クルーズ旅行 キャンセル料。 旅行会社のキャンセル料は、いつから、いくらかかる?|旅行会社研究所

クルーズ旅行の代金やご予約の手続きについて

クルーズ旅行 キャンセル料

2014年にサンプリンセスに乗船。 2018年GWにダイヤモンドプリンセス乗船予定 サンプリンセスの神戸発、釜山、小樽下船のプラン この時家族4人で予約するも旦那が直前でキャンセル 本当に1週間前とかそんな感じ・・・・ もっと早くわかっていたのに言い出せなかったみたい。 こういう時は早めに2週間前なら私の母親と行けました。 1週間前ならそれも無理です。 (まずパスポートがない) 乗船人の変更は現在はそんなに簡単ではなさそうですが2014年時点では行けそうでした。 そして、謎のキャンセル料なのですが 当時のプランとして子供が3・4人目の場合は一律25000円という特別料金でした。 ・一人目 私 ・二人目 旦那 ・三人目 娘(子供特別料金) ・四人目 息子(子供特別料金) というのが当初の計画 で、普通に考えて、旦那キャンセル。 料金没収で終了・・・って思うじゃないですか 旅行会社の説明は違った。 本来なら旦那の分のキャンセル料100%だけど それだとなんなので船側の配慮で旦那さんを3人目にして娘さんを4人目にします。 なので、旦那さんの3人目料金(通常の半額)を支払ってください。 この辺りは外国のクルーズ船なので外国のキャンセル規定が適用されるようです。 複雑怪奇で日本の慣習とは違うのですが 海外クルーズ船のキャンセルはこんな感じみたいです。 もしこれが旦那を1人目にすると乗船自体できなかった可能性もあります。 クルーズの場合キャンセル料が高額になるので、 同乗者がキャンセルした場合の保険などもあるようです。 で結局どうしたかというと・・・ 間に入った旅行会社の耳打ちもあり キャンセル撤回の上 当日ぶっち 不思議なことにこうすればキャンセル料払わなくていいんです。 なんか、日本人の感覚としてはしっくりこないんですが 事前に正直にいうとキャンセル料が発生。 当日、しれーっと「NO PAPA」といえばキャンセル料は発生しない。 海外のクルーズ船は日本発着でも海外です キャンセル規定は十分注意しておきましょう。 クルーズはインスタ映え間違いなしなスポットが多数あります.

次の

旅行会社のキャンセル料は、いつから、いくらかかる?|旅行会社研究所

クルーズ旅行 キャンセル料

ご注意:以下の記事の内容は私、管理人の知見の範囲で記載しています。 できるだけ誤りのないように書いているつもりですが、最終的には保険の加入等はご自身の責任と判断でしていただきますようお願いします。 最近、クルーズブームによりクルーズに出かける人が増えています。 クルーズ人口が増加することは、それはそれでけっこうな話ですが、クルーズにまつわるトラブルが増えてきています。 どのようなトラブルがあるかといえば次のようなものが考えられます。 自分や同行者がクルーズ中に重傷、重病、死亡する。 やむを得ない事情でクルーズをキャンセルしたら多額のキャンセル料が請求されれた• クルーズ中に船内設備や物を壊して賠償しなければならなくなった• 貴重品、現金などが盗難にあったり、紛失したりする。 飛行機の手荷物が遅延で受け取れずに、船内で必要な物を買うハメになる。 以上の他にもトラブルは多種多様に発生します。 緊急時のヘリコプター搬送費用 特にクルーズで一般のツアーとして考えなければならないのが航海中の傷病です。 軽度のケガや病気は、船専属のドクターが対応しますが、重傷、重病の場合は近くの陸地の病院までヘリコプターで搬送することがあります。 その際莫大な費用が発生し、海外では日本の健康保険は一切使えません。 ヘリコプター搬送の費用や治療費をカバーする保険が必要になってきます。 また、クレジットカードの海外旅行保険でクルーズ中の傷病などをカバーしてくれると思う方も多いと思いますが、よく補償内容をチェックしておかないと肝心な時に役に立たないことがあるそうですので注意が必要です。 私が調べた範囲では、次のような事例があるようです。 クルーズ旅行に出かける際には、できるだけ海外旅行保険と契約し、その契約でヘリコプター搬送が対象となっているかどうかチェックしてはいかがでしょうか。 多額なキャンセル料をどうする? 予約していたクルーズをキャンセルする場合、キャンセル料についてはクルーズ船社により異なります。 マーキュリートラベルが各クルーズ船社のキャンセル料規定を取りまとめてくれています。 一般的に言えば、出港2週間前以降にキャンセルすると代金の100%が請求されるようです。 アッと驚くタメゴロー 30万円のクルーズを予約していたら、キャンセル料が30万円ですから青くなってしまいますね。 コスタクルーズなんかは「出航日27日前~出港当日 クルーズ料金の100%」ですから、相当厳しいルールです。 一般的な海外旅行保険では、キャンセル費用については補償がないものや出国前の取消料や違約料などは対象となっていないものが多くあります。 そこで、海外旅行保険に特約としてクルーズ旅行の取消費用をつける事を検討してもいいのではないでしょうか。 ただし、このような特約をつけたからといってすべてカバーしてくれるわけではないようです。 例えば、保険の対象となっているあなたが、飲酒運転で事故を起こして大怪我をしてクルーズをキャンセルした場合などは規定上対象外となったりします。 そこでこのような特約を付けるにはどうしたらよいかですが、例えばIACEトラベルでは、を取り扱っています。 この場合、IACEトラベルでクルーズの予約をしなければならないような気もしますね。 同じジェイアイ障害火災保険株式会社のクルーズ旅行取消費用補償特約付きの海外旅行保険を取り扱っているがあり、ここではクルーズ旅行を他の旅行会社で申し込んでいる方も、海外クルーズ保険のみの申込も受け付けてくれるようです。 また、 でも、海外旅行保険プラザでで引き受けてくれるようです。 また、東京海上日動などの大手保険会社でもがあります。 自分が契約しようとする保険会社にこのような特約をつけることができるかどうか確認してはいかがでしょうか。 カテゴリー•

次の

当社規定

クルーズ旅行 キャンセル料

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号内で新型肺炎の感染が広まり、多くの乗客が船内に隔離されている事態を受け、別のクルーズ船の予約キャンセルが相次いでいる。 訪日外国人の増加や地方経済の振興に寄与してきたクルーズ船観光だが、一気に冷え込むおそれもある。 日本人向けにクルーズ船旅行を手配する旅行会社「クルーズプラネット」(東京都千代田区)には、7日夕までにアジアが寄港地に含まれるツアーで数百人以上のキャンセルの連絡が入った。 3、4月に日本を出発してアジアを巡るコースで特にめだつ。 旅行の予定を延期する客もいるという。 担当者は「横浜港で客船が留めおかれているニュースを見て、『念のため』と取りやめる人が出てきている。 萎縮のムードが長く続かなければいいが」と心配する。 クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」を運航する日本クルーズ客船(大阪市北区)は、横浜を出て沖縄や奄美大島を回るツアーを18日から予定する。 中国に寄港する予定はないが、それでも若い世代を中心に予約客の1割弱が取りやめたという。 担当者は「不安なイメージが必要以上に広まってしまった。 船内ではアルコール消毒など感染症対策をしっかりしていることを知ってほしい」と話した。 日本への寄港見合わせも相次ぐ。 国土交通省によると、昨年末時点では、今年2月中にクルーズ船が延べ計123カ所に寄港する予約を入れていたが、5日時点で75カ所に減り、その後もキャンセルが続く。 クルーズ船で訪日した外国人は….

次の