ポケットwifi 乗り換え 手続き。 引っ越し先のWi

auポケットWiFiの解約方法を徹底解説!乗り換えをお得に!

ポケットwifi 乗り換え 手続き

固定回線からポケットWiFiに乗り換えるメリット・デメリット 固定回線をすでにひいているけど必要性を感じなくなってしまった場合や、引っ越しがあり今までの固定回線は解約する場合など、ポケットWiFiへの乗り換えパターンはいくつか考えられます。 ポケットWiFiは本当に固定回線の代わりに使用しても問題ないのでしょうか? まずは乗り換えによるメリット、デメリットや、乗り換えてしまうと危険なパターンを紹介します。 固定回線からポケットWiFiに乗り換えるメリット 結論から言うと 使用者が一人の場合、ポケットWiFiの利用はとてもおすすめです。 現に私も5年以上ポケットWiFiのみで生活していますが、さほど不便を感じたことはありません。 まずはポケットWiFiに乗り換えて得られるメリットから見ていきましょう。 外でも通信量やセキュリティを気にせずネットができるようになる ポケットWiFiと固定回線の最大の違いは、 持ち歩きができるかどうか。 ポケットWiFiは、スマホなどと同じくモバイル通信ができるため、回線をひいた自宅以外などでも通信を行うことが可能です。 プランによっては 月間通信量が無制限なので、スマホの通信制限を気にしながらネットをする生活から解放されるのは、とても大きなメリットになるでしょう。 しかし中には外出先での通信量を減らしたり、外でもPCやタブレットを使用するために 無料でWiFiが利用できる フリーWiFiを使用する人もいますよね。 フリーWiFiがあればポケットWiFiを持ち歩く必要はないのではと思うかもしれませんが、これには大きなデメリットがあります。 ポケットWiFiとフリーWiFiの特徴を比較してみましょう。 ポケットWiFi フリーWiFi 場所 エリア内であればどこでも 店内など提供された範囲のみ 料金 月額料金 基本無料 (オプション料金が発生することがある) 利用制限 なし 提供元によって、時間や回数に制限あり セキュリティ 安全 危険 場所や回数など制限が設けられていることが多い無料のWiFiに対し、月額料金はかかるものの、ポケットWiFiは自由に使用することができます。 さらに、セキュリティに関しては特に注意が必要です。 もし悪意ある人が同じフリーWiFiを使用している場合、 通信内容を見られたり、SNSアカウントが乗っ取られてしまったり、個人情報を盗まれてしまうなどといった被害が考えられます。 ポケットWiFiであればパスワードを自分から教えない限り、そういった危機にさらされる可能性は低く安全です。 外出先でSNSや個人情報を扱う通信をする場合は、ポケットWiFiを持ち歩いた方がいいでしょう。 月額料金、通信費総額が安くなる 固定回線の料金は平均月額5,000円程。 対してポケットWiFiの料金は無制限のプランでも月額3,000円~4,000円程度です。 詳しくはを参照してください。 詳しくはを参照してください。 詳しくはを参照してください。 これだけでも月に1,000円程安くなりますが、合わせてスマホのプランも見直すとより通信費をお得にすることができます。 固定回線の場合、家でインターネットを使うには困りませんが、 外で使う場合にはその分スマホの通信量がかさむため、速度制限にかからないよう割高なプランを選ぶ必要が出てしまいますよね。 しかしその点ポケットWiFiはどこにでも運ぶことができるので、スマホで行うモバイル通信のデータ量自体が減り、より安いプランでの契約が可能です。 ポケットWiFiとスマホの料金プランをうまく組み合わせれば、 無制限にデータ通信ができ、かつ料金をおさえることもできます。 工事不要ですぐに使用できる 固定回線の場合せっかく工事をして回線を引いても、もし引っ越しをしなければならなくなってしまったら、再度工事をする必要があります。 転勤や引っ越しが多い場合には、いちいち手続きをするのも面倒です。 さらに固定回線の工事は、 手続きをしてからネットが使えるようになるまで、1カ月以上待たされることもあります。 すぐにネットを使いたくても工事が終わるまでは待つしかありません。 最悪の場合、建物の構造や基地局との位置の都合上、 回線を引くことができないなんてことも。 しかし ポケットWiFiは固定回線とは異なり、 工事が不要。 店舗で契約すると当日から使用が可能で、ネット契約の場合でも最短当日発送してくれるプロバイダもあります。 固定回線のように待たされることがないため、必要な時にすぐ使い始められるのはうれしいですね。 もし転居が決まっても、引っ越し先がエリア内であれば解約する必要がなく、そのまま使い続けることができる点も引っ越しの多い人にとってはメリットでしょう。 契約期間の縛りがないプランや無料お試しも可能 固定回線を契約すると、2年や3年などの契約期間の縛りが存在することがほとんどですよね。 中にはDTI光や、エキサイト光など縛りのないプランを持つプロバイダもありますが、工事費の割引がきかず、結局 月額に支払う料金がかなり割高になってしまったり、 安くても回線速度が遅いなどの欠点がある場合がほとんどです。 解約金はかからなくても撤去工事費用が請求されたりなど、固定回線は基本的に解約することに優しくありません。 使用感を試したくても、工事が必要なので気軽に申し込むことも難しいでしょう。 しかしポケットWiFiの中には契約期間の縛りがない、 レンタルWiFiのプランがあります。 1日単位という 短期間だけ使いたいという場合にも対応できる上、 1カ月単位での利用なら 購入するのとほぼ変わらない月額料金で利用できるサービスも増えてきました。 また、UQWiMAXでは 「TryWiMAX」とい う15日間 使用料や事務手数料、送料などが一切無料のお試しサービスを行っています。 利用、契約の手軽さやで応用力でいえば、ポケットWiFiの方がまさっていると言えるでしょう。 固定回線からポケットWiFiに乗り換えるデメリット 便利なポケットWiFiですが、固定回線から完全移行するには危険な場合もあります。 ポケットWiFiのデメリットを見てみましょう。 通信可能エリアが限られている ポケットWiFiにはスマホ同様、 通信可能エリアというものがあります。 もし自宅など使用したい場所が通信エリア外の場合、ポケットWiFiを使用することはできません。 通信エリアはポケットWiFiを販売している各通信事業者ごとに微妙に異なります。 現在各社の回線の人口カバー率は約99%ですが、山間部などではまだ電波が届かないことも。 対して固定回線の場合、回線を任意の場所まで引っ張ってくるので、通信できないということはありません。 ただ地域によっては回線を通すことができず、工事不可能とされる場合もあるので注意しましょう。 通信が固定回線に比べて不安定、上り速度が遅い 固定回線より遅いイメージのあるポケットWiFiですが、実際のところ最大速度は光回線と比べても遜色ありません。 特にWiMAXの人気機種W06やdocomoのHW-01Lであれば 最大速度が1. 2Gbps以上と、場合によっては光回線を超えるスペックを持っています。 そんなポケットWiFiに遅いイメージがあるのは、ひとえに 通信の質が環境によって左右されやすいからです。 固定回線もポケットWiFiも通信の最大速度は 「ベストエフォート」といって、あくまで理論値で実際に1Gbpsの速さが出ることは、ほぼありません。 ただし工事をして回線環境を整える固定回線に比べて、持ち歩きの可能なポケットWiFiは 電波の状態によってどうしても通信が不安定になってしまうのです。 ポケットWiFiで速度を出したい場合には、自分で 電波の届きやすい通信環境を整える必要があります。 またポケットWiFiはダウンロードに使われる下り速度に比べ、 アップロードや送信の際に使う上り速度が遅いこともデメリット。 日常的に使われる動画を視聴する、WEBページを見るといった行為はすべて下りの回線を利用しているためほとんどの人には支障はありませんが、もし動画配信をする、大きなデータを送信する機会が多い場合はポケットWiFiは向かないでしょう。 家族でシェアするなら持ち歩きできない場合も ポケットWiFiは端末にもよりますが 平均で10台前後の同時接続が可能です。 そのため家族全員で固定回線の代わりに通信するといった使い方もすることができます。 しかしその場合誰か一人が外に持ち出してしまうと、途端にその間家にいる人は誰も回線を使用できないことになってしまいます。 シェアを考えている場合は、用途をはっきりさせてから契約した方がいいでしょう。 通信制限がある ポケットWiFiには各事業者によってさまざまなプランがありますが、ほとんどのプランで通信制限があります。 たとえばWiMAXやY! mobileでは月間のデータ使用量が無制限のポケットWiFiが人気ですが、これらにも 「直近3日の合計が10GBまで」という短期間の制限があり、これを超過すると 最大速度が1Mbpsとなってしまいます。 レンタルWiFiで無制限と表記しているものでも 「1日10GBまで」と小さく書かれていることが多いです。 完全無制限のプランもあるにはありますが、使用できる端末の最大速度が110Mbpsと遅いものだったり、型落ちした古い端末であることが多いとデメリットがあります。 対する光回線の場合、通信制限を設けていることもありますが、 多くのプロバイダは無制限で通信が可能です。 もし1カ月で100GB以上の大容量の通信を行うヘビーユーザーの場合は、ポケットWiFiだと通信制限にかかってしまう可能性が高いため、固定回線が望ましいでしょう。 光電話やフレッツテレビなどネット以外のサービスは使えなくなる 固定回線で 光電話や地上波デジタル放送を利用している場合には注意が必要です。 ポケットWiFiには通話の機能がついていないため、もし乗り換えをする場合には別途光電話と契約するか、NTTの電話回線に加入しなければなりません。 地上波デジタル放送も同様、テレビ視聴のためのアンテナや回線が必要となります。 これらのネット以外のサービスを継続させたまま、固定回線を解約するのは契約が煩雑となり、ネット代は安くなっても通信費総額では高くなってしまうことが考えられるため、あまりお得とは言えないでしょう。 固定回線から乗り換えるべき人、考えた方がいい人 乗り換えではなく併用という手も メリットとデメリットを確認しましたが、結論として以下に当てはまる人は固定回線よりポケットWiFiの方が向いていると言えます。 1カ月100GB以上使用するヘビーユーザー• 上り回線(アップロード)をよく使用する• 回線を複数人で使用する しかし固定回線を契約しているからと言って、ポケットWiFiがまったく不要なわけではありません。 外で使う機会が多く固定回線だけではスマホが通信制限になってしまう…という場合は、固定回線は契約したまま、ポケットWiFiを併用するというのも一つの手です。 その場合はスマホを格安SIMの安いものに替えるなどすると、通信費をさほど変えずにポケットWiFiを使用することができます。 【月額5,000円の固定回線に加入している場合】 固定回線を契約していても外出先で利用することが多く、データ量30GBのdocomoギガホプラン(月額6,980円)に加入している場合、でシミュレーションしてみましょう。 ます格安SIMのLINEモバイル通話SIMのデータ量1GBにプランを変更します。 月額料金が1,200円のためかなりお安くなりましたが、これでは月に1GBしか使用することができません。 そこで、これにWiMAXの無制限プラン(GMOとくとくBBWiMAX)を組み合わせます。 するとデータ通信量の心配も不要になり、なおかつ月額が2,300円安くなりました。 このように固定回線が必要で乗り換えができない場合でも今契約しているプランによっては、通信費をかなり安く抑えることが可能です。 他社のポケットWiFiに乗り換えるメリット・デメリット たとえば今利用しているポケットWiFiが契約更新月をむかえた場合、このまま継続利用してもいいけど、もっとお得なプランはないかな、と考えていしまいますよね。 ポケットWiFi同士の乗り換えのメリット・デメリットについて見てみましょう。 ポケットWiFiを別のポケットWiFiに乗り換えるメリット 現在ポケットWiFiを使用している人でも、実は乗り換えによるメリットはたくさんあります。 特に携帯会社などで言われるがままに契約してしまった人は、お得な契約に替えるチャンスです。 月額料金が安くなる ポケットWiFiの契約の多くは、 初月や、最初の3カ月間など月額料金を割り引くキャンペーンを行っています。 しかし新規契約がお得になる一方で、 継続利用にはほぼメリットがありません。 契約内容をよく見ると3年目から割引がなくなってぐんと月額料金が高くなったり、3年以上の継続割引も500円程度の場合が多いのがわかります。 詳しくはを参照してください。 そのためポケットWiFiは、同じ契約先で長く続けるよりも 更新月ごとに契約を変え、新規契約特典を利用していくのが最もお得になると言えるでしょう。 通信速度や通信の安定性が増す可能性がある ポケットWiFiは回線はもちろん、端末によっても最大速度が異なり、最新の端末になれば当然速度も速くなります。 また速度以外にも、より新しい端末ではアンテナ機能が強化されて通信が安定したり、バッテリーの持ちがよくなるといったメリットもあります。 特にWiMAXのW06では内蔵のアンテナ性能が強化され、ポケットWiFiの苦手とする屋内でも電波をキャッチしやすくなりました。 さらにビームフォーミング機能という、対象の通信機器の位置を把握し、その位置に向けて電波を発する技術によって、WiFiの電波速度を20%向上させるなど今までにない機能も備わっているおすすめ端末です。 キャッシュバックなど新規契約特典が受け取れる ポケットWiFiの新規契約にはキャッシュバックなどの特典が付きます。 特に WiMAXのプロバイダでは 最大で30,000円以上のキャッシュバックを受け取れるGMOとくとくBBWiMAXが人気。 しかしこれは新規で登録した場合のみで、継続利用はもちろん、以前に契約したことがある場合も特典を受け取れないため注意が必要です。 WiMAXの最新キャッシュバック情報はこちらを参照してください。 ポケットWiFiを別のポケットWiFiに乗り換えるデメリット ポケットWiFiを他社ポケットWiFiに乗り換えるデメリットは実はさほどありません。 というのも、ポケットWiFiはスマホと違ってデータの移行や電話番号の引継ぎなど、わずらわしい手続きが少なく、割と簡単に乗り換えできてしまうのです。 それでもいくつかは注意点があるので一つずつ確認しておきましょう。 手続きの手間がある 乗り換えをするということは当然 今使用しているポケットWiFiを解約し、新しく契約しなおす必要があります。 継続使用だと今持っているポケットWiFiを使い続けるだけなので、その手間がありません。 さらに 契約先によって解約、契約方法が異なるのも忙しい人にとっては負担となってしまうでしょう。 解約手続きを電話でしか行っていない場合、営業時間内にかけるのが難しいといったことも考えられます。 しかし先ほども述べたように、ポケットWiFiの契約はさほど煩雑ではありません。 解約も契約も 10分程度で終わることがほとんどです。 スムーズに終わらせるために、以下の記事も参考にしてください。 契約事務手数料がかかる ポケットWiFiの新規契約には 契約事務手数料が発生します。 継続利用する際には掛からない費用なので損をした気持ちになるかもしれません。 しかし 新規契約では契約事務手数 料を上回るリターンがあります。 実際に月額料金が4,380円のY! mobileと、新規乗り換えで初月から最大3カ月2,170円のとくとくBBWiMAXでは2,000円以上の差額があるため、 2カ月目の使用ですぐに契約事務手数料分の穴を埋めることが可能です。 エリアが異なるため使用感が変わる ポケットWiFiの対応エリアが回線ごとに異なるのは先ほどもお話しした通りです。 そのため契約先を変えると、今までは問題なく通信できていた場所の電波が悪くなってしまったり、またその逆も然り。 これは慣れるしかありませんが、ポケットWiFiには 初期契約解除制度という 「8日間であれば違約金なしに契約を解除できる制度」が適用されます。 もしどうしても違和感があれば、契約してから再度考え直すことも可能です。 ポケットWiFiへの乗り換え手順 光回線から乗り換える場合と他社ポケットWiFiから乗り換える場合で、多少手順が異なります。 契約の詳しい手順はこちらの記事も参考にしてください。 固定回線から乗り換えする場合 固定回線から乗り換えるには、まず現在契約している回線の解約にどれだけ時間がかかるのか把握する必要があります。 1)乗り換え先を決める ポケットWiFiを利用するには、購入かレンタルの2種類があり、 1年以上の使用を見込んでいるのであれば、購入するのがおすすめです。 利用する回線によって料金や速度、対応エリアなどが異なります。 特にエリアは対応していないと通信ができないので必ず調べておきましょう。 店頭契約の場合、もしくはオンラインでも当日発送など、契約から利用まで日数がかからない場合は、契約は後回しにしても問題ありません。 フレッツ光、au光などと契約している場合は プロバイダにも合わせて連絡をしましょう。 解約の受付は、 電話や WEB上のマイページからと契約先ごとに異なります。 連絡ができたら、モデムなどの レンタル機器を指定された場所まで返送しましょう。 返送のためのキットを送付してくれるプロバイダもありますが、もしなかった場合は自分で丁寧に梱包し送らなくらなくてはなりません。 さらに場合によっては 回線の撤去工事が必要となることも。 その際、1~3万円ほどの撤去工事費用が別途かかるプロバイダもあるため注意しましょう。 4)端末を受け取る 契約したポケットWiFiの端末を受け取ります。 固定回線と異なり、端末が届いたらすぐ通信が可能なので初期設定をし、使い始めましょう。 別のポケットWiFiから乗り換えする場合 ポケットWiFiの乗り換えはスマホなどと違いデータの移行などの煩雑な作業がないため、手続きさえ終えてしまえばあとは簡単です。 1)乗り換え先を決める 固定回線からの乗り換えの場合同様、購入するかレンタルするか、通信エリアの確認などを事前に行っておきましょう。 受付窓口は電話、WEB、店頭など契約先によって異なるため各公式サイトをよく読みましょう。 また手続きをした後解約になるタイミングも違いがあります。 即日解約か月末解約かによっては現在の端末を使用できる期間が変わるのでよく確認しましょう。 また プロバイダによっては 端末やSIMを返却する必要があります。 忘れると余計に端末代金を請求されたなんてことになりかねないため注意が必要です。 家電量販店や携帯ショップで契約した場合はその場で端末を受け取れますが、WEBで契約した場合は郵送されたものを受け取らなくてはなりません。 端末が届くまでの日数と解約になるタイミングによっては 契約手続きを先にした方がいい場合もあるため注意しましょう。 最適なポケットWiFi乗り換えタイミング ポケットWiFiに乗り換える際、解約や契約のタイミングを失敗すると大きな損につながります。 乗り換えするときは契約期間と違約金に注意 固定回線か、モバイル回線かにかかわらず、回線の契約には2年や3年などの契約期間が定められており、 決められた更新月以外での解約には高額な違約金が発生する、というのは皆さんご存じでしょう。 しかし契約によっては 違約金以外にも費用が掛かることがあります。 特に注意が必要なのが工事費や端末代を 実質無料としているプロバイダ。 「実質無料」とは払うべき費用を月ごとに分割で割引をしているため、 途中解約すると割引されなかった分の残債が発生してしまいます。 また解約時期によっては キャッシュバックなどの特典が受け取れなくなったり、 「キャンペーン違約金」や 「撤去工事費」が別途必要になるケースも少なくありません。 せっかくお得なポケットWiFiに乗り換えようとしても、あまりに出費がかさんでしまうとメリットが薄れてしまいます。 ベストなのは契約の 更新月で違約金の一切かからないタイミング。 契約先によって、更新月や契約期間に差があるため、解約を考える際はきちんと確認しましょう。 解約、契約は月末がおすすめ ポケットWiFiへ乗り換えをする場合、 月末に解約し月初に契約するのが最もお得です。 これは固定回線、ポケットWiFiを問わずほとんどのプロバイダで 解約月の支払いが日割りにならないことが原因。 解約月は月初めの1日しか使用しなくても、31日分みっちり使っても同じ1カ月分の料金がかかってしまうのです。 しかしポケットWiFiの 利用開始日や契約更新月の期間は契約先ごとに異なります。 この微妙なずれを考えながら、自分で契約時期を調整するのはなかなか困難。 ですが、解約とは異なり新規契約の場合、 初月の料金は日割り計算や無料になるものが多く、 月末数日しか使用しなかったものに関してはその日数分だけ料金が請求されます。 そのため、 解約と契約を両方月末に行うと大きく損をすることなく乗り換えが可能です。 ただし月末は多くの人が同じように解約、契約をするため大変混みあいます。 当月扱いの解約申請は20日や25日までと締め切りを設けているものもあり、端末が届くまでの期間を考えても、手続きは余裕をもって 一週間~10日前に済ませておくのが安心です。 乗り換えにおすすめなポケットWiFi 長期間お得に使用したい場合は月間通信量無制限のWiMAXのポケットWiFi、短期間の利用の場合は契約期間に制限のないレンタルWiFiがおすすめです。 それぞれみていきましょう。 更新月以外に乗り換えるなら BroadWiMAXの違約金負担キャンペーン! WiMAXのプロバイダの一つBroadWiMAXの 「違約金負担キャンペーン」の魅力は、 「今使用しているポケットWiFiの違約金」をなしにすることができる点です。 最大19,000円の違約金を負担してくれるため、違約金が高いWiMAXからでもほとんどの場合違約金なしで乗り換えることができます。 「違約金負担キャンペーン」のデメリット• キャッシュバックキャンペーンとの併用不可• すでにBroadWiMAXに登録済の場合利用不可• ドコモからの乗り換えには非対応• オプション加入、クレジットカード払いなどの条件付き• 端末代金の未払い分は対象外 2019年9月現在ポケットWiFiで 違約金負担のサービスを行っているのはBroadWiMAXだけです。 そのため、 すでにBroadWiMAXと契約している場合はこの方法を使うことができません。 しかしそれ以外の場合は、 現在使用しているものから 好きなタイミングで乗り換えることができるため、大きな魅力といえます。 他社ポケットWiFiを契約更新月を待たず乗り換えたい人には特におすすめです。 ただしdocomo回線、固定回線からの乗り換えには対応していないので注意しましょう。 月額料金割引とキャッシュバックが選べるGMOとくとくBBWiMAX GMOとくとくBBWiMAXの魅力は総額費用の安さ。 最大で 30,000円近くもの キャッシュバックを受けられるとあって人気の高いプロバイダです。 せっかくのキャッシュバックも受け取りができなければ意味がないですよね。 11カ月後なんて忘れてしまいそう。 さらにGMOとくとくBBWiMAXでは月額割引とキャッシュバックから好きなプランを選択できます。 月額割引だと月々3,480円で月の上限が無制限に利用が可能です。 どちらを選んでもお得なプロバイダですが、 総額で考えるならキャッシュバック、受け取り忘れが心配な場合は月額割引がいいでしょう。 短期間LTE回線のポケットWiFiを使うならレンタルWiFiもおすすめ レンタルWiFiの魅力は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金などの費用が掛からないこと。 特に1カ月ごとの利用であれば月額4,000円ほどで契約できるものも増えてきました。 そのため1年未満などの短期間で利用する際には、レンタルWiFiがおすすめです。 【レンタルポケットWiFi】 使用日数 おすすめレンタルWiFi 価格 公式 1日単位 WiFiレンタル どっとこむ ・1日1GB350円~ ・1日10GB432円~ 1週間単位 NOZOMIWiFi ・1週間1980円 ・2週間2980円 1カ月単位 SAKURAWiFi 月額3680円 KINGWiFi 月額3600円 縛りなしWiFi 月額3300円 しかし安価なレンタルWiFiの多くは、 LTE回線しか提供されていないのが現状。 LTE回線は通信が安定する一方で、WiMAX回線より速度が遅くなってしまいます。 固定回線の代わりにするならより速度の速いWiMAX回線の使用が望ましいですが、WiMAX回線のポケットWiFiをレンタルしようとしても、縛りなしWiFiのように回線が選べなかったり、WiFiレンタルどっとこむのように月額料金が高くなったり、などあまり利点はありません。 WiMAXの回線を利用するなら、プロバイダ経由で契約するのが最もお得です。 さらにレンタルWiFiは端末やSIMを借りているだけなので 解約後返却しなくてはいけないなどのデメリットがあります。

次の

auWiMAXの解約は店頭のみ!違約金や準備すべきもの

ポケットwifi 乗り換え 手続き

月額料金は月途中で解約したとしても日割りはされません。 端末は分割払いで24ヶ月以内の解約の場合、 1,170円ー(24ヶ月ー利用月数)分の料金が必要になります。 完全に0円ではありませんので、注意してください。 1ー2.乗り換えキャンペーンを利用する auポケットWiFiを解約した後の乗り換え先で、乗り換えキャンペーンを実施してるプロバイダもあります。 乗り換えキャンペーン実施してるWiMAXのプロバイダでおすすめなのは、 「Broad WiMAX」です。 Broad WiMAXでは他社のインターネット回線から、乗り換えてくるユーザーに対して、利用中のインターネット回線の解約金を 最大で19,000円負担してくれるキャンペーンを実施しています。 WiMAXはプロバイダごとに違うのは料金面だけで、速度や容量、端末などに大きな違いはありません。 ココに注目! 同じ点 違う点 エリア 月額料金 速度 端末代 電波の強さ 解約金 端末の性能 キャンペーン 他社からの乗り換えキャンペーンを実施しているプロバイダはBroad WiMAXしかありませんので、 更新月以外で現在のインターネット回線を解約する人には最もおすすめです。 印鑑 サインでもOK。 本人確認書類 運転免許証、パスポート、保険証など。 WiMAX端末本体 なくてもOK。 あると手続きがスムーズ。 契約者本人が解約の手続きを行う場合は、本 人確認ができるものさえあれば大丈夫です。 端末には、それぞれ識別するための電話番号が割り当てられていて、その番号を店員さんから聞かれます。 端末は返却の必要はありませので、なければ解約できないわけではありませんが、持って行った方が解約手続きがスムーズに終わるでしょう。 本体を持っていかなくても番号だけがわかればいいので、メモして持っていってもいいです。 わからなければ、店員さんが調べてくれるので、 わからない人も安心して店舗まで行ってくださいね。 本人ではなく、代理人での解約も可能? auのポケットWiFiの解約は 本人以外の代理人での解約も可能です。 auが定める以下に該当する人であれば、本人の代理人として、auのポケットWiFiを解約することができます。 WiMAXは制限があるから、容量無制限のポケットWiFiにしたい• ポケットWiFiにしたものの家でしか使わなかった• ネット回線はほとんどいらず、スマホだけで十分 などの理由で解約された人もいると思います。 ここではauポケットWiFiを解約した理由ごとに分けておすすめの乗り換え先をお伝えしていきます。 それぞれ見ていきましょう。 3ー1.WiMAXは制限があるから、容量無制限のポケットWiFiにしたい auポケットWiFiを使っていて、「WiMAXは制限があったし乗り換えるなら、容量無制限の別のポケットWiFiにしたい」と思われてる人もいますよね。 容量無制限と宣伝しているポケットWiFiはたくさんあります。 容量無制限のポケットWiFiを選ぶ際には以下のポイントはおさえておきましょう。 実質の支払う月額はなるべく安いところを利用する• 解約金が高過ぎないところを利用する• 運営している会社が信頼できるところを利用する 容量無制限のポケットWiFiはたくさんありますが、料金には違いが出てきます。 どうせならなるべく安いところを契約したいですよね。 ただ、月額の料金だけを見て比較しないようにしましょう。 解約金やキャンペーンなども考慮した上で、どこが一番お得か判断するといいですよ。 また 運営している会社も信頼がおける会社なのか必ず確認してください。 信頼できない会社だと、「倒産してサービスの提供ができなくなった」「通信障害が起こったけど、対応が遅くなる」ということも出てくるかもしれません。 運営している会社なども把握した上で、ここなら大丈夫というところを選ぶようにしましょう。 当サイトでおすすめしているポケットWiFiは以下の記事にて紹介していますので、参考にしてください。 端末を売りに出す• 端末にSIMカードを差し込んで利用する それぞれ見ていきましょう。 端末を売りに出す 端末を売りに出すのもいいでしょう。 買取業者もありますが、あまり高く買い取ってくれることは基本的にありません。 メルカリなどのサービスを使って自分が希望する価格で販売する方がいいでしょう。 端末や状態にもよりますが、 5,000〜10,000円で販売して売れているものもありました。 家にずっと置いておくだけなら売ってしまった方がお得ですよ。 端末にSIMカードを差し込んで利用する auポケットWiFiの端末はSIMフリーの端末です。 ですので、SIMカードを違う契約して差し込めば、WiFi機器として利用することができます。 スマホだけで容量は十分という人でも、 時期によってはデータ量を超えてしまうこともありますよね。 1GBだけでもいいのでSIMカードを契約しておくといざというときに便利ですよ。 1GBプランが契約できるおすすめの格安SIMは 「LinksMate」です。 1GBプランであれば、 月額380円から利用することができますよ。

次の

WiMAXの乗り換えで違約金負担OKな唯一のプロバイダはコレ!

ポケットwifi 乗り換え 手続き

光回線 2020. 23 2020. 26 編集部執筆 プロバイダの変更・乗り換え方法!手続きの注意点・回線変更手順 本記事では、プロバイダの変更・乗り換え方法を解説していきます。 という記事で解説していますが、プロバイダとインターネット回線は契約が別なのでプロバイダのみ変更する場合はインターネット回線をそのまま利用できます。 ただし、プロバイダ変更手続きの注意点はいくつか存在します。 また、プロバイダを変更する目的によっては インターネット回線とプロバイダをセットで乗り換えた方が安上がりになる上に、月々のインターネット通信費を大幅に節約することも可能です。 それでは早速、プロバイダ変更で損しない方法を順に確認していきましょう。 プロバイダ変更ができるインターネット回線 プロバイダはインターネット回線とセットで契約するケースが多いため、プロバイダ変更のみに対応していないケースがあります。 また、ソフトバンク光やNURO光のようにプロバイダの選択肢が1社のみで光回線の乗り換えのみに対応しているインターネット回線も存在します。 まず、プロバイダ変更が可能なインターネット回線を確認しましょう。 フレッツ光• auひかり• NURO光(プロバイダはSo-netのみ契約可能)• ソフトバンク光(プロバイダはYahoo! BBのみ契約可能) 上記の通り、 プロバイダ変更可能なインターネット回線はフレッツ光がメインとなってきます。 フレッツ光のプロバイダ変更をするなら、ドコモ光やSo-net光などの光コラボ事業者への転用の方がおすすめです。 解約金など不要でプロバイダ変更ができる上に光回線とプロバイダの料金を大幅に節約できます。 プロバイダの速度が遅い、もっと速い光回線を利用したいと考えているならフレッツ光よりも高速インターネットが利用できるauひかり、NURO光への乗り換えも検討しましょう! フレッツ光から光コラボへの転用を検討している人は、下記の2記事をあわせて確認してください。 プロバイダの乗り換えでおすすめの光回線 プロバイダ変更ではなく、フレッツ光から他社回線に乗り換えることで大幅に速度が早くなる可能性が高い上にお得なキャッシュバックを得ることができます。 NURO光だったらフレッツ光が概ね1Gpbsの速度に対して、 2Gbpsの速度が期待できます。 さらにマンション・戸建て共通の料金プランになっているので、 戸建ての人はNURO光に乗り換えることでお得に安く高速通信が利用可能です。 ただし、関東エリア、京都、大阪、福岡、名古屋など主要都市メインの光回線となっているので、利用できるエリアは限定されます。 NURO光 ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する高速光回線のNURO光。 ソニー独自の光回線で 下り最大速度2Gbpsの高速通信で利用でき、プロバイダはSo-netのみなのでプロバイダ選びに苦労する心配も不要です。 大手インターネットプロバイダとして実績と信頼性が高く、通信回線の安定性の高さも高評価を得ています。 マンション・戸建て共に月額4,743円• 40,000円の工事費用が完全無料• 45,000円のキャッシュバック特典を付与• おうち割光セットでソフトバンクスマホの月額料金が永年毎月1,000円割引 上記の特典を持つ光回線です。 NURO光に乗り換えることで4K動画もオンラインゲームもサクサク快適にプレイできます!まずは公式サイトをチェックしましょう! プロバイダの変更方法 続いて、プロバイダの変更方法を確認していきましょう。 利用中のプロバイダでの解約や新規契約するプロバイダの契約手続きなどが必要となります。 変更するプロバイダの公式サイトから新規申し込み• 利用中のプロバイダの解約手続き 本記事の冒頭でも紹介していますが、プロバイダとインターネット回線は別契約となっています。 プロバイダの変更のみなら新規工事の手間や開通手続きなどが不要です。 新規申込後、利用できるタイミングに合わせて解約日を決めるようにすると滞りなくプロバイダ変更が可能となります。 プロバイダを変更するベストタイミング プロバイダを変更するベストタイミングは、下記の3パターンです。 プロバイダの契約更新期間(解約金0円で変更・乗り換え可能)• 引越しのタイミング• 速度の遅さやインターネット通信費用の見直しを考える時 上記のタイミングに解約手続きをしましょう。 契約更新期間以外にプロバイダを変更する場合、解約金がかかることもあるのでインターネット回線の変更・乗り換えでもっとも出費がかからないタイミングがおすすめです。 ただし、引越しのタイミングや季節の変わり目はインターネット回線を乗り換える人が多いので、通常時よりも割引やキャッシュバック特典が豊富になっている事業者も多いです。 違約金が発生する場合、乗り換え時の違約金を負担してくれるフレッツ光回線を利用したソフトバンク光、auひかりなどの乗り換えを検討しましょう! プロバイダ変更手続きの注意点 最後にプロバイダを変更する時の注意点を確認していきましょう。 プロバイダ変更手続きは手間と時間がかかるので、プロバイダを変えたの速度が遅くなった、料金が高くなったなどのトラブルを未然に防ぎましょう。 更新月以外に解約金が発生する可能性がある プロバイダ経由でインターネット回線を契約している場合などプロバイダセットでインターネット回線を契約している場合、更新期間以外に変更・乗り換えすると解約金がかかることがあります。 多くのインターネット回線・プロバイダの契約期間は2年間に設定されており、8,000円〜13,000円程度の解約金・違約金が発生する仕組みになっています。 プロバイダ変更前に契約中のプロバイダの解約ルールを確認しましょう。 ホームページ・メールアドレスが利用できなくなる プロバイダ各社は、ホームページ無料サービスや無料メールアドレスを提供しています。 長い間同じインターネットプロバイダを利用している人は、ホームページ・メールアドレスを利用している人もいると思います。 プロバイダ変更でメールアドレスなどは利用不可になってしまうので注意してください。 メールなどが利用できなくなっても良いから事業者変更したい人は、Gmailやオンライン上で簡単に誰でも利用できる無料ホームページ作成サービスやブログサービスを利用する方法に切り替えましょう。 通信速度が安定しなくなる可能性がある 原則、契約するインターネット回線によって速度が大きく異なりますが、 契約するプロバイダも通信速度に影響を及ぼすケースが多いです。 体感速度で2倍以上の開きがあるプロバイダもあるので、注意してください。 設備や契約者数によって通信速度が異なります。 さらに地域によっては同一プロバイダが利用している人が多いと、混雑時は速度が遅くなる要因につながります。 特に利用者が多い19時〜24時の時間帯は速度がグンと遅くなるケースもあるので注意しましょう! プロバイダ変更手続きで不通期間が出る可能性がある プロバイダを変更する場合、 契約中のプロバイダと新規プロバイダの手続きを同時並行で行う必要があります。 契約中のプロバイダの解約期間と新規契約するプロバイダの契約開始時期を正確に手続きしないと、不通期間が生じる恐れがあります。 プロバイダによって解約手続きは異なりますが、解約完了する前にどのタイミングで利用できなくなるのかなどを踏まえた上で、新規契約するプロバイダは余裕を持った日程にしておくと良いです。 プロバイダ利用料が変わる フレッツ光やドコモ光は、契約できるプロバイダによって料金が変わる仕組みとなっています。 例えば、ドコモ光はプランAとプランBのみ用意されており、プランAのプロバイダを利用中の人がプランBのプロバイダに変更すると月額料金が200円高くなります。 また、フレッツ光のプロバイダも月額500円〜1,200円前後となっています。 プロバイダ変更で月額料金が500円、年間で6,000円高くなるケースもあるので契約前にプロバイダ料金がどれぐらい変更になるか把握しておきましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 プロバイダの変更・乗り換え方法を解説しました。 プロバイダの変更・乗り換えにはいくつかの注意点があることが分かったと思います。 また、プロバイダを変更するときは解約手続きをして他社回線や光コラボへ転用した方がお得に安く利用できるケースが多いです。 プロバイダを変更する目的に応じて上手にインターネット通信費を節約しましょう!最後に本記事の重要な情報をおさらいしましょう!.

次の