ガラケー 女 デマ。 「ガラケー女」に間違われた女性、デマ拡散の人たちに損害賠償請求 「死ね」「自首しろ」と10万件: J

ネットデマでガラケー女に!笹原えりな社長が豊田市議の原田隆司を提訴!

ガラケー 女 デマ

あおり運転が問題となったときに「ガラケー女」としてネットリンチの被害に遭った女性が愛知県豊田市の原田市議を提訴したと話題になっていた。 原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」 などと書き込んだ。 女性には多い時で一日280件もの迷惑電話が入り、インスタグラムに1000件を越える誹謗中傷のメッセージが届いたそうだ。 女性は同じようなデマを流した人も特定できれば提訴する方針だという。 茨城県の常磐自動車道で今年8月、男性があおり運転を受けた上暴行された事件をめぐり、加害者の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられた東京女性が、愛知県豊田市市議・原田隆司(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。 朝日 — BARANEKO BARANEKO0409 ツイッター上では今度は原田市議に対する批判が相次いでおり、ネットリンチの矛先は原田市議に向かっている。 正義感によりネットリンチについては、言及すること自体がブーメランになりかねない。 インターネット(特にツイッター)では、多数派が寄ってたかって一人の人間を袋叩きにする光景はよく見られる。 ネットで活動していると、意識的にせよ無意識にせよ、自分が多数派(攻撃派)に加担してしまう可能性はゼロではない。 そのため、ネットリンチへの批判は自分自身の行動に対する批判にもなりえるのだが、それでもやはり、多数派の正義を盾に他人を殴る行為は醜いと言わざるを得ない。 ガラケー女のデマを流された女性が「精神的ダメージも大きかった」と語るように、ネットで不特定多数から罵詈雑言を投げられたときの精神的なダメージは大きい。 相手の人生に何の責任も持たないただの他人が、たいした信念があるわけでもなく、「みんなが叩いているから」という理由だけで正義を背負った気になり、一人の人間を叩きまくる。 あるいは「自分が不快になったから」と子供のような理由で、相手の人間性を否定し、心に大きな傷を負わせている。 神にでもなったつもりなのか。 自分を善人だと信じて疑わず。 薄汚い野良犬がドブに落ちると一斉に集まって袋叩きにしてしまう。 TO TokiaNoise 上のツイートの動画にもあるように、「自分のつまらない人生の憂さ晴らしに、安全圏から他人を叩いて全能感に浸る正義の大衆」は卑怯であり、卑劣でもある。 叩いている人たちは自分が正しいと信じ切っていて、正義の執行に快感すら覚えていて、自分が卑劣であるとは微塵も考えていない。 私はネットの正義の暴走についてはかねてから強い懸念を抱いている。 正義の棒で他人を殴る人間こそが一番の加害者だと思っているし、最も下劣な人間だと思っているが、ここで「何が正しいか」「誰が悪なのか」を語っても答えは出ないだろう。 ただ単純に、正義の棒で他人を殴りまくって気持ちよくなっている人たちが嫌いなのだ。 なぜ嫌いかというと自分に実害があるからである。 それ以上に適当な理由はない。 他人が自分に見えないところで何か過ちを犯しても私に実害が及ぶ可能性は低い。 それよりもネットで正義の棒を振り回す頭のおかしな連中に不愉快な気分にさせられることの方が圧倒的に多い。 以前、ネットで炎上した人に対し、「お前がやったのはセカンドレイプだ」と批判している記事があった。 苦痛を思い出させるような言葉を投げたり、被害者を中傷するような発言によって被害者に精神的な苦痛を与えることをセカンドレイプという。 ネットの赤の他人の発言に勝手に傷ついて、「セカンドレイプだ!許せない!」と叫び、その人たちに誹謗中傷を投げかける。 でも「嫌なことを思い出した!セカンドレイプ被害に遭った!」と言って、他人をひどい言葉で攻撃するのは許されるのだろうか? 攻撃された人はもっと傷ついているかもしれないのに? ネットで正義の斧を振りかざす人たちは、自分ばかりが被害者のように振る舞っている。 しかしその正義の斧で傷ついている人もいるのだ。 自分が痛みを感じていたはずなのに、どうして返す刀で他人を平気で攻撃できるのか? 正義を語るのはいい。 正義を守るのもいい。 信念があるなら従えばいい。 でも「大衆の正義」を武器に他人を攻撃する行為が卑怯であることには自覚的であるべきだ。 ネットで活動していると、無意識に正義を背負って何かを批判してしまうこともあるかもしれない。 そんなときも後から「自分は正義で人を殴っていたのかもしれないな」と反省し、相手の気持ちを考え、自分の正義が本当に正しかったのかと省みる時間を設けるといい。 hideyoshi1537.

次の

【ガラケー女】あおり運転事件デマ、ネットに投稿した大学生の後悔「メディアよりも早く犯人特定するという高揚感があった」

ガラケー 女 デマ

市議は原田隆司氏(57)。 女性の提訴後、原田氏は29日に自らのフェイスブック上で女性に謝罪する動画を投稿。 30日には豊田市役所で会見を開き、提訴されたことで批判や無言電話を相次いで受けたとし、「(女性の気持ちを)身に染みて感じた」などと陳謝した。 だが、女性は「過失があって非難が殺到するのと、いわれもない中傷をされた私とは全く質が違う」と憤っているという。 原田氏は会見で、女性が提訴するまでの間に「(代理人弁護士に)繰り返し電話したがつながらなかった」などとしたが、弁護士は「そうした事実はない」と反論。 女性は不信感を強めているといい、「気持ちが高ぶってしまう」としてこの日の会見には出席しなかった。 弁護士によると、これまでにツイッターの投稿者などと7件の和解が成立している。 今後も発信者が特定できれば、提訴する方針。 訴状などによると、原田氏は自らのフェイスブックに、事件とは無関係の会社経営の女性を加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 女性は名誉を毀損(きそん)されたとして、慰謝料100万円を求めている。 (新屋絵理).

次の

ネットデマでガラケー女に!笹原えりな社長が豊田市議の原田隆司を提訴!

ガラケー 女 デマ

この記事はざっとこんな感じ!• 「ガラケー女」デマ拡散で豊田市の市議会議員を提訴! 2019年8月に茨城県の常磐自動車道で起きた煽り運転、暴行事件。 この事件で、 無関係だった会社経営者の女性が、「ガラケー女」としてデマ情報が流れる事態となりました。 その女性は、自身は事件とは無関係であることを主張してはいましたが、デマの情報拡散は止まることがありませんでした。 そんな中、一般人ではなく、 市議会議員である 原田隆司市議もデマ拡散をしていたことが分かりました。 被害者となった会社経営の女性は、原田隆司市議に対して慰謝料100万円を求め訴訟。 まさかの市議会議員が、デマ情報を拡散していたという事実に驚きの声が多く上がっています。 ガラケー女は喜元奈津子 ガラケー女は、 喜元奈津子容疑者(51)でした。 喜元奈津子容疑者の顔画像がこちらです。 喜元奈津子容疑者は、煽り運転をした宮崎文夫容疑者をかくまったとして、犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕されました。 原田隆司市議の顔画像!ガラケー女デマ拡散 そして、ガラケー女デマ情報を拡散していた、 原田隆司市議の顔画像がこちらです。 市議がデマ情報を拡散するとは、ネットリテラシーの低さに驚きです。 原田隆司市議は取材に対し、 「 犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」 と説明。 デマ情報を拡散した投稿に関しては、 知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したようです。 また、女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については 「弁護士を通じて対応する」と話しています。 原田隆司市議のWiKi風プロフィール 原田隆司市議のWiKi風プロフィールをまとめました。 豊田市議会議員原田たかしでございます。 (お詫び)あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者、ガラケー喜本奈津子さんと間違われた笹原えりなさんは全く無関係です。 間違った情報をシェア拡散した事お詫びします と謝罪の言葉を載せています。 悪意や悪気があったようでは無さそうですが、原田隆司市議は、 写真付きのデマ情報をシェアし拡散してしましました。 このような立場の人が、デマ情報を投稿していたというのは信じられませんね。 原田隆司市議会議員の辞任は? 現在、 原田隆司市議会議員の辞任などの発表はありません。 しかし原田隆司市議のデマ拡散は、責められる事実で、実際に原田隆司市議の辞任を求める声も上がっているようです。 デマを拡散してしまうような人は、SNSなどの利用は控えたほうがよさそうですね・・・。 今後の対応について注目していきたいと思います。

次の