宝くじ818回抽選結果。 年末ジャンボミニ 第819回全国自治宝くじ 当選番号【2019年】

年末ジャンボミニ 第819回全国自治宝くじ 当選番号【2019年】

宝くじ818回抽選結果

2019年に発売された『 第818回年末ジャンボ宝くじ当選番号』の抽選発表は、大晦日の12月31日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 1等 前後賞 1億5千万円 1等前後の 番号 1等組 違い賞 10万円 1等組違い 同番号 2等 1000万円 127組 153771番 2等 1000万円 112組 160975番 2等 1000万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3,000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 抽選日:2019年12月31日 火 大晦日 支払期間:2020年1月7日 火 ~2021年1月6日 火 同時に年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は大晦日の12月31日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 年明けでしばらくたってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 *これは2019年度の年末ジャンボ宝くじの支払期間です。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページでも確認ができます。 年末ジャンボ宝くじの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、年末ジャンボの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去の年末ジャンボ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2000年以降のデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 組 番号 2019 39 153893 2018 96 122234 2017 165 186859 2016 104 167038 2015 86 106608 2014 92 169296 2013 23 130916 2012 61 195280 2011 52 42 124980 163770 2010 84 142297 2009 32 138339 2008 13 191717 2007 83 136917 2006 96 142573 2005 24 158537 2004 43 181793 2003 40 160793 2002 12 108708 2001 29 134687 2000 55 173389 *2011年度は1等番号が2つあります。 2015年から1ユニットが1000万枚から2000万枚へと変更になり、組数も200組まで増えました。 やはり2015年から 1ユニット数が倍になったことで、組数も倍になりさらに1等が当たりにくくなったことが挙げられます。 スポンサードリンク 年末ジャンボがハズレてもちょっと待って! 年末ジャンボ宝くじの抽選結果と、手持ちの券を見比べて見事当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実はその ハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれた年末ジャンボにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。

次の

2019年ハロウィンジャンボミニ(第812回)当選番号の結果発表!

宝くじ818回抽選結果

2019年に発売された『 第818回年末ジャンボ宝くじ当選番号』の抽選発表は、大晦日の12月31日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 1等 前後賞 1億5千万円 1等前後の 番号 1等組 違い賞 10万円 1等組違い 同番号 2等 1000万円 127組 153771番 2等 1000万円 112組 160975番 2等 1000万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3,000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 抽選日:2019年12月31日 火 大晦日 支払期間:2020年1月7日 火 ~2021年1月6日 火 同時に年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は大晦日の12月31日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 年明けでしばらくたってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 *これは2019年度の年末ジャンボ宝くじの支払期間です。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページでも確認ができます。 年末ジャンボ宝くじの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、年末ジャンボの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去の年末ジャンボ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2000年以降のデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 組 番号 2019 39 153893 2018 96 122234 2017 165 186859 2016 104 167038 2015 86 106608 2014 92 169296 2013 23 130916 2012 61 195280 2011 52 42 124980 163770 2010 84 142297 2009 32 138339 2008 13 191717 2007 83 136917 2006 96 142573 2005 24 158537 2004 43 181793 2003 40 160793 2002 12 108708 2001 29 134687 2000 55 173389 *2011年度は1等番号が2つあります。 2015年から1ユニットが1000万枚から2000万枚へと変更になり、組数も200組まで増えました。 やはり2015年から 1ユニット数が倍になったことで、組数も倍になりさらに1等が当たりにくくなったことが挙げられます。 スポンサードリンク 年末ジャンボがハズレてもちょっと待って! 年末ジャンボ宝くじの抽選結果と、手持ちの券を見比べて見事当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実はその ハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれた年末ジャンボにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。

次の

宝くじが当たりやすい場所について教えちゃいます!|宝くじで億万長者を目指す情報メディアサイト【ユメドリ】

宝くじ818回抽選結果

Contents• 東京が最も当たりやすく億万長者が誕生している グーグルマップから「宝くじ売り場 東京」で検索したものになります。 もちろん東京の宝くじ売り場は、他に多くありますが全国にはたくさんの宝くじ売り場が存在しています。 しかし、悲しいことに大きな当たりが出ていない売り場も存在しているのです。 ではなぜ大当たりを連発している売り場と、当たらない売り場があるのでしょうか。 当たる売り場の特徴として第一に『とにかく人が並んでいる』売り場です。 有名な宝くじ売り場として以下があります。 14 全818回年末ジャンボ抽選結果【習志野台】3等100万円的中しました! 2020. 14 全818回年末ジャンボ抽選結果【高島屋柏】3等100万円的中しました! 2020. 14 全818回年末ジャンボ抽選結果【北松戸】3等100万円的中しました! 2020. 14 全819回年末ジャンボミニ抽選結果【フレスポ稲毛】1等前後賞5,000万円大的中しました! 2020. 14 全819回年末ジャンボミニ抽選結果【ビビット南船橋】2等100万円的中しました! 2020. 14 全819回年末ジャンミニボ抽選結果【コーナン南流山】2等100万円的中しました! 2020. 14 全818回年末ジャンボ抽選結【神田東口】3等100万円的中しました! 2020. 14 全819回年末ジャンボミニ抽選結果【有楽町京橋口】2等100万円的中しました! 2020. 14 全819回年末ジャンボミニ抽選結果【神田東口】2等100万円的中しました! 2020. 10 全818回年末ジャンボ抽選結果【高田馬場】2等1000万円的中しました! こんな売り場はもっとも当たりやすい場所なのです。 人が並んでいるだけで本当に当たりやすい場所なのか疑問でしょうが、これには理由があります。 例えば昨年度ジャンボ宝くじで1等が出た宝くじ売り場があったとします。 当然お店的には大々的に『1等が出ました!』と看板を掲げたりします。 翌年のジャンボ宝くじでは「あの場所で1等が出たらしい」と自分も幸運にあやかろうと宝くじファンが殺到します。 すると配券枚数が必然的に増え、 どんどん売れていき枚数が多ければ多いほど当たる確率は増えて、また高額当選が出る仕組みとなるのです。 また、利便性の良い立地条件の場所も当たりやすい場所となっています。 立地条件が良いだけで宝くじが当たりやすいなら苦労はしないと思うでしょうが、駅中や大型商業施設は毎日多くの人が利用しています。 通勤、買い物ついでに宝くじ売り場を訪れる人もたくさんいるので、こんな場所にも多く配券されるのです。 人が並んでいる売り場同様当たりの確率がどんどん上がっていくので、当たりやすい場所と言えます。 このように人が並んでいる、立地条件が良い、これだけでも足を運んでみる価値はありますよ。 ただし、年末ジャンボの時期は寒い中3~4時間待ちなんて当たり前になる売り場もあるので、防寒対策はしっかりして覚悟して買いに行ってください。 並ぶのが苦痛な人には、宝くじ購入代行屋さんもいるので、頼んでみるのもひとつの手段かもしれませんね。 風水で当たりやすい場所!億当ての強者もいる 近所に人がたくさん並んでいる宝くじ売り場がない、宝くじを買うために3~4時間も待つ元気もない…。 そんなあなたは風水に頼ってみましょう。 一般的に西は金運アップの向きで金運や財運を司る方角とも言われています。 そんな西向きの宝くじ売り場を見つけたらラッキーです。 さて西向きが金運アップの場所と分かりましたが、自分から見て西向きなのか?それとも宝くじ売り場の窓口が西向きなのか…? 分からないことでしょう。 実は西向きの意味にはふたつあります。 まずひとつ目は宝くじ売り場の窓口の向きが西向きの場合です。 窓口が西を向いている宝くじ売り場は、建物自体金運アップの向きとなるので当たりやすい場所と言えるでしょう。 例えば全国的に有名な西銀座チャンスセンターは名前にも『西』がついているくらいなので、ジャンボ宝くじシーズンは込み合い高額当選も続出しています。 またふたつ目は、自分の家から見た宝くじ売り場の方角です。 これも西向きであれば当たりやすい場所となります。 自宅から西方向にあり、窓口も西向きの宝くじ売り場であれば、さらに金運アップとなることでしょう! 1等当選者は宝くじの置き場にも注目してる 自宅から西の方角の西向き宝くじ売り場から購入してきたから万事OKと、せっかくの宝くじを財布の中に入れっぱなしにしてはいけません。 そもそも宝くじは静かな場所に置いておくことが良いとされていますが、高額当選目指して、もうひと手間かけてみましょう。 それは黄色の封筒やハンカチなどに宝くじを包んで家の中の西側に置いておくのです。 100円ショップで買ってきた黄色い包みでも構いません。 とにかく黄色や金色の物で宝くじを大切に包み込み西側に置くことで当たりやすくなります。 西側に宝くじを置く場所がなければ、椅子でも置いて簡易的に場所を作れば良いですし、 西側にトイレがあったら尚更ラッキーです。 毎日トイレを綺麗に掃除すると運気が上がるのは宝くじを買う人なら暗黙の了解だと思います。 西向き、トイレ、掃除これらを兼ね備えた場所ならば高額当選にまた一歩近づくことが出来ますね。 まとめ 宝くじが当たりやすい場所は探せば意外と近くにあるものです。 少しの手間隙をかけるだけで高額当選を狙えるなら、やって損はありません! 今からでも遅くはないので、宝くじが当たりやすい場所を求めて貪欲に宝くじライフを楽しみましょう。 ここで当たりやすい場所以外に、もっと方法はないの?という方はを参考にしてください。 実はジャンボ宝くじは買い方を知るだけでも、当選確率がアップしちゃいます。

次の