ガトー ガンダム セリフ。 アナベルガトーの名言セリフまとめ!専用機やシャアとの強さ比較も

アナベルガトーの名言セリフまとめ!専用機やシャアとの強さ比較も

ガトー ガンダム セリフ

えぇい! damn! は、はかったなシャア! You took me in, Char! それでも男ですか、軟弱者! Have balls, you squirrel! いってーー、何だってんだよ!? What the fuck!? you bitch あなたみたいな人、サイド7に一人で残ってるといいんです you deserve to be dead in side 7 お高くとまりやがって・・・あんた、セイラとか言ったよな? you snobby bitch... your name is sayla, am i right? そんな不良みたいな口の聞き方、おやめなさい! watch your language, you gang! 勝利の栄光をきみに! the glory of victory, your highness! 親父にも殴られたことないのに…!! I've never been hit even by dad..!! ザクとは違うのだよ、ザクとは!! This is NO Zak, by no means a Zak! アルテイシアと知って、なぜ銃を向けるか! How dare you to aim at me, you profaner, to aim at Altacia? 君は良い友人だったが、君のお父様がいけないのだよ。 Though you were my best friend, it is your father's fault. ガルマ、私のたむけだ My tribute to you, Galma. 再びジオンの理想を掲げる為に!星の屑成就のために!ソロモンよ!私は帰ってきたぁ! For the rebirth of the Duchy of Zeon and its ideals! For the success of Operation Stardust! SOLOMON! I HAVE NOW RETURNED!!! コウ:こんな戦術レベルの戦いの最中に何を! Kou: We're in the middle of a battle here, and you start making speeches! ガトー:君も将校だろう!ただの兵でないのなら、大局的にものを見ろ! Gato: You're a soldier, aren't you? If you wanna learn to be more than just a grunt, you better learn to see the whole picture!! コウ:は・・はい! Kou: Y-Yes, sir. ガトー:なっ・・!私は敵だぞ!! Gato: Huh? I'M THE ENEMY YOU IDIOT!! アムロ、聞こえて? Amuro, do you read me? シャア:地球に残っている連中は、地球を汚染しているだけの魂を重力に縛られた人々だ! Char:The people who remain on Earth do nothing but pollute it;because their souls are weighed down by gravity! ガルマ、聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい。 Garma, If you read me, blame the misfortune of your own birth. 何、不幸だと!? What? Misfortune!? そう、不幸だ。 Exactly, Misfortune. シャ、シャア、お前は? Ch... Char, you..? 君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。 フフフ、ハッハッハッハ。 Garma, you were my good friend, but this is your dad's fault... hehehe, Hahahahahaha! シャア、謀ったな!シャア!! Char,You! trapped me!... Char!!!! 認めたくないものだな。。。 自分自身の若さゆえの過ちというものを。 One never wants to admit... that he has erred due to his naivette. みせてもらおうか。。 、 連邦の新型モビルスーツの性能とやらを Show me... the performance of the so-called New Moblie Suits of the Federation 戦いとは常に二手、三手先を読んで行うものだ In war, one must read two or three steps ahead どうだ!?・・・馬鹿な、直撃のはずだ。 How's that? ・・・Impossible! That was a direct hit! 一撃で!一撃で撃破か! あのモビルスーツは戦艦並みのビームライフルを搭載しているというのか。 ONE SHOT! A Zaku was destroyed with just ONE SHOT! That mobile suit would have to be carrying a beam cannon as big as a battleship's ええい! 連邦のモビルスーツは化け物か!? Damn! Is this Federation Mobile Suit a monster? 行け、アクシズ、忌まわしき記憶と共に! Bring the doomsday Axis... With the detestable memories! 新しい時代を創るのは老人ではない! It is not the elderly that creates a new generation! しかし! 私もニュータイプの筈だ! Though! I am supposed to be new type, too! 立ってくれ・・・立てよ! Come on.... come on! まだだ…まだ終わらんよ! Not yet... It's not over yet! 前線でラブロマンスか。 ガルマらしいよ。 お坊ちゃん。 the affair on the battlefront... indeed, you are Garma Zabi. いつになく興奮しているようだが、女性の為に功を焦るのはよくない。 落ち着くんだ。 Don't lose your temper for girl, my friend. Just calm down. ・・・任せる... thanks, char. aye 私がイセリナのためにあせっているだと?私は冷静だ! I am losing my temper for Icelina? well, I'm NOT! どうも味方の兵まで騙すのは性に合わんな。 I'm not that kind of person fooling my soldiers... マスター hey, master. それは私に奢らせてもらおう、いいかね? this is my treat, savvy? 親衛隊の者だな? you're from the royal family, aren't you? わかりますか How did you know? においだな。 キシリアの手の者? Smell..... you're from Kycilia, arn't you? ははは、さすがですな、少佐 hahaha, you're really something; Liutenant Char Aznable. シャアが来る! Char's Coming! サイド7に来る前はどこに居たんです? Where had you been before you came to Side 7? 答える必要あるのかしら。 This is rather personal, isn't it, Captain Bright? あ、別に。 I'm sorry. 地球です。 The Earth. 宇宙に出たの・・・初めてなんですよ・・・。 To tell the truth, this is my first Space..... エリートでいらっしゃったのね。 so, you are the one of the elites. 皮肉ですか。 Is this your sarcasm? 弱気は禁物でしょ、ブライトさん。 Don't be sissy, Captain Bright. あなたならやれるわ、アムロ。 You can do it, Amuro. おだてないで下さい! Don't flatter me! 女性だって男と同じように戦えると証明したかった・・・それだけの理由なのか? Women can fight as men do,.... isn't that the enough reason for you to play with RX-78!? くやしいけどボクは男なんだな・・・ It's tough to admit... , but I'm the man. ぶたなくたっていいでしょ。 hey, you don't have to slap me! リュウに対して) ああ、俺を踏み台にした!? Ay! He just stepped on me! ガルマらしいよ。 お坊ちゃん。 ・・・typical of you,Garma Zabi. やれるとは言えない でもやるしかないんだ! I don't say I can do it, but I just have to do it. さらに出来るようになったな、ガンダム! You are getting better, Gundam! 悲しいけど、これ戦争なのよね It's tough.... , but this is the war. 僕が一番ガンダムをうまくつかえるんだ I am the best one who can control Gundam! "People don't like to admit mistakes due to their own youth, but this time it seems like I have no choice. " "Garma, if you can hear me, you can blame this on your own unfortunate birth. You've been a good friend, but I can't forgive your father. " "It's Char... the Red Comet! At the Battle of Loum, he single-handedly destroyed five battleships! Run away!

次の

ガンダム0083

ガトー ガンダム セリフ

機動戦士ガンダム0083 8話〜13話 第8話:策謀の宙域 #観艦式前の前哨戦とか、連邦とシーマ隊との内通とか。 あとこの回からOP変更、かなり出来いいです。 次回予告にも注目。 「無駄弾が多すぎる!」 (バニング) 「そ…そんなこと言ったって!」 (キース) 「無駄口もだ!」. 宇宙での訓練にてウラキとキースを鍛えまくるバニング。 ちなみに訓練を終える時の合図は 「よし、状況終わり!」 でした。 これ、なんか好き。 「俺の…ガンダムだからな…」 (コウ) 「…おれの?」 (ニナ) 「あ、いや… 俺達のか」. 「おれたち……ウッフフフ。 コウ、いつ「僕」から「俺」に乗り換えたの?」. 「何を言うんだ。 連邦の士官に対して、お姉さんぶらないでほしいな」. 「まっ、そんなこと、ニンジンが食べられるようになってから言いなさいな!」. バニング大尉を模擬戦で撃墜したことで、すっかり自信を取り戻したコウ。 が、MSの操縦は上手くなっても、相変わらず女とニンジン相手には歩が悪いようで。 「私の心は、今の宇宙(そら)のように震えている…!」 (ガトー) いよいよ観艦式、近し。 続々とガトーの元に集まってくるかつての部下達を目にして、武者震いするガトー。 「なんだありゃ? バッタか?」 (シーマ) ガンダム1号機フルバーニアンの機動性を目の当たりにして驚愕するシーマ様。 やっかいな敵と見るや、即、部下に押しつける辺りの臨機応変さは実に彼女らしい。 「このシーマの上前をはねるつもりかい!」 (シーマ) 星の屑作戦の概要が入ったケースを巡ってバニングとやりあうシーマ。 この戦闘により受けたダメージが、結果としてバニングの命取りとなることに。 「大尉、気が弛んでいたようです。 バーミンガムは無傷で済んだものの、出撃が遅れてしまって…」 (コウ) 「事情はモーラから聞いた。 モンシアのやつが撮った写真だそうだな」 (バニング) 「はい」. 「それで?」. 「処分しました、本当です!」. 「な、なにィ、一枚も残さずに!?」 (キース) 「そうさ、疑り深い奴だなあ」. 「ハッハハハ、だから子供扱いされるんだよ!」. 「お前達はもう一人前なんだ。 現にさっきも、敵と互角以上に戦っている。 後はそれが実感できるかだが、そこまでは教えられん」. 「…はい」. 「こんな話しを前にもしたな。 夜のオーストラリアで」. 「エッヘヘヘ、腕立て伏せばかり覚えてますよ」. 「ハッハ、そうかー?」. 「ウラキ。 キースの言うとおり、一枚ぐらいは残しておくんだったな」. 「大尉も、そういうのお持ちなんですか?」. 「 (奥さんの写真を見つつ) いや、俺も不器用でなあ。 まあ、お前ほどではないが… 説教は終わりだ」. 戦闘を終えてアルビオンへと帰還するバニング、コウにキース。 その帰路にてたわいない会話をしている最中、シーマ戦で受けた損傷箇所が突然爆発をおこし、 哀れバニングは宇宙の塵と消える、合掌。 それにしてもこのあっけなさは… いや、死亡フラグは本編中に立ちまくってたけど。 <次回予告> ソロモン。 そこは連邦軍の手に落ちるまで、そう呼ばれていた。 いや、今もそう呼ぶ男達がいる。 脳裏をよぎる、かつての栄光と誇り。 そして、敗北と挫折。 居並ぶ連邦の艦隊を前に、この孤独の夢想家は何を見るのか。 再び、悪夢は訪れる。 第9話:ソロモンの悪夢 #83屈指の見どころにして、最大のターニング・ポイントとなる回。 そして今、漆黒のそらに轟きわたるあの名セリフが… ファンなら最低10回は視聴のこと! 「寒い… ここにあと何年……」 (ハマーン) アクシズの長マハラジャ・カーンの娘にして、ドズルの忘れ形見ミネバの摂政こと ハマーン・カーン、遂にその姿を表舞台に現す。 時代考証的にはおそらくこれが初出の筈。 「星の屑作戦も、最後の段階に入る、いよいよだ…」 (デラーズ) 「いや、全ての終わりか…」. 「我々の全兵力を投入するこの作戦は、かなりの損失を招くであろう。 二本目の矢は放てんのだ。 あとは落ちるのみ…」. 「万一の場合、わしは作戦を中止してでも兵を退かねばならんのか…屈辱のア・バオア・クーのように!」. 作戦開始、69時間34分36秒前。 ソロモンの暗礁宙域にて作戦決行を前に苦悩するデラーズ。 「少佐、どこかおかげんでも…」 (カリウス) 「いや… この海に散っていった、同胞のことを思うとな…」 (ガトー) 「そうですね… 直接、少佐に続いて戦った者も、私だけになってしまいました」. 「カリウス、私はこれで良かったのか… 多くの魂がただようここへ戻ってきて…. 私は多くの犠牲の上に立っているではないか…」. 「それは指揮を取る方の宿命でしょう。 この海はまだ若いのです、波が穏やかになるには、まだ…」. 「…そうだな。 私は、ただ駆けぬけるだけのことだ」. 「はい、このときの為に、みな集まったのです!」. 「うん、行くか、軍曹…!」. 「出撃20分前です、モビルスーツ・デッキへおいでください!」. デラーズと時をほぼ同じくして、ソロモン宙域を眺めつつ、やはり同じように物思いにふけるガトー。 ちなみに話し相手のカリウスは、一年戦争時のガトー旗下302哨戒中隊、唯一の生き残り。 毎年クリスマスの時期にカップルで賑わう恵比須ガーデンプレイスの前を通る度、私はこのシーンを 今の自分の心境とダブらせ、哀しみに沈むのである。 あ、この場合、連邦がカップルでデラーズがミー。 「この海は…地獄だ…!」 (コウ) ガトーが宇宙に想いを馳せている頃のアルビオン内。 デラーズ決起を知ってそれに合流せんと各地から続々集結してくる旧ジオン部隊を撃墜する為、 幾度となく出撃することにより、徐々に肉体と精神を削られていくコウ達。 「志しを持たぬ貴様らはいずれ滅びるのだ…!. フフ、ガトー少佐が、ソロモンの悪夢を蘇らせてくれるゥ…!」 (ジオン兵) 指の間に鉛筆を挟んでギュウ〜の拷問で、ジオン兵の捕虜から情報を聞き出そうとするモンシア。 (どのくらい痛いか割り箸使ってやってみよう) でも結局聞きだせたのは上記の呪詛のみ。 「紳士は時間に正確でなくてはな」 (グリーン大将) 観艦式の観閲官を務める連邦軍大将グリーン・ワイアット、式典へと赴く瞬間のセリフ。 シーマと裏取り引きするなど、使えるものは何でも利用する策謀家タイプ。 イギリス的ダンディズムがお好みのようで、前話では戦闘警戒中にもかかわらず 「お茶の用意を。 私はダージリンがいいな」 という名セリフも残している。 まあこの10分後には「これが星の屑か…!」を断末魔に、率いている艦隊ごと消滅しちゃう 運命にあるんスけどね。 「ふん、懐旧のそらか…」 (ガトー) 「グラードル、信号弾はどうした!?」. 「し、しかし、本作戦の正否はまさに、奇襲にあります!」 (グラードル) 「これしきで敵に看破されるようでは、しょせん天は私に味方を…あろうはずがない!撃てェ!」. 「了解」. 「 (信号弾を見届けて) 感謝する、 あとは行くのみ…!」. 作戦開始時刻、デメリットを承知で、再起の出陣に相応しい花火を打ち上げさせるガトー。 その豪毅さと大胆さが見てとれるエピソード。 「宇宙暦0079、つまり先の大戦は、人類にとって最悪の年である。 この困難を乗り越え、今また三年ぶりに、そらの一代ページェント、観艦式を出来ることは、. 地球権圏の安定と平和を具現化したものとして、喜びにたえない」 (グリーン大将) 「そも観艦式は、地球暦1341年、英仏戦争の折り、英国のエドワード三世が、. 出撃の艦隊を自ら親閲したことに始まる」. 「その共有すべき大宇宙の恩恵を、一部の矮小なる者どもの、蹂躙に任せることは…」. 「情けない! あのような禍々しい物言いを、連邦に許すとは…!」 (ガトー) 「 (回想とともに) …これは、散っていった者への冒涜だ」. 「 少佐、いいではありませんか。 現に我々はここにいるのです!」 (カリウス) 「そうだ、連邦の亡者どもを、なぎはらうために」.. ソロモン宙域にグリーンの演説が響き渡る中、粛々と始まった観艦式。 ガトー率いるデラーズの隠密部隊がその中心へと迫る。 いよいよクライマックス近し。 「この海は、泣いているのでしょうか… 我々に何かを訴えたくて」 (カリウス) 「迎えてくれているのだ。 私には、それが聞こえる」 (ガトー) 宇宙空間という海の中を深く静かに潜行中、 旧ソロモン戦における名残りの残骸を見つけて、更なる感慨にふけるガトー達。 潜水艦映画的な緊張感が面白い場面。 「手間取っては、大事にさわる!」 (ガトー) 「少佐、ここはお任せを! コンペイトウへ! ソロモンへ!」 (カリウス) 自動砲台にその存在を感知され、連邦のジム部隊に包囲されてしまうガトーとカリウス。 通常の倍はあろうかと思われる驚異的出力のビームサーベルと、盾となったカリウスの献身にて、 このピンチを凌ぐ。 が、結局は至らず…届かず…!(福本調) ちなみにこのセリフは、後の展開への伏線にもなっている。 「待ちに待ったときが来たのだ、多くの英霊が無駄死にでなかったことの、証のために…!」 (ガトー) 度重なる苦難を乗り越えて、遂にコンペイトウ直上の狙撃ポイントへと達したガトー。 アトミック・バズーカ装備のとこの螺旋状に回転してドッキングするギミックがメチャかっこいい。 ガトー裂帛の気合いとともに放たれたアトミックバズーカの核弾頭は、 観艦式直上、グリーン大将搭乗の戦艦バーミンガムを中心に爆発し、その周囲に壊滅的カタストロフィをもたらす。 これだけ大規模な作戦ですら、本命を目くらます為の撒き餌にすぎないってところが、83ストーリー上における 一番の魅力かも。 <次回予告> コンペイトウに光は溢れ、激震の空は泣いた。 道いくデラーズ・フリートの策に、そして晴れることなきウラキの屈辱の念。 ガンダム1号機対2号機、その宿命の、最後の戦いが始まった。 朧なる星の屑は、ウラキの眼前にあった。 第10話:激突戦域 #ガトvsコウ、2話以来の第2ラウンド。 そして「星の屑」、その作戦の全貌がいよいよ明らかに。 「ガトー…やってくれるよ、ガトー…!」 (シーマ) 「…やるさ、ここまできたら!」. ガトーの活躍による圧倒的戦果を前にして、シーマもいよいよ組する陣営を決めたか? 作戦終了したにもかかわらず、未だ数値がゼロになっていないタイマー値にも注目。 そういえば前にも「捲土重来」とか使用していたし、ガトーは四文字熟語が好きなのかも。 「聞こえているだろう、ガトー!」 (コウ) 「お前が忘れても、俺は忘れはしない!」. 「いつぞやの男か?」 (ガトー) 「俺は決着をつけるまで、お前を追い続ける!」. 「フン、しかし、私の勝ち戦に華を添えるだけだな」. 「そして! 貴様に話す舌など持たぬと言った筈だー!」. 「満足だろうな、ガトー! でもそれは2号機を奪われた俺達にとって、屈辱なんだ!」. 「分からんでもない。 ずいぶん肝をなめたようだな」. 「聞いているのか、582だ!」. 「 (無線ch数を合わせて) 聞いてやる!」. 「なんだと!?」. 「戦いの始まりは全て怨恨に根ざしている、当然のこと!」. 「クッ、いつまでへらず口を…!」. 「しかし怨恨のみで戦いを支える者に私は倒せぬ!」. 「 私は義によって立っているからな!」. 「歯車となって戦う男には分かるまいー!」. ガトvsコウ、久方ぶりの再戦。 戦闘中のセリフやりとりをほぼノーカットでどうぞ。 ちなみに結果は、両機ともに行動不能となっての相撃ち。 が、あまりに実力差がありすぎて戦いにもならなかった前回と比べ、ガトー側に機体損傷のハンデが あったとはいえ、ソロモンの悪夢とまで呼ばれた男をして「腕を上げたな」と言わしめた今戦闘は、 コウの僅差での判定勝ちと言えなくもない。 「フン… 確か…ウラキとか言ったな…」 (ガトー) 「な、なに…!」 (コウ) 「二度と忘れん」. ハッチを開けたら、なんとすぐそこにガトーが。 あまりに突然すぎて何もできないでいるコウに、あえて捨てゼリフだけ残し、去っていったガトー、 その無気味さと執念深さが伺えるシーン。 <次回予告> プラズマの中に星の屑は目覚めた。 月は孤独なるコロニーを引き寄せる。 今、必要なのは時。 アルビオンはガンダム3号機を求めて、ラビアンローズを訪ねる。 止めようのない時計の針、いらだつウラキの心、そびえ立つガンダム3号機の眼前で、 時はニナに決断を迫っていた。 第11話:ラビアンローズ #最終局面前の状況転換回。 月へ落下すると見せかけて本命は地球だったコロニー落としのフェイントも見どころ。 コロニーが地球に落ちるまで、あと38時間。 「素晴らしい…! まるでジオンの精神が形となったような!」 (ガトー) デラーズの動きに対し、あくまで中立を守る決意を固めるアクシズ、 そんな彼等からせめてもの手向けとして進呈されたMAノイエ・ジールを見て歓喜するガトー。 でも、なんか昆虫っぽくないスか、これ? 「沈めェー!」 (ガトー) 偏光メガ粒子砲一発でサラミスを軽々とほふり、そのおそるべき戦闘力を早々とみせつける ガトーとノイエ・ジール。 「なんだ、コロニー移動用の推進剤に点火!?ど…何処へ行くのだ?」 (ステファン少将) 「推力を得たコロニーは…」 (部下) 「月の周回軌道を脱し… そして、今度は… 地球の引力に…!」. 「…………は、はかられた!」. 月が狙いとばかり思い込んでいたが故、デラーズの謀略に軽々と引っ掛かり、 追撃用の推進剤をまんまと使いきらされて、その場に立ち往生するしかなくなってしまった ステファン旗下の部隊。 その一杯くわされたツラはあのコンスコンにも比肩するかと思われ。 「ニナ… 貴女なら… 3号機… 3号機を…」 (ルセット) ガンダム3号機開発担当技師、そしてニナの旧知の友人でもあるルセット・オデビー。 権力に目が眩んだナカト隊長のラビアンローズ常駐命令を拒否したコウをかばって、 その凶弾に倒れ、ニナに3号機を託して逝く。 合掌… 「これがモビルスーツだって言うのかい!」 (モーラ) ルセットの遺志を受け、ガンダム史にその中を残す伝説の機体、 ガンダム試作3号機、開発コードRX78GP03「デンドロビウム」が、遂にリフトオフ。 その異形は、メカニックチーフのモーラをして、こう言わしめた。 <次回予告> 阻止限界点、それはコロニーの落着を防ぐことの出来る限界。 阻止限界点、それは全ての終わり。 ここを越えて、人は運命を変えはしない。 ガンダム3号機、ノイエ・ジール、宿命のウラキとガトー。 それぞれの宿命の限界まで、あと僅か。 地球まで、あと僅か… 第12話:強襲、阻止限界点 #ガトvsコウの第3ラウンド、連邦内の権力争い、そしてシーマの裏切り、 様々な策謀と思惑が交錯する中、遂にデラーズが… いよいよクライマックス。 #それにしても、針ネズミ度マックスなミサイルコンテナといい、戦艦クラスをこともなしに 切り裂く大型ビームサーベルといい、デンドロ君の兵装はいろいろと反則すぎる。 「こちらアクシズ艦隊。 すまん、我が艦隊は後方で見物させてもらうぞ」 (ユーリー) 「なんの。 遠慮は無用だ。 あとのことは頼む」 (デラーズ) 「ん! アクシズの名誉に賭けて」. 「ふふん…よくここまできたものだ。 かつてジオン艦艇の半数を要した作戦を、儂は今、これだけの艦隊でやっておるのだ…」. 最終行動を前に、アクシズ先遣隊艦長ユーリー・ハスラーと旧交を暖めつつ、 万感の想いに浸るデラーズ。 コロニー、阻止限界点に至るまで、あと残り9時間。 「もはや語るまい…!」 (ガトー) ガトvsコウ、互いに究極兵器を駆っての第3ラウンド開始。 双方ともにIフィールド・ジェネレータを搭載しているが故、間接攻撃はほぼ無効。 となれば、直接攻撃におけるその手立てが勝負の決め手となりそうだが。 「しかし、柔らかい脇腹を突かれるとは思いませなんだなあ」 (シーマ) 「予想外のことは起こるものだ。 ガトーは良くやっている」 (デラーズ) 「予想外のことは、起こるもの…」. 女豹シーマ、遂に隠されたその牙を剥く。 ようやくここまで辿り着きながら、それを身内の裏切りで全てご破算にされたデラーズの その胸中たるや、察するにあまりある。 「シーマ艦隊など当てにできん。 やるのだ、我々の手で!」 (ガトー) 「しかし、それでは少佐のお体が…」 (グラードル) 「ははは、グラードル、それにあのガンダム、奴は私でなければ倒せまい」. 「少佐…」. 「これほど、踊る心で地球を見たことがあるだろうか…」. 最終防衛ライン上にて部下を鼓舞するガトー。 その胸中、既に憂いはなし。 が、その頃、デラーズ旗艦グワデン内ではシーマの反乱が… 「ニナ・パープルトン、ボートの使用を許可します。 本艦を直ちに降りて頂きたい」 (シナプス) 「…シナプス艦長、私は自分の意志で、最後まで見届けたいのです、申し訳ありません」 (ニナ) 「軍から給料は出ませんぞ」. コウの3号機搭乗に及び腰だったニナもここに至って、遂に覚悟を決める。 シナプス艦長の返しが軍人ギャグっぽくて好き。 「もう手後れだ!」 (ガトー) 「あと50秒!」 (アルビオン内オペレータ) 「行けェェェェェェ!」 (コウ) 「あと30秒…!」 (シーマ) 「………………阻止、限界点を…… 越えた…!」. コウ、必死の尽力も虚しく、遂に阻止限界点を突破してしまったコロニー。 と同時に不可解な戦闘中止を宣言するデラーズ・フリート。 ここにきて戦局は目紛しく変貌を遂げる。 「ソーラ・システム………」 (デラーズ) 「というわけだ。 コロニー落としを防ぐ奥の手があったわけだなあ、. ちょっと暖めるだけで、ボン! ハハハハハハハ」 (シーマ) 「貴様、それでもジオンの将か!」. 「あたしはこうして生きてきたんだ!サイド3でぬくぬくとうずくまる者達の、アゴで扱われ!」. 「 私は、故あれば、寝返るのさ!」. あえて阻止限界点を超えさせたところで連邦と通じ、ソーラシステムによるコロニー破壊をたくらむシーマ。 その心境を吐露、爆発させる辺りに、彼女なりの苦悩と悔恨が垣間見える。 内通相手の方には懐かしい顔が見えるね、そう後のティターンズを作りあげる男の顔が。 「哀れ… 志しを持たぬ者を導こうとした、我が身の不覚であった…!」 (デラーズ) 「ハッ、アクシズなんて辺境に導かれた日にゃ、商売あがったりさ!」 (シーマ) 「 シーマ…! 獅子身中の虫め!」 (ガトー) 「ふふふ、動くなよガトー、敗軍の将は潔くな。 連邦への土産を傷つけたくないからな」. 「…………………征け、ガトーよ…!」. 「…はっ?」. 「 …ガトーよ、意地を通せ。 現にコロニーはあるのだ!」. 「狂ったか、何を!?」. 「 征け!儂の屍を踏み越えて!」. 「黙れ!」. 「 儂をそらの晒しものにするのか、ガトォー!」. 「馬鹿ヤロウ、ソーラシステムが狙ってんだよォ!じょ冗談じゃないよ!」. 「………………閣下…!」. 「 ジーク、ジオン…! 」. 絶対絶命の窮地にありながら、あくまでその矜持を押し通したエギーユ・デラーズ。 「星の屑」成就を見ないままシーマの凶弾に倒れるも、その最後の笑顔はどこまでも涼やかであったという。 そして今、宙空に轟くガトーの鎮魂歌代わりの慟哭が。 合掌… <次回予告> 裏切りのそらを覆い、陰謀は満ちていく。 新たな時代が顔を出す、遂にコロニーは地球を巡るのか。 そして、その中での温習の再会。 今、ウラキが戦いの果てに見るものは… 刻はうつろい、0083の幕が閉じゆく。 第13話:駆け抜ける嵐 #最終局面、遂にきたる。 ソーラシステムを巡る、その軸線上での戦闘シーンはみもの。 「ガイドビーコンなんか出すな!やられたいのか!」 (シーマ) 「 (撃墜されたのを見て) いわんこっちゃない…!」. ここにいますから撃ってくださいとばかりにデッキ上からガイドビーコンを出している ムサイに警告を発すシーマ様。 その百戦錬磨っぷりが伺える1シーン。 指摘感謝です。 「シーマがガイドビーコンを出しているムサイ〜」と解説をしてらっしゃいますが、 このときガイドビーコンを出しているのは、シーマ艦隊の旗艦、ザンジバル級機動巡洋艦リリー・マルレーンです。 ガイドビーコンもシーマのために出したのではないかと思われます。 一年戦争以来ずっと行動を共にしてきた部下を一気に失ったシーマの心境を考えると、この台詞の解釈も変わって くるかと思います。 ということで私の解釈、まるで違ってました。 後述の 「何処に退くって言うんだい!」 にも至極納得。 ちょっとシーマが可哀想になってきたよ。 「南無三!」 (ガトー) 「 (破壊成功後) フフフ、もはや…誰も止められんのだ」. 撃たれる前に殺れとばかり、発射直前のソーラシステムに対してギリギリの特攻をかけるガトー。 はたしてその賭けは成功し、破壊し損ねたコロニーはソーラシステムを突き破って、地球へと。 「シーマ様、お退きを…!」 (部下A) 「何処に退くって言うんだい!」 (シーマ) その胸算用の全てを土壇場でガトーに全てひっくり返され、もはや進むことも退くことも ままならなくなったシーマ様。 その窮地へ更にデンドロビウムが迫る。 その最中、戦艦一隻を軽々と沈めた「爆導策」の威力はかなり衝撃度大。 「お前は一体、どっちの味方だー!」 (シーマ) 実はガンダム4号機でもあったガーベラテトラをフル駆動して、最後の反抗を試みるシーマ様。 が、その長さ70メートルにも及ぶデンドロビウムの砲身にMSごと貫かれ、その憎悪と裏切りに 満ちた人生を終える… 合掌… 「どうして… 何故また私の前に現れたの? ある日、突然姿を消した貴男が…」 (ニナ) 「全てを忘れてほしかったのだ、月に身を委ね、時の満ちるのをひたすらに待っていたあの頃を…」 (ガトー) 「忘れようとしていたわ… いえ、忘れていたわ!」. 「私はジオンの再興に身を託したのだ」. 「君こそが、「星の屑」の真の目撃者なのかも知れない…」. カッコいい言葉で誤魔化しちゃいるけど、要するにガトーにとっちゃニナの存在は 機が熟すまでの単なるお遊技だったってことね。 はいはい、わたし遊ばれちゃってましたっと。 「 (銃を突き付けつつ) コウ、やめて!」 (ニナ) 「うそだろ、ニナ…」 (コウ) 「そいつはコロニーを…! ガンダム2号機を!」. 「 (一発放って) コウ、そういうことじゃないのよ… 」. 「クククククク…!」. ガトーとニナ繰り広げる修羅場へ、もてる童貞パワーがフルバーニアンと化したコウまでもが 絡んできての愛憎トライアングル。 が、この土壇場でニナがガトーの味方を…!? この時、コウに向けられるニナのその目の冷たさといったら… そして屈辱にうち震えるコウ。 …いや、アンタ今すごくいい顔してるわー 種のサイと並ぶ最高の虫ツラなんじゃないかと。 「この一撃こそ、歴史を変える…!」 (コーウェン) 今、ここに「星の屑」成就す。 それはティターンズ誕生のきっかけとなり、後のカミーユやシャア、アムロをめぐる [Z」のフィールド上へと引き継がれることになる。 「こちらウラキ、今コロニーを出た。 …な、なに!」 (コウ) 「フフフ、腐った連邦に属さねば、貴様も苦しむことはなかったろうに」 (ガトー) 「………待っていたのか、俺の為に…!」. 退却の機会を捨ててまでコロニー外ににとどまり、コウが来るのを待っていたガトー。 わざわざコウに雪辱を注ぐ機会を与えたその漢気、男気が見てとれるシーン。 「ニナさん、でしたか。 見たまえ」 (ユーリー) 「ああ…! コロニーが… 落ちる……!」 (ニナ) 「男たちの魂の輝きだ…」. 「 さあ… 行くか… 」 (ガトー) 「デラーズフリート、残存部隊に告ぐ! もはや君たちに戻るべき場所はない!. すみやかに降伏せよ! 君たちには既に戦闘力と呼べるものがないことを承知している。 無駄死にはするな!」 (連邦軍) 「 いいか!ひとりでも突破し、アクシズ艦隊へ辿り着くのだ!. 我々の真実の闘いを、後の世に伝えるために! 」. 「 (連邦から退去を促され、断腸の思いにて) … 回収作業を終了する」. 「あと5分!あと5分だけ待ってください!」. 「艦隊反転、アクシズへの進路をとれ。 …貴女は、自由に選択してほしい」. 「 お願いよォー! 」. 「 グッ、ンンッ ヌウウウウアアアアア! 」. アクシズ艦隊に回収されたニナ、その間に連邦軍を挟んでガトーらデラーズ残存兵。 降伏に背を向け、その意地を最後まで貫き通すことによって己が信念を誇示してみせたデラーズの戦士達とガトー、 あるいはシャア以上にその指示を得ている唯一にして無二の漢、その散り様をとくと見よ。 [ ].

次の

機動戦士ガンダム0083とは?作品内容知ってますか?

ガトー ガンダム セリフ

U-NEXTでの「機動戦士ガンダム0083」の紹介 キャッチコピー 奪われた新型ガンダム!「ガンダム」と「Z」の間に起きた勝者なき戦争を描くOVA 参照サイト: 作品の見どころ 『機動戦士ガンダム』後の時代を描くOVA。 新型ガンダムを奪った元ジオン軍のガトーと、それを追う連邦軍兵士・コウの対決を中心に、重厚な人間ドラマが展開される。 参照サイト: ストーリー 宇宙世紀0083年。 連邦軍のガンダム試作2号機がアナベル・ガトーらジオン軍残党に強奪される。 連邦軍テストパイロットのコウ・ウラキは、ガンダム試作1号機に乗り、ガトーたちを追うことに。 参照サイト: ここがポイント 主役キャラ同士だけでなく、軍の指導者が繰り広げる陰謀劇などが世界観の広がりを見せる。 「機動戦士ガンダム」と「機動戦士Zガンダム」をつなぐストーリー展開に注目。 しかし、核ミサイル搭載の2号機がデラーズ・フリートのガトーに奪われてしまう。 27分 参照サイト: 第2話 終わりなき追撃 コウは咄嗟に1号機に乗り込み、ガトーが奪った2号機に立ち向かうが、百戦錬磨のガトーには歯が立たず逃げられてしまう。 コウの上官であるバニング大尉の部隊は、2号機を奪還するべく追撃を開始する。 27分 参照サイト: 第3話 出撃アルビオン 2号機の核兵器攻撃を恐れるジャブローは、アルビオンに2号機奪還の命令を下す。 パイロット降格を言い渡されたコウは、ベテランのモンシアと1号機のパイロットを巡って対決する。 27分 参照サイト: 第4話 熱砂の攻防戦 2号機を追ってアフリカ大陸を進むアルビオンからスパイが脱走。 敵の司令官ビッターは、2号機を乗せたHLVの発射時間を稼ぎ「星の屑作戦」を成功させるため、アルビオンを迎撃する。 30分 参照サイト: 第5話 ガンダム、星の海へ アルビオンは2号機とガトーを追って宇宙へと向かう。 一方、2号機とガトーを乗せたHLVは暗礁空域内の基地に到着。 核兵器を手に入れたデラーズは、連邦政府に宣戦を布告する。 28分 参照サイト: 第6話 フォン・ブラウンの戦士 1号機をフルバーニアン仕様へと換装するため、アルビオンは月のフォン・ブラウン市に入港。 ガンダムを大破させてしまったことに落ち込むコウは、アルビオンから逃げ出して町を徘徊する。 29分 参照サイト: 第7話 蒼く輝く炎で フルバーニアン仕様となったガンダムのテストを、コウは順調にこなす。 モビルアーマーを修復したケリィは、デラーズへの合流を望むが果たせず、コウの1号機に勝負を挑む。 29分 参照サイト: 第8話 策謀の宙域 シーマは、秘密裡に接触を図る。 バニングたちは、ワイアットの艦が襲撃を受けているものと思い、シーマの艦を攻撃。 撃沈した敵艦から「星の屑作戦」の全貌を記した計画書を発見する。 28分 参照サイト: 第9話 ソロモンの悪夢 観艦式が行われる中、デラーズにはジオン軍の残党が続々と合流。 核兵器を搭載したガトーの2号機が連邦艦隊を狙って動き出し、コウはフルバーニアン仕様のガンダムを駆って阻止しようとする。 29分 参照サイト: 第10話 激突戦域 ガトーが発射した核ミサイルによって、観艦式に参加した連邦艦隊は全滅状態。 ようやく2号機に追いついたコウは、ガトーに戦いを挑む。 26分 参照サイト: 第11話 ラビアンローズ アルビオンは、警務部隊のナカト少佐に受け渡しを拒否される。 月面へのコロニー落下を阻止すべく、月側はコロニーの軌道を変えようとするが、コロニーは地球への落下コースに入ってしまう。 29分 参照サイト: 第12話 強襲、阻止限界点 「星の屑作戦」の真の狙いは地球へのコロニー落とし敢行にあった。 落下が決定的となる阻止限界点が迫る中、コウはガンダム3号機に乗ってコロニーを目指すが、ついに限界点を突破。 28分 参照サイト: 最終話 駆け抜ける嵐 「星の屑作戦」を成就するため、ソーラーシステム2を破壊、コロニーの地球落下は確実となる。 かつての恋人だったニナは説得しようと試みるが、聞き入れてもらえなかった。 30分 参照サイト:.

次の