こむら返り 対処法。 夜中に足がつる・こむら返りの原因

年齢と睡眠中のこむら返り

こむら返り 対処法

寝ているときは、足の温度が低下している。 加えて布団の重みなどの影響もあり足先は 尖足位(せんそくい)という状態になっている。 このようなときに、 ふくらはぎがつりやすい状態であるという。 また布団かけずにエアコンつけ放しで寝ていたりすると、足がつることが多い。 寝ているときはふくらはぎの筋肉が収縮している状態になっている。 しかもエアコンつけ放しのような状態では足の筋肉が冷える、血管が収縮する、血行が悪くなる。 こんな時大きく足を動かしたり、寝返りをうったりすると足の筋肉に刺激が加わる。 すると、筋肉が急に収縮するということになる。 足がつるということは、ふくらはぎの筋肉が急に収縮して痙攣することだ。 いわば 筋肉の異常収縮ということになる。 水泳中に足がつることがあるのもうなずける。 足がつる(こむら返り)は筋肉の異常収縮ということだが、そのような状態が起こる理由は何だろうか。 などが考えられるという。 具体的には、急な激しい運動などでの多汗状態、下痢などの脱水症状、熱中症、妊娠中のカルシウム不足、人工透析時などの電解質バランスのくずれなどなどさまざまな原因があるとされている。 また肝硬変、腎不全、腰椎の疾病、、糖尿病などの病気が原因となることもある。 下肢静脈瘤になると頻繁に足がつることもあるという。 足がつる(こむら返り)その原因は? 足がつる(こむら返り)原因として考えられることがらをもう一度整理しておく。 イオンのアンバランス化が原因となることがある。 またビタミンB1、タウリンなどの栄養素の不足により起こることもある。 水分不足によって血液の循環が悪化する。 血行が悪くなると、筋肉にも十分な栄養や酸素が行き渡らなくなる。 ひいては筋肉の異常収縮が起こりやすい状態となる。 つまり足がつりやすい状態になっているということである。 汗をたくさんかくことでミネラルやビタミンなど栄養素が不足して起こる場合もある。 通常と異なる筋肉の動かし方、過度の運動などで筋肉に強い刺激を加えることで起こることがある。 血流が滞ると正常な筋肉の収縮ではなくなり起こるこ とがある。 バランスがとれたミネラルは筋肉の動きを良くする。 バランスが崩れると筋肉を動かす神経の調整がうまく機能しない。 ミネラルの主なものは、カルシウム・マグネシウム・カリウムなど。 飲酒による肝臓や胆嚢の機能低下によって、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。 薬の副作用 神経や筋肉に関連する病気によって、足がつる(こむら返り)が起こりやすくなることがある。 糖尿病、肝硬変、動脈硬化、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、筋萎縮性側索硬化症、関節炎、下肢静脈瘤、など。 薬の副作用で起こることもある。 母体の栄養が不足。 ホルモンのバランスの崩れ。 過呼吸で血液がアルカリ性に寄っている。 大きくなった子宮によって血管圧迫が起こり血液循環の悪化。 足の疲労。 などなど妊婦にはこむら返りが起きる誘因がたくさんある。 頻繁にあるいは慢性的に起こるようなら、別の病気の可能性があるかもしれない。 早めに医師、医療機関に相談する必要がある。 足がつる(こむら返り)原因として考えられるものは多様である。 足がつる(こむら返り)原因として考えられていることがらを整理しておこう。 イオンのアンバランス化が原因となることがある。 またビタミンB1、タウリンなどの栄養素の不足により起こることもある。 水分不足によって血液の循環が悪化する。 血行が悪くなると、筋肉にも十分な栄養や酸素が行き渡らなくなる。 ひいては筋肉の異常収縮が起こりやすい状態となる。 つまり足がつりやすい状態になっているということである。 汗をたくさんかくことでミネラルやビタミンなど栄養素が不足して起こる場合もある。 通常と異なる筋肉の動かし方、過度の運動などで筋肉に強い刺激を加えることで起こることがある。 血流が滞ると正常な筋肉の収縮ではなくなり起こるこ とがある。 バランスがとれたミネラルは筋肉の動きを良くする。 バランスが崩れると筋肉を動かす神経の調整がうまく機能しない。 ミネラルの主なものは、カルシウム・マグネシウム・カリウムなど。 飲酒による肝臓や胆嚢の機能低下によって、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。 薬の副作用 神経や筋肉に関連する病気によって、足がつる(こむら返り)が起こりやすくなることがある。 糖尿病、肝硬変、動脈硬化、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、筋萎縮性側索硬化症、関節炎、下肢静脈瘤、など。 薬の副作用で起こることもある。 母体の栄養が不足。 ホルモンのバランスの崩れ。 過呼吸で血液がアルカリ性に寄っている。 大きくなった子宮によって血管圧迫が起こり血液循環の悪化。 足の疲労。 などなど妊婦にはこむら返りが起きる誘因がたくさんある。 頻繁にあるいは慢性的に起こるようなら、別の病気の可能性があるかもしれない。 早めに医師、医療機関に相談する必要がある。

次の

足がつる・こむら返りの治し方、5つの対処法と予防法

こむら返り 対処法

こむら返りのメカニズムを学んで正しく治そう! こむら返りが頻繁に起きる場合、正しく対処しないと改善されることはありません。 なので、まずはこむら返りが起きるメカニズムについて学んでこむら返りに正しく対処しましょう! こむら返りとはどんな症状なのか? こむら返りが起きた時は筋肉の異常収縮が起きている状態です。 健康な人の場合は筋肉は収縮すれば弛緩するようになっています。 しかし、こむら返りは筋肉が収縮し続けて弛緩しないんです。 そして、筋肉が収縮し続けることで神経を刺激してあの激痛を感じるんです。 こむら返りが起きる原因とは? こむら返りが起きる原因は様々です。 しかし、こむら返りは健康な人でも起こる可能性は十分にあります。 こむら返りの治し方とは? こむら返りが起きた時に治す方法はストレッチです。 こむら返りは筋肉が収縮し続けている状態ですのでストレッチをして伸ばしてあげることで治すことができます。 外でこむら返りが起きた時の対処法と治し方 外で歩いている時にこむら返りが起きた時は慌てずに、アキレス腱を伸ばすようにストレッチをしましょう!こむら返りが起きている方の足を後ろに引いてかかとを地面につけます。 そのまま、かかとを地面に押し付けるようにすれば、ふくらはぎとアキレス腱を伸ばすことができますのでこむら返りを治すことができます! また、この方法は近くに壁がある場合、壁を使ってやった方がふくらはぎとアキレス腱のストレッチ効果は高くなります。 外でこむら返りが起きて近くに椅子がある場合の対処法と治し方 次にご紹介するのは近くに椅子がある場合や、座っている時にこむら返りが起きた場合の治し方です。 椅子に座った状態でこむら返りが起きた方の足を前に出します。 その足のつま先を手で持ち手間に引っ張って下さい。 そうすると、アキレス腱とふくらはぎが伸びているのを感じるはずです。 この時、靴を履いたまま行う良りも、靴を脱いで行う方がストレッチの効果が高まります。 睡眠中にこむら返りが起きた時の対処法と治し方 睡眠中にこむら返りに襲われた場合はこれまでににご紹介したストレッチを使うことで治すことができますが、この方法では1回ベットから起き上がらなくてはいけません。 寝ぼけているし、いきなり立ち上がった場合は立ちくらみなどで転倒する恐れもあります。 このような二次災害を防ぐためにもベットから起きあがらないでこむら返りを治す方法を3つご紹介します。 睡眠中にこむら返りが起きた時にタオルを使ってこむら返りを治す方法 この方法にはタオルが必要ですので、寝る前にベットの横にタオルを用意しておきましょう。 睡眠中にこむら返りが起きた場合はこの方法が1番安全でストレッチの効果も高いのでオススメです。 1:タオルの両端を両手で持ちます。 2:こむら返りが起きた方のつま先にタオルをひっかけます。 3:そのままタオルを手間に引いてアキレス腱とふくらはぎをストレッチさせましょう 4:ストレッチを感じた状態で10秒〜30秒キープして下さい。 睡眠中にこむら返りが起きた時に壁を使ってこむら返りを治す方法 この方法の難点はベットの横に壁がないとできないことです。 もし、あなたのベットの横に壁がある場合はこの方法で十分こむら返りを治すことができます。 体のプロである整体師の先生が自分にこむら返りが起きた時にこの方法で治したそうです。 その体験談とこの方法をわかりやすく解説してくれている動画を貼っておきますのでぜひごらんください。 1:からだを起してこむら返りが起きた方のつま先を壁にくっつけます。 この時、膝は伸ばした状態にしてください。 2:つま先を壁につけて、膝を伸ばした状態をキープしながらかかとを壁にくっつけるようにして、足裏を壁に押し付けましょう。 3:かかとが壁に着くとふくらはぎとアキレス腱がストレッチされているのを感じるはずです。 そのまま10秒〜30秒キープしましょう。 睡眠中にこむら返りが起きた時に座位でこむら返りを治す方法 この方法ではタオルも必要ないし、壁も必要ありません。 もし、2つともない場合はこの方法でこむら返りを治しましょう。 1:上半身を起こしてください。 こむら返りが起きてない方の足を正座のようにお尻のしたに持って行きます。 そして、こむら返りが起きている方の足の膝を立てて、つま先を床につけます。 2:そのまま、こむら返りが起きた方のつま先に体重をかけてふくらはぎとアキレス腱をストレッチさせてください。 3:そのまま10秒〜30秒キープしましょう。 こむら返りを予防するために必要こと 冒頭にもちらっと触れましたが、こむら返りの主な原因は水分不足、運動不足、ミネラル不足、冷えなどです。 これらを解消するような予防策を取ればこむら返りを予防することが可能です。 運動不足を解消するために筋トレをしよう! 運動不足はこむら返りの原因の1つです。 運動不足になると、筋肉の収縮や弛緩を司る筋紡錘や腱紡錘のセンサーが鈍ってしまいます。 なので、運動不足の人が急に運動すると、筋肉の収縮や弛緩がうまくいかずにこむら返りを引き起こしやすくなります。 運動不足だなと感じる人は運動するようにしましょう! 1日20分〜30分ほどのウォーキングや、スクワット20〜30回を3セットでも十分に運動不足の解消に効果的です。 継続できる範囲のきつさで運動不足を解消していきましょう! 栄養をしっかり取れる食事に変えましょう! あなたは インスタント麺やファーストフード、肉ばかり食べたりなど偏った食生活をしていませんか?そのような食生活をしている場合いますぐ改善しましょう! こむら返りの原因として考えられるのはミネラル不足です。 なぜなら、ミネラルは筋肉が正常に収縮するのに欠かせない栄養素だからです。 ミネラルが不足すると筋肉の収縮がうまくできずにこむら返りを引き起こしてまいます。 そして、ミ ネラルの中でも特に重要だと言われているのがマグネシウムとカルシウムです。 この2つを摂取できるような食事に変えることでこむら返りを予防することができます。 マグネシウムは野菜、豆、海藻、魚に多く含まれています。 カルシウムは牛乳、チーズ、魚などに多く含まれています。 これらを多く食べるような食事に変えましょう。 マグネシウムとカルスムが多く含まれている食品については下の記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。 湯船にゆっくり浸かるのがこむら返りの予防に効果的! 湯船にゆっくり浸かり、体を芯まで温めると血流が良くなります。 血液は筋肉に酸素や栄養を運んでくれる有用な役割を担っています。 湯船にゆっくり浸かることで筋肉に十分な栄養なや酸素がいきわたるのでこむら返りの予防に効果的です。 また、温まることで筋肉の緊張が解けてほぐすことができるのも、湯船にゆっくり浸かることがこむら返りの予防に効果的な理由の1つです。 ストレッチとマッサージを日常に取り入れよう! 湯船で筋肉をほぐした後に、マッサージとストレッチを行うことで、よりこむら返りの予防に効果的です。 テレビを見ながらでもできるので簡単ですよね。 1日10分でもいいので取り入れましょう。 マッサージをするときは強い刺激を与えることは避けましょう。 筋肉は強い刺激を受けると硬くなってしまいます。 優しく気持ちよい範囲で行いましょう! 寝る前に1杯の水を飲もう! 寝ている時も体は動いています。 寝ている時に汗や呼吸から失う水分は平均で500ml、多い時では1リットルも失うと言われています。 そんなに水分を失うと朝起きた時のからだはカラカラの状態です。 水分が不足すると血液がドロドロになり、筋肉に十分な栄養や酸素が行き届かず、こむら返りを起こしやすくなります。 寝る前にコップ1杯の水でいいので水分補給をするするようにしましょう! 寝るときは足を冷やさないようにしましょう! 筋肉は冷えると、硬くなります。 また、収縮や弛緩も鈍くなりこむら返りが起きやすくなります。 寝るときは足を冷やさないように長ズボンを履いて寝る、長めの靴下を履いて寝るなどの対策をとりましょう! こむら返りの原因とは? 夜中にいきなり襲ってくるこむら返り。 いつくるかもわからないからすごく怖いですよね... そんなとても怖いこむら返りの原因をわかりやすく解説致します! こむら返りを予防する食事 こむら返りの原因とともに、こむら返りを予防する食事についてわかりやすく解説いたします!こむら返りを予防するために普段の食事から改善していきましょう! 医師の見解まとめ こむら返りを頻繁に起こす場合、他の疾患が潜んでいる可能性も。 こむら返りの原因まとめ. comではこむら返りに悩んでいる方のために、医師の見解もまとめました! 動画で学ぶこむら返り予防法 記事を読むだけではつまらない。 それに文字だけでは伝わりにくいニュアンスもあったり。 なので、こむら返りの予防法や原因等を楽しく学べるように動画もまとめました! こむら返りの予防法と対処法 こむら返りを予防するストレッチや外出先でこむら返りが起きた時の対処法などを解説致します!しっかり学んでこむら返りを予防しましょう! こむら返りは病気のサインかも? こむら返りが頻繁に起きる場合、病気の可能性があることをご存知でしょうか?こむら返りと病気の関係性や予防法について徹底解説致します!.

次の

睡眠中の激痛【こむら返り】は自分で防げる治せる!(原因・なりやすい人・緊急対処法)まとめ|カラダネ

こむら返り 対処法

を再掲載しています。 こんにちは、美容研究家の境貴子です。 「こむら返り」、いわゆる「足が攣る(つる)」という経験は誰にでもあると思います。 この時期に地味に増えるお悩みの一つなので、今回は 足がつった時の対処法と予防法をご紹介します。 足がつった時の対処法と予防法 足がつる主な原因 足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象です。 原因は大きく2つあり、それは肉体疲労と栄養不足ですが、多くの場合は筋肉疲労、水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下など、いくつかの要素が重なって起きます。 肉体疲労が原因となる理由 アキレス腱を代表とする腱の中には、「これ以上筋肉を伸ばしてはいけない」という事を脳に伝達する機能があり、これによって私たちは適度な伸縮を繰り返し、体を動かしています。 しかし、筋肉を酷使したり疲れがたまりすぎていると、疲労物質である乳酸がこの伝達機能を低下させます。 これによって正常な信号が送れなくなるため、伸長のストッパーが外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして、足がつりやすくなるわけです。 栄養不足が原因となる理由 私たちは食物からバランスよく栄養を摂取することで、体内のイオンバランスを保っています。 ところが、ダイエットや偏食によって栄養が偏ると、このイオンバランスが崩れます。 脳に様々な伝達を送るのに必要なイオンが不足すると、やはり伸長のストッパー機能が外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして足がつりやすくなります。 境式・足がつった時の対処法 こむら返りは寝ている時に起こりやすく、それが原因で寝不足になる方もいらっしゃいます。 寝ぼけながらの対処は本当に辛いものですが、これだけ覚えておいていただければ、次回からは慌てずに対処できると思います。 体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど) 2. 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター) 3. 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める) 4. 偏食をしない(バランスよく食べる) 5. ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない) 6. 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の