プリン 作り方 基本。 プリン作り講座 〜昔風プリンの作り方〜|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

プリン作り講座 〜座学編〜|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

プリン 作り方 基本

基本の材料 基本的な材料を説明します。 プリンづくりには、卵、牛乳、砂糖の3点が用いられます。 バニラビーンズに関しては好みとなりますが、はじめは必要ないかと思います。 カラメルソース• 砂糖:大さじ3• お湯:大さじ1 カラメルソースの作り方は、以下のリンクをご覧ください。 今回は上白糖を使用していますが、上白糖特有の「よく言えばコク」「悪く言えばしつこさ」が苦手であればグラニュー糖を使用してください。 プリン液• 卵:2個• 砂糖:大さじ4• 牛乳:カップ1(200ml) 卵はM玉(可食部50g前後)を想定しています。 今回紹介するのは、シンプルなレシピです。 ミルク感を強くしたければ「砂糖を大さじ1に減らしてコンデンスミルク50gを加える」などの応用が利きますので、慣れてきたら試してみてください。 大人であれば、ラム酒を加えるのもアリです。 プリン液づくりはさほど時間のかかるものではありませんので、(季節にもよりますが)カラメルソースを作り終えた後くらいに予熱しておくことをおすすめします。 以下、具体的なつくり方の詳細です。 バットに布巾を敷く理由 バットとプリン型の間には、布巾などを挟みます。 プリンづくりは、温度管理がポイントとなります。 バットの上に直接プリン型をのせてしまうと(熱伝導率の良さにより)直火焼のようになってしまいますので、食感が悪くなります。 おすすめは、晒(さらし)です。 晒(木綿布)には安くて乾燥しやすいというメリットがありますので、プリンづくりに限らず料理をする上で役立つアイテムです。 なければ、キッチンペーパーなどでも代用できます。 牛乳を軽く温める理由 プリン液の牛乳は、軽く温めておきます。 液体には、溶存気体が含まれています。 ホットミルク程度に温めておけばOKです。 温め過ぎてしまうと牛乳に含まれるタンパク質が熱変性してしまいますので、くれぐれも温め過ぎには注意してください。 面倒であれば温めなくてもOKですが、強化ガラスのメジャーカップなどをお持ちであれば「電子レンジのホットミルクモード」で手間をかけることなく温めることができます。 バットにお湯を注ぐ理由 プリンは、蒸し焼きにすることがポイントです。 バットにお湯を張ると、蒸し焼きになります。 蒸し焼きにすることにより「プリン液の温度が上がりすぎない」「蒸気によりムラなく加熱されやすくなる」などのメリットが得られます。 オーブンのプリンが失敗しにくい理由 オーブンは、温度管理が楽です。 美味しいプリンには、理想的な温度条件があります。 その点、オーブンであれば温度を一定にすることができます。 蒸し器の難しさは、温度管理の難しさにあります。 オーブンでつくるプリンが(比較的)簡単なのは、温度管理が楽であるためなのです。 まとめ 基本のプリンは、オーブンでつくります。 もちろん、蒸し器でも作れないわけではありませんが、「オーブンよりも難易度が高くなる」ことになりますので、まずはオーブンでつくることをおすすめします。 プリンの出来栄えは、温度に影響されます。 同じレシピであっても「温度」と「加熱時間」が異なることで出来栄えが大きく変化してしまいますので、オーブンのクセをつかんでおくこともポイントとなります。 まずは試してみることをおすすめします。

次の

プリン作り講座 〜昔風プリンの作り方〜|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

プリン 作り方 基本

基本のプリンの作り方 蒸し上がりの際にすが入ってボツボツしてしまったり、なめらかさがイマイチだったり、キャラメル部分で失敗してしまったりとプリンの失敗ポイントがいくつか存在します。 今回はそれぞれのポイントも丁寧に解説していきます。 材料< プリン型4個分> (カラメル用) 砂糖 30g 水 20g 熱湯 15g (プリン用) 卵 2個 砂糖 50g 牛乳 250g バニラエッセンス 適量 <作り方> (カラメルの作り方) 1.小鍋にグラニュー糖と水を入れて中火~強火にかけ、薄くカラメル色になるまで鍋を傾けながら焦がす。 ここでかき混ぜてしまうと結晶化してしまうので、鍋を傾けながらゆっくりと混ぜましょう。 あまり濃い色まで焦がしてしまうと、結晶化の原因にもなりますので適度に薄茶色になった時点で火を止めます。 2.火を弱めるか、または火を止めて予熱でお好みのカラメル色になるまで焦がす。 予熱でじわじわ色を変化させていきます。 熱が弱い場合は弱火で加熱しじっくりと色をつけていきましょう。 3.撥ねに気をつけながら、お湯を少しずつ加えて、カラメルと均一になるよう混ぜていく。 一気にお湯を入れると撥ねますので、少しずつ加えて混ぜて行きます。 温度が下がってくると固まってくるので手早く作業しましょう。 4.プリンの器にカラメルを均等に分け入れる。 適量カラメルを入れて、器を回しながら均一に器の底でのばしていきます。 (プリンの作り方) 1.卵を泡立てないように割ほぐし、砂糖を加えてしっかりと全体をすり混ぜる。 2.小鍋で牛乳を沸騰寸前まで温め、バニラエッセンスを加えて混ぜ合せる。 3.「1」の卵液に「2」の牛乳を少しずつ加えて均一になるよう、泡立てないように混ぜ合せる。 ここで泡立ちが多いと、器に注いだ時にも泡が多くなってしまい「す」が入る原因となりますので、静かに混ぜましょう。 4.「3」のプリン液を目の細かい濾し器で濾しながら、カラメルを入れておいたプリンの器に均一に注ぐ。 濾し器の目が細かいほど、なめらかなプリンに仕上がります。 卵白の塊で濾し器が詰まってしまう場合は、卵白を捨ててしまいましょう。 5.気泡が目立つ場合は、火で炙ると簡単に消すことができます。 蒸し器の場合 1.蒸し器で蒸す場合は、蒸し器に布をしき、器にアルミホイルを被せて蒸すと、綺麗に仕上がります。 2.十分に加熱した蒸し器に、器を並べてごく弱火で10~15分ほど蒸して、蓋をしたまま予熱で火を通す。 蒸す温度が高すぎるとすが入りやすくなるので、ごくごく弱火で。 蓋を少しだけ開けて蒸すのも、温度が高温になりすぎずオススメです。 (ご使用のオーブンによっては、蒸しあがっていない場合があるため、器をゆすって、まだ固さが足りない場合は延長して様子を見て下さい。 ) どちらも粗熱をとってから、冷蔵庫で冷やして完成です。 型から外す場合は、竹串で円周沿ってにそっと空気を入れてから、逆さまにして外しましょう。 超簡単!レンジで作るマグカッププリンの作り方 マグカップと電子レンジで作れるお手軽なプリンのレシピをご紹介いたします。 突然プリンが食べたくなった時に数分で出来てしまう、便利なプリンです。 今回は簡単さを重視して濾し器を使用していませんが、マグカップに濾した状態の卵液を入れて加熱すると、より滑らかなプリンが楽しめます。 <材料> 卵 1個 砂糖 25g 牛乳 125g バニラエッセンス 適量 <作り方> 1.卵と砂糖を泡立てないようにしっかりと混ぜる。 白身の塊が残らないように切るように混ぜる。 2.マグカップに牛乳とバニラエッセンスを入れて、電子レンジ600Wで1分ほど沸騰しないように温める。 3.「2」に「1」の卵液を少しずつ加えて、泡立てないように混ぜ合せる。 4.「3」のカップにふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで1分30秒~2分ほど、沸騰しすぎないように温める。 5.粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

次の

シンプルがおいしい 基本のプリンのレシピ [簡単お菓子レシピ] All About

プリン 作り方 基本

濃厚プリンを作った際に陥りがちな悩みは、食感でしょう。 レシピ通りに作ったにもかかわらず、なめらかな濃厚プリンにならない原因は「す」にあります。 「す」とは、プリンの断面にぽつぽつと穴を空けてしまう気泡です。 高温で一気に加熱すると、プリンが固まるよりも先に生地の水分が沸騰してしまいます。 この蒸発よって発生した穴が「す」となるため、 加熱する温度を高くしすぎないことが濃厚プリンを作る上で大切となります。 加熱の際には、器の下に布巾やキッチンペーパーを敷きましょう。 その後、弱火でじっくりと火を入れることで、火の当たりが柔らかくなります。 「す」の入らない、なめらかな口当たりの濃厚プリンを目指してみましょう。 【材料】 (プリン液)• かぼちゃ:300g• グラニュー糖:45g• 牛乳:150cc• 粉ゼラチン:5g (カラメルソース)• グラニュー糖:50g• 水:大さじ1• お湯:大さじ1 (生クリーム)• 生クリーム:50cc 【作り方】• かぼちゃを一口大に切り、茹でてマッシュします。 鍋に牛乳と砂糖を入れて、弱火で砂糖を溶かします。 砂糖が溶けたら、生クリームを加えて沸騰直前まで温めます。 マッシュしたカボチャに(2)を少しずつ加えながら、ミキサーで混ぜます。 しっかりと混ぜ、ザルで濾します。 大さじ2のお湯で 溶かしたゼラチンを加え、よく混ぜます。 ボウルの底を氷水につけて、とろみが出るまで混ぜます。 カップに注ぎ冷蔵庫で2時間冷やします。 【作り方(トッピング)】• (カラメルソース)フライパンに砂糖と水を入れて火にかけ、カラメル色になったらお湯を加えます。 (生クリーム)ボウルに生クリームを入れて、ツノが立つまでミキサーでよく混ぜます。 プリンの上に生クリーム、カラメルソースをかけて仕上げます。 【材料】 (プリン液)• 卵:1個• 砂糖:30g• 豆乳:150cc (みたらしだれ)• しょうゆ:大さじ1• 砂糖:大さじ2• 片栗粉:小さじ2• 水:100cc (トッピング)• 白玉団子• 黒ごま 【作り方】• ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えて混ぜ合わせます。 豆乳を二回に分けて加え混ぜ合わせたら、茶こしなどを使い濾します。 布巾を敷いたフライパンにココット型を並べ、器の半分程度の高さまで水を注ぎます。 蓋をして弱火で8分加熱したら、火を止めて10分蒸らします。 冷蔵庫で1時間冷やします。 【作り方(みたらしだれ)】• フライパンにしょうゆ、砂糖、片栗粉、水を入れかき混ぜながら沸騰させます。 とろみが付いたら、火を止めます。 みたらしだれをプリンにかけ、白玉団子と黒ごまをトッピングして仕上げます。

次の