下町 ロケット 真野。 下町ロケット真野賢作役山崎育三郎の彼女やプロフィールをチェック

下町ロケットの真野が退職したその後とガウディでの活躍がスゴ過ぎ!

下町 ロケット 真野

TBSドラマ「下町ロケット」に登場する技術開発部の若手社員・真野賢作(山崎育三郎)についてまとめます。 真野は佃製作所に対する重大な「裏切り行為」を起こすのですが、原作では真野の「その後」についても描かれていますので、あわせてご紹介します。 技術開発部若手エンジニア・真野賢作 真野賢作は、佃製作所・技術開発部で小型エンジンの開発を手がける若手エンジニア。 若いながらも高い技術力と、研究に対する情熱を持っています。 真野も江原(和田聰宏)や迫田(今野浩喜)らと同じく、夢ばかり語る佃社長(阿部寛)の経営方針に反発するのですが、その理由は二人とは少し違っています。 社長に最後まで反発、重大な裏切り行為 江原や迫田が主に給与面や待遇、会社の財務への不安から社長に反発するのに対し、真野は自身の研究分野に対し社長が十分な投資を行なってくれないことに不満を持っています。 真野としては、自身が手がける小型エンジンが会社の大黒柱だとの自負があり、ロケットエンジン開発にばかりうつつを抜かす社長が許せないのです。 バルブシステムの特許使用権を巡り帝国重工とやり取りをしていく中で、やがて江原や迫田は社長の情熱を理解し「寝返る」わけですが、真野だけは最後まで反抗的。 ついに真野は、部品供給テストとして帝国重工に提出するバルブシステムの一部を不良品に差し替えるという、重大な裏切り行為に手を染めてしまいます。 以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい。 真野のその後 原作では… ドラマ原作「下町ロケット」「下町ロケット2」には、裏切り行為を行なった真野の「その後」が描かれています。 ドラマも大筋で原作通りに進行していますので、ドラマの真野の今後も原作と似た展開になると予想されます。 原作での真野は、自身の裏切り行為の重大さを十分に認識しており、自主的に佃製作所を退職しています。 ただし、これだけで真野と佃製作所との関係は終わりません。 退職後も続く真野と佃製作所との関係 真野は退職後、「開発部長・山崎の紹介」として、とある大学の研究所で助手として働き始めます(この働き口が実は佃社長の斡旋によるものだということを、真野は後から知ることに)。 真野はやがてこの研究室で、重い心臓弁膜症患者向けの「人工弁」を研究開発していくことになるのですが、その「人工弁」の完成のために、真野は佃製作所の技術を頼ることになります。 ドラマ後半は「ガウディ計画」! TBSドラマ「下町ロケット」の物語後半(第6話以降)では、佃製作所は真野からもたらされた新しい課題である「人工弁」(プロジェクトネーム・ガウディ計画)の開発に没入していくことになりそうです。

次の

TBSドラマ「下町ロケット」(2015年)主要キャスト、登場人物まとめ

下町 ロケット 真野

真野賢作を演じる山崎育三郎が語る「下町ロケット」の魅力 真野役を抜擢された 山崎育三郎が語る「下町ロケット」の魅力の最大の要因は社長・佃航平の生きざまに対する共感だといいます。 山崎は、魅力に関して質されると、数多い魅力の中で、と付け加えるのを忘れませんでした。 これに関しは誰も異存ないと思います。 主演の阿部寛はまるで、そのままの佃航平ってイメージを持つ視聴者も多いのではないでしょうか。 阿部寛が佃航平なのか、佃航平が阿部寛なのか、まるでそっくりで「どっちがどっち」っていう感じがします。 それくらい、阿部さんがこの役にのめり込んでいることは間違いないでしょう。 その山崎さんが語った 阿部さんと安田顕さんのやり取りで、面白い内輪話を披露しました。 阿部さんも安田さんもユーモアのセンスがたっぷりで、なんと ダチョウ倶楽部の「真似」が撮影に取り込まれていたそうなんです。 管理人は気付きませんでしたが、帝国重工の財前道生が佃製作所を訪ねてきて、製作所内を案内されるシーンだそうです。 試作品の製造を見せるシーンで社長がに頼むシーンです。 しかし、部品供給に反対の立場から真野賢作は社長の命令に素直に応じず、社長自ら作業にあたるシーンです。 結局、佃社長と山崎部長で「俺だってできる」「いや、私がやります」と押し問答をしていると真野が作業を自分がやると申しでたのです。 このシーンで阿部が「 どうぞどうぞ」と言うとそれに呼応した安田も続いて「 どうぞどうぞ」の連発で周囲の笑いをとっていたというのです。 話を聞いていると、山崎さんの話からも、撮影現場の和やかな雰囲気が伝わってきますね。 阿部寛と安田顕の「漫才シーン」は別のところにあった この財前道生の佃製作所訪問の前に、 実はドラマ内で最高に笑えるシーンがあったのです。 突然、帝国重工から知らせを受けた佃製作所では、巨大企業である帝国重工からの来客と知って大慌てとなります。 全員で、会議室を掃除したりして、体裁を取り繕うのですが、が社長にどんな経緯かを問います。 心当てのない社長は電話を受けた津野に誰が来るのか問います。 津田が宇宙航空部の部長が向かっていると返答すると、佃が開発して水素エンジン用のバルブシステムではないかと山崎技術開発部長が反応します。 そうではないだろう、あっちはもう実験で成功したはずだ、と否定する社長に「 失敗談を聞きにくるのでは」というが考えを話すシーンです。 このシーンは何度見ても笑えます。 山崎(安田顕)と阿部寛(佃航平)のぴったり決まった「漫才シーン」です。 「 社長の失敗の話を聞きにくるのでは。 失敗を失敗として失敗しないように」と山崎が言うと「 そう、失敗、失敗っていうなよ。 お、思い出すだろう」 聞いていた女性事務員の笑い声が響きます。 この場面は本当に愉快で、ドラマっていうより、本当にあったように演じられていました。 ベスト・漫才シーンで大笑いさせていただきました。 こんなところにも「 真野」さんが言う、佃航平、いや違った阿部寛さんの魅力があったのですね。 最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

次の

下町ロケット 真野(山崎)が明かす阿部・安田の内輪話

下町 ロケット 真野

半沢直樹シリーズや「空飛ぶタイヤ」「ルーズヴェルト・ゲーム」などヒット作を連発する池井戸潤の第145回直木賞受賞作を原作に、主演を2010年4月期の「新参者」以来、5年ぶりに日曜劇場に帰ってきた阿部寛が務めている本作。 阿部さんや魅力的なキャスト陣の演技合戦もあり、原作「下町ロケット」は、ドラマ開始後も増刷を重ねて155万部を突破。 ドラマ後半部分の原作となる「下町ロケット2 ガウディ計画」も45万部に到達し、シリーズ累計で200万部を超える大ベストセラーとなっている。 阿部さんが演じる主人公の佃航平は、宇宙科学開発機構の研究員だったが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ退職。 父親が遺した「佃製作所」を継いで社長として第二の人生をスタートさせ、仲間たちとともに新たな夢に向かって突き進んでいく。 山崎さんは、「医療やロケットの専門用語が出てくるので、やってみて難しかったですし、また緊張もしました。 やはり役の真野として読んだほうが気持ちが入るので、その点を意識して収録させていただきました。 ただ気持ちが入りすぎ、懐かしいシーンを見て、自分でぐっときてしまいました(笑)」と明かしており、その気持ちの入り方が伺える。 いよいよ最終回まで残すところあと2回となった「下町ロケット」に、引き続き注目だ。 「下町ロケット」スペシャルダイジェストは12月12日(土)15時より放送。 第9話は12月13日(日)21時よりTBS系列にて放送(15分拡大)。 《text:cinemacafe. net》.

次の