ピーター ラビット お父さん。 本当は怖かった、ピーターラビットのお話5選!お父さんがパイに?

【パイになったお父さん】ピーターラビット【可愛いけどシュール!】

ピーター ラビット お父さん

日本でピーターラビットのパパが大変なことになっていると話題にwww 一般的に父親は家族のために外に出かけて仕事をするもの。 それゆえ、作品の中でお父さんの出番がお母さんに比べると少ないというのはよくある事ですよね。 皆さんご存知の『ピーターラビット』。 このシリーズの絵本を読んだことがある子どもたちなら、ピーターラビットのお母さんは見たことがあるんじゃないでしょうか。 でも、父親って確か見たことがないような……? 最近、日本のネット住民がピーターラビットのサイトで、お父さんのとんでもない真実を発見しました。 しかも、それがちょっと子供には残酷すぎる設定で……。 ピーター・ラビット ピーターラビットの名前の由来は作者のピーターさんが小さい頃に飼っていたウサギから。 病気がちな子どもを励ますために、暖かくてかわいらしいピーターラビットの物語は誕生しました。 ピーターラビット一家は森の中のモミの木の穴の中にお母さんとピーターのお姉さん3匹と共に暮らしています。 「金出せよガキ」(本当はボタンを留めてるところですw) ある日、お母さんは買い物に出かけますが、家を離れる際、子どもたちに、絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけないと言います。 それはお父さんのようにパイにされて食べられてしまうことがないようにです… パイにされて食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた…… ピーターのお父さんの紹介 この残酷な事実……。 ピーターラビットファンにとっては常識なのでしょうか!? 私にとってはちょっと驚きの事実……。 写真以外にもとても悲しい事実が載せられています。 なんて美味しそうなんだ!!(違 日本のサイトで紹介されているピーターラビットのお父さん ピーターラビットのオカルトシリーズはこのお父さんの話だけではありません。 『he Tale of Samuel Whiskers or The Roly-Poly Pudding』という本の中にもこんなシーンがあります。 猫のお母さんと2匹の子猫たちが古いお部屋の中に住んでいました。 ネズミ夫婦もまたこの家の隙間に住んでいました。 ある日、猫ママは1匹の子猫がいなくなっていることに気付きました。 みんな慌てて探していると、突然、木の床の下から伸ばし棒をごろごろ転がす音が聞こえてくるではないですか。 よくよく調べてみてやっとわかったのは…… なんとネズミ夫婦の共同作業による猫肉ロールのできあがり~って、おかしいだろ~<囧> この子猫ちゃんはお母さん猫により救出されましたが、大きくなってもトラウマが残って……しまったかは定かではありません。 恐ろしい・・・ それから、3匹の子豚のお父さんの写真がどんな風に写っているか、皆さんはご存じですか? 台湾人の反応• この記事で一番恐ろしいのは……最後の写真の中でピアノを弾いている子豚の首が180度回転していることだ……• ハハ、よく気づいたなw• 笑える〜wwwwww• 結論は、彼らのお父さんがとっても美味しかったってこと(!?)• お父さんは三蔵法師みたいに食べられた!?• 吹き笑いwww• イギリスのLake District〜小動物商店!!!• 小さい頃、ピーターラビットが大好きだったけど、実際、ネズミが猫ちゃんを食べようとした時はマジでビックリした……(そんな事があったから大きくなって猟奇的な事が好きになったのかは定かではないけどね)• 残酷な事実だな!!!!• 今日初めてこの恐ろしい事実を知ってしまった……お父さんがかわいそう…. QAQ• ピーター達ももう悟ってる感じだなw• 兎肉のパイに……猫肉ロール……• ピーターラビットのお母さん「絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけない」と言います。 「パパのようにパイにされて食べられてしまわないようにね」……この部分、名作だ!!!• 実際にはキリトとアスナに食べられたw• 俺の幼い頃の思い出を壊さないでくれ〜• お父さんが浮気相手と逃げちゃった話題みたいに、あんまり早い段階で子どもに伝えない方がいいこともある……• この、本物???• 3匹の子豚のお父さんがソーセージになっちゃった……• これって本当に公式サイトなの?? 疑ってしまう……• ラビットのお母さん、本の中で、お父さんは食べられたって言ってるよ〜• ちょっと、これ見てよ、すごく怖いから!!• 私のピーターラビットに対する想いを壊したくないから読まなかったwww• なんなんだよ、これwww すっげー怖いじゃんhahahahaha• 超怖いでしょ!!! これ見た瞬間あんたのこと思い出したよw• 小さい頃、この本を読んでいても何も感じなかったけどね〜。 パイにされて食べられた……残忍だけど、なかなか面白い設定だねwww• 美味しそうだな!!www• お母さんは出てくるけど、お父さんが出てこない童話ってたくさんあるよね。 みんなパイにされて食べられちゃったってこと??• 面白いねwww 15875 : 名無さん:2013年5月30日 20時47分 ID:ODI5Mjk4 なるほど、こういう物語ってのは生活に密着してるだけに 当時の生き物に対する感覚を知ることができる訳だ。 現代のように「かわいそう」だの「残酷」だのと言う価値観なんてむしろ異端だったことが分かる。 ある意味、キリスト教的な「動物の生殺与奪権は人間にある」という文化的背景と、 活きるためには動物を殺すことが当たり前という生活観が普通だったって事だな。 それがなぜ・・・・・今や動物を食うことすら可哀想だと命の差別をするようになったのか・・。 それもまたキリスト教圏のいびつな生命に対するヒエラルキー価値観によるものだ。 結局は「殺しても当たり前、食っても当たり前」と「可哀想だ」の奴等の中での本質は同じではないだろうか? つまり絶対者としての人間は何をやってもいいという前提の下、 「食う」か「哀れむ」かのベクトルが違うに過ぎないって訳。 そういう命の差別にだけは日本人は染まって欲しくないものだな。 ウサギも豚も鯨も猫も牛も同じ命、食うときは感謝していただくだけだ。 魚を捌く、エビ・カニを茹でる事にまでヒステリーになる奴等とは永遠に相容れんよ。 そんな綺麗事で飾り立ててる時点で歪だな 魚にしろ牛にしろ羊にしろ、実際に捌いてる人たちは実にドライに くびり殺して血を抜き、皮をはいで内臓を引き出す 獲物や家畜は財産であり食物であり、それ以上のものではない いちいち命がどうこうとのたまったりしない そんなことを気にするのは実際に自分の手で殺すことが生活の一部になっていない消費者だけだ もっとも、素朴な(つまり産業化されていない)狩猟民放牧民は 動物を通じてそれを与える自然とか神とかより大きな存在に対してスピリチュアルな敬意は払うが.

次の

本当は恐い?ピーターラビットに仰天 父親はパイに、甥たちも「皮をはいで頭を…」: J

ピーター ラビット お父さん

こんにちは、Kazuです。 ピーターラビットといえばビアトリクス・ポターが描いた絵本のキャラクター、「青い服を羽織ったウサギ」を思い浮かべますよね。 2018年5月に実写映画が公開されたことでさらに知名度を上げたキャラクターで、本記事ではそんなピーターの父親についてと、その父親のパイが食べられるお店について紹介したいと思います。 目次 ピーターラビットの父親って? ピーターの家族は父、母、ピーター、3姉妹(フロプシー、モプシー、カトンテール)で構成されています。 母親には兄がいて名前はベンジャミン。 その子供がベンジャミン・バニーで、ピーター達とはいとこの関係にあります。 ちなみに実写化された映画(2018年公開)ではピーター、フロプシー、モプシー、カトンテール、ベンジャミン(バニー)が活躍していましたね。 また、この家系図で有名なのが 父親がパイになっていることです。 ピーターの父親はピーターがまだ幼い頃、畑の野菜を取ろうとしてマグレガーおじさんの畑に入り、つかまってしまいました。 その後父親がどうなったかというと、マグレガーおじさんの妻に ウサギのパイにされ、二人に食べられてしまったのです。 うさぎパイ自体もソースの味で決まってしまうので作る工程によっておいしいおいしくないが決まります。 うさぎパイが食べられるお店は? 現在うさぎパイが食べられるお店は自由が丘にある 「ピーターラビットガーデンカフェ」になります。 詳しくはこちらのを参考にしていただければと思いますが、うさぎパイと銘打ったパイではなく、メニューには「ピーターラビットのお父さん?のパイ」と表記してあります。 頼んで食べてみましたが、うさぎのお肉は使用されていませんでした! うさぎ肉が使われていないのは、日本人の口にあまり合わないとか、うさぎがかわいそうとか云々の賛否があるからでしょうか…わかりませんが! ちなみにパイの中身はハンバーグと野菜、トマトソースが入っていてミートソースパイみたいな味がしました。 こんがり焼けたパイの中にハンバーグや野菜がたくさん詰まっていて、ボリュームもちょうどよくおいしかったです。 ハンバーグは鶏肉の味がしなかったのでウサギの肉は使用していないはず。。。 お店の外装、内装はどんな感じなの? スポンサーリンク お店の外装は? お店は全体を花や植物に囲まれている状態です。 テラス席もきちんとビニールで囲われており、雨風がしのげるようになっていて非常に衛生的。 また、テラス席は夏でも暑くないように小さいクーラーがついていました。 当然という方もいるかと思いますがそうではないお店もままあるのでお客さん想いのお店といえそうですね! ちなみに外は本当に動物が住んでいそうなくらい植物がたくさんあって、 レストランの入り口付近にはピーターの姿もありました。 マグレガーおじさんの畑に忍び込んでニンジンを食べるピーターです。 絵本で挿絵がある有名なカットですね! レストラン入口は階段の上にあり、こんな感じです! この左側の扉からお店に入ることになります。 お店の内装は?? お店に入るとあひるのジライマがお出迎えしてくれます。 ジライマの隣にはピーターがソファに座っていました。 ぬいぐるみには おさわりオーケー。 隣に座って写真を撮っている人もいたため、 写真撮影も問題ない様子。 入ると間もなく店員さんに案内されて席に着きます。 席には絵本と、ピーターの姉妹がいました。 モプシーか、フロプシーか、カトンテールかは判別できませんでしたが、ぬいぐるみが1席に1つずつ置かれています。 ちなみに絵本も机それぞれに違う様子。 自分が座った席はまちねずみジョニーのおはなしでした。 映画でもジョニーは出てきてピーターとベンジャミンを案内していましたね。 また、内装として特徴的だったのはここでしかない家具とぬいぐるみが飾られている点でしょうか。 家具にはピーターのお母さんや妹たちが飾られていました。 peterrabbit-japan. html お店は最寄り駅である「自由が丘駅」の北口を出てまっすぐ行き、左に曲がったところすぐにあります。 地図を見ていけば迷わないと思いますよ! 何より外観が緑いろでとても目立つので、たどりつぐのに苦労はしないはずです! まとめ 以上がピーターラビットのお父さんのパイが食べられるお店「ピーターラビットガーデンカフェ」自由が丘店についてのまとめでした。 いかがだったでしょうか。 もし記事を読んでお楽しみいただけたのなら幸いです! ではでは、よいグルメライフを! スポンサーリンク.

次の

ピーターラビットは何歳?お父さんや兄弟・仲間の名前は?

ピーター ラビット お父さん

日本でピーターラビットのパパが大変なことになっていると話題にwww 一般的に父親は家族のために外に出かけて仕事をするもの。 それゆえ、作品の中でお父さんの出番がお母さんに比べると少ないというのはよくある事ですよね。 皆さんご存知の『ピーターラビット』。 このシリーズの絵本を読んだことがある子どもたちなら、ピーターラビットのお母さんは見たことがあるんじゃないでしょうか。 でも、父親って確か見たことがないような……? 最近、日本のネット住民がピーターラビットのサイトで、お父さんのとんでもない真実を発見しました。 しかも、それがちょっと子供には残酷すぎる設定で……。 ピーター・ラビット ピーターラビットの名前の由来は作者のピーターさんが小さい頃に飼っていたウサギから。 病気がちな子どもを励ますために、暖かくてかわいらしいピーターラビットの物語は誕生しました。 ピーターラビット一家は森の中のモミの木の穴の中にお母さんとピーターのお姉さん3匹と共に暮らしています。 「金出せよガキ」(本当はボタンを留めてるところですw) ある日、お母さんは買い物に出かけますが、家を離れる際、子どもたちに、絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけないと言います。 それはお父さんのようにパイにされて食べられてしまうことがないようにです… パイにされて食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた、食べられた…… ピーターのお父さんの紹介 この残酷な事実……。 ピーターラビットファンにとっては常識なのでしょうか!? 私にとってはちょっと驚きの事実……。 写真以外にもとても悲しい事実が載せられています。 なんて美味しそうなんだ!!(違 日本のサイトで紹介されているピーターラビットのお父さん ピーターラビットのオカルトシリーズはこのお父さんの話だけではありません。 『he Tale of Samuel Whiskers or The Roly-Poly Pudding』という本の中にもこんなシーンがあります。 猫のお母さんと2匹の子猫たちが古いお部屋の中に住んでいました。 ネズミ夫婦もまたこの家の隙間に住んでいました。 ある日、猫ママは1匹の子猫がいなくなっていることに気付きました。 みんな慌てて探していると、突然、木の床の下から伸ばし棒をごろごろ転がす音が聞こえてくるではないですか。 よくよく調べてみてやっとわかったのは…… なんとネズミ夫婦の共同作業による猫肉ロールのできあがり~って、おかしいだろ~<囧> この子猫ちゃんはお母さん猫により救出されましたが、大きくなってもトラウマが残って……しまったかは定かではありません。 恐ろしい・・・ それから、3匹の子豚のお父さんの写真がどんな風に写っているか、皆さんはご存じですか? 台湾人の反応• この記事で一番恐ろしいのは……最後の写真の中でピアノを弾いている子豚の首が180度回転していることだ……• ハハ、よく気づいたなw• 笑える〜wwwwww• 結論は、彼らのお父さんがとっても美味しかったってこと(!?)• お父さんは三蔵法師みたいに食べられた!?• 吹き笑いwww• イギリスのLake District〜小動物商店!!!• 小さい頃、ピーターラビットが大好きだったけど、実際、ネズミが猫ちゃんを食べようとした時はマジでビックリした……(そんな事があったから大きくなって猟奇的な事が好きになったのかは定かではないけどね)• 残酷な事実だな!!!!• 今日初めてこの恐ろしい事実を知ってしまった……お父さんがかわいそう…. QAQ• ピーター達ももう悟ってる感じだなw• 兎肉のパイに……猫肉ロール……• ピーターラビットのお母さん「絶対に隣のマグレガーさんの畑に行ってはいけない」と言います。 「パパのようにパイにされて食べられてしまわないようにね」……この部分、名作だ!!!• 実際にはキリトとアスナに食べられたw• 俺の幼い頃の思い出を壊さないでくれ〜• お父さんが浮気相手と逃げちゃった話題みたいに、あんまり早い段階で子どもに伝えない方がいいこともある……• この、本物???• 3匹の子豚のお父さんがソーセージになっちゃった……• これって本当に公式サイトなの?? 疑ってしまう……• ラビットのお母さん、本の中で、お父さんは食べられたって言ってるよ〜• ちょっと、これ見てよ、すごく怖いから!!• 私のピーターラビットに対する想いを壊したくないから読まなかったwww• なんなんだよ、これwww すっげー怖いじゃんhahahahaha• 超怖いでしょ!!! これ見た瞬間あんたのこと思い出したよw• 小さい頃、この本を読んでいても何も感じなかったけどね〜。 パイにされて食べられた……残忍だけど、なかなか面白い設定だねwww• 美味しそうだな!!www• お母さんは出てくるけど、お父さんが出てこない童話ってたくさんあるよね。 みんなパイにされて食べられちゃったってこと??• 面白いねwww 15875 : 名無さん:2013年5月30日 20時47分 ID:ODI5Mjk4 なるほど、こういう物語ってのは生活に密着してるだけに 当時の生き物に対する感覚を知ることができる訳だ。 現代のように「かわいそう」だの「残酷」だのと言う価値観なんてむしろ異端だったことが分かる。 ある意味、キリスト教的な「動物の生殺与奪権は人間にある」という文化的背景と、 活きるためには動物を殺すことが当たり前という生活観が普通だったって事だな。 それがなぜ・・・・・今や動物を食うことすら可哀想だと命の差別をするようになったのか・・。 それもまたキリスト教圏のいびつな生命に対するヒエラルキー価値観によるものだ。 結局は「殺しても当たり前、食っても当たり前」と「可哀想だ」の奴等の中での本質は同じではないだろうか? つまり絶対者としての人間は何をやってもいいという前提の下、 「食う」か「哀れむ」かのベクトルが違うに過ぎないって訳。 そういう命の差別にだけは日本人は染まって欲しくないものだな。 ウサギも豚も鯨も猫も牛も同じ命、食うときは感謝していただくだけだ。 魚を捌く、エビ・カニを茹でる事にまでヒステリーになる奴等とは永遠に相容れんよ。 そんな綺麗事で飾り立ててる時点で歪だな 魚にしろ牛にしろ羊にしろ、実際に捌いてる人たちは実にドライに くびり殺して血を抜き、皮をはいで内臓を引き出す 獲物や家畜は財産であり食物であり、それ以上のものではない いちいち命がどうこうとのたまったりしない そんなことを気にするのは実際に自分の手で殺すことが生活の一部になっていない消費者だけだ もっとも、素朴な(つまり産業化されていない)狩猟民放牧民は 動物を通じてそれを与える自然とか神とかより大きな存在に対してスピリチュアルな敬意は払うが.

次の