豆腐ハンバーグ 冷凍。 【業務用】豆腐ハンバーグ 冷凍(60ケセット)

【焼き方付き】ハンバーグの冷凍保存方法と保存期間、厳選レシピ!

豆腐ハンバーグ 冷凍

豆腐の冷凍保存の方法は? 以外に思うかもしれませんが、 なんと、豆腐も冷凍できるんです! しかも、冷凍すると肉の食感に近づくという、 ダイエット中の人にも嬉しい話。 なので、いつでも豆腐を使えるように、 ぜひ、豆腐はいくつか冷凍保存しておいてください。 【豆腐の冷凍保存方法】 ・丸ごと冷凍する場合 豆腐の冷凍保存はとても簡単にできます。 豆腐は買ってきたままパックの状態で冷凍が可能なんです。 買ってすぐ、そのまま冷凍庫に入れられるのは とても手軽で助かりますよね。 冷凍庫に入れる時は、水を抜かず、 パックのままの豆腐を袋に入れます。 袋に入れないと、冷凍をしているうちに膨張して、 パックが破裂してしまう場合があります。 冷凍庫が汚れないように、必ず袋に入れて冷凍しましょう。 ・切り分けて冷凍する場合 普段、一丁丸ごと豆腐を使わないという場合は、 豆腐を水切りしてから、使いやすい大きさに切って、 ラップにくるんで冷凍すると使いやすくなります。 安いときにまとめ買いをして 冷凍保存するのも良いですよね! 豆腐を冷凍 解凍はどうすればいい? とても手軽に冷凍保存ができることはわかりましたが、 冷凍保存していた豆腐はどのように解凍したらいいのでしょうか? 【冷凍した豆腐の解凍方法】 解凍するときは、3つの方法があります。 ・自然解凍 ・湯せんでの解凍 ・電子レンジでの解凍 この3つを順番に紹介します。 ・自然解凍 時間はかかりますが、ちょうどいい食感で解凍できます。 冷蔵庫での解凍は時間がかかるので、 常温でおいておきましょう。 水分がたくさん出てくるので 水を受け止められるお皿を下に敷いてください。 パックごと冷凍していた豆腐の場合は、 パックごとそのまま常温で置いておいて 自然解凍できます。 ・湯せんでの解凍 お湯をボウルに入れて、その中に豆腐を入れ、 5分ほど湯せんすると解凍できます。 食感もあまり不自然にならないので 時間がないときにはおススメです。 パックで冷凍していた豆腐は パックのまま5分湯せんしましょう。 ・電子レンジでの解凍 パックに入れている場合は出してから、 ラップでくるんでいた場合はお皿に乗せて、 500Wレンジで6分ほど温めます。 レンジでの解凍は水がたくさん出てくるので、 水分を受け止められるような深めの耐熱皿を用意しましょう。 レンジでの解凍は、とても手軽にできますが 水分がほとんど出てしまいます。 パサパサした食感になるので その点は注意が必要です! 3つの解凍方法を紹介しました。 どの方法も、それぞれいい点があるので、 その時に合った方法で解凍しましょう。 豆腐を冷凍した場合のおすすめレシピ 冷凍した豆腐は、お肉のような食感になります。 そこで今回は、 ・から揚げ ・ハンバーグ の作り方を紹介します。 どちらも、普通のお肉の代わりに 冷凍していた豆腐を使います。 お肉と合わせる必要はありません。 【豆腐のから揚げ】 最初に、解凍した豆腐の水気をよく取ってから、 一口大に切ります。 醤油とめんつゆを2:1の割合で用意して、 にんにくとしょうがをお好みの量加えたタレを作ります。 そこに、豆腐を15分ほど漬け込みます。 片栗粉をまぶして、フライパンで揚げ焼きにして完成です。 【豆腐のハンバーグ】 普段どおりのご家庭のハンバーグのレシピの肉の代わりに、 冷凍豆腐を使います。 ミンチ状にするので、 レンジで解凍した豆腐だと使いやすいです。 冷凍豆腐で作る場合は 蒸し焼きにする必要がないので 普段のハンバーグより簡単にできますよ! おわりに いかがでしたか? 豆腐を冷凍するとお肉の代わりに使えるのは 初めて知った時は衝撃的でした! 豆腐はカロリーが低いのに 食べごたえがバツグンなので、 ダイエットや、節約にもピッタリですね。 今まで、豆腐の冷凍をしたことがない人も これを機に冷凍してみて、 お肉の代わりに使ってみてはいかがでしょうか? 家族にふるまって、 実は豆腐でできているんだよ!と伝えたら 驚かれること間違いなしです!.

次の

【業務用】豆腐ハンバーグ 冷凍(60ケセット)

豆腐ハンバーグ 冷凍

お豆腐は木綿豆腐を使います。 しっかり水を切ったお豆腐をキッチンペーパーにくるみます。 軽く重しをして水分を抜きます。 一晩おくと、かなり弾力のある状態になります。 水分が抜けたお豆腐を使いやすい大きさに切ります。 ひとつずつラップにくるんで保存袋に入れて冷凍庫で冷凍します。 使うときは、この冷凍した豆腐を解凍して使います。 その時、しっかり水切りして使うのがポイントです。 凍らせることでそぼろ肉や高野豆腐のような食感になります。 冷凍豆腐は、1か月以内に食べきるようにしましょう。 また一度解凍させた豆腐を再度冷凍させることは避けましょう。 それでは、この冷凍豆腐を使ったレシピを紹介しましょう。 キャベツ、ニラはみじん切りにして冷凍豆腐は解凍してよく水を切ります。 キャベツ、ニラ 、水切りした冷凍豆腐、玉子、チューブのしょうが 、パン粉、醤油、ごま油、塩をボールに入れて均一に混ざるまでよく手で捏ねて餡を作ります。 餃子の皮のまわりにみずをつけて 餡を包みます。 油を入れたフライパンで餃子を焼き表面がきつね色になったら水を入れ蓋をしたら水分が蒸発するまで蒸し焼きにして出来上がりです。 肉を使ってないので低カロリーでダイエットにもおすすめです。 食物繊維の多いキャベツやビタミンE の豊富なごま油はお通じや美肌の効果もあります。 解凍後 水気をよく絞った冷凍豆腐1丁を崩してボールに入れます。 豚挽き肉 玉子 チューブの生姜とにんにく 片栗粉 味醤油 塩コショウを加えます。 これをよく捏ねたら4等分にして形を整えて フライパンで両面焼き色をつけます。 ここにレトルトのミートソースと水2分の1カップをいれます。 中まで火が通るまで煮込みます。 煮詰まってきたら 溶けるスライスチーズ乗せます。 蓋をしチーズが溶けたら出来上がりです。 煮込むことでしっかり味がつき淡泊なお豆腐もボリュミーになり満足感もあり節約にもなる料理です。 冷凍豆腐の水分を程よく切ります。 ボールで塩コショウと小麦粉を加えて良く練ります。 そこに枝豆を加えて、適当な大きさと形に整えます。 フライパンに油をひき中火の弱火で両面に焼き色を付けます。 レンジの500Wで1分半加熱し中まで温めます。 カットしたトマトにコンソメと水と少しの砂糖を加えて煮立たせます。 溶き片栗粉でとろみをつけたら、盛り付けたハンバーグにかけて出来上がりです。 疲れた時にも簡単に作ることができて、タンパク質も豊富。 トマトソースの旨みとの相性も良く、さっぱりとしながら美味しく頂けます。 冷凍豆腐は前日から冷蔵庫で解凍しておきます。 解凍してスポンジ状になった豆腐の水気をしっかりと絞ります。 ぽろぽろとしたそぼろ状になるまで崩します。 そこにツナ缶、小麦粉、調味料を加え、よく混ぜてタネを作ります。 フライパンに多めの油で、スプーンですくったタネを入れます。 こんがり色づくまで揚げたら完成です。 お豆腐とツナ缶を使ったお財布にもやさしい節約メニューです。 栄養面でもタンパク質がしっかり摂れて、女性にはうれしい大豆イソフラボンを摂れるのにも期待できそうですね。 大人も子供も大好きなナゲットは、夕飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりです。 鍋でココナッツオイルを暖めクミンシードを炒めます。 クミンシードがはじけてきたら、みじん切りの玉ねぎ、にんにく、生姜を加えよくいためます。 解凍した豆腐の水気をとり、ぼろぼろにして鍋に入れます。 次に、カレー粉、ケチャップ・醤油、水を加えます。 沸騰したら弱火にし蓋をして10分煮込みます。 最後に、グリーンピースを加え火が通ったら塩で味を調整してできあがりです。 挽肉を使わず動物性油の体への摂取を抑えるので、健康を増進しダイエットにも効果的です。 一味違うおいしい健康的なカレーなのでおすすめです。 冷凍豆腐を解凍ししっかりと水分をきっておきます。 スライスした豆腐を両面こんがりと焼き別の皿に取っておきます。 同じフライパンでピーマン、キャベツ、玉ねぎに火を通したら焼いた豆腐を戻します。 調味料を入れて味を絡め、ご飯を盛り回鍋肉を盛ります。 最後に温泉卵を乗せ出来上がり。 お肉の様なしっかりとした歯ごたえがあり、食べごたえも十分にあるためにダイエット中でも満足できる一品になる事間違いなしです。 水分を切った冷凍豆腐をボールに入れます。 そこに、みじん切りにした玉ねぎやひき肉と卵加えます。 さらに、塩コショウ、ナツメグをいれ混ぜ合わせます。 フライパンに油を引いたら形を整えて両面焼いて出来上がり。 大根おろしと照焼きソースで和風味などソースはお好みで。 冷凍豆腐を入れることで焼き上がりもふわふわのハンバーグになります。 まとめ いかがでしたか?豆腐はアレンジしやすいので、いろんなメニューが楽しめます。 ハンバーグだけでも、何通りものアレンジができますね。 ヘルシーですので、多少食べ過ぎてもカロリーが気にならないのはいいですね。 冷凍豆腐は、わざわざ作らなくても料理などで豆腐が余ったら冷凍しておいてもいいですね。 今晩の夕食のメニューに取り入れてみたはいかがですか?.

次の

豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

豆腐ハンバーグ 冷凍

豆腐ハンバーグのタネが完成したら生のまま冷凍するのか、焼いた状態で冷凍した方がいいのか悩む方もいるのではないでしょうか?結論から言うと 豆腐ハンバーグを冷凍する時は焼いてから冷凍するのがおすすめです。 豆腐ハンバーグを生のまま冷凍すると解凍時にドリップが出て食感が悪くなったり、水分が抜けてパサパサになる可能性があります。 また豆腐ハンバーグには しっかりと焼き目をつけ、タネに残った水分を飛ばすことも忘れないようにしてください。 水分が残ったままだと解凍時に水分と一緒に旨みや風味も溶け出してしまいます。 先に豆腐ハンバーグの水分を抜くようにしっかりと焼いてから冷凍することで豆腐ハンバーグの美味しさを保つことができるので、必ず焼いた状態で冷凍するようにしてください。 豆腐ハンバーグのみならず普通のハンバーグでもパサパサの状態のものは美味しくありません。 このパサパサになるのを防ぐにはいくつかのコツがあります。 まずひとつめのコツは タネをしっかりとこねることが大切です。 できれば 100回以上はしっかりとこね、肉が白っぽく粘るようになるくらいコネ合わせると焼いた時に肉汁が流れ出ずパサパサになりません。 ハンバーグの命は練り工程にあると言っても過言ではありません。 美味しい豆腐ハンバーグのためにしっかりと練り合わせるようにしてください。 パサパサになるのを防ぐ二つ目のコツは 水分をある程度入れるということです。 牛乳や水などの水分が少なすぎると柔らかくジューシーな豆腐ハンバーグになりにくいので注意してください。 ハンバーグをパサパサにしない3つ目のコツは 焼きすぎないということです。 ハンバーグはどうしても生焼けが気になってしまい、必要以上に焼いてしまうケースがありますがこれだと肉汁が抜け出てしまいパサパサの原因になってしまいます。 ハンバーグを焼いて軽く箸で押した時に透明の油が出てきたらOKなので、焼きすぎないようにしましょう。 豆腐ハンバーグを解凍する方法はいくつかありますが、解凍したあとパサパサになりにくく一番美味しくいただけるのは 自然解凍です。 自然解凍だと解凍の際に不必要な水分が出てくることもありませんし、冷凍前に限りなく近い状態に戻すことができます。 自然解凍は 冷凍庫から冷蔵庫に豆腐ハンバーグを移し、半日ほど置くだけでOKです。 豆腐ハンバーグを解凍する時間がない方やすぐに食べたい方は、電子レンジの解凍モードを使って解凍することもできます。 ただその場合豆腐ハンバーグがどうしても水っぽくなってしまうので、フライパンで焼きなおすと余計な水分が抜けて美味しくなります。 フライパンで豆腐ハンバーグを焼き直す時は多めの油をしいて豆腐ハンバーグの表面をかりっと焼き上げるとできたての美味しさが復活します。 豆腐ハンバーグ 4個• 生椎茸 6枚• しめじ 1パック• えのき茸 1袋• A酒 大さじ2• Aみりん 大さじ2• Aしょうゆ 大さじ2• おろししょうが 1かけ分• 油 少々• 冷凍したハンバーグは解凍しておきます。 椎茸は石づきを切り落とし薄切りに、しめじは小房に分け、えのき茸は根元を切り落として3等分に切ります。 フライパンにきのこを入れて強めの中火でさっと炒め、分量の水を加えます。 煮立ったら中火にし 材料Aで調味し、再び煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 ハンバーグにきのこあんをかけ、おろししょうがを添えたら完成です。 豆腐ハンバーグ 2個• 絹ごし豆腐 300g• Aすりおろし生姜 小さじ1• Aすりおろしニンニク 小さじ1• B豆板醤 小さじ2• B甜麺醤 大さじ1• Bオイスターソース 小さじ1• B料理酒 小さじ2• B鶏ガラスープの素 小さじ2• B水 200ml• 水溶き片栗粉 大さじ1• ごま油 大さじ1• ハンバーグは解凍後軽く焼きなおしておきます。 フライパンにごま油をひき、長ねぎ、 材料Aを炒めます。 香りが立ったら、絹ごし豆腐と 材料Bを加え中火で煮込みます。 豆腐に火が通ったら、水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみが付き全体に味が馴染んだら、火から下ろします。 器にハンバーグを乗せ、5をかけ長ねぎを乗せたら完成です。 ハンバーグ2個• 人参 3cmほど• 米粉 大さじ1• 豆乳 200cc• 塩、胡椒少々• 溶けるチーズ 適量• 玉葱は薄切り、人参は千切りにしたら耐熱容器に入れてラップをし、600wのレンジで3分加熱します。 加熱後フライパンに移し、フライパンが冷たい状態のまま米粉を加えてよく混ぜます。 豆乳を少しずつ加えて溶きのばします。 豆乳を全て入れたら火にかけとろみが付くまで混ぜながら温めます。 とろみが付いたら塩、胡椒で味を整えます。 耐熱皿に入れ、軽く温めたハンバーグを乗せて押し込みます。 溶けるチーズを好みの量振りかけ、トースターでチーズがこんがりするまで焼いたら出来上がりです。

次の