口 が 臭い 病気。 口臭がひどい|口腔外科相談室|日本口腔外科学会

日本人の口は「人糞より汚い」そして臭い 口腔ケア不足が全身病も引き起こす

口 が 臭い 病気

原因別・口臭対策早見表といますぐできる口臭対策 1-1 原因別・口臭対策早見表 この記事で紹介している口臭の原因別に、効果的な対策を表にしています。 口臭の原因や対策について、詳しくは分類欄に記載している各章で紹介しています。 大切なのは、自己判断で原因を決めつけるのではなく、歯医者さんを受診し、口臭の原因が何であるかを突き止めることです。 歯医者さんの指導の元、原因に合った効果的な対策をおこなっていくことが口臭改善の近道です。 分類 口臭の原因 対策 日常生活で 生じる口臭 (詳しくは2章で紹介) 臭いの強い食べ物や飲酒 歯を磨く ガムを噛む うがいをする ストレスや緊張による口の渇き 水分補給 ガムを噛む 空腹時や朝起きたとき 歯を磨く うがいをする 空腹であれば食事をする ダイエット 水分補給 ガムを噛む 糖質制限以外のダイエット(または中止) 口の中に原因がある口臭 (詳しくは3章で紹介) 歯周病 歯医者さんを受診する 口の中をケアして清潔に保つ 虫歯 ドライマウス 水分補給、ガムを噛む 歯医者さんを受診する 舌苔 舌ブラシや柔らかい歯ブラシ ガーゼなどで除去する 口の中をケアして清潔に保つ 身体の病気が原因の口臭 (詳しくは4章で紹介) 呼吸器系、耳鼻いんこう系、 糖尿病、腎疾患など 病気に対応している診療科を受診する 口の中をケアして清潔に保つ 消化器官の機能低下 消化器系の医療機関を受診する 口の中をケアして清潔に保つ 便秘 便秘の解消を目指す 口の中をケアして清潔に保つ 日常生活の中で生じる口臭や、口の中の病気が原因で生じる口臭の一部には、すぐに対策ができるものがあります。 一時的な対策とはなりますが、今すぐなんとかしたい口臭に効果的な方法を詳しく紹介します。 1-2 水分補給 糖質が含まれていない水やお茶で水分補給することで、一時的に改善が期待できます。 飲食をしたあと、口の中に汚れが残っていると口臭の原因になります。 また、口の中が渇いて唾液の分泌量が減ると、細菌の増殖を抑える唾液の働きが損なわれ、口臭の原因になることがあります。 水分補給で対策しましょう。 1-3 ガムを噛む ガムを噛んで唾液の分泌を促すのは、口の中が渇いている人の対策として有効です。 口の中が渇いていない人は、水やお茶といった水分補給で対策しましょう。 1-4 歯磨き、うがいをする 歯磨きやうがいをして口の中の汚れを落とすことは、即効性が期待できる口臭対策です。 職場や外出先で歯磨きができない人は、うがいをするだけでも効果が期待できます。 1-5 ケア用品を併用する マウスウォッシュやデンタルリンスを使ってうがいをする、デンタルフロスや歯間ブラシといったケア用品を併用する、といったことも口臭対策になります。 時間に余裕のある人は、歯磨きやうがいと併せておこなうのもおすすめです。 普段の生活から生まれる口臭と対策 2-1 食べ物による口臭 ニンニク、ネギ、香辛料、コーヒー、アルコールといった臭いの強い食べ物や飲み物を摂取したあとは、口臭が出ます。 いずれも一時的なもので、治療の必要のない口臭です。 時間の経過とともに口臭は治まりますが、人と会う予定があるといった人は臭いが気になるかもしれません。 【対策】 歯磨きをする、ガムを噛む、マウスウォッシュやデンタルリンスでうがいをする、といったことで一時的な改善が期待できます。 歯磨きができないときは、うがいをしたり水分を含んで口の中を潤したりすることで、ある程度抑えられることもあります。 2-2 緊張やストレスが原因の口臭 緊張やストレスといった原因で口の中が渇くと、口臭が強くなることがあります。 こうした口臭は「生理的口臭」と呼ばれており、特に治療の必要がない口臭です。 【対策】 水やお茶を飲むといった水分補給で口の中を潤すか、ガムを噛んで唾液の分泌を促しましょう。 2-3 空腹時や朝目覚めたときの口臭 空腹時や朝目覚めたときの口臭も「生理的口臭」であり、特に治療の必要はありません。 原因は、空腹時や寝ている間は唾液の分泌量が減るため、口の中の汚れを十分に洗い流せなくなることと、細菌が増殖してしまうことです。 【対策】 空腹時であれば食事をする、起きたあとであれば歯磨きをする、といったことが対策になります。 食事がすぐにできないときや、起きてすぐ歯磨きができないときは、水やお茶を飲む、うがいをするといったことで対策しましょう。 2-4 ダイエットによる口臭 食事制限によるダイエットの場合、空腹でいる時間が長くなることで唾液の分泌量が減り、口臭が強くなることがあります。 また、糖質が不足すると、身体は代謝を維持するために脂肪を燃焼させます。 脂肪が燃焼されるときに作られる「ケトン体」は、甘酸っぱい臭い(ケトン臭)をしています。 ケトン体が血液に乗って全身を巡り、吐く息に混ざることで口臭が発生します。 【対策】 治療の必要はありませんが、根本的な対策としては、ダイエットを中止するか、食事制限以外のダイエットを試すといったことが挙げられます。 しかし、食事制限といったダイエットを続けている間は、ケトン臭は改善されにくくなります。 水分を含んで口の中を潤したり、ガムを噛んで唾液の分泌を促したりしても、簡単に改善できないようです。 口の中の病気が引き起こす口臭と対策 3-1 歯周病による口臭 歯周病の原因となる細菌は、口臭の元になるガスの中でも特に臭いが強い、「メチルメルカプタン」を大量に発生させます。 そのため、歯周病の人は口臭が強くなります。 【対策】 歯周病の原因は、歯垢(しこう)が石灰化してできた歯石です。 毎日の歯磨きを丁寧におこない、歯石の元となる歯垢を溜めないようにすることが、対策の基本です。 歯磨きに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ、デンタルリンスなどのケア用品を併用するのもおすすめです。 しかし、一度付いてしまった歯石は自分で除去することは難しくなります。 その場合は、歯医者さんを受診しましょう。 3-2 虫歯による口臭 虫歯が進行して穴が大きくなると、食べカスが穴に溜まります。 食べカスが腐ったり、細菌が食べカスを分解する際にガスが発生したりして、口臭となります。 神経が死んでしまうほど進行した虫歯も、神経が腐ってしまうことで、さらに強い臭いを発するようになります。 【対策】 虫歯の主な原因は食べカスです。 毎日の歯磨きを丁寧におこない、歯垢を溜めないようにすることが、虫歯や虫歯による口臭を防ぐことにつながります。 穴が開いてしまうほどの虫歯は、自然治癒することがありません。 すでに虫歯がある人は、悪化する前にできるだけ早く歯医者さんを受診しましょう。 3-3 ドライマウスによる口臭 ドライマウスは、唾液の分泌量が減ることで口の中が渇いてしまう病気です。 唾液の分泌量が減ると、口の中の汚れをきれいに洗い流せずに残ってしまったり、細菌が増殖したりして口臭が発生します。 【対策】 応急処置としては、水やお茶といった水分補給で口の中を潤す、ガムを噛んで唾液の分泌を促す、といったことが挙げられます。 ただし、ドライマウスの原因はストレス、筋力の低下、薬の副作用、糖尿病などさまざまです。 このような原因を改善することが、根本的な口臭対策となります。 唾液の分泌量が少ない、口の中が渇きやすいといった人は歯医者さんを受診して、ドライマウスの原因や改善方法について相談しましょう。 3-4 舌苔(ぜったい)による口臭 舌苔とは、舌の上に溜まる白い苔(こけ)のようなものです。 口の中の粘膜の細胞が死んで剥(は)がれ落ちたものや、食べカス、血液成分などが集まったものです。 それらを細菌が分解することで、口臭の元になるガスが発生します。 【対策】 舌苔は、うがいだけでは取り除くことができないため、舌ブラシ、やわらかい歯ブラシ、ガーゼなどを使って除去します。 鏡を見ながら舌を前に出し、舌の奥から手前にかけて優しく磨いていきます。 磨くときに力を入れすぎたり、1日に何度も磨いたりすると、舌の表面を傷つけてしまう恐れがあるため注意しましょう。 なお、舌苔は健康な人の舌にも存在します。 軽く磨いても除去できない舌苔を、無理に取り除こうとするのは控えましょう。 身体の病気が引き起こす口臭と対策 口の中以外の身体の病気が原因で、口臭が出ることもあるようです。 4-1 口臭を招くことがある病気の例 次のような身体の病気では、口臭が発生することがあります。 ・呼吸器系の病気 肺や気管といった呼吸器系に病気がある人は、タンパク質の壊疽臭(えそしゅう=肉が腐ったような臭い)がすることがあります。 ・耳鼻いんこう系の病気 蓄膿症(ちくのうしょう)や咽頭炎(いんとうえん)といった病気では、膿(うみ)が口の中に流れてきたり、タンパク質を含む血液が出たりして口臭が発生することがあります。 ・糖尿病 糖尿病の人は、ダイエットをしているときのようにケトン臭がすることがあります。 ただし、血糖値がしっかりコントロールできている場合、口臭はほとんど認められないようです。 本来、尿に取り込まれるはずの窒素成分が十分に取り込まれず、血液中に蓄積してしまうことが原因です。 だるさ、吐き気、頭痛といった症状のほか、意識障害や心不全を招くこともあります。 【対策】 原因となっている病気を改善させることが、口臭対策となります。 それぞれの病気に対応している診療科を受診しましょう。 口の中を清潔に保つため、毎日の歯磨きといったケアは入念におこないましょう。 4-2 消化器官の機能の低下による口臭について 胃や腸、食道など消化器官に病気を抱えていると、口臭が出ると言われることがあります。 消化機能の低下によって食べ物が十分に消化されず、腐ってしまうことが主な原因とされています。 一方で、胃の中の食べ物や胃酸が、胃から食道に逆戻りしてしまう逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)といった病気で、口臭が出ることがあるようです。 【対策】 胃や腸、食道などの消化器官に病気を抱えている人は、消化器系の医療機関を受診しましょう。 併せて、毎日の歯磨きといったケアを丁寧におこない、口の中に汚れを溜めないよう心がけましょう。 4-3 便秘によって口臭がひどくなるのはなぜ? 便秘によって口臭が出ることもあるようです。 本来排出されるはずの老廃物が腸内に留まることで、大腸菌といった悪玉菌が増殖します。 悪玉菌が老廃物を腐らせることで、腸内でガスが発生します。 便秘のため排出されないガスは、腸の壁に吸収されて血管内に溶け出します。 血液を介してガスが全身を巡り、肺に運ばれると、吐き出した息に混じって口臭となります。 【対策】 便秘が原因の場合、便秘の解消を目指すことが口臭対策になります。 食物線維や乳酸菌を摂取する、ストレスを溜め込まない、生活リズムを整えて朝昼晩しっかり食事を取る、適度な運動を取り入れるなど、食生活や生活習慣を見直しましょう。 また、毎日の歯磨きといったケアもしっかりおこない、口の中を清潔にしておきましょう。 まとめ 自分の口臭の原因を知ることが、対策の第一歩です。 生理的口臭は治療の必要はありませんが、歯医者さんに相談し、口臭の原因を突き止めるところから始めましょう。 対策を実践しても口臭が改善されない場合、別の原因が潜んでいることも考えられます。 歯医者さんで原因が特定できない場合、考えられる診療科を紹介してもらいましょう。

次の

口臭がうんこ臭い? 2つの原因とそれぞれの対策!

口 が 臭い 病気

誰でも気になる口のイヤなニオイ。 じつは、口臭のレベルは時間帯によって変化しています。 なかでも一番臭いのが朝の起床時。 なぜかというと、寝ているときに口内細菌が増殖してしまうためです。 日中は、食事をすることで唾液が出るので、口の中の細菌は洗い流されます。 また、歯みがきをすれば、さらに細菌はいなくなります。 その後、細菌は増えていくものの、食事をとったり歯をみがいたりすることで、口臭は少なくなっていきます。 口臭が強くないのに口臭を気にしすぎる人もいますが、一方で、口臭の検査と治療を行う口臭外来を受診する人の60%以上は実際に口臭があります。 口と鼻はつながっているため、鼻は常ににおいにさらされているため、慣れが生じて実際に口臭があるのに自分では気づかない場合もあるのです。 口臭が気になる人は、歯科医に相談することをおすすめします。 口臭の原因は、大きく分けて2つあります。 1つめは、内臓など体に原因がある場合で、消化不良、肝機能低下、糖尿病などが考えられます。 消化不良の場合は、食べたものが胃や腸で停滞し、異常発酵することで腐ったような臭いの口臭が発生するのが特徴です。 肝機能低下では、毒素が分解されないためにアンモニア臭がし、糖尿病では、アセトン臭という甘酸っぱい臭いが特徴的です。 内臓など体に原因がある場合は、歯科医ではなく内科医の受診がおすすめです。 2つめは、口の中に原因がある場合で、 「舌苔(ぜったい)」という舌の汚れや、歯の汚れ(プラーク)、虫歯、歯周病などが考えられます。 「舌苔」とは、舌の表面に溜まった細菌の塊のことで、なかなかとれません。 舌の表面は、舌乳頭という凸凹の組織で覆われていて、ここに口や舌の表面からはがれた古い細胞や食べものが溜まると、それを栄養源とする細菌がどんどん増殖していきます。 そうして細菌が臭いを出しながら、しかもネバネバとした物質を出し、ますますとれにくくなってしまうのです。 口臭の治療は、まず原因を特定することが第一です。 歯周病が原因であれば、歯科医院で治療を受けながら、歯磨きをしっかり行って汚れを除去します。 歯間ブラシやデンタルフロスを使うと、より効果的です。 唾液の減少が原因の場合は、 しっかり噛んで食事をするように心がけましょう。 また、耳やあごの下あたりを優しくなでたり、ガムを噛んだりすることで、唾液の分泌をよくすることができます。 ガムには、一時的に口臭を抑える効果も期待できます。 口の中が乾燥すると口臭が出やすいので、鼻呼吸を心がけることも大切。 また、こまめに水分をとるようにすれば、口の中が潤うため、細菌が繁殖しにくくなります。 舌苔の除去も大切です。 1日1回舌ブラシを使ってケアを行いましょう。 鏡で見ながら、ブラシで汚れをこすり取ります。 舌苔は舌の奥に多くあるので、念入りに奥を掃除します。 このとき息を止めると、吐き気を抑えることができます。 口臭が一番強いのは朝なので、朝食をとる前にケアするのが効果的です。

次の

口臭対策は原因を知るところから!即効性のある対策、原因別・口臭対策も

口 が 臭い 病気

肝臓と口臭の関係 肝臓には、体内の有害物質を分解して無毒にする働きがあります。 食べ物を消化する過程で発生するアンモニアなど、臭いの強い物質も肝臓で分解されて体外へ排出されています。 しかし、慢性肝炎等によって肝臓機能が低下すると、有害物質が分解されずに体内に残ってしまいます。 そして、それらの物質が血液中に溶けて全身を巡り、呼気や汗として体外へ排出されることで、口臭や体臭が現れるのです。 肝臓の不調による口臭は一般に「ネズミ臭」などと表現され、ドブやカビ・排水溝のような臭いがするのが特徴です。 アンモニア臭がするような場合には、重度の肝臓疾患や肝臓がん等、かなり症状が進行した状態であることが考えられるため特に注意が必要です。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、自覚症状のないままに病気が進行しやすい臓器です。 ドブ臭い口臭が現れた場合には身体からのSOSと考え、早めに対策を取るようにしましょう。 肝臓機能の低下の原因 肝臓に負担をかける要因としては、下記のようなものがあげられます。 肝臓の機能低下を招く要因• 多量の飲酒• 暴飲暴食• 睡眠不足• 運動不足• 疲労・ストレス• ウイルス性肝炎等の病気 多量のアルコール摂取や生活習慣の乱れ等が習慣化すると、知らず知らずのうちに肝臓へのダメージが蓄積されていき、ドブ臭い口臭が発生する原因となります。 日常生活の中の悪習慣を見直し、肝臓への負担を軽減するよう心がけていくことが大切です。 肝臓機能の低下による口臭の改善方法 肝臓機能の低下による口臭の改善方法として、下記のようなものがあげられます。 アルコール摂取量を減らす 多量のアルコール摂取を続けていると脂肪肝になりやすく、進行するとアルコール性肝炎、肝硬変へと徐々に症状が悪化していきます。 最終段階の肝硬変では、口臭だけではなく腹水や吐血など重大な症状が現れますので、そうなる前の早い段階で対策をとっておくことが大切です。 アルコールによる肝臓の病気は、アルコール摂取量を減らすことで改善することが知られていますので、摂取・禁酒に取り組むようにしましょう。 健康な人でも最低週に1日は休肝日を設け、過剰な飲酒を控えることが大切です。 厚生労働省が公開している情報によると、望ましい許容飲酒量は「1日に日本酒1合(ビール大瓶1本程度)」とされています。 肝臓に良い食べ物を食べる 普段からバランスの良い食事を心がけるとともに、肝臓に良い食べ物を積極的に摂取することも大切です。 肝臓の働きを助ける代表的な食べ物には、下記のようなものがあります。 肝臓に良い食べ物• レバー:肝臓の働きを助けるビタミンやミネラルが豊富。 卵・乳製品:肝機能の回復に必要な良質なタンパク質が豊富。 緑黄色野菜:ニンジンや小松菜、ピーマン、アボガド、カボチャ等に豊富に含まれるビタミンが、肝臓の機能を高める。 しじみ・イカ・タコ:肝臓の働きを高めるタウリンが豊富。 大豆製品:肝機能の回復に欠かせないタンパク質が豊富。 生活習慣の改善 食生活の改善、運動不足の解消、十分な睡眠時間の確保等、日々の生活習慣を見直すことも大切です。 喫煙も肝臓に負担をかけることが知られていますので、吸う本数を減らしたり禁煙に取り組むのも良いでしょう。 口臭対策グッズの使用 肝臓機能の低下によるドブ臭い口臭の応急的な対策として、市販の口臭対策グッズを使用するのも方法です。 やなど、外出時にも使いやすいものが多くありますので、いざという時に備えて持っておくと便利です。 まとめ 今回は、肝臓機能の低下が原因のドブ臭・アンモニア臭について解説しました。 肝臓機能の低下は疲労やストレス等によるもののほか、肝硬変や肝臓がんなどの病気が隠れている場合もあります。 口臭がドブ臭い状態が続いたりアンモニア臭がするような場合には、異常を放置せず、早めに専門医に相談するようにしましょう。

次の