ハンカチ マスク。 縫わない切らない簡単ハンカチマスクの作り方2型!道具は不要です

ハンカチマスク、耳にかけない布マスク、なんでもマスク:簡単手作りマスクいろいろ♪

ハンカチ マスク

マスクが買えません!テレワークが出来ない仕事もおおく、会社に出るとマスク使用が必須となっている現在、マスクを買いたいサラリーマンは多いですが、自分で2時間待っても確実にマスクを購入することはほぼ不可能な事態です。 新型コロナウィルス感染拡大が懸念されていますが、例年よりピークが高くなっているというインフルエンザり患者は2月中旬までの累計で1,000万人を超えており、この季節のこような事態は、今後も増えてくるのかもしれません。 ということで、家にあるものでマスクを作れれば、応急的に使えますし、なにより「マスクが買えなかったら、作ればいいじゃん!」と気持ちにゆとりができます。 しかも、使い捨てのサージカルマスクの部品を使うので材料費は只タダで、しかも1分で作れるハンカチマスクは優れものです。 さらに、貴重な使い捨てマスクの「カバー」のつけかたについてもお伝えします。 目次 Contents• 1分で作るハンカチマスク 【1分で作るハンカチマスク】用意するもの ハンカチマスク作りで用意するものは、耳掛けゴムとハンカチのみです。 計測したところ、丁寧に作ってもたった59秒で完成しました。 おススメのハンカチマスクのつくり方で使用した耳掛けゴムは、使い捨てマスクの耳掛けの部分を消毒して使用します。 ・耳掛けゴム ・ハンカチ マスクに適したハンカチサイズ ハンカチを織り込んで合計12枚重ねのマスクを作ります。 微調整は可能ですが、重なりが多くても少なくてもちょっと使いづらくなりますので、装着する人に適したサイズを選びたいです。 耳掛け素材は、長時間着用しても痛くならないことが条件です。 ハンカチマスクでできる鼻の隙間対策 ハンカチマスクを使用した場合、鼻の部分に隙間ができてしまいます。 そこで使用済み使い捨てマスクの鼻の隙間をなくすために使用されている針金を再利用します。 使い捨てマスクと同じように鼻の両側の隙間をなくすことができます。 マスクを手作りする方も多いですが、その際に使い捨てマスクのゴムと針金を再利用することを、マスク購入の待ち時間に教わりました。 使い捨てマスクの再利用に必要な消毒の仕方 市販されている消臭・除菌スプレーを使用して消毒します。 筆者が使用する除菌スプレーは ハンカチマスク【進化系】のつくり方 材料を用意する 耳掛けゴムを用意します。 使い捨てマスクの「耳掛け」部分と、鼻の形状にフィットさせる「はりがね」を取り出すとこんな感じです。 大切に使ったあとの使い捨てマスクの両方の耳掛けを、ゴムが取り付けられている土台のところから切り落とします。 鼻の部分の「はりがね」も取り出しておきます。 ハンカチは薄く、柔らかい素材のモノを使用します。 裏が透けています。 ハンカチの折り方 ハンカチの1辺の半分まで折ります。 両方から折り込みます。 両方から折ったら裏返します。 裏返したら、半分づつ折ります。 このようにプリーツ付きで折ることで、顔の形にフィットしやすくなります。 4つに折った後、使い捨てマスクと比べるとこんな感じです。 これを両方から折り込んで仕上げます。 用意した耳掛けゴムを取り付けます。 そして、鼻用にフィットさせるはりがねを、表になる方(顔から遠い方)に入れます。 ハンカチマスク、完成形です。 使い捨てのサージカルマスクと比較してみました。 耳掛けゴムにヘアゴムを使用してみた 市販のヘアゴムを使ってみました。 結び目の出ないタイプです。 けれども、耳が痛くてしょうがない!耳に負担がかからないサイズにハンカチの折り方を変えれば、何とかなりますが、一番手薄にしたくない中央が4枚重ねになってしまい、イケません。 ヘアゴムでも、自分で結ぶタイプなら調整可能です。 ハンカチマスクの使用感 このように作ってハンカチマスクは1分足らずで完成しました。 さて、使用感はと言いますと、市販のガーゼマスクみたいな感じです。 普通にマスクを使っている方ならば、違和感なく使えると思います。 ぜひお試しを!ウィルス感染症予防のために、マスクにウィルス予防のスプレーをかけておくとなお安心です。 あくまでも応急処置として、エチケットマスクとしてハンカチマスクは有効です。 使い捨てマスクの「カバー」のつけ方 使い捨てマスクが簡単に購入できない今、使い捨てマスクを「大切に」使用している方が増えています。 使い捨てマスクを洗濯をして、日替わりで使いまわす方法をとったり、使い捨てマスクにカバーを用いて大切に使おうということです。

次の

2箇所縫うだけ!ハンカチをマスクに簡単リメイク

ハンカチ マスク

花粉症の僕は、毎年この時期、マスクをするので、 1月には60枚入りの使い捨てマスクを用意します。 今年もコロナウイルスでマスクが品薄となる前に、購入していました。 60枚あれば、使い終わるころにはマスクの品薄も解消されているだろうと 楽観していましたが、4月になっても解消されず、医療関係でもマスクが不足しているようです。 僕も近所に買い物に行くだけなら、使い捨てマスクを二回使ったりしながら 大事に使ってきましたが、とうとう底をつきました。 そんな中、ハンカチマスクの作り方を見つけたので、 自分なりに工夫して作ってみました。 ハンカチの準備 ハンカチを折っていくのですが、洗濯をしたハンカチに あらかじめアイロンをかけて折り目をつけて、マスク用に準備しています。 メンズのハンカチで一辺45センチ前後です。 下が出ないように少し内側に折ってます。 ハンカチの準備ができました。 キッチンタオルの準備 ハンカチの間に、キッチンタオルを挟みます。 なぜキッチンタオルかといいますと、 というYouTubeを見たからです。 動画では、ペーパータオルを6枚重ねたものを通して粒子を測ると、 0. 次に、ハンカチを折ったものを通して粒子を測ると、0. 3マイクロメートルの粒子が、 約45%とれています。 動画と同じようにキッチンタオルを3枚使います。 3枚を重ねます。 さらに二つに折ります。 半分に折ったハンカチに挟んで折り込みます。 これぐらいの厚みになりました。 ゴムは、ダイソウのヘアゴムを使いました。 バージョン1 ゴムを切って端を結びます。 ゴムを切ったら、結びます。 軽く結んでおいて、ハンカチマスクをつけてみて ちょうどいい長さに調整していきます。 ハンカチにゴムをセットします。 ハンカチを開いてゴムを挟み、片側(写真では左側)を折ります。 そして、ゴムをねじって八の字にします。 ハンカチのもう一方をゴムに通して折って出来上がり。 ゴムを軽く外側に引くように形がくずれないように、マスクをかぶります。 ちょっとコツがいりますが、すぐになれると思います。 バージョン2 ゴムを切って結びます。 僕の場合、35センチぐらいに3本切ってそれぞれ結びました。 3本をつなぎます。 ハンカチにセットします。 完成! バージョン1より高い位置にゴムがきます。 まとめ 政府から2枚、布マスクが配られるようですが、自分でも工夫して乗り切っていきたいと思います。 バージョン2のほうが、ゴムをハンカチにセットするのが簡単です。 ゴムの長さの調整が一番の難関ですが、一度決めてしまえば複製も簡単にできます。 長丁場になるかもしれませんが、よく寝て栄養つけて、頑張っていきましょう!.

次の

【シューイチ】ハンカチとヘアゴムで手作り「ハンカチマスク」の作り方!ネット動画が10万回以上再生、人気のハンカチマスク!(2020年花粉対策)

ハンカチ マスク

更新日:2020年3月30日 縫わずに簡単、ハンカチマスク作ってみました(羊爺) マスクがだいぶ手に入りづらくなってきましたね。 購入先も限られていますし、売っていたとしてもできれば医療や福祉関係者、タクシーやバスの運転手さんや店舗窓口のかたなど、真っ先に必要としているかたに最優先で手に取ってもらいたいと思っていますので、手作りマスクに挑戦してみました。 しかし、残念ながら私は裁縫の才能はありませんし、ガーゼやゴムも品薄が続いていますので、もっと簡単にできると巷で話題のハンカチマスクを試作&試着してみました。 用意するもの• ハンカチ1枚(通常サイズか気持ちちょっと大きめが良いかと思われます。 ゴム2本(ヘアゴムでも、輪ゴムでも、サイズがあえば何でもOKです。 ストレッチが効いた古着やストッキングなどを紐状にしたものでもOKみたいですね。 私は古い使い捨てマスクを綺麗に消毒して洗ったあとのゴム部分だけを切り取って結んで再利用してみました。 ノーズワイヤー1本(私はゴム同様に古い使い捨てマスクから取り出したワイヤーを再利用してみました。 ラッピング用のワイヤーや電源コードなどを縛る針金ワイヤー、園芸用の誘因ワイヤーなどでもOKです。 ) 作り方• ハンカチを上下半分に折ります。 上から三分の一のところに、ノーズワイヤーを置きます。 上下に三等分して折ります。 (できれば上、下の順に重ねると良いです)• ハンカチの左右から、ゴムを通します。 ゴムを通したところが折り返してマスクの左右の位置になるので、普段使用しているマスクサイズに合わせて微調整してみてください。 ハンカチの左右を折りたたみます。 最後に折り返した端を、もう一方に入れ込みます。 (これをすることで崩れにくくなります)• 装着するときは、左右のゴムを耳にかけた後、上部のノーズフィッター部分のワイヤをつまんで鼻にピッタリ沿わせます。 その後、下部をひっぱって、あごに沿わせると完成です。 意外と、装着してみると快適で息苦しくはありません。 1日着けていても激しい運動などをしなければまずズレませんし、ノーズフィッターも布同士の摩擦の効果か、しっかりと鼻に沿わせればズレ落ちてくることもありません。 保温性や保湿性などは、使い捨ての不織布マスクなどよりも高いように感じます。 慣れれば1分程度で簡単にできます。 また、折り込み方や上下を変えてみるだけで、いろいろとフィット感もアレンジできます。 裁縫が苦手なかたも、お気に入りのハンカチでぜひ試してみてください。

次の