キスマイ 玉森 ブログ。 今の藤ヶ谷くん(キスマイ)について感じること

:: キスマイ 玉森 ブログ

キスマイ 玉森 ブログ

何年間同じタレントを推していたら 古株と言われるのか、 その辺の概念は私にはわからないけれど、 言うならば、10年間自担が変わらなかった私はそこそこの古株なんじゃないかと思っている。 うん、そこは自己申告制を取るよ。 2008年3月、帝国劇場で、 17歳最後のくんに恋をした。 何がきっかけだったのかはまったく覚えないけど、 始まる前に出てきたピエロのたまちゃんのことが可愛くて可愛くて、 そのときすでに藤ヶ谷担だった友達に興奮気味に報告したところ、玉森くんはこんな子でこー言うところがあって、この顔とか最高に可愛いよ!どう?キスマイ沼こない?? と、あれよあれよとオススメされた。 …新規へのは今も昔も変わらないのね。 そのにまんまに乗っかり、2008年はお台場のサマリーからの東京ドームののコンサートを毎日はしごする最高に楽しい夏を過ごし、終わっちゃうの嫌だなぁと思った時に、当時橋本良亮くんが加入したばかりのとの合同コンサート、いわゆる伝説のエビキスコンが決定されて狂喜乱舞。 夏終わったら秋も楽しめるの? なにこれ、キスマイ沼楽しすぎない? と、これまた光の速さでとの計8公演のチケットを全て抑えた。 初日、激しい二日酔いを抱え、薬も水も全部吐きギリギリまで家を出れなかったけど、チケット持ってるの私だから、、、と這うようにに向かった。 始まる頃には二日酔いを超えた緊張の吐き気でもう身体中パニック。 そこから怒涛の、単独コンサート、と、もう!キスマイ忙しいな!!!とキレながらも顔はにやにやのまま楽しい楽しい時期を超え、気づいたら10年間だった。 ごくせんが決まったり、デビューが決まったりDREAM BOYS が決まったり、思えば2008年から今日までいろんなことが決まったり変わったり、気づいたら端っこでゆるく踊っていた玉森くんはキスマイのセンターとなり絶対的エースになっていた。 絶対的エースは言い過ぎ??? いや、言い過ぎじゃないよね??? やる気のない頃 失礼 や肌荒れがひどい時 また失礼 も全部全部見てきたので、 玉森くんの今のキスマイ愛や、 世間がたまちゃん肌綺麗!真っ白!と騒がれてるのに未だに違和感を感じる。 はーー好きっ… この頃もう最高好き… え、好き… 落ち着いて 朝起きて1番最初に玉森くんのことを考え、 夜眠りにつくギリギリまで玉森くんのことを考えいた。 このままいくと一生玉森くんに夢中なんだろうな、もう彼女とかじゃなく、嫌われるこおのない、縁の切れることもない玉森くんのお姉ちゃんか妹になりたい 実際の玉森くんは2人兄弟のお兄ちゃんです 揺るがないな、大好きだな、 本気でそう思っていた。 好きになったきっかけがわからないのと同じように、いつから気持ちが離れたのかもわからないもので。 去年の今頃は大好きだった。 2008年と同じ熱量で大好きだった。 2018年の今、私は玉森担ではない。 担降りにこだわるつもりも、誰かに公表するつもりもない。 ただ自分の中であんなに好きで、 10年間私の人生の主人公だった玉森くんから離れたことが未だに信じられないでいる。 それでも、いや、私が玉森くんから離れるわけない。 そんなはずはない。 そう思いながらドラマ や キスマイBUSAIKUを見たり、 アルバム「Yammy!」を買ったり、 コンサートも申し込んだ。 2018年6月16日の東京ドーム 人生の主人公、玉森くんはそこにいた。 恐ろしくキラキラし、 恐ろしく自由で、 やっぱり絶対的エースだな、 大好き、 と思った。 思い込みたかった。 そうでもしないと私の10年間が無駄になりそうで怖かった。 その時、仕事も忙しく休日出勤までして毎日ヘトヘトだった。 そして、決定的なことが起こったのだ。 2年ぶりに決まった「DREAM BOYS 」の申し込みをすっかり忘れていた。 申し込まなきゃ!と思った時には締め切りが終わっていたのだ。 ショックだった。 申し込みを忘れたことよりも、 締め切りが終わっていたことよりも、 申し込みを忘れて、申し込みができなかったことにそこまでショックを受けていない自分にショックだった。 これで私の中での玉森くん離れが決定的になった。 もう誤魔化せない。 そう言えば去年のツアーDVDも封だって開けていないじゃないか。 玉森くん。 大好きだったよ。 本当に私の10年間はあなたが全てだった。 もちろん今も雑誌やテレビで見たら、 ひゃーーー!!!!ってなるけれど。 去年まで抱いていた熱量はどんどん小さくなって、燻っていただけだった。 玉森くんから離れた結果キスマイからも離れ、もうなにもわからなくなった。 私の中のキスマイがどんどんいなくなる。 寂しい。 でもこの10年本当に楽しかった。 玉森くんのファンでよかった。 そんな重い話にするつもりもないけど、 これはひとつの私の区切りだ。 好きになって10年。 ここから先10年のキスマイの波からは降りるけど、 一緒に波に乗らなくとも、 浜辺あたりでずっと見ていたいな。 玉森くんつぎはこんなお仕事かーここでコンサートかーって、浅瀬でしながら、微笑ましく見ていたいな。 理由なんてどこにもない。 環境もなにも変わっていない。 だからこそ認めたくなかったけど、 気持ちにケリをつけたらなんだかすっきりした。 環境変わってないとは言ったけど、 実は少し変わっていて、 今また新たな波に乗ってしまったのは別の話で。 ふにゃんと笑う顔、 筋肉質な体つき、 ほっぺたのチョコチップのようなホクロ、 山のない上唇、 まぁ所詮顔担だったのかもしれないけど ありがとう玉森くん。 全部全部大好きだったよ!!!!!!! muchudekoishiteru.

次の

今の藤ヶ谷くん(キスマイ)について感じること

キスマイ 玉森 ブログ

キスマイ北山に結婚の噂? ジャニーズの中では身長の高いメンバーが集まった印象のキスマイのなかで、北山宏光はグループ内で一番身長が低く、他のメンバーと並ぶと一目瞭然です。 北山宏光の身長は167cmだそうです。 ですが、最年長でリーダー的存在としてとても人気がありますね。 かつて、自身の結婚について「30代にするのでは」とか、「子供は3人ほしい」なんて語っていたようですが、現実はどうなっているのでしょうか。 これまで、北山宏光と熱愛の噂が立った女性を見てみると、「黒木メイサ」「平愛梨」「山本彩乃」「前田敦子」の名前が挙げられます。 もっともファンの記憶に残っているのは黒木メイサではないでしょうか。 赤西仁と結婚する前のことですが、ふたりの中の良さが分かるツーショットやベッド写真と言われるものまでスクープされていました。 ですが結局、ジャニーズキラーとも言われていた黒木メイサは赤西仁とデキ婚してしまいましたね。 平愛梨とは番組で共演している姿が仲睦まじく、デートとも思える写真が出回ったのですが、これに関してはそれ以上の発展は見られませんでした。 山本彩乃とも、ラブラブ写真が出回ったのですが、同じくそこどまり。 前田敦子に至っては、ドラマで共演したという事実があるだけで立ち上がった噂です。 そして、前田敦子との噂でさえしばらく前になりますが、それから北山宏光に、結婚どころか、熱愛の話すら聞こえてきません。 まだまだ仕事に打ち込んでいるということでしょうか。 それとも、突然、サプライズが待っているのでしょうか。 まだまだ今後の動きから目が離せませんね。 玉森裕太のブログが炎上!? 玉森裕太は、逆にキスマイの中で一番身長が高く、178cmあるようです。 これはジャニーズのなかではかなり高いほうになりますね。 それでも、かわいいとすら言われるようなあどけない部分が人気の玉森裕太ですが、彼の行動でブログが炎上したことがあるようです。 以前テレビで即興の芝居のなかで大島優子にキスをするというのを演じたため、それを見ていた玉森裕太ファンが、パニック的な状況になり、まずは大島優子のブログにバッシングのコメントが殺到したそうです。 大島優子としてはいい迷惑でしょうが、ファン心理としては分からなくもないですね。 そしてその騒動を治めようとしたのか、玉森裕太がキスマイとして更新しているブログで、実際にキスはしていないことをコメントしました。 しかし、ファン心理を逆なでしてしまったのか、今度はこのブログが炎上する騒ぎとなったようです。 玉森裕太も驚いたでしょうが、ファン心理というものを学ぶことになった騒ぎでもあったと思います。 玉森裕太のスマイルが不自然!? また、玉森裕太はその笑顔が不自然だと言われているようですが、これについては自身にもあるていど認識しているかもしれません。 自分の特技(?)のひとつとして「人と目を合わせない」ことを挙げているのですが、これは人見知りの性格からきているとのことです。

次の

今の藤ヶ谷くん(キスマイ)について感じること

キスマイ 玉森 ブログ

何年間同じタレントを推していたら 古株と言われるのか、 その辺の概念は私にはわからないけれど、 言うならば、10年間自担が変わらなかった私はそこそこの古株なんじゃないかと思っている。 うん、そこは自己申告制を取るよ。 2008年3月、帝国劇場で、 17歳最後のくんに恋をした。 何がきっかけだったのかはまったく覚えないけど、 始まる前に出てきたピエロのたまちゃんのことが可愛くて可愛くて、 そのときすでに藤ヶ谷担だった友達に興奮気味に報告したところ、玉森くんはこんな子でこー言うところがあって、この顔とか最高に可愛いよ!どう?キスマイ沼こない?? と、あれよあれよとオススメされた。 …新規へのは今も昔も変わらないのね。 そのにまんまに乗っかり、2008年はお台場のサマリーからの東京ドームののコンサートを毎日はしごする最高に楽しい夏を過ごし、終わっちゃうの嫌だなぁと思った時に、当時橋本良亮くんが加入したばかりのとの合同コンサート、いわゆる伝説のエビキスコンが決定されて狂喜乱舞。 夏終わったら秋も楽しめるの? なにこれ、キスマイ沼楽しすぎない? と、これまた光の速さでとの計8公演のチケットを全て抑えた。 初日、激しい二日酔いを抱え、薬も水も全部吐きギリギリまで家を出れなかったけど、チケット持ってるの私だから、、、と這うようにに向かった。 始まる頃には二日酔いを超えた緊張の吐き気でもう身体中パニック。 そこから怒涛の、単独コンサート、と、もう!キスマイ忙しいな!!!とキレながらも顔はにやにやのまま楽しい楽しい時期を超え、気づいたら10年間だった。 ごくせんが決まったり、デビューが決まったりDREAM BOYS が決まったり、思えば2008年から今日までいろんなことが決まったり変わったり、気づいたら端っこでゆるく踊っていた玉森くんはキスマイのセンターとなり絶対的エースになっていた。 絶対的エースは言い過ぎ??? いや、言い過ぎじゃないよね??? やる気のない頃 失礼 や肌荒れがひどい時 また失礼 も全部全部見てきたので、 玉森くんの今のキスマイ愛や、 世間がたまちゃん肌綺麗!真っ白!と騒がれてるのに未だに違和感を感じる。 はーー好きっ… この頃もう最高好き… え、好き… 落ち着いて 朝起きて1番最初に玉森くんのことを考え、 夜眠りにつくギリギリまで玉森くんのことを考えいた。 このままいくと一生玉森くんに夢中なんだろうな、もう彼女とかじゃなく、嫌われるこおのない、縁の切れることもない玉森くんのお姉ちゃんか妹になりたい 実際の玉森くんは2人兄弟のお兄ちゃんです 揺るがないな、大好きだな、 本気でそう思っていた。 好きになったきっかけがわからないのと同じように、いつから気持ちが離れたのかもわからないもので。 去年の今頃は大好きだった。 2008年と同じ熱量で大好きだった。 2018年の今、私は玉森担ではない。 担降りにこだわるつもりも、誰かに公表するつもりもない。 ただ自分の中であんなに好きで、 10年間私の人生の主人公だった玉森くんから離れたことが未だに信じられないでいる。 それでも、いや、私が玉森くんから離れるわけない。 そんなはずはない。 そう思いながらドラマ や キスマイBUSAIKUを見たり、 アルバム「Yammy!」を買ったり、 コンサートも申し込んだ。 2018年6月16日の東京ドーム 人生の主人公、玉森くんはそこにいた。 恐ろしくキラキラし、 恐ろしく自由で、 やっぱり絶対的エースだな、 大好き、 と思った。 思い込みたかった。 そうでもしないと私の10年間が無駄になりそうで怖かった。 その時、仕事も忙しく休日出勤までして毎日ヘトヘトだった。 そして、決定的なことが起こったのだ。 2年ぶりに決まった「DREAM BOYS 」の申し込みをすっかり忘れていた。 申し込まなきゃ!と思った時には締め切りが終わっていたのだ。 ショックだった。 申し込みを忘れたことよりも、 締め切りが終わっていたことよりも、 申し込みを忘れて、申し込みができなかったことにそこまでショックを受けていない自分にショックだった。 これで私の中での玉森くん離れが決定的になった。 もう誤魔化せない。 そう言えば去年のツアーDVDも封だって開けていないじゃないか。 玉森くん。 大好きだったよ。 本当に私の10年間はあなたが全てだった。 もちろん今も雑誌やテレビで見たら、 ひゃーーー!!!!ってなるけれど。 去年まで抱いていた熱量はどんどん小さくなって、燻っていただけだった。 玉森くんから離れた結果キスマイからも離れ、もうなにもわからなくなった。 私の中のキスマイがどんどんいなくなる。 寂しい。 でもこの10年本当に楽しかった。 玉森くんのファンでよかった。 そんな重い話にするつもりもないけど、 これはひとつの私の区切りだ。 好きになって10年。 ここから先10年のキスマイの波からは降りるけど、 一緒に波に乗らなくとも、 浜辺あたりでずっと見ていたいな。 玉森くんつぎはこんなお仕事かーここでコンサートかーって、浅瀬でしながら、微笑ましく見ていたいな。 理由なんてどこにもない。 環境もなにも変わっていない。 だからこそ認めたくなかったけど、 気持ちにケリをつけたらなんだかすっきりした。 環境変わってないとは言ったけど、 実は少し変わっていて、 今また新たな波に乗ってしまったのは別の話で。 ふにゃんと笑う顔、 筋肉質な体つき、 ほっぺたのチョコチップのようなホクロ、 山のない上唇、 まぁ所詮顔担だったのかもしれないけど ありがとう玉森くん。 全部全部大好きだったよ!!!!!!! muchudekoishiteru.

次の