韓国 経済 危機 & 崩壊 特集。 「韓国は深刻な経済危機に瀕している」と英紙が指摘=韓国ネットは政権批判|レコードチャイナ

韓国、経済危機の兆候…韓国内で日本に援助求める機運高まる、過去には自ら拒否

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

「Thinkstock」より 韓国経済が危機に瀕している。 韓国が頼みとしていた 中国経済は失速が鮮明になり、イギリスの欧州連合(EU)離脱が決定したことから、外貨を中心に資本が海外へ流出する危険が高まっていることが大きな要因だ。 7月19日、韓国銀行と米韓のシンクタンクが開いた会合に出席した米ニューヨーク連邦準備銀行のリンダ・ゴールドバーグ副総裁は、韓国経済について厳しい見解を述べた。 同氏の分析によると、金融危機などで投資家のリスク回避志向が強まった際には、韓国から深刻な資本流出が起こる恐れがあるという。 そこで、米韓・日韓通貨交換(スワップ)締結に関心が集まっている。 韓国の経済専門家の間では、他国との通貨スワップを増やすべきとの主張が強まっている。 キム・ジョンシク延世大学教授は、「通貨スワップは為替市場に心理的な安定感を与えるため、過去に中断されたものを、また推進するべき」と語り、暗に日本との通貨スワップ再開を推奨している。 一方、ユ・イルホ副首相兼企画財政部長官は「国際協調はするが(2国間通貨スワップは)もう少し考えて決めることになるだろう」と慎重な姿勢を示している。 通貨スワップは、両国政府・中央銀行が緊急時に資金(主にドル)を融通し合うもので、日韓スワップ協定は国際金融市場で流通量の少ない韓国のウォン安定化を目的に2001年から始まった。 本来は、締結した両国の金融市場の安定を目的として、相互に金融協力の強化を行うものだが、日韓スワップ協定は、日本から韓国への片務的な性質が強かった。 つまり、実態は日本から韓国への経済支援だった。 だが、12年に李明博前大統領による竹島上陸を端に発した両国間の関係が悪化したことに伴い、協定延長を取りやめることを検討する動きが双方で加速した。 日本政府は、韓国からの要請があれば協定を延長することもやぶさかではないとの姿勢をたびたび表明したが、韓国側は「日本との協力関係は不要」とする世論の高まりや、反日姿勢を貫く朴槿恵大統領の方針もあり、協定の延長は望まなかった。 韓国銀行の金仲秀総裁(当時)が、「延長が双方にとって利益になるなら延長することができる」との見解を示したが、菅義偉官房長官は「日本側から積極的に延長する必要はない」と述べている。 かくして15年2月16日、日本政府と韓国政府は「日韓スワップ協定を延長せず、予定通り2月23日で終了する」と発表し、13年半続いた日韓スワップ協定は終わりを迎えた。

次の

「コロナで韓国経済は地獄に落ちる…」隣国で通貨危機!日本にスワップ要求(2020年4月6日)|BIGLOBEニュース

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

Photo:PIXTA 韓国と中国で高まる 第2波感染の懸念 4月、韓国では、いったん新型コロナウイルスの感染拡大が一服したかに見えた。 総選挙に勝利し左派政権の基盤強化を達成できた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「自らの感染対策は世界標準であり、同国が世界をリードする」と強調した。 それに伴い韓国政府は経済活動を再開したが、5月に入りソウルのクラブで集団感染が発生した。 国民の間でも、新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」への懸念が高まっている。 中国でも、同じような事態が起きている。 5月9日、吉林省で11人の感染者が報告され、同省の警戒水準は最高レベルに引き上げられた。 これもウイルス感染拡大の2波になりえるかもしれない。 共産党政権は、社会心理の安定に神経をとがらせざるを得ないだろう。 一方、欧州では英国の感染拡大の状況が深刻だ。 スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは、ジョンソン政権が目指すイギリス全土での行動規制緩和が時期尚早として反発しており、英国内の分裂懸念すら高まっている。 米国でも、早期の規制解除を目指す各州の知事と、それに反対する医療専門家などの間で軋轢(あつれき)が生じている。 わが国は粛々と感染対策を行い、何としても第2波の感染拡大を回避しなければならない。 経済を立て直すには「2次感染の波」を防ぐことが重要な近道になるはずだ。 それと同時に、コロナショックによって、「世界の潮流変化=メガトレンド・チェンジ」がデジタル技術に向かっていることも理解することが必要だ。

次の

韓国通貨危機の時の日本支援と韓国の反応

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

31日、韓国メディア・韓国経済によると、英テレグラフが「韓国は深刻な経済危機に瀕しており、日本の『失われた20年』より深刻な危機に陥る可能性がある」と警告した。 写真はソウル。 2019年10月31日、メディア・韓国経済によると、英テレグラフが「韓国は深刻な経済危機に瀕しており、日本の『失われた20年』より深刻な危機に陥る可能性がある」と警告した。 記事によると、テレグラフは29日(現地時間)、「アジアで4位、世界で11位の経済規模の韓国が危機に瀕している」とし、ソウル大学行政大学院のパク・サンイン教授の分析を紹介。 パク教授は「韓国経済は2011年から下向き傾向が続いており、不況になれば1997年のアジア通貨危機と同様の危機が発生する可能性がある」とし「韓国の危機は日本の『失われた20年』よりも深刻になるだろう」と予測しているという。 テレグラフはこの原因について「米中貿易戦争、日本の対韓輸出規制強化措置などの外的要因だけでなく(ムン・ジェイン)政権の政策にもある」とし、「文政権は所得主導成長を目標に最低賃金の引き上げと労働時間の短縮を断行したが失敗に終わった」「中小企業は破産したり従業員を解雇したりした。 その結果、失業者が増え雇用が不足している」と指摘。 また、「法人税の引き上げと企業を相続する際の相続税が世界一高いことも韓国の経済成長を妨げる一因である」とし「韓国を基盤とする韓国企業と外国企業が減少している」と分析したという。 その上で「韓国の有権者は来年4月の総選挙を通じて文大統領に経済政策の方向転換を迫る可能性が高い」との見方を示したという。 これに韓国のネットユーザーからは「外国メディアも韓国国民も知っている事実を文大統領だけが知らない」「うまくいっていた国が2年半で最悪の状況に陥ったのだから現政権は責任を取って退陣するべき」「アジア通貨危機の時は少なくとも当時の政権が経済危機を認めて対策を講じようとしていた。 ところが文政権は現状をごまかすことに熱心になっているから事態はもっと深刻だ」など厳しい声が上がっている。 また、「所得主導じゃなくて税金主導」「政治家たちは国民の声に耳を傾けるべきだ」「経済危機はもう始まっているし、克服するタイミングも既に逃した」「文大統領本人は韓国経済がいい方向に向かっていると思っていることが問題」「韓国はすでに経済危機に陥った。 恐ろしいのは一度外国へ基盤を移した企業は二度と戻ってこないということ」などと指摘するコメントも寄せられている。

次の