ズルズキン 色 違い。 どうしてオスメス両方いるの?と思うポケモン:見過ごせないダイアリー

【ポケモン剣盾】ズルズキンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ズルズキン 色 違い

自分の技で相手を倒すと、『こうげき』ランクが1段階上がる。 第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 第6世代は命中率:90 Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 [ズルッグ:Lv. 45 USUM〜BW ,Lv. [Lv. 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。

次の

どうしてオスメス両方いるの?と思うポケモン:見過ごせないダイアリー

ズルズキン 色 違い

ネズ SR ムゲンダイナV カード評価 8. 0点 ワザ「パワーアクセル」により後続のムゲンダイナVやにエネをつけることができる。 ムゲンダイナVMAXの進化元としては十分な性能を誇る。 ムゲンダイナVMAX カード評価 8. 0点 特性「ムゲンゾーン」により悪タイプを8匹までベンチに並べることができる。 特性が働いているときのワザ「ドレッドエンド」は自身も含め最大270ダメージとなる。 ゲーム序盤の火力としてはかなりのダメージになる。 しかし悪タイプしか出すことができないので、ジラーチなどを使っているとベンチに8匹並べることはできない。 しかしジラーチは回収ネットで回収することができる。 とはいえベンチの悪タイプのポケモンが4匹の状態でも2エネ150ダメージを出すことができなかなか強力である。 HPも340とVMAXポケモンの中では最も高い。 相性のいいカードは下記記事参照。 クロバットV カード評価 9. 0点 デデンネGXと同じく大量ドローを行う特性をもつ。 デデンネGXとの違いは、デデンネGXは手札をすべて捨てるのに対しクロバットVは6枚までドロー。 ほしいカードを捨てたくない場合はクロバットVが優先される。 HPがデデンネより高いため手札が減るタイプのデッキならデデンネより優先的に使えることが予想される。 もちろんデデンネGXと組み合わせることもでき、大量のドローを可能とする。 セキタンザン(UR) カード評価 6. 0点 闘・炎のエネルギーを加速できる一見すると強力なポケモン。 しかし2進化ポケモンであることと加速できるエネルギーはトラッシュのみとかなり条件は厳しい。 今回収録のポケモンではドサイドンVと相性が良い。 カジリガメV カード評価 6. 0点 特性「かたいこうら」により確実に相手の攻撃に耐え、カジリガメVMAXに繋げることができるポケモン。 パワーバイトはやや要求エネルギーが多いため、でエネ加速をすると良いだろう。 逃げるエネルギーが4なのででサーチすることができるため進化元、進化後を一気に揃えることができる。 カジリガメVMAX カード評価 7. 0点 特性「かたいこうら」により、実質的なHPはあのムゲンダイナVMAXをも上回る。 その耐久はをもたせることでさらに上がる。 耐久力ではVMAXポケモンではトップクラスの性能を持つといえる。 特に炎VMAXポケモン相手には無敵に近い強さを誇るだろう。 ワザ「キョダイズツキ」は160or240のコイントス依存ワザ。 やや不安定ではあるが、最低限160のダメージは保証されている。 逃げるエネルギーが4なのででサーチすることができるため進化元、進化後を一気に揃えることができる。 ヘルガーV カード評価 6. 0点 ワザ「おとしまえフレイム」は3エネ200ダメージとなかなかの火力を出すことができる。 とはいえ自分の炎ポケモンにダメカンが乗っていないと発動できず安定しない。 そもそもダメカンが乗っているポケモンで攻撃したほうがいい場面もあり、ヘルガーVならではの活躍をする場面は少なくなるか。 ゲーム終盤にとどめの一撃をさすことに向いているポケモン。 ガラルサニゴーンV カード評価 6. 0点 特性「むしばむオーラ」がユニーク。 エネルギーを多くつけるデッキ相手にダメカンをどんどん乗せていくことができる。 とはいえ特性はバトル場にいるときにしか働かず、ボスの指令サカキなどで入れ替えられて特性が思ったように働かない可能性がある。 ワザ「ホロウミサイル」もやや火力不足。 なお特性で溶接工を使いエネルギーを2個つけたときに乗るダメカンは6つとなっている(むしばむのろいゲンガー参照)。 ドサイドンV カード評価 7. クラッシュハンマーやエール団のしたっぱなどと組み合わせることでより相手のポケモンのエネルギーをとりのぞくことができる。 また今回の看板ポケモンであるムゲンダイナVMAXに弱点をつくことができる点も評価ポイント。 ハッサムV カード評価 6. 0点 ワザ「ちぎりとる」は特殊エネ、どうぐをともにトラッシュできればかなりのアドバンテージを得ることができる。 とはいえ基本エネルギーをはがせるわけではなく、それだけではゲームに勝てないため、はやめにハッサムVMAXに進化しよう。 ハッサムVMAX カード評価 6. 0点 ワザ「ハードシザー」によってVMAXの高いHPに加えさらに耐久力を得ることができる……が、あまりにも与えるダメージが少ない。 ワザ「ダイスチル」も威力が微妙で、鋼タイプには強力なポケモンがひしめくなかあえてハッサムVMAXを使う理由は好み以外にはないだろう。 ボーマンダV カード評価 6. 0点 ワザ「おうだんひこう」ですべての相手のポケモンに30ダメージを与えることができる。 4エネ160ダメージのヘビーストームもそこそこの火力。 しかし最大の持ち味である「おうだんひこう」が3エネとかなり重く、使うのであれば溶接工などのエネ加速が必要となる。 そのまま闘うよりはボーマンダVMAXにつなげよう。 ボーマンダVMAX カード評価 7. ボーマンダVの「おうだんひこう」で削れているとより決定力が増す。 欠点は「ダイウィング」を使った後のターンはそのままバトル場に残ると使えない。 ポケモンいれかえやふうせんを活用しよう。 ワザ「ツインソニック」も一見VMAXポケモンが40ダメージを2体のポケモンに与えると頼りない効果だ。 しかしのGXワザ「ディスカウントGX」の条件を満たすことができ、即気絶させることができる。 イベルタルGXと相性がいいことから悪タイプと組まれることが多い。 ほかには溶接工でエネ加速ができる炎タイプなどでも採用が見込まれるか。 パラセクト パラセクト カード評価 5. 0点 パラセクトでしかできないということがなく、特に強みがない。 パラス ヤナッキー カード評価 6. 0点 バオッキー・ヒヤッキーとはを共有することができる。 使うのであればバオッキーなどと組み合わせタイプ相性で抜群をとっていきたい。 ヤナップ ジュナイパー カード評価 8. 例えばマルマインGX・マルヤクデデッキなど、デッキによってはジュナイパーを突破する手段がまったくない。 を使うことでふしぎなアメを使わずに進化することができる。 スーパーグロウを使った後はベンチに逃げよう。 モクロー カード評価 7. 0点 サポートカード「とりつかい」を使っていればエネなしで進化前たねポケモンとは思えない性能のワザを使うことができる。 とはいえHPが低い進化前たねポケモンがバトル場に出るのはできれば避けたい。 強力なポケモンであるジュナイパーにつなげよう。 フクスロー カード評価 7. 0点 基本的には「ふしぎなアメ」で進化がスキップされる中間地点のポケモン。 しかしモクロー&アローラナッシーGXを採用するなら進化の中間地点として採用されるだろう。 バシャーモ バシャーモ カード評価 7. 0点 炎ポケモンではあるが、特性により闘タイプを持っている。 特に闘タイプであるメリットは大きい。 ムゲンゾーン時点では闘タイプで環境に入るような強力なポケモンがほとんど存在しないため、ムゲンダイナVMAXの弱点があってないようなものとなっている。 ムゲンダイナVMAXやオーロンゲVMAXのような強力な悪ポケモンに弱点をつくことができるのは優秀。 またワザ「ターボドライブ」によってエネ加速をすることができる。 エネルギーを大量につけることで活躍するマルヤクデVMAXなど、炎ポケモンはエネ加速をされて困るポケモンはまずいないだろう。 欠点は2進化ポケモンである点と、ワザの威力がやや控えめなことだろう。 アチャモ カード評価 6. 0点 強力なポケモンであるバシャーモに進化できる。 ワザ「なかまをよぶ」でベンチにもアチャモを呼び、バシャーモにつなげよう。 ワカシャモ バオッキー バオッキー カード評価 6. 0点 ヒヤッキー・ヤナッキーとはを共有することができる。 使うのであればバオッキーなどと組み合わせタイプ相性で抜群をとっていきたい。 バオップ ガラルヒヒダルマ ヒヒダルマ ダルマッカ スイクン カード評価 6. その点スイクンは「オーロラルーブ」によりエネを手札に戻すことができる。 その後は後続のスイクンにでエネ加速をしよう。 問題点はスイクンが相手に倒されず残ってしまった場合。 その場合2エネを戻してしまっており、のエネ加速はベンチ専用なのでバトル場のスイクンがワザ「スプラッシュ」しか使えない可能性がある。 めったにない状況だが、相手がライブラリアウトなど攻撃しないデッキである場合もある。 その場合はベンチの入れ替え手段などを使おう。 ジーランス カード評価 6. 0点 強力なカード「パッチルドン」の進化元である「めずらしい化石」を2枚までベンチに並べる「フォッシルサーチ」が便利。 ムゲンゾーン時点では「めずらしい化石」を手札に加えるカードは限られるので、どうしてもパッチルドンを場に出したいデッキでは採用されるかもしれない。 しかしジーランス自体がHPが低くやられやすい点には注意。 ヒヤッキー ヒヤッキー カード評価 6. 0点 バオッキー・ヤナッキーとはを共有することができる。 使うのであればバオッキーなどと組み合わせタイプ相性で抜群をとっていきたい。 ヒヤップ バイバニラ ドヒドイデ ドヒドイデ ヒドイデ ウオノラゴン ウオチルドン ライボルト ライボルト ラクライ カプ・コケコ パッチラゴン パッチルドン カード評価 7. 0点 めずらしい化石もしくはから進化でき、ベンチで仕事ができるポケモン。 エネルギーをつけるたびにダメカンを2つ乗せる。 特にエネルギーを多くつける炎タイプに有効なポケモン。 同じパック収録のガラルサニゴーンVと違いベンチにいたとしても効果を発揮する。 なお溶接工で2エネ加速するときは40ダメージを与えることができる。 欠点はエネをあまりつけないデッキには有効ではない点。 特に2エネで動くことができるムゲンダイナVMAXにはあまりダメカンを乗せることができないだろう。 進化元の化石も含め多くの枠をとってしまうのも欠点。 とはいえムゲンゾーン現在までの環境ではリザードンVMAXやマルヤクデVMAXなどエネルギーを多くつけるポケモンが強力なため、特性を発動する機会は多い。 プクリン プクリン プリン ゴチルゼル ゴチルゼル ゴチム ゴチミル ゴルーグ ゴルーグ カード評価 6. 0点 ワザの威力はかなり高く、耐久も高い。 またムキムキパッドに対応しているポケモンでもある。 しかしワザに必要なエネルギーが異常に多く、やられたときのリスクも高い。 ハイリスクなポケモンでもある。 使うのであればカラマネロのサイコリチャージを使い後続につなげたい。 ゴビット ミミッキュ カード評価 8. 0点 ムゲンゾーン収録のポケモンの中ではもっとも汎用性がある。 相手のベンチポケモンの回復を封じる。 主にの回復を封じることができる。 他にもカメックス&ポッチャマGXのワザによる回復やミュウツー&ミュウGXのミラクルツインの回復などを防ぐことができる。 ミステリートレジャーにも対応しており、たねポケモンでありデッキに採用しやすい。 環境次第では十分採用されるポケモンだろう。 フライゴン フライゴン カード評価 6. 0点 相手を逃げられなくなる効果とワザのダメージを受けないという一見超強力なカードに見える。 実際「デザートゲイザー」は決まればかなり強力である。 相手のスタジアムをトラッシュし、さらにワザのダメージを受けない。 しかしそもそもフライゴンデッキであることがベンチのナックラーなどでばれるとスタジアムを相手は使わないだろう。 ワザの威力もやや物足りなく使いづらい。 ビブラーバ ナックラー カバルドン カバルドン カード評価 6. 0点 闘タイプはエネ加速が苦手なタイプにも関わらず要求されるエネルギーがかなり多い。 4エネなので一応ムキムキパッドやかいじゅうマニアに対応している。 とはいえ積極的に使われるカードではないだろう。 ヒポポタス ナゲツケサル アリアドス アリアドス イトマル ガラルタチフサグマ ガラルタチフサグマ ガラルジグザグマ ガラルマッスグマ ズルズキン ズルズキン ズルッグ カラマネロ カラマネロ マーイーカ フーパ カード評価 7. 0点 悪タイプ版「アサルトサンダー」。 フォクスライ フォクスライ クスネ ギギギアル ギギギアル カード評価 6. 0点 ワザの威力はかなり高いが、2進化ポケモンに加えギアルやギギアルが場にいないといけない。 やや使いづらいポケモン。 ギギアル ギアル ダイオウドウ ダイオウドウ カード評価 6. 0点 使い勝手はやや悪いが、ハマればでかいポケモン。 と組みあわせるとアルティメットレイでエネ加速をしたり、オルタージェネシスGXと組み合わせることで270ダメージを出すことができる。 しかしワザの追加ダメージ発動条件がある点には注意。 自分のベンチにダメカンが乗っている必要がある。 相手がドラパルトVMAXデッキなどであれば容易に条件を満たすことができるが、そうではない場合はダメージを受けたポケモンをベンチに戻したり、今回収録のスパイクタウンで補う必要がある。 ゾウドウ ガルーラ カード評価 6. 0点 無色カードなのでどのデッキでも使えるポテンシャルはあるが、ワザ「まきかえす」の攻撃力上昇には条件がある。 とはいえ「ぶちかます」のワザの使い勝手が悪くやや使いづらい。 ノコッチ リングマ リングマ ヒメグマ エネコロロ エネコロロ エネコ ムクホーク ムクホーク ムックル ムクバード スワンナ スワンナ コアルヒー ヨクバリス ヨクバリス ホシがリス おうえんYホーン カード評価 7. 0点 おたがいのポケモンをにすることができる。 ポケモンをひんぱんに入れ替えるデッキで相手を混乱することができるほか、ライブラリアウトデッキでの採用が見込める。 タフネスマント カード評価 8. 0点 ムゲンゾーンのなかでも高い汎用性を持つグッズ。 VMAXやGXデッキには採用されないが、Vポケモンを主体にしたデッキにぜひ採用したい。 のようなVMAXしないVポケモンデッキの採用が検討できる。 他には耐久力が欠点だったの強化にもなる。 ダメージを受けて発動する特性なのにHPが不安なガラルサニゴーンVとも相性が良い。 ほかには今回収録のパックではヘルガーVやドサイドンVなどに持たせるといいだろう。 めずらしい化石 カード評価 7. 0点 ソード・シールド版の化石。 今回は強力なポケモンであるパッチルドンに進化できる。 「なぞの化石」に関するカードの恩恵は一切受けない点には注意。 ターボパッチ カード評価 7. 0点 コイントス次第でエネ加速ができるグッズ。 エネ加速ができるグッズといえばメタルソーサーなどがあるが、今回のグッズはコイントス依存ではあるもののバトル場のポケモンにもつけることができる。 もちろん、を擁する鋼タイプでは採用されることはまずないが、グッズでエネ加速が必要なタイプのデッキでは採用される可能性がある。 コイントス依存なので成功を前提とする運用はおすすめしない。 使うのであればのように「ターボパッチをアテにはしないが、エネルギーがあれば火力があがりなおよし」といった「コイントスが成功してエネ加速ができれば大きい」デッキで採用が見込まれるか。 またエネ加速手段に乏しい割に要求エネルギーが多い闘タイプで採用が期待できる。 なお「 ポケモンGX」にはエネをつけることができないので注意。 三神や各種タッグチームなどGXワザをいきなり後攻1ターン目に使えることは危険だと判断されたか。 もくもくスモーク カード評価 7. 0点 まさかのルール干渉系のグッズ。 サイドを取られた時に手札を加えないという効果は、見方を変えればVMAXやタッグチームに持たせることで3枚ハンデスになる。 とりつかい カード評価 8. 0点 効果は一見すると地味でポケモン入れ替えにサポートではドロー枚数の基準になってる3枚ドローをつけただけのカード。 しかし、使用してみるとわかるのだがこれがシンプルに優秀なカードとなっている。 ポケモン入れ替えをグッズで使用して他のサポートを使ってドロ-といった動きのほうが優秀であるのは事実だが、それをするために最低2枚のカードを手札に揃えていないとならない点が手札事故に遠因していた。 しかし鳥使いはそういったことを防ぎながら手札を増やすという小回りの効く動きを可能にしている。 実は後々どのデッキにも採用されていくカードではないかと予想されるカードである。 またとりつかいはポケモン入れ替えとあわせて8枚の入れ替え札をデッキに入れることができる状態を作る。 これはフーパやサンダーのデッキでは特に貢献度が高く、以前よりもさらに安定して技を使えるようになった。 そして、クワガノンVの存在も大きい。 グッズを封じられている間ポケモン入れ替えは腐ってしまうのだが、とりつかいはグッズロックをすり抜けて味方のポケモンをベンチに避難できるのである。 リスクの分散になるので[環境によっては重要なカードとして機能する。 ネズ カード評価 8. ホラー超エネルギーなど各タイプの特殊エネルギーをサーチしつつドローすることができるため、悪タイプのデッキ以外でも採用が期待できる。 ローズ カード評価 7. 0点 手札をすべて捨てるがエネ加速ができるポケモン。 ふしぎなことづけムウマージやシルヴァディGXで手札をドローすることでデメリットを補うことができる。 スパイクタウン カード評価 7. 0点 主になどのベンチとバトル場を頻繁に多用するデッキの対策になる。 相手がジラーチを一度いれかえただけでは一撃でジラーチを倒すことができるようになる。 その他、のダメージを増やす目的で使われる可能性がある。 また、今回収録のヘルガーVのワザの追加ダメージの発動条件を満たすことができるが、ヘルガーVのためだけにスパイクタウンを採用するかは疑問符。 スタジアムの効果のリスクとリターンをしっかり見極める必要があるスタジアムであるといえる。 ローズタワー ハイド悪エネルギー カード評価 8. 0点 なにかと逃げるエネルギーが重い悪エネルギーでは重宝することが予想されるカード。 今回収録のフーパと特に相性がいい。 パワフル無色エネルギー カード評価 8. 0点 今まで弱点がつけず微妙な扱いを受けがちであった無色タイプの救済ともいえるカード。 特にソード・シールドレギュレーションはワザの威力をあげる手段が乏しいためパワフル無色エネルギーはかなり貴重な効果であるといえる。 今回収録のボーマンダVMAXとももちろん相性がいい、またの火力を補うために使ってもいいだろう。 夏に発売される500円スターター収録の「イーブイV」のパワーの底上げも期待ができる。 ムゲンダイナチャレンジキャンペーン 拡張パック「ムゲンゾーン」の取扱店舗(一部除く)にて、同商品を1BOXお買い上げごとに豪華特典をプレゼントするキャンペーン、「ムゲンダイナチャレンジキャンペーン」を開催いたします。 特典のミニカードボックスとプロモカードパック(全5種、ランダムで1枚入り)は、このキャンペーンでしか手に入らない特別なものとなっております。 キャンペーン期間 2020年6月5日(金)~なくなり次第終了 ミニカードボックス プロモカードパック 2BOX購入(60パック)で、プレミアムキラのカードを手に入れろ! 全国のポケモンカードジムで、「ムゲンゾーン」BOX購入キャンペーンを開催いたします。 対象店舗で拡張パック「ムゲンゾーン」を2BOX(60パック)を購入すると、プロモカード「ポケモンセンターのお姉さん」(プレミアムキラ)をプレゼントします。 ムゲンダイナチャレンジキャンペーン収録カード「ムゲンダイナVMAX」他 ムゲンダイナVMAX ムゲンダイナV フーパ 基本悪エネルギー ガラルタチフサグマ ムゲンゾーン通販予約最安値は?.

次の

どうしてオスメス両方いるの?と思うポケモン:見過ごせないダイアリー

ズルズキン 色 違い

ズルタナイトの特徴 鉱物名、宝石名共に ディアスポールで、 ギリシャ語で「散乱する」という意味の「ディアスポラ( diaspora )」から由来しています。 「 ジアスポル」や 「ダイアスポライト」、 「ダイアスポア」と呼ばれることもあります。 ズルタナイトの特徴を簡単にいうと、 「耐久性がある」、「 カラーチェンジ効果がある」と続き、何よりも「 一か所でしか産出されない希少石」との意見が上がることでしょう。 前述した通り、 カラーチェンジ効果がみられるズルタナイトは、アレキサンドライトと同様に 希少石で、 コレクターの中でも一目置かれた高級宝石として扱われています。 しかし、その希少性はただ 「産出量が少ない」という理由だけではありません。 ズルタナイトは、正式な宝石名ではなく、一部の企業が商業用に付けたコマーシャルネームなのですが、 ズルタナイトと名付けられるには、良質な宝石質であることと、最高のカットが施されていることが条件です。 ズルタナイトの大きな特徴の一つ、カラーチェンジが美しく際立つようにするには、一定の方向付けが必要で、熟練した職人であっても技量が試されるほど、 美しいカットを施すのは難しい宝石なのです。 その上、 研磨されるまでに結晶の98%が失われてしまうので、非常に歩留まりが低くく、それが ズルタナイトの希少性をより高めてしまっているとも言えるでしょう。 ズルタナイトの産出地 産出地は世界中でただ一つ、 トルコのアナトリア山脈です。 タンザナイトと同じように 一か所だけでしか産出されないことから、美しい 宝石質のものは大変希少となっています。 ズルタナイトの色 落ち着いた アースカラーが特徴的。 太陽の光の下では「 カーキグリーン」やグレーがかったグリーンの「 セージグリーン」。 白熱灯やろうそくの光の下では 「コニャックピンク」や「 ピンキッシュシャンパン」、「 生姜色」など様々な色を見せてくれます。 ズルタナイトの色の面白いところは、グリーンからピンク系へのカラーチェンジだけではありません。 普段見せてくれる色が 生姜色で、光源を変えると コニャックピンクになるものや、 ブラウン系が ローズピンクに変わるものなど、本当に 多種多様です。 画像は天然のズルタナイトのカラーチェンジ写真です。 ブラウンカラーからピンクカラーへのカラーチェンジが、まろやかで上品ですね。 カラーチェンジ効果 ズルタナイトは蛍光灯、白熱灯、紫外線や太陽光と 光源の違いで、それぞれの色の変化が楽しめます。 どのように変化するかは前述しましたが、ズルタナイトのカラーチェンジのもう一つの特徴は、 淡く優しげなグリーンであっても、明確なカラーチェンジを楽しめるものがあるということです。 グリーンの状態でもカラーチェンジ効果後の赤みを帯びた色でも、 確認できる一条の光の筋は、オレンジからレッドカラーで、とても魅力的です。 ズルタナイトには人工石が多いといわれる理由 実は 天然のズルタナイトは殆ど出回っておらず、現在流通しているズルタナイトはほぼ人工石であるといわれています。 一番の理由は、 産出地が限られていて天然のズルタナイトの産出量が少ないこと。 そしてもう一つは、 研磨する際に結晶の殆どを失ってしまい、コストがかかりすぎてしまうことです。 ズルタナイトは一般的な知名度は高いとは言えませんが、 愛好家の中では人気の高いレアストーンです。 その上、 価格が付きやすい条件が揃っていることから、多くの人工石が作られ、 天然のズルタナイトを上回るほどに出回っています。 どんなに無駄となってしまう部分が多くて、歩留まりが低くても、人工石であれば作り放題ですから、ある意味 需要を人工石で補っているとも言えるかもしれません。 天然石と人工石の見分け方 5カラット以上の天然のズルタナイトほぼ幻であるといわれています。 そして、 人工石ほど蛍光灯、白熱灯、紫外線や太陽光で、3種類の色が確認できるはっきりとした、カラーチェンジ効果が表れる傾向にあります。 5カラット以上ではっきりとしたカラーチェンジ効果が確認できるものは、値段にもよりますがまず 人工石を疑ったほうがいいかもしれません。 最後に 落ち着いた色合いから愛らしい色合いまで、 幅広い色を見せてくれる、ズルタナイト。 天然のズルタナイトを手にしようとすると非常に高額な上に、恐らくすぐには見つからないほど希少なのですが、人工石のズルタナイトもズルタナイトの独特な特徴をそのまま受け継いでいます。 まずは 手にしやすい人工石のズルタナイトで、その魅力を堪能するのもいいかもしれません。 玄人好みの宝石ではありますが、その 多彩な色とカラーチェンジの美しさを目にすると、きっと魅了されてしまいますよ! リカラット編集部 監修.

次の