相撲 取り コロナ。 新型コロナで力士死亡 一命を取り留めた”大太り”英首相が「肥満」に宣戦布告(木村正人)

大相撲・三段目の勝武士がコロナで死去、28歳…受け入れ先見つからず症状悪化 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

相撲 取り コロナ

日本相撲協会は10日、新型コロナウイルス感染の疑いがある幕下以下の力士1人のPCR検査結果について、陽性が判明したことを発表した。 力士の感染が明らかになったのは初。 この力士は発熱などの症状があり、8日に簡易的な検査を受けて陽性と伝えられていた。 しかし、9日になって病院側から陰性の誤りだったと連絡が入った。 その後、都内の病院に入院して再検査を受けていた。 芝田山広報部長によると、この力士は4日に発熱。 2日ほどでいったん熱は下がったが、再び高熱が出たという。 「体のだるさ、息苦しさを感じ、血痰(けったん)の症状もみられた。 持病も持っていた」とした。 この力士が所属する部屋では複数の体調不良の力士がいるとみられていたが検査を受けたのは1人。 力士が所属する部屋は稽古を中止している。 陽性だった場合は部屋の全員が検査を受けることとなっている。

次の

力士コロナ感染疑いは誰?相撲、濃厚接触のスポーツは現在ヤバい?|消えた有名人今現在の画像管理システム

相撲 取り コロナ

— 2020年 2月月12日午前6時51分PST ついに日本相撲協会内にも新型コロナウイルスの感染者が出たもようだ。 ある相撲部屋で力士を含む複数協会員に感染の疑いがあることが8日、分かった。 PCR検査で陽性反応が出ていれば、相撲界で初めての事態となる。 関係者によると、感染者が出たとみられるのは 複数の関取が在籍する相撲部屋。 協会は9日にも詳細を公表するとみられる。 対策を徹底してきた日本相撲協会も、新型コロナウイルスの猛威は止められなかったか。 複数の関係者によると、 ある相撲部屋で発熱などの体調不良を訴える協会員が複数出たもようで、部屋在籍の力士らは外出禁止が通達されているという。 春場所中には幕内・千代丸(九重部屋)が高熱を出しPCR検査を受けたケースもあったが、陰性だった。 協会員の感染が明らかになれば、初めてのこととなる。 春場所は史上初めて無観客で開催した。 場所中に感染者が出れば即中止と決め、実施に踏み切った。 協会員に対しては場所前から不要不急の外出自粛を通達。 報道陣にも取材規制が敷かれ、朝稽古の取材は代表2社に限定し、場所中は支度部屋への出入りも禁じ、ミックスゾーンでの取材とした。 また、会場入りする際には、アルコール消毒と検温を義務づけるなどした。 芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「開催するという気持ちは変わらないが、状況でどうなるか分からないということ。 5月に入ったところで現状を見極めていくことになる。 感染者も増えているし、大阪(春場所)の時より緊迫感を持って対応していかないといけない」と話していた。 しかし、力士初の感染者が出たとなれば、今後はさらに不透明な状況となる。 yahoo.

次の

相撲力士にコロナ初感染者?…相撲部屋はどこで複数人の感染者は誰?関取も?

相撲 取り コロナ

勝武士 日本相撲協会は13日、大相撲の三段目力士の勝武士(本名・末武清孝さん、山梨県出身、高田川部屋)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日死去したと発表した。 28歳だった。 新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。 厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしている。 相撲協会によると、末武さんは4月4日ごろに発熱症状がみられたが、受け入れ先の医療機関が見つからず、同8日に都内の病院に入院。 症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が確認された。 その後も入院して治療を受けていた。 末武さんが所属する高田川部屋では、師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らも感染していたが、親方らは既に退院した。 相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。 今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」との談話を発表した。

次の