内膜の外側には平滑筋があり、表面は卵管外膜でおおわれています。 卵管の通過が不良だと受精卵は子宮に達することができず、不妊になります。 この場合、妊娠するためには体外受精が必要です。 また受精卵が卵管内にとまり、そこで発育してしまうことを卵管妊娠といい、子宮体部内腔以外の部位に妊娠が起こる異所性妊娠の大部分を占めます。 卵管の先端部分に存在する親指の頭ほどの楕(だ)円形(卵型)の器官は卵巣です。 卵巣は、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌する内分泌臓器であるとともに、卵をつくり排出するという、生殖にもっとも重要な臓器といえます。

次の

東京工芸大/工/基礎セ/物理/實方研究室

小いんしん 左右非対称

実は多くの女性は大人になるにつれ、小陰唇が大陰唇から顔を出ようになるものです。 時には小陰唇が大きくはみ出て、その形態が嫌だと思う方も多いようです。 もちろん、小陰唇が小ぶりで、大陰唇からはみ出ていない方もいますが、異常ではありません。 小陰唇の大きさに対しては正常の範囲という規律は無いことになっています。 しかし、ご自分の形態が嫌であれば、小陰唇縮小手術で改善できますので、形成外科専門医に相談してみましょう。 しかし、傷跡や形態の美しさは担当医師の技量によりますので、少なくとも、形成外科専門医が手がける医療機関での手術をお勧めします。 ヒダが外側に開いてしまっているため人よりも大きいように思います。 ヒダは何のためにあるのでしょうか。 美容外科クリニックの中には、形成外科専門医が手術にあたっている所が少ないようです。 小陰唇は粘膜面も多く、縫合技術が低くとも、傷痕に影響が少ないと思っているようです。 そのため、酒井形成外科には他院の小陰唇縮小手術の傷痕の修正が後を絶たないのです。 また、左右対称できれいな形態にするデザインも意外に難しいのです。 場所が場所だけに「文句を言う患者が少ない」ことをいいことに、はさみでチョキチョキ、サッサッと縫って30分で終わり、なんていうクリニックが多いと聞きます。 もし、きちんとした美容外科医を探したいのなら、まず、日本形成外科学会専門医の資格がある医師による手術が基本です。 つぎに、多くの美容外科クリニックを訪れ、医師の知識や誠意さを比べてみることでしょう。 ただ、甘い言葉や治療費の安さにつられてしまうことのないようにしてください。 思春期の娘ですが、小陰唇のことで悩んでいます 思春期の娘のことで相談させて下さい。 突然、小陰唇が数年前から下着で擦れて痛いから手術がしたいと訴えてきました。 今まで何も言わなかったのですが、ずっと我慢していたそうです。 最近インターネットを通じて同じ悩みを持つ人に触れ、解決法があることを知り早く自分もそうしたいと思う気持ちが強くなっているようです。 母親でありながら、全くそういう事には無知なのでどうしたらいいのかわかりません。 産婦人科で診察を受けさせる事が出来たのですが、婦人科の先生からは異常が全く無いとのことでした。 そして今は成長期だから敏感になっている為かもしれないし、手術を考えていることを伝えたら、あきれてしまわれました。 他の婦人科の先生にも聞いてみたところ、何を馬鹿な事をとばかりに本人を説得するから連れて来なさいと言われました。 実際、女性器の美容外科手術をして失敗した人がよく来るとのこと。 産婦人科の医師は、毎日何十もの女性器を診察しています。 そうすると、おのずと女性器の形態は千差万別で小陰唇の大きさなどは大きいものも、小さいものも異常ではないことを、体で知っているのだと思います。 また、彼らは形態を修正する医師ではありません。 あくまで子宮癌や婦人科病、あるいは出産、分娩といった疾患に対し治療を行っている医師です。 小陰唇の形態に対しても、太っていることや、一重まぶた、鼻が低い…等身体のコンプレックスを婦人科医に相談するのと同じ視線でしか見てくれないのだろうと思いますし、仮に、手術するといっても、形成外科医のようにきれいには手術することは難しいのだと思います。 酒井形成外科では女性器の悩みも、目や鼻など顔の形態の悩みと同様なレベルで診察、カウンセリングをしています。 つまり、いかに美しく見せるかというコンセプトなのです。 婦人科の医師から、ご相談やご紹介いただく患者さまもいらっしゃいます。 小陰唇の悩みは意外に多いものですが、誰にも相談できずにいる方も多いと聞きます。 また、お母様といらっしゃる方も何人もいます。 保護者の方と医師と患者さまと3名で十分お話しをすることもできます。 悩んでいるより、カウンセリングにいらしてみてはいかがでしょうか。 保守的考えの医師も多いとは思いますが、新しい考えをも持っている医師もたくさんいます。 ただし、技術的道徳的にすぐれた医師を主治医に選んでください。 誇大宣伝でビジネスを基本としている医療機関には十分注意をしてください。 大陰唇の内側、小陰唇との間が弛んでいます。 これをきれいに治すことは可能ですか? 酒井形成外科は、小陰唇の手術について大変多くの症例があります。 術後出血やタイオーバーの安定など、アフターケアも丁寧さが必要です。 手術を担当する医師は、抜糸までしっかりフォローを致します。 また、個人情報保護法に則り、きちんとプライパシーも守れますので、その点もご心配ありません。 術後2〜3日後に1回診察処置をいたします。 小陰唇肥大以外にも、分娩時の外傷後の傷痕、奇形にも対応しています。 さらに他院での小陰唇縮小手術後の修正手術も取り扱っています。 遠方の患者さまの場合は、2〜3日近隣のホテルで待機してもらう事があります。 当院にも提携ホテルがありますのでお気軽にご相談下さい。 抜糸は、溶解糸を使用した場合は必要ありませんが、非溶解糸を使用した場合2週間後に抜糸をいたします。 非溶解糸の方が、傷痕がきれいに仕上がります。 抜糸は近くの形成外科に紹介するか、ちょっと大変でも日帰りで当院に来院してもらうかを選択していただきます。 さらに術後2か月目に完全に腫れが退いた状態を観察させてもらえば幸いです。 問題なければ、その他の通院は必要ありません。 小陰唇形成の手術の流れや費用などについて 小陰唇形成の美容外科の手術のところですが、手術費用のページで、小範囲と拡大範囲とありますが、この「範囲」というのは何のことなのでしょうか? まず、カウンセリングを受けます。 手術の注意点やデザインをお話します。 女性器の手術を希望なさる場合は、まず血液検査を受け、手術日を予約します。 小陰唇縮小手術の当日、手術は丁寧に1時間程度をかけます。 腫れや出血を防ぐタイオーバーというガーゼを当てます。 これは自分では取れません。 手術後3〜4日目にタイオーバーを除去します。 もし、溶けない糸を利用した場合、術後14日〜20日くらいの間に抜糸に来院します。 抜糸後は1〜2ヶ月後デザインチェックです。 溶ける糸は抜糸の必要はありませんが、糸が溶けるまで時間がかかり、 傷痕が残りやすくなります。 また、完全に糸がとけるまでは原則として消毒が必要になります。 またプールや温泉につかることはできません。 溶けない糸の場合、ある一定期間で抜糸をするため、傷痕はきれいになりやすく、抜糸後は入浴など自由です。 性行為は、1ヶ月程控えた方が良いでしょう。 術後2〜3週間で概ね全ての運動は自由に行ってよいはずです。 膣口に関すること 小陰唇がなくて、クリトリスなどが、むき出しだと思うのですが、これはおかしいことでしょうか まったく心配いりません。 膣入り口には処女膜 粘膜のひだ状のもの があり、人によりまるでフタに5mm程度の穴が2〜3個開いているような形態の方もいらっしゃいます。 最初の性交でこれが破けるわけですが、もともと粘膜ですので、すぐ傷は回復してしまいます。 そのとき処女膜は、破けた状態を維持しこれを処女膜痕といいます。 数回の性交で、かなりしっかりした処女膜の方であっても、もはや痛みは無くなります。 非常にめずらしい症例で、なかなか処女膜が十分開放しない患者さまもいらっしゃいます。 この場合は、小さな処女膜切開手術で簡単に治癒します。 また、出産をされると、この処女膜痕も殆ど無くなり、経産婦の方では大きく膣口が開いている状態のことが多いようです。 膣は、人によりいろいろな方向に向いています。 しかし、性交にはまったく支障はきたしません。 婦人科検診で膣の中から外子宮口を観察するには器具を挿入しますが、患者さまが痛がったりすると、とても外子宮口を充分に見えないと思います。 あなたの場合も婦人科の医師が「曲がっている」と言ったのですから、多少はその傾向にあるのかもしれませんが、むしろ検査を痛がり、力が入り過ぎたり、おしりが上がってリラックスした体位が採れなかったのが原因と思います。 考えても見れば、子宮〜膣は出産時産道を形成しこぶし二つ分の赤ちゃんの体が十分通過でき、決して破れるようなことは無い組織器官なわけですから、粘膜筋肉はかなり余裕があるはずです。 いずれ愛する方とのセックスをご経験されると思いますが、愛情がすべてを克服するばかりでなく人生最大の喜びを手に入れることも「夢ではない」はずですので、その時を「楽しみに」しましょう。 トラウマもきっと乗り越えられます。 女性器の手術に関する一般的なこと 小陰唇縮小手術後の抜糸、タイオーバーについて.

次の

小陰唇の左右差、大きさの実例を横浜中央クリニックへ聞きました

小いんしん 左右非対称

女性性器は外から見える外性器と見ることができない内性器とに分類されます。 外性器は小児期、性成熟期、老年期といった生涯の各時期により変化します。 恥丘は恥骨の前方(腹部側)にあり、思春期以降に脂肪組織が厚くなり、皮膚の表面に陰毛が生じます。 大陰唇は、腟のまわりを取り巻く左右対称の厚い皮膚のひだであり、男性の陰嚢(いんのう)に相当するものです。 左右のひだは腟の上下(前後)で接し、おのおの前陰唇交連(ぜんいんしんこうれん)、後陰唇交連(ごいんしんこうれん)といいます。 大陰唇の表皮は厚く、色素が豊富であり、さらに皮脂腺や汗腺も多数みられます。 小陰唇は左右の大陰唇の内側にあり、大陰唇より薄く花弁様の構造をしています。 この部分の皮膚はなめらかで色素沈着がありますが、陰毛はありません。 小陰唇の内側は粘膜に移行します。 左右の小陰唇に囲まれた舟型のくぼみを腟前庭といい、その中心は腟口です。 左右の小陰唇が前方で融合する部分に陰核があり、これは男性の陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)に相当するものです。 神経や血管が豊富であり、性的刺激により拡張します。 陰核の下方で腟口の上方には尿道が開口しています。 尿道口の左右には、スキーン腺(尿道傍管)が存在しています。 左右の腟前庭下側方にバルトリン腺が開口し、これは別名・大前庭腺ともいい、性的興奮時に粘液を分泌し腟をなめらかにする機能があります。 バルトリン腺はしばしば感染を起こし、中にうみがたまり、表面よりかたまりとして触れるようになり、痛みを伴います。 これはバルトリン腺炎といい、切開し排膿(はいのう)することが必要となります。 腟口の一部またはかなりの部分をおおう膜状の構造を処女膜といい、その中央には腟が開口し、月経血はそこより流出します。 お産を経験すると大部分は脱落し、処女膜痕(こん)としてわずかの部分が残ります。 処女膜が完全に閉鎖していると、月経血が排出できず、初経に一致して下腹部に強い痛みを訴えます。 後陰唇交連と肛門(こうもん)との間を会陰といい、この部分の皮膚は薄く陰毛を欠きます。 分娩(ぶんべん)時、会陰はいちじるしく伸ばされ、しばしば裂けることがあり(会陰裂傷)、修復が困難な裂傷の発生を予防するため、そこにあらかじめ切開を入れることがあります(会陰切開)。 腟は、外陰と子宮との間にある長さ7~8cmの管状の構造物で、その壁(腟壁)は腟粘膜でおおわれており、そのさらに外方は筋層からなっています。 腟の前方には、膀胱(ぼうこう)や尿道があります。 また、後方には直腸と肛門があります。 卵巣がはたらいている女性は、腟内は乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)で占められており、そのため腟内は酸性に保たれ、病原菌が繁殖できないようになっています。 腟は上方で子宮につながっており、腟の奥に一部飛び出している子宮の最下端の部分を子宮腟部といいます。 その中心には小さい穴が開口しており、これを外子宮口といいます。 月経血は、ここから腟に流れていきます。 子宮は、前後に扁平(へんぺい)な西洋梨の形をした空洞な器官であり、子宮体部と子宮頸(けい)部からなり、その内腔(ないくう)をそれぞれ子宮内腔、子宮頸管(けいかん)といい、両者の境目は内子宮口と呼びます。 それらの内側の壁は、それぞれ子宮内膜、頸管内膜からなります。 それらの外方には、平滑(へいかつ)筋という厚い筋組織(子宮筋層)があります。 なお、子宮内膜は、子宮内腔と子宮頸管の形態上の境目を越えて子宮頸管内に入り込んでいます。 子宮内腔と子宮頸管の形態上の境目を解剖学的内子宮口(かいぼうがくてきないしきゅうこう)と呼び、子宮内膜と頸管内膜の境目を組織学的内子宮口(そしきがくてきないしきゅうこう)と呼びます。 この2つの内子宮口の間の子宮頸部は子宮峡部と呼ばれ、妊娠時には開大して子宮体部の一部になり、子宮下節と名前が変わります。 通常の帝王切開では子宮下節を横切開します。 妊娠が成立すると、受精卵は子宮内膜に付着、侵入し(着床)、子宮体部で発育します。 子宮体部の最外層は、子宮漿膜(しきゅうしょうまく:子宮外膜)という薄い膜に包まれています。 子宮体部の先端の部分は、子宮底(てい)といいます。 なお、子宮頸部の下方は前述の子宮腟部に相当します。 成人女性では、子宮の長さは7~8cmでありニワトリの卵程度の大きさですが、妊娠すると、上腹部に達するような大きさになり、かたちは卵円形になります。 子宮体部上端の左右は、卵管につながっています。 卵巣より排出された卵は卵管に吸い込まれ、そこで精子と合体(受精)し、受精卵は卵管内を通り子宮内腔へ移送されます。 卵管の長さは7~12cmで、その内側の壁は卵管内膜といい、線毛を有する細胞や分泌液を出す細胞が豊富にあり、受精卵が運ばれるのを助けています。 卵管内膜の外側には平滑筋があり、表面は卵管外膜でおおわれています。 卵管の通過が不良だと受精卵は子宮に達することができず、不妊になります。 この場合、妊娠するためには体外受精が必要です。 また受精卵が卵管内にとまり、そこで発育してしまうことを卵管妊娠といい、子宮体部内腔以外の部位に妊娠が起こる異所性妊娠の大部分を占めます。 卵管の先端部分に存在する親指の頭ほどの楕(だ)円形(卵型)の器官は卵巣です。 卵巣は、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌する内分泌臓器であるとともに、卵をつくり排出するという、生殖にもっとも重要な臓器といえます。

次の