味覚 障害 コロナ。 新型コロナ、闘病中「とにかく寒い」 死亡の男性、味覚障害も:時事ドットコム

嗅覚異常があれば新型コロナを疑い受診するべきか(忽那賢志)

味覚 障害 コロナ

新型コロナウイルス感染症で嗅覚障害、味覚障害が生じる という情報が出てきました。 実際に、 藤浪選手が嗅覚障害で新型コロナの検査をしたら陽性だった、 というニュースも上がってきて、 不安な方も多いと思います。 まず、先にお話しておきたいことを書きます。 私の知り合いの先生が、 藤浪選手を診察した耳鼻咽喉科の先生から話を聞いた情報です。 「その先生は藤浪選手のことをよくご存じで、彼の今までのパーフォーマンスからしたら、明らかに異常な状況であったとのことで、嗅覚障害より前に倦怠感があり、決して嗅覚障害が初発ではなかった」 とのことで、みんなにきちんと拡散してほしいとのことでした。 倦怠感は診断の一つのヒントになるかと思います。 ただ、病気の発症の仕方には個人差も多いので、 突発的な嗅覚障害が唯一の症状という場合もあるかと思います。 そうした場合にどうするか? すぐに医療機関を受診するというのは、 ご心配かとは思いますが、まずはご遠慮下さい。 以下にその理由を書いていきます。 連日、新型コロナウイルスのニュースを見聞きしていると、 ちょっとでも怪しいと感じたら、 自分もPCR検査をして欲しいと思うのが人というものです。 ただ、このPCR検査の欠点の一つが、感度が悪いということです。 この検査で陽性となったら、まず感染していると言えますが、 (これを特異度が高いと言います) この検査が陰性だからといって かかっていないという証拠にはならないのです。 ですので、他に症状がなくて嗅覚障害だけがでている場合、 あわてて検査をして、陰性だったから大丈夫と、 普通に活動して歩き回っていると、 実は陽性だった場合に、 周囲にウイルスをまき散らすことになる危険があります。 そこで、イギリスでは、他に症状がなく嗅覚障害が生じた場合、 1週間の自宅待機を推奨(要請?)している様です。 (1週間でよいのかというのも難しいところですが、 それは今後はっきりしてくることでしょう) そして、待機中に発熱や咳などの症状がでてきたら、 相談センターに連絡をして指示を仰ぐことになります。 ただ、ここで問題は、 現在のところ、肺炎を思わせる症状がないと、 中々検査をしてもらえないかもしれません。 ところで、ウイルスによる嗅覚障害ですが、 昨日の文献にも書いてありましたが、 ふつうのウイルス感染後でも 嗅覚障害は12~25%に生じます(これは実際に経験しています)。 そして、その10~15%は旧来からあるコロナウイルスなんだとか。 ですので、嗅覚障害=新型コロナウイルスではありません。 そして、新型でも嗅覚障害は自然に治る場合が多いということです。 それでも自分がかかったウイルスが、 新型なのか否かをはっきりさせたくる気持ちはわかります。 しかし、ここでもう一つ大きな問題点があります。 それは医療資源には限界があるということです。 まずPCR検査が十分には足りていないこと。 これを軽症の人に使ってしまうと、 重症の肺炎の人が運び込まれた時に、 新型コロナかどうか検査したくても検査キットがどこにもない、 という事態が生じます。 また、軽症でも陽性がでてしまうと、 現在指定感染症になってしまいましたので どこかに隔離しなければならなくなります。 軽症もしくは嗅覚症状しかない人の隔離を病院で行うと 本来治療しなければならない患者さんを 入院させることができなくなります。 さらに言えば、先ほど 「この検査で陽性となったら、まず感染していると言えます」 とは言いましたが、「まず」であって100%ではありません。 検査というものはそういものだとお考え下さい。 もし、かかってないのに陽性とでたとしたら・・・ 肺炎の症状があれば、それはそれで治療の対象となりますが、 嗅覚障害以外に症状がない場合、 それで陽性で入院となったら、 逆に感染の危険性が増える可能性だってあります。 そんなわけで、嗅覚障害・味覚障害以外に症状がない場合は、 1週間程度の自宅待機が正解となります。 待機中に発熱や咳、息苦しさが生じてきたら、 まずは相談センターに電話をして指示を仰いでください。 ただし、症状は急激に悪くなる場合もありますので、 その場合は感染症指定医療機関にご相談ください。 30に日本耳鼻咽喉科学会から、 「2週間不要不急の外出を控えて下さい」 との、アナウンスがなされました。 > by日本耳鼻咽喉科学会 ただし、高齢者や免疫抑制状態にある人 (抗がん剤やステロイド大量療法を行った直後の人など)は、 早めに相談センターに連絡をとり指示を仰いでください。 2週間程度経過をみていただき、 嗅覚障害・味覚障害だけが残っている場合は加療を始めます。 一般的には急性の嗅覚障害の場合、 経口ステロイドを用いることも多いのですが、 経口ステロイドは新型コロナウイルスに対して、 悪い方向に働く可能性も否定はできていませんので、 早期には用いない方がよい様です。 昨日のENTUKの記事にも書いてありましたが、 嗅覚障害は自然軽快する場合も多い様です。 また嗅覚トレーニングも良いようです。 アロマの液をお持ちの方は それを嗅ぐのもよいでしょうし、 なくても、今まで嗅いだことのあるニオイを 積極的に嗅ぐことが大切だと思います。 また、オメガ3サプリも良いと書いてありました。 EPAとかDHAというヤツですね。

次の

嗅覚と味覚の障害ー新型コロナウイルス感染ー | ブログ|辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科|神奈川県藤沢市

味覚 障害 コロナ

スポンサーリンク 味覚障害や嗅覚障害の症状は治る?治らない? 結論から言うと、味覚障害と嗅覚障害はコロナウイルスは 治る可能性が高いです。 ドイツでは、実に 約3分の2の患者が 数日間の嗅覚障害と味覚障害を訴えていたことが明らかになっています。 数日間で治る人が多いということですね。 最も被害が深刻な イタリアでは 発熱や倦怠感、咳などの症状が現れていない若者らの間で、味覚障害や嗅覚障害を訴えるというケースが相次いでいます。 札幌市のコロナウイルスに感染した20代女性は、3月5日に発症し、味覚や嗅覚の異常は 10日間ほど続いています。 女性の父親と知人もコロナウイルス感染者で、 発症の初期に食べ物の味やにおいがわからなくなったと話しているということです。 NBAのジャズのゴペール選手は一切何も感じなかった期間は 4日間だったとしています。 阪神の3選手のうち、 藤浪投手と伊藤選手は嗅覚も改善していますが。 長坂選手は味覚と嗅覚の異常が残っているということです。 長坂選手も症状は改善していくる可能性が高いのではないでしょうか。 国内外から味覚や嗅覚に異常を訴える患者の報告が相次いでいて、WHO 世界保健機関 が調査を行っています。 海外の味覚障害や嗅覚障害の報告まとめ こちらでは海外での報告や対応をまとめていきます。 アメリカの 耳鼻咽喉科学会も「裏付けには乏しいが、新型ウイルスに関連した症状として嗅覚や味覚障害の報告が急激に増えている。 」とし、 鼻炎などが原因でない場合は感染を疑ううえで1つの指標となり、 検査や隔離の対象に加えるよう提言しています。 英国の耳鼻咽喉科学会は、韓国や中国、イタリア、ドイツで新型コロナウイルス感染者の多くが嗅覚障害を訴えていると指摘しています。 風邪 など他の症状を伴わないことも多いとしています。 ドイツでは、感染が確認された 患者の3人に2人が、数日間にわかり嗅覚がきかなくなる症状を訴えており、「高熱やせきなど、ほかの症状がなくとも、新型コロナウイルスの感染を疑う理由になりうる。 」と指摘しています。 最も被害が深刻な イタリアでは、発熱や倦怠感、咳などの 症状が現れていない若者 が 、 味覚障害や嗅覚障害を訴えるというケースが相次いでいる。 WHO 世界保健機関 は、3月23日の記者会見で、各国と連携して医学的な調査を行っているとしたうえで、その結果次第で、熱やせき、息切れなどとともに、 味やにおいがわからなくなる状態についても、 注意すべき症状の1つとして加えることも検討したいとしています。 このように、日本だけでなく各国の新型コロナウイルスの感染者に味覚障害と嗅覚障害が認められています。 この嗅覚障害や味覚障害は、新型コロナウイルス感染症でなくとも、通常の風邪やインフルエンザなどで起こりうる症状です。 新型コロナウイルス感染症のみに当てはまる兆候ではないことに注意しつつも、 少しでもおかしいと感じたら早めに帰宅したり、療養を取るよう心がけましょう!! まとめ 今回は、新型コロナウイルス感染の味覚障害と嗅覚障害について、症状はなにか、治るのか治らないのか、各国の報告まとめについて説明しました。 以上、この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

次の

嗅覚・味覚の喪失と新型コロナウイルスの関連性が改めて確認される(米研究)(2020年4月16日)|BIGLOBEニュース

味覚 障害 コロナ

新型コロナウイルス感染症の初発症状として、嗅覚、味覚障害が生じると言われてきています。 これは普通の風邪やインフルエンザでも起こりうるものではあります。 しかし、発熱や咳などの症状がなくて、ニオイや味がわからないだけでも新型コロナウイルス感染症の可能性があります。 時期的に花粉症の可能性もあります。 特に目の痒みやくしゃみ、鼻詰まりなどが無く、毎年この時期に花粉症の症状が出なかった場合はコロナに感染してるかもしれません。 花粉症の症状が治ってもニオイがわからない場合は下記に従って下さい。 ニオイや味がわからないだけで、それ以外の症状がない方は、2週間は自宅で様子を見て医療機関への受診を避けてください。 自然に治る場合も有ります。 発熱やせき、息苦しさ、だるさがなければ、不要不急の外出を2週間控え、体温を毎日測定し、こまめに手を洗い、人と接する際にマスクを着用するようにして下さい。 発症初期時点でも、新型コロナであれば医療機関にいる他の患者さん等へ感染させる可能性があるからです。 自宅療養開始後、息苦しさやだるさを感じれば、最寄りの帰国者・接触者センターに相談して下さい。 2週間の自宅療養後も嗅覚、味覚障害が持続する場合には医療機関を受診して下さい。

次の