ニッスイ の 株価。 【ニッスイ】業績堅調な日本水産(1332)の株価を予想!競合のマルハニチロと比較しながら検証する。

意外とおすすめの日本株!日本水産(ニッスイ)の今後の株価を分析

ニッスイ の 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は日本水産【1332】の株価を分析。 そして今後を予想していきます。 日本水産(ニッスイ)とはどんな会社? 日本水産は、水産物の漁獲および買付、そして冷凍食品、缶詰、その他の加工食品を製造しています。 水産業界ではマルハニチロに次ぐ2位の会社です。 通称は、同社のブランド名でもあるニッスイです。 そんな日本水産、社長は細見典男氏。 現在の社員数は9,065人です。 社員数から見ても、大企業ですね。 現在の株価は? 現在の株価は585円前後です。 取引単位は100株なので、58,500円程度で日本水産の株を所有することが可能です。 10万円以下で購入できる銘柄です。 これなら気軽に投資ができますね。 株主優待は、実施していません。 日本水産のPER(株価収益率)は、現在11. 84倍です。 10倍前後なので比較的割安です。 いいですね。 配当利回りは、1. 37%です。 こちらも日本株にしてはそこそこの配当です。 過去の長期のチャート 2007年に大きな上昇を経験し、その後は急落(「打ち上げ花火」とよんでいます)。 その後、安値圏を低迷していましたが、ここ数年で上昇してきています。 直近1年のチャートはこちら 2019年3月をピークに大きく下落しています。 直近ではとうとう600円を割ってしまいました。 日本水産の売上高は? 日本水産、売り上げの半分近くを食品事業が占めています。 地味ですが、比較的堅調な推移です。 売上高をしっかりとあげています。 悪くはありません。 直近では、売上高7,000億円を超えています。 日本水産のEPS(1株当たりの利益)の推移です 比較的堅調ですが、FY2019に落ち込んでいます。 もし今後復活できるとすれば、EPSが一時的に落ち込んで、株価も落ち込んだ今が買いのチャンスとなります。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう いいですね! こちらはキレイな右肩上がりです。 長期投資としておすすめできる形のBPSの推移です。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近10. 51%です。 いいですね!合格ラインの10%を超えています。 高ROEです。 最後に、流動比率は1. 22倍。 こちらも1倍を超えているので合格です。 日本水産の今後をまとめると 良い銘柄です。 低PER、EPS、BPSの伸びもいい感じ、さらにROEも高めです。 例えるなら「さわやかな優等生」のような銘柄です(わかりづらくてすみません)。 僕も気に入りました。 気になる方は四季報などで詳細を見てみて下さい。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。

次の

ニッスイパイオニア館

ニッスイ の 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

日本水産

ニッスイ の 株価

1332 1949年5月14日 - 2013年7月12日 略称 日水、ニッスイ 本社所在地 〒105-8676 一丁目3番1号 設立 (18年) (日本海洋漁業統制株式会社)(創業:(明治44年)) 事業内容 水産事業 食品事業 ファイン事業 物流事業 代表者 (代表取締役会長) (代表取締役社長執行役員) 資本金 306億8,500万円 発行済株式総数 2億7,721万277株 売上高 連結:6,900億1,600万円 単独:3,909億7,700万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:228億3,400万円 単独:29億2,200万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:258億700万円 単独:66億4,600万円 (2020年3月期) 純利益 連結:147億6,800万円 単独:54億3,800万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,,723億円 単独:610億6,100万円 (2020年3月期) 総資産 連結:4,915億3,300万円 単独:3,452億7,400万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:9,065名 単独:1,203名 (2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 3. )は、に本社を持つの大手水産・食品会社。 通称は同社のブランド名でもある ニッスイ 英称: NISSUI。 安城工場(愛知県)• (44年) - 総帥・の兄であるが「田村汽船漁業部」をに創立、國司浩助らと経営を始める(日本水産株式会社の創業)• (8年) - 「田村汽船漁業部」が組織変更し、「共同漁業株式会社」と改称、が社長として就任• (大正9年) - 下関に早鞆水産研究会(日本水産株式会社中央研究所の源流)を創立• (大正15年) - カニ母船「神宮丸」「厳嶋丸」が出漁(「カニのニッスイ」の始まり)• (4年) - 漁業根拠地を下関からへ移転• (昭和9年) - 「日本捕鯨株式会社」(のちの日本水産株式会社捕鯨部門)が南氷洋捕鯨に初出漁• 1936年(昭和11年)- 「共同漁業株式会社」が「日本捕鯨株式会社」および「日本合同工船株式会社」を合併• (昭和12年) - 「共同漁業株式会社」が「日本食糧工業株式会社」を合併し「日本水産株式会社」と改称• (昭和17年) - 水産統制令に基づき「帝国水産統制株式会社」(後の株式会社)を設立、冷蔵・販売部門を譲渡• (昭和18年) - 水産統制令に基づき漁労部門を中心に「日本海洋漁業統制株式会社」を設立• (昭和20年) - 「日本海洋漁業統制株式会社」を水産統制令廃止に伴い「日本水産株式会社」の社名に復帰• (昭和24年) - 東京証券取引所に株式を上場• (昭和49年) - 北米での調達・販売の拠点としてNippon Suisan(U. )社をワシントン州シアトルに設立• 同年 - 北米での生産・調達・販売の拠点としてUniSea社をワシントン州レドモンドに設立• (昭和51年) - 捕鯨部門を分離、日本共同捕鯨株式会社に統合• 同年 - 海運事業を日水海運株式会社に集約し、のちに「日水船舶株式会社」に改称• (昭和53年) - 南米のトロール漁業拠点としてEMDEPES社をチリに設立• (昭和56年) - 東南アジアの調達拠点としてNISSUI SINGAPORE社を設置• 同年 - アルゼンチン・パタゴニア沖漁業の拠点としてPESPASA社をブエノスアイレスに設立• (昭和62年) - により部(遠洋漁業)の船員・事業員38名が殉職• (昭和63年) - アルゼンチン沖での洋上すりみ生産のため、PESANTAR社をブエノスアイレスに設立• (元年) - ヨーロッパの販売拠点としてNISSUI EUROPE社をオランダ・アムステルダムに設立• (2年) - を主成分とする治療薬「エパデール」が医療用医薬品として承認され、共同開発先のより発売開始• (平成7年) - ベトナム国営企業GIRIMEXとの合弁でMINH HAI NIGICO社を設立• (平成10年) - コンビニエンスストアチェーン向けの米飯工場・麺工場(ニッスイの子会社4社)を再編統合し、日本クッカリー株式会社を設立• 1997年(平成9年)10月 - コーポレートブランドマークを統一。 1999年(平成11年)6月 - 84期(99年3月期)年間3円の復配を決議。 (平成13年) - の水産会社シーロード社の株式を50%を取得。 (平成13年)10月 - 北米の家庭用水産調理冷凍食品ブランド「ゴートンズ」「ブルーウォーターシーフーズ」を取得。 平成14年)3月 - アラスカ・オーシャン・シーフーズ社に資本参加。 (平成16年)1月 - 国内ぶり養殖の黒瀬水産株式会社を設立。 2004年(平成16年)10月 - スペインに水産物販売会社ユーロパシフィコ社を設立(ヴィーゴ)。 (平成17年)7月 - 米国の業務用水産調理冷凍食品会社 キング・アンド・プリンス社を取得。 (平成18年) - の事業再生のため業務提携• 同年 - のNordic Seafood社、のF. BRYCE社、のNordsee社の株式をそれぞれ取得• (平成19年) - グループの物流機能を集約して日水物流㈱を設立• (平成21年)4月 - 日本化学飼料株式会社より全面的に事業譲渡を受け、受け皿となる子会社を設立して、ファインケミカル事業の拡大を開始• (平成23年)8月 - 創業100年記念事業の一環として、に「ニッスイパイオニア館」を開設• (平成26年)8月 - 本社が入居していたビルの建て替えのため、本社を東京都港区西新橋の西新橋スクエアへ移転 関連会社 [ ]• 株式会社北九州ニッスイ• ニッスイマリン工業株式会社• 日水物流株式会社• 金子産業株式会社• 共和水産株式会社• キャリーネット株式会社• 大分中央水産株式会社• 日豊食品工業株式会社• 長崎造船株式会社• 黒瀬水産株式会社• 株式会社北陸フレッシュフーズ• ケイ低温フーズ株式会社• 山津水産株式会社• 株式会社群馬フレッシュフーズ• ニッスイ・エンジニアリング株式会社• ニッスイ・フード・システム株式会社• 株式会社チルディー• 横浜通商株式会社• 株式会社ハチカン• ライブフィッシュキャリアー株式会社• モガミフーズ株式会社• ファームチョイス株式会社• 株式会社北海道日水• 株式会社(北海道FC)• 株式会社マルサ笹谷商店• 西南水産株式会社• 株式会社東京キタイチ• 博多まるきた水産株式会社• 株式会社水産流通• 丸魚水産株式会社• 株式会社クラハシ• 広島水産株式会社• デルマール株式会社• 株式会社十味惣• クニヒロ株式会社• 株式会社金子食品• 東京水産運輸株式会社• 弓ヶ浜水産株式会社• さつま水産株式会社• 稚内東部株式会社 提供番組 [ ]• - 第1期のみ• - ラジオドラマ版は一社提供、アニメ版は筆頭。 - 一社提供• - 一社提供• シリーズ• かつて保有していた船舶 [ ]• - 北洋総合工船• - 捕鯨母船。 前身はノルウェーの捕鯨母船アンタークチック()• 第二図南丸 - 捕鯨母船• (後の2代目図南丸) - 捕鯨母船• - 中積油槽船• - 1TL型仕様のタンカー。 後に捕鯨母船• 松島丸 - 3TL型戦時標準船仕様のタンカー• - 日本最初の大型冷凍工船。 前身はイギリス船ナレンタ• - 塩蔵・冷凍工船。 前身は 関連項目 [ ]• (まで以下の施設の公式スポンサーだった)• (との合弁会社だったが、2011年に合弁解消し資本関係消滅)• (2009年の日本開催で冠スポンサー) 脚注 [ ]• 日本水産株式会社• 外部リンク [ ]•

次の