タイソン ダグラス。 若し、マイク・タイソンがケビン・ルーニーをクビにしなければ、東京で...

モハメド・アリ対マイク・タイソンどっちが強い?全盛期の対決を徹底解説

タイソン ダグラス

ボクシング史上最強のヘビー級チャンピオンは誰だ? と聞かれた時、おそらく二人の男の名前が一番多く上がるのではないだろうか? その二人とは、モハメド・アリとマイク・タイソンである。 「蝶のように舞い、蜂の様に刺す」華麗なフットワークで相手のパンチをよける、そして素早い攻撃で相手をノックアウトするアリの戦術と、ピーカーブスタイルと呼ばれる防御スタイルで左右に頭を振り、速いフットワークで、相手の懐(ふところ)に飛び込み、ノックアウトするタイソンのKOパターン。 この二人が全盛期に戦っていたらいったいどっちが勝ったのでしょうか? 今日は昔からのボクシングファンの方と、ボクシングマニアの方に話を聞いてきたので、それを紹介する。 モハメド・アリ対マイク・タイソンどっちが強い アリ派の意見 世界で最も強い男と言えばモハメド・アリとマイク・タイソンだと私は思います。 この二人がもしも戦っていたらと想像するだけで胸がドキドキしてきて鼻血が出そうになります。 アリは心理戦も長けてるような頭の良い選手です。 どちらかというとタイソンは感情的なタイプだと思います。 なので試合前の挑発でタイソンの心をかき乱し試合中はアリの有利な展開に持っていく事でしょう。 しかしそれで負けるような男ではないのがマイク・タイソンです。 ちょっとした判断ミスが命とりになります。 タイソンのパンチ力というのは一発一発が重いので少しのミスも許されません。 アリはずっと集中しておかないといけないのです。 集中するというのはとても体力の消耗が激しくなります。 タイソンは生まれながらに持った破壊力が備わっています。 これをアリにぶつける事により幾らアゴの強いアリでもKOで倒される事はあり得ます。 タイソンは理屈でボクシングをするタイプではありません。 本能のままに戦うでしょう。 アリは前もってタイソンの事を分析すると思います。 徹底的に相手の事を調べるので戦う時には既にタイソンの弱点を見つける事でしょう。 タイソンはおそらく戦いながらアリの弱点を見つける形になるので、少し遅いかもしれません。 そうなるとやはり戦略をもって戦うアリの方が有利になると思います。 アリは頭脳だけでなくタイソンに劣らない闘争心も持っています。 そして破壊力もタイソンに引けをとらないものを持っています。 タイソンは今まで通りの試合展開にならないのでだんだんとイライラしてくるはずです。 そうなると迷いが生まれてしまいますます自分の思い通りのボクシングができなくなります。 そこをアリは必ずついてくるはずです。 そして少しの気の迷いが命とりになります。 結論としてモハメド・アリとマイク・タイソンが戦ったら勝つのはアリだと思います。 アリ対猪木についてはこちら タイソン派の意見 二人が全盛時代であることを想定し書いてみました。 まずスタイルですがアリは完全なボクサータイプで、足を使い相手の隙を狙うストレートパンチャーです。 一方タイソンはガードを固め前かがみでグローブの間 から覗き見しながら前進して攻めるフック主体のファイターです。 次にスピードですがどちらもヘビー級ではピカイチのスビードです。 パンチ力は完全にタイソ ンが上です。 テクニックはややアリが上です。 ゴングがなるとタイソンは前進し、アリは足を使い下がるでしょう。 タイソンは飛び込んでフックから入り何発か見舞うと思います。 アリはロープのもたれ弾力 を利用してガードしながらのけぞってかわすでしょう。 ただタイソンのほうがパンチにスピードがあるので、ガードがず れアリはクリンチに出るでしょう。 そしてアリはタイソンが打ってくる前にジャブとストレートを狙うでしょう。 アリの狙いはタイソンを疲れさせ、上体をお越し顔面にカウンターを狙う作戦です。 これはタイソンをKOしたジェームス・ダグラスがとった作戦です。 試合はこの状態で1Rが終わり、2Rに入ると、ガードの上からでも頭に芯まで響くタイソンのパンチに対しアリは少し先手を取ろうとすると思います。 ここに 落とし穴があります。 アリの軽いパンチを数発食らっても全盛時のタイソンは平気です。 パンチを打つとアリのガードが空きます。 そこにタイソンの右フックが 炸裂します。 グラッとしたアリにタイソンは畳み掛けタイソンのKO勝利となります。 これはあくまでの二人が全盛時の試合です。 アリがフォアマン戦でとった戦法はタイソンには通用しません。 フォアマンよりタイソンのほうがスピードが3倍以 上あります。 踏み込みが鋭いので、アリの下がるスピードより先にパンチが当たる可能性が高いです。 またアリのガードはパンチによって崩れますが、ガードの ままKOされる可能性もあります。 アリがジョーフレイジャーに負けた時を想定すると、あのパターンでスピード、パンチ力、踏み込みがタイソンのほうが数倍上だからです。 このように結果はタイソンのKO勝ちです。 ボクシングの記事まとめ (スポンサーリンク).

次の

「世紀の番狂わせ」から30年 タイソンを倒した男、ダグラスの栄光と苦闘とは: J

タイソン ダグラス

「申し訳ないが、今日、結論は出ません」 津江は考えた。 本田の言うことに間違いはないはずだ。 今日、裁定が出ることはない。 ならば、どう書くべきかは明白だった。 『ダグラスが10回1分23秒、タイソンをKOした』 はっきりとそう書いて出稿した。 結局、関係者すべてが東京ドームを後にしたのは午後10時をまわってからだった。 人影もまばらなプレスルームで津江は帰り支度をはじめた。 電話が鳴ったのはその時だ。 デスクの声だった。 「AP、ロイター、 UPIが3社ともノーコンテスト(無効)と打ってきたぞ!」 頭が真っ白になった。 海外通信社がそろって出した記事だけに衝撃は大きかった。 「とにかく会社に戻ってこい」 デスクはそう言って電話を切った。 津江はドームを出るとタクシーに飛び乗った。 様々な考えが頭の中をぐるぐる回り、鼓動が速くなっていた。 もう2度と取材できないかもしれない。 虎ノ門の共同通信本社に着くと、5階の運動部へ急いだ。 蛍光灯に照らされたフロアにはまだ何人もの部員たちがいた。 デスクは津江の顔を見るなり、A4大の外電記事を渡してきた。 『最終結論はノーコンテストとなった』 記事には確かにそう書かれていた。 「ノーコンテストに差し替えるか?」 その言葉に津江は熱くなった。 「あの試合を見たでしょう? あれのどこがノーコンテストなんですか!」 フロアが静まり返り、他の部員たちの視線が2人に集まる。 デスクは部屋の隅に場所を移すと、津江にこう言った。 「お前の言っていることはわからないでもない。 ただ、海外の通信社が全部書いてきているんだ。 根拠があるんじゃないのか?」 その目の奥に真意を見た。 「お前の取材が甘かったんじゃないのか、と。 そう思われていたんでしょうね。 自分よりも、海外通信社の記事が信用されているのかと思うと悔しかった」 津江の腹は決まっていた。 小学2年のあの日、座布団に座って観た白黒テレビの記憶がよみがえる。 誰が何と言おうとリング上で起きた事実は覆せない。 だからボクシングは美しいのだ。 津江はタイソンが好きだった。 本物だったからだ。 「踏み込めません」 デスクの顔色が変わった。 「何でお前はそんなに勇気がないんだ!」 心が冷めていくのがわかった。 怒りはやるせなさと、情けなさに変わっていた。 津江は本社を出た。 もう午前1時だった。 横浜市青葉区の自宅へ帰るタクシーの中、最後に言われた言葉が何度も胸によみがえった。 気づけば熱いものが頬を伝っていた。 悔しくて悔しくて涙が止まらなかった。 そして、あることに気づいた。 デスクの言葉は会社の言葉だ。 津江はそれを突っぱねた。 責任は免れない。 それでも自分が書いたことへの確信だけはしっかりと胸にあった。 とても眠れそうになかった。 家に着くと、いつもより苦いビールを飲みながら朝を待った。 長い、長い夜だった。 夜明け前、新聞受けが「コトン」と鳴った。 津江は一目散に新聞を抜き取ると、夢中で開いた。 少し気持ちが落ち着いた。 それから程なくして会社から電話があった。 「津江、ダグラスが新チャンピオンに認定されたと発表があったぞ」 3団体の1つIBFがダグラスを新王者と認めたのだ。 一気に体の力が抜けた。 全身を疲労感が包み込む。 津江にとってそれはリング上の真実が守られた瞬間だった。

次の

イベンダーホリフィールドVSジェームスダグラス。真実の証明!本物VS破壊者

タイソン ダグラス

世界チャンピオンとなったタイソンは、狂ったように女遊びを始める。 そんななかで出会った女優のロビン・ギヴンズと結婚。 しかしその結婚は彼の財産目当てだったことが明らかになり、2人の関係は泥沼状態に陥る。 私生活の荒廃とともにボクシングも荒れ始めたタイソン。 周囲の誰もが信頼できなくなり、ついには悪名高いプロモーターのドン・キングと手を組んでしまう。 次第に戦うことへの情熱を失っていくなか、東京でバスター・ダグラスとのタイトルマッチが組まれた。 堕落しきった 東京でのトレーニング 1990年1月8日、空路東京へ向かった。 文句を垂れて、わめき散らしながら。 試合なんかしたくなかった。 あのころ興味があったのはドンチャン騒ぎをして女と寝ることだけだった。 出発の時点で体重が30ポンド増えていた。 ドン・キングはその点を心配して、1ヵ月後の試合でいつもの体重に戻っていたらボーナスを出すと申し出た。 マイク・タイソン(Mike Tyson) 1966年生まれ。 アメリカ合衆国の元プロボクサー。 1986年にWBCヘビー級王座を獲得、史上最年少のヘビー級チャンピオンとなる。 その後WBA、IBFのタイトルを得てヘビー級3団体統一チャンピオンとして君臨。 しかし2003年に暴行罪によって有罪判決を受けるなど数々のトラブルを巻き起こし、ボクシング界から引退。 アルコール・麻薬・セックス中毒のどん底状態から過去の自分を反省し、自己の人生を語るワンマンショーで成功を収め、新たな幸せと尊敬を得る。 2011年、国際ボクシング殿堂入りを果たす。 2013年にを上梓。 写真左は元妻のロビン・ギヴンズ。 ビデオで試合を観ることさえしなかった。 あいつをKOしてきたボクサー全員に楽勝していたからだ。 俺がまだ前座だったころ、ESPNトーナメント王座を懸けた試合を観たが、俺がABCで初めて全国放送された試合でKOしたジェシー・ファーガソンに負けていた。 自分の英雄のミッキー・ウォーカーやハリー・グレブになった気でいたんだな。 グレブが対戦相手に「お前なんか汗をかく値打ちもないから練習してこなかった」と言った話を読んでいた。 だから俺もそれに倣った。 アンソニー・ピッツが早起きして、俺のスパーリング・パートナーのグレッグ・ペイジと走っていた。 だが、俺はやる気になれなかった。 アーミー・ブーツに防寒マスクで走り込んでいるバスターをよく見かけるとアンソニーが言っていた。

次の